記事一覧

幻想的サガリバナ楽しむ

2019/06/27 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21488-1.jpg
サガリバナを観賞する親子連れ=25日、添道サガリバナ群生地

 毎年この時期の夜に咲き誇り神秘的な姿を見せる「添道サガリバナ」をライトアップする夜のお花見会(主催・宮古島環境クラブ)が25日、添道サガリバナ群生地で行われ、大勢の地元住民や観光客が訪れ鮮やかな色の花を観賞するとともにその芳しい香りを楽しんだ。
[全文記事]

漲水・あけぼの学園でキックボクシング交流

2019/06/26 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21486-1.jpg
2人がかりでミットを構え、☆SAHO☆選手の強烈な蹴りを受ける園生たち=漲水・あけぼの学園

 キックボクシング女子のNJKFミネルヴァスーパーバンタム級と、WMC日本女子スーパーバンタム級の2冠を保持する☆SAHO☆(本名・吉野紗帆)選手が25日午後、社会福祉施設の漲水・あけぼの学園を訪問し、園生にキックボクシングの練習風景を披露したり、園生にキックミットを持たせてパンチやキックを入れるなど体験させた。
[全文記事]

悲惨な体験、風化させない市全戦没者追悼式

2019/06/24 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21472-1.jpg
全戦没者追悼式でみ霊の冥福を祈り、恒久平和を誓う参列者=マティダ市民劇場

 「慰霊の日」の23日、2019年度宮古島市全戦没者追悼式及び平和祈念式典がマティダ市民劇場で挙行され、遺族や大勢の市民が戦没者の冥福を祈るとともに恒久平和を誓い合った。式典は全員で黙とうを捧げたあと、小・中・高校の代表が平和の作文・詩を朗読。下地敏彦市長が「戦争体験を風化させず、平和の尊さを後世に伝え恒久平和の実現に取り組む」とした平和メッセージを読み上げた。最後は出席者らによる献花が行われ、戦没者の冥福を祈った。
[全文記事]

盛大に40周年祝う 会議所青年部が式典・祝賀会

2019/06/24 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21473-1.jpg
仲宗根清二会長

 宮古島商工会議所青年部(仲宗根清二会長)の創立40周年記念式典及び祝賀会が22日午後4時から、宮古島東急ホテル&リゾーツで行われた。部会員をはじめ、親組織の商工会議所会員、来賓の市と市議会の代表や長年、交流のある北海道岩見沢会議所青年部など本土や沖縄本島から関係者ら120人近くが参列し、同部の節目を盛大に祝い。今後のさらなる活躍に期待を寄せていた。
[全文記事]

恒久平和への誓い新た 沖縄全戦没者追悼式

2019/06/24 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21475-1.jpg
犠牲となったみ霊の冥福を祈り、焼香する参列者ら=平和祈念公園

【那覇支局】戦後74年を迎えた2019年沖縄全戦没者追悼式(主催・県、県遺族連合会ほか)が「慰霊の日」の23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園で執り行われた。県内外から多くの遺族や県民、関係者が訪れ、全戦没者24万人余のみ霊の冥福を祈った。平和宣言を行った玉城デニー知事は「犠牲になられた全てのみ霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、すべての人の尊厳を誰一人取り残すことのない多様性と寛容性にあふれる平和な社会を実現するため、全身全霊で取り組んでいく」と誓いを新たにした。
[全文記事]

来園者楽しむ場所に植物園に市章お目見え

2019/06/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21468-1.jpg
東側エリアにお目見えした草花で形作られた宮古島市の市章=市熱帯植物園

 宮古島市みどり推進課(根間正三郎課長)はこのほど、市熱帯植物園に草花で市章を形作った。来園者が楽しみを増やそうと21日まで1週間の作業で同園東側エリアの縦横10㍍ほどのスペースにサンダンカなどで形作ったもの。根間課長は「いまはまだ分かりづらいと思うが、草花が成長してくればはっきりしてくるので楽しみにしてほし」などと話していた。
[全文記事]

「花を愛でて」 市民運動実践協がひまわりの種まき

2019/06/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21469-1.jpg
ヒマワリの種まきを行ったグリーン部会のメンバー=平良東仲宗根添

 宮古島市市民運動実践協議会(前川尚誼会長)のグリーン部会(平良耕次郎部会長)は21日、平良東仲宗根添にある一周道路沿いの畑地で緑肥用ひまわりの種まきを行った。ひまわりは種まき後60日前後で開花するとのことで、早ければ8月に一面黄色く埋め尽くされたひまわり畑を見られるという。
[全文記事]

宮古の自然を満喫

2019/06/21 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21463-1.jpg
北中城小と結の橋学園の児童らが協力し合いハーリー競漕を行った=伊良部漁港

 北中城村立北中城小学校(目取真康司校長)の5年生児童109人と結の橋学園(宮城克典校長)の5年生36人が20日、伊良部漁港にてハーリー体験を通して親交を図った。午後2時からは、結の橋学園の5年生が合流し、12人ずつの4艇に分かれてハーリー競漕を行い、交流を深めた。初めは話さなかった生徒たちもすぐに打ち解け、舟を漕ぐ生徒らに声援を送っていた。
[全文記事]

事故想定し潜水士訓練

2019/06/21 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21465-1.jpg
近距離もやい銃からロープが救助者が取り残されている岩に向け発射された=城辺博愛漁港

 宮古島海上保安部巡視船はりみず潜水士と市消防本部潜水士は合同で20日、「人気のマリンレジャースポットで事故を想定した救助訓練」を城辺のイムギャーマリンガーデン近くの博愛漁港で行った。遊泳中に岩に取り残された救助者を救助するとの設定で訓練は行われた。本格的なマリンレジャーシーズンを前に、海上保安部、消防本部で互いに連携を図りながら対応していくことを確認し合った。
[全文記事]

北中学校で「慰霊の日」前に平和集会

2019/06/20 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21456-1.jpg
沖縄戦の歴史をを真剣な表情で聞く生徒たち=北中学校体育館

 市立北中学校(友利直喜校長)は19日、全校生徒を対象に同校体育館で「2019年度平和集会を行った。来間小中学校で校長を務めていた知念安則氏を講師に迎え「昔、沖縄で戦争があった~沖縄戦を学び、戦争について考える」をテーマに平和であることの大切さについて改めて理解を深めた。
[全文記事]

ページ移動