記事一覧

21年度統計みやこじま発刊、人口5年ぶりに減少

2022/04/07 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25956-1.jpg
統計から見た市民のくらし(R2年~R3年)

 宮古島市(座喜味一幸市長)はこのほど「2021年度統計みやこじま」を発刊した。それによると21年12月末現在(住民基本台帳)の人口は5万5466人で前年度比111人減って5年ぶりに減少した。世帯数は2万8771世帯で401世帯増加したが、1世帯当たり人員は1・9人で0・1人減少した。
[全文記事]

春の交通安全で出発式 事故防止を市民に啓蒙

2022/04/06 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25948-1.jpg
座喜味市長の合図で交通安全パレードがスタートした=市保健センター前

 2022年度春の全国交通安全運動宮古地区出発式(主催・宮古島市交通安全推進協議会)が5日、市役所大ホールで行われた。宮古島警察署、宮古島地区交通安全協会など関係団体が参加し飲酒運転根絶や交通事故の防止を目指し決意を新たにした。終了後には交通安全パレードを行い、沿道の市民に交通安全を啓蒙した。春の全国交通安全運動実施期間は6日~15日までの10日間。
[全文記事]

砂川力也さん(城辺・琉大准教授)博士号取得

2022/04/06 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25952-1.jpg
授与された博士の学位記を手に笑顔を見せる砂川氏=5日、琉球大学構内

 【那覇支局】宮古島市城辺出身で琉球大学教育学部准教授の砂川力也氏(41)がこのほど、博士学位(体育科学)を取得した。砂川氏に学位取得までの苦労などについてインタビューした。
[全文記事]

青年団体連絡協発足、圏域の発展目指す

2022/04/05 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25946-1.jpg
座喜味市長(中央)とミニ産業まつりをPRする青年団体連絡協と実行委員会のメンバーたち=市役所応接室

 宮古青年会議所、宮古島商工会議所青年部、宮古島観光協会青年部、宮古島市伊良部商工会青年部などで構成される宮古島青年団体連絡協議会がこのほど発足した。宮古圏域のまちづくりや発展に向けた活動に取り組んでいく。最初の事業として16、17日に島の駅みやこ駐車場で開催される「宮古のミニ産業まつり」を共催する。
[全文記事]

衣替えで制服・装備点検、宮古島署

2022/04/05 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25947-1.jpg
仲宗根署長(左)から一人ずつ装備などの点検を受ける署員=宮古島署駐車場

 宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は4日、夏制服への衣替えに伴い制服や装備の点検を行った。約30人の署員が同署駐車場に整列し、一人ずつ仲宗根署長の点検を受けた。夏服の着用期間は11月30日まで。仲宗根署長は「署員らは心機一転、住民を守るため気を引き締めたと思う」と話した。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2022/04/04 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日4月3日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

コロナワクチン、12~17歳も3回目開始 ファイザー製のみ使用

2022/04/03 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25937-1.jpg
市のワクチン年代別接種率

 新型コロナワクチンの3回目接種はこれまで18歳以上のみに行っていたが、4月から12~17歳も対象になる。個別医療機関と市役所での集団接種いずれも選択可能で、当面の間ファイザー社ワクチンのみを使用するという。5~11歳対象の小児接種は、想定より多くの予約があったため3日、追加の集団接種を行う。今後は希望者に対応するため月に1回程度の実施を予定しているという。市の1日現在の3回目接種者は2万3458人となった。
[全文記事]

新型コロナ 宮古島市43人が新規感染 74日ぶりの40人超え

2022/04/03 09時04分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は2日、宮古島市で新たに43人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日に確認される感染者数が40人を超えるのは1月18日の44人以来、74日ぶり。累計は4081人。多良間村は4日連続のゼロ。累計76人。県内では新たに1173人の感染が確認された。1000人を超えるのは4日連続。累計12万4639人。
[全文記事]

平良中70周年で寄付金 6月12日式典へ向け

2022/04/03 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25941-1.jpg
寄付金贈呈で(左から)宮國校長、佐平会長、垣花さん、友利委員長=1日、平良中校長室

 市立平良中学校(宮國幸夫校長)の70周年記念事業で1日、都一級建築設計事務所(平良下里、垣花正昭社長)が寄付金を贈呈した。同所建築積算士の垣花晋さんが同校を訪れ、記念事業期成会の佐平博昭会長に手渡した。期成会の友利博明財務委員長が同席した。この日は佐平土地家屋調査士事務所も寄付した。
[全文記事]

宮古島市新採用の33人に辞令

2022/04/02 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25933-1.jpg
交付式を終え記念撮影を行う33人の新人職員=市役所大ホール

 定期人事異動辞令交付式では、新たに入庁する新規採用者33人にも座喜味一幸市長や主管長から辞令が手渡された。新人職員らは座喜味市長の前に整列し宣誓文を読み上げ、全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を遂行することを固く誓った。
[全文記事]

ページ移動