記事一覧

来間小中校舎、本土企業が教育施設で利用希望

2021/04/28 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24434-1.jpg
大城教育長に要請文を渡す大浦さん(左)=市役所

 来間島の大浦邦夫さんら住民有志5人は27日、閉校した来間小中学校舎を教育施設として利用を望む本土企業があるとして、市教育委員会(大城裕子教育長)に同校舎の有効活用を要請した。市教委は要請に理解を示し、企業と地域住民の合意があれば協力していくと答えた。
[全文記事]

6代目海邦丸初航海 県立高校の新実習船

2021/04/14 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 24372-1.jpg
平良港に寄港した6代目海邦丸=平良港

 県立高校の実習船の「6代目海邦丸」が13日、平良港に寄港した。同船で宮古総合実業高校(大山正吾校長)の生徒8人が同日、遠洋航海実習に出発した。
[全文記事]

15校596人が入学 宮古地区小学校

2021/04/09 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 24351-1.jpg
入学式で緊張した表情で入場する新1年生=平一小学校体育館

 宮古地区15小学校で8日、一斉に2021年度入学式が行われた。昨年の入学式は新型コロナウイルス感染拡大の影響による休校措置で1カ月以降遅れとなり、今年は2年ぶりの4月実施となった。新1年生は宮古島市592人、多良間村4人の計596人。各校では出席者を保護者らに限定するなど「3密」を避け、手指消毒や検温など感染防止対策を徹底するとともに、実施時間を短縮するなどして対応した。コロナ禍での小学校生活スタートに子どもたちは緊張した様子だったが、晴れの門出に笑顔を見せた。
[全文記事]

城東中、初の入学式 34人が希望胸に門くぐる

2021/04/08 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24345-1.jpg
代表あいさつで期待を語る前田さん(中央)ら新入生=城東中学校体育館

 城東中学校(比嘉豊喜校長)の第1回入学式が7日、同校体育館で行われた。城辺地区の福嶺、砂川、城辺、西城の4小学校出身の新中学1年生34人が保護者、職員が見守る中、在校生に温かく迎え入れられた。
 城東中は同地区の4中学校が統合し4月に開校した。同校初の入学式はコロナ禍により規模を縮小して執り行われた。各来賓は未出席、式辞も短縮された。校歌斉唱では全員が起立し新しい校歌を全員で聞き入れた。
[全文記事]

初任者研修始まる 24人が教職員の第一歩

2021/04/03 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24323-1.jpg
晴れがましい表情で初任者研修に臨む教職員ら=県宮古合同庁舎

 2日、2021年度に新規採用された教職員らへの初任者研修が始まり、県宮古総合庁舎で開講式と第1回研修会が実施された。対象は小中学校教諭など新規採用者が23人に上野こども園の木村佳孝保育教諭を加えた24人。研修に臨む新規採用者らは緊張した様子を見せながらも、晴れがましい表情で教職員としての第一歩を歩み始めた。
[全文記事]

教育研究所 上村・與那覇さんが入所

2021/04/03 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 24326-1.jpg
21期研究教員の與那覇教諭(前列左から2人目)と上村教諭(同3人目)=市役所会議室

 宮古島市立教育研究所(平良善信所長)の2021年度前期研究教員の入所式が2日、市役所3階会議室で行われた。平一小学校の上村俊介教諭と久松中学校の與那嶺誉代教諭が入所し、これから半年間に渡る研究活動に意欲を見せた。
[全文記事]

「城東中学校」開校 城辺地区4校が統合

2021/04/02 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24317-1.jpg
大城教育長(左)から比嘉校長に校旗が渡された=城東中体育館

 城辺地区の砂川・西城・城辺・福嶺の4中学校が統合して誕生した城東中学校(比嘉豊樹校長)の開校式が1日、同校体育館で行われた。118人の生徒が参加、座喜味一幸市長や大城裕子教育長が来賓として訪れ、同校の歴史の第一歩がここに始まった。同校は旧西城中学校の敷地内に新校舎を建設して開校し、新校舎には図書室、理科室や音楽室の他に普通教室などが新たに誕生した。3月7日に城辺中と福嶺中、同27日には西城中と砂川中がそれぞれ長い歴史に幕を閉じる閉校式を行った。
[全文記事]

宮古高校、民間のオンライン学習サービス導入

2021/04/01 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 24314-1.jpg
レビューノート(左)とスタディサプリ講座ガイドを持つ江田教諭=宮古高校

 宮古高校(金城透校長)は2021年度から民間のオンライン学習サービスを全校生徒に導入する。導入するサービスはリクルートマーケティングパートナーズ(本社・東京)が提供する「スタディサプリ」。長年の課題だった生徒の学習への主体性と自学自習の質、双方の向上を図るために導入を決定した。家庭の負担は年間6千円。保護者会で説明し理解を得たという。ICTを活用した学習環境整備に取り組み、離島のハンディ克服や教育の経済格差解消に挑戦する。
[全文記事]

長畑さんが審査員賞、漢字コンで「好」出品

2021/03/31 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24308-1.jpg
表彰状を手に受賞を喜ぶ長畑さん=久松中学校

 久松中1年の長畑陽一郎さんはこのほど、日本漢字能力検定協会主催の「第8回 今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」の中学生部門で審査員賞に選ばれた。全国でこの受賞者は3人で、その1人となる。賞状を受け取った長畑さんは29日、同校で喜びを語った。20日に京都で表彰式が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。
[全文記事]

砂川・西城中が閉校、73年の歴史に幕下ろす

2021/03/28 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24294-1.jpg
生徒を代表しあいさつを述べる砂川さん=西城中学校体育館

 今年4月に新設される城東中学校への統合に伴う砂川中学校と西城中学校の閉校式が27日、両校の体育館で行われた。両校ともコロナ禍の影響で参加人数を制限。座喜味一幸市長、大城裕子教育長がそれぞれあいさつし、長年にわたる地域教育への協力に感謝し、城東中での新たな活躍を祈念した。与座篤砂川中校長、比嘉豊樹西城中校長がそれぞれ市教育委員会に校旗を返納した。卒業生、在校生、自治会長ら地域関係者が見守る中、両校はともに73年の歴史に幕を下ろした。
[全文記事]

ページ移動