記事一覧

「陸自配備撤回」は不採択、市議会総財委

2018/09/06 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19982-1.jpg
南西諸島への警備部隊配備方針撤回についての陳情は賛成少数で不採択となった=市役所平良庁舎

 市議会総務財政委員会 (山里雅彦委員長) が5日、 市役所平良庁舎で行われ、 同委員会に付託された2018年度一般会計補正予算など議案5件、 認定1件、 陳情書3件の審査を行った。 このうち議案、 認定については全会一致で可決。 陳情については 「南西諸島への警備部隊配備方針を撤回し、 宮古島への新たな軍備の増強に反対する陳情」 を賛成少数で不採択とした。
[全文記事]

川満漁港遊歩道損害賠償予算案など説明、経工委

2018/09/06 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19980-1.jpg
川満漁港遊歩道の損害賠償などについて審議する経済工務委員会=市役所平良庁舎

 市議会経済工務委員会 (髙吉幸光委員長) は5日、 所管する予算案などについて審議した。 川満漁港遊歩道の橋落下による観光客の被害に対する損害賠償などについて、 市当局が賠償額などを説明。 新技術実証栽培事業特別会計歳入歳出決算認定では成果が出なかったことに質問が集中した。
[全文記事]

根間公園、来年度整備へ~一括交付金活用

2018/09/05 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19978-1.jpg
経済工務委員会が所管する補正予算案や議案を審議する委員たち=市役所平良庁舎

 市議会9月定例会は4日、 市役所平良庁舎で経済工務委員会 (高吉幸光委員長) が行われ、 市当局から上程された一般・特別会計予算から同委員会所管の予算案などについて審議した。 このなかで市建設部が平良西里に整備予定の 「根間公園」 の区域の決定について説明し理解を求めた。 市都市計画課によると同公園は一括交付金を活用し2019年度から整備を進める予定。
[全文記事]

海上保安庁、宮古島訓練場に4億円計上

2018/09/05 09時05分配信 - 政治・行政 -

 海上保安庁はこのほど、 2019年度概算要求を発表した。 総額は前年度当初比10・7%増の2338億7100万円で、 尖閣領海警備強化のため、 新規に大型巡視船や巡視船搭載ヘリコプター導入など海上保安体制強化に要する経費などを盛り込んだ。 離島・遠方海域の拠点機能強化では、 宮古島の訓練施設整備に前年度当初の2倍となる4億円を要求した。
[全文記事]

都市計画審議会が答申、荷川取線740㍍変更へ

2018/09/04 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19971-1.jpg
都市計画変更される荷川取線起点 (荷川取の臨港道路前)

 宮古島市都市計画審議会 (下地義治会長) は3日、 空港東地区の地区計画と幹線道路荷川取の変更について、 下地敏彦市長に答申した。 同市は9月下旬に告示する見通し。 荷川取線は延長約1640㍍のうち平良荷川取の臨港道路側を起点とする740㍍について擁壁新設と接続道路付け替えのため変更。 空港東はスポーツ観光交流拠点施設を含めた約6・8㌶のエリアに大規模集客施設の立地を誘導し、 雇用創出と交流拠点の形成を図るとともに、 災害時防災機能充実を目指し、 秩序ある土地のために地区計画を定める。
[全文記事]

二階氏に国営かんがい排水事業など2項目要請

2018/09/04 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19970-1.jpg
二階氏 (左) に2項目の要望書を手渡す下地市長=宮古地区土地改良区

 自民党幹事長で全国土地改良事業団体連合会の会長でもある二階俊博氏が3日、 宮古島に来島した。 同日午後には宮古土地改良区 (理事長・下地敏彦市長) で同改良区の理事らと意見交換したほか、 下地市長が二階氏へ2項目の要望を行った。 二階氏は自民党宮古支部も訪問し県知事選に向けて協力を求めるとともに激励もした。
[全文記事]

名古屋大学開発の自動運転で公道試乗

2018/09/04 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19966-1.jpg
名古屋大の自動運転公道走行試乗会で走行する車両 (平良庁舎前)

 名古屋大学が開発した自動運転ソフトを用いた公道走行試乗会が3日、 市役所平良庁舎を発着する周辺コースで行われ、 下地敏彦市長、 長濱政治副市長、 県宮古事務所の稲福実具所長らが3次元計測装置、 カメラセンサ、 高精度地図を使ったミニバンに乗り込んで運転技術を体感するとともに、 運転技術の実用化及び商用化に期待を寄せた。
[全文記事]

県が辺野古埋め立て承認を取り消し

2018/09/01 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19956-1.jpg
名護市辺野古沿岸の公有水面埋立承認の取り消しについて説明する謝花副知事 (右) ら=県庁

【那覇支局】県は31日、 仲井真弘多前知事による名護市辺野古沿岸の公有水面埋立承認を撤回した。 同日午後、 県庁で記者会見した謝花喜一郎副知事は 「今回の承認取り消しは、 辺野古に新基地は造らせないという翁長知事の強く、 熱い思いをしっかりと受けとめた上で、 埋立承認の取り消し処分権限を有するものとして行政手続きを進め、 公有水面埋立法に基づき適正に判断したもの。 辺野古新基地建設阻止の実現に向け、 今後とも全力で対応していく考え。 県民のみなさんの理解と協力をよろしくお願いしたい」 などと強調した。
[全文記事]

市議会で空港東地区、建物制限条例制定案

2018/09/01 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19955-1.jpg
上程議案に対する質疑が行われた市議会9月定例会=市議会本会議場

 宮古島市 (下地敏彦市長) は宮古空港東側のスポーツ観光交流拠点施設 (ドーム) を含む周辺地域6・8㌶における建物を制限するための 「空港東地区・地区計画区域内の建築物制限条例」 を定める。 31日の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 9月定例会の上程議案に対する質疑で説明した。
[全文記事]

防衛省、宮古島警備部隊に42億円

2018/09/01 09時05分配信 - 政治・行政 -

 防衛省は31日、 2019年度概算要求をまとめた。 総額は過去最大の5兆2926億円で、 前年度当初比2・1%増加した。 南西警備部隊については、 島しょ防衛の初動対処体制を整備するため、 部隊等配置に関連する奄美大島及び宮古島の教育訓練施設等の整備、 石垣島の実施設計経費など194億円を計上した。 うち宮古島関係は42億5100万円。
[全文記事]

ページ移動