記事一覧

災害時は協力を 市が3団体と協定調印

2019/02/28 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20953-1.jpg
災害時に関する協定に調印した (前列左から) 下地市長と饒平名会長、 仲里代表、 富山支部長ら=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は27日、 災害時に関する協定調印式を平良庁舎で行った。 県高圧ガス保安協会LPガス部会宮古支部 (富山忠彦支部長) と 「災害時におけるLPガス等供給協力に関する協定」、 エフエムみやこ (仲里雅彦代表) と 「同放送要請に関する協定」、 市社会福祉協議会 (饒平名建次会長) と 「災害時におけるボランティア活動に関する協定」 をそれぞれ調印した。 下地市長は 「市の災害応急対策・復旧対策を考えると、 今回の協定は大変心強いもの。 今後とも災害時の協力をお願いしたい」 と期待を寄せた。
[全文記事]

NTTが市、市社協に電話お願い手帳を贈呈

2019/02/28 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20957-1.jpg
電話お願い手帳がNTT西日本の松原宮古営業所長から贈呈された(左から3番目)=市役所平良庁舎

 西日本電信電話 (NTT西日本) 総務部の外山輝彦部長らが26日、 市役所平良庁舎を訪れ、 宮古島市と市社会福祉協議会に 「電話お願い手帳2019年版」 を贈呈した=写真=。 2016年末に開発されたスマートフォンで活用できる 「電話お願い手帳アプリ版」 を紹介した。
[全文記事]

親子らがススキの穂使ってほうき作り

2019/02/27 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20950-1.jpg
ススキの穂を使ったほうき作りに取り組む参加者=24日、 東川根自治会館

 宮古島地区防犯協会と宮古島警察署主催のススキの穂と竹を使ったほうき作りが24日、 東川根自治会館で行われた。 親子ら約70人が参加し、 地域の年配者から昔の生活で使用していたほうき作りを学んだ。
[全文記事]

砂川小学校で棚原さん、永松さんミニコンサート

2019/02/27 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20952-1.jpg
ミニコンサートでは棚原さんがピアノ演奏し、 永松さんが歌を披露した=砂川小学校

 市立砂川小学校 (宮川悟校長) は26日、 棚原俊平さんと永松和子さんを招いたミニコンサートを行った。 棚原さんがピアノを演奏し、 永松さんが歌を披露したコンサートに耳を傾けた児童たちは 「生の演奏が聴けて良かった」 と満足した表情。 最後は一緒に 「気球にのってどこまでも」 を歌った。
[全文記事]

「生活道塞がないで」 交通集中で事故増を懸念

2019/02/26 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20944-1.jpg
公園の概要や住民意見への対処などについて説明する大城班長 (右奥) ら担当職員=皆愛公民館

 県宮古土木事務所 (平良勝一所長) は25日、 宮古広域公園 (仮称) 整備事業に関する住民説明会を下地地区で行った。 都市港湾班の大城宏治班長ら担当職員が同公園の概要や昨年の住民説明会で出された意見への対処などについて説明した。 参加者からは、 来間大橋皆愛側たもとからウィンディ前浜への道路に出る市道を塞ぐ計画について、 「集落に入るところの交差点は宮古でも一番というぐらい事故が多い。 海岸線の道路を塞ぐと交通量が集中しさらに事故が増えてしまう。 信号機を設置するのも良いが、 ぜひ生活道でもある道路を残し分散させてほしい」 などの要望が出された。
[全文記事]

鮮やかにデイゴ咲く 市内各地で春の到来告げる

2019/02/26 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20945-1.jpg
青空を背に、 日の光を受けて色鮮やかに咲くデイゴの花=市伊良部

 早くも冬の終わりを感じさせるような温かい日が多くなってきたこの頃、 市内各地でデイゴの花が咲き始めている。 今はようやく数輪がほころび出したところだが、 沖縄に春の到来を知らせる赤い花が顔を見せている。 数日ぶりに晴れ間が顔をのぞかせた25日、 市伊良部の公園沿いに植えられたデイゴの木では、 青空を背に陽光を浴びながら色鮮やかに咲き誇る姿が見られた。
[全文記事]

ジュニア俳句吟行会、西里愛朱さんら特選

2019/02/25 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20941-1.jpg
俳句を考える小学生たち=カママ嶺公園

 宮古島ジュニア俳句育成会 (伊志嶺亮会長) は24日、 山田弘子先生の来島20周年を記念して市内平良にあるカママ嶺公園で俳句誌 「円虹」 主宰の山田佳乃さんを講師に招き俳句吟行会を開催した。 小学生などが参加し、 それぞれつくった俳句を審査した結果、 西里愛未さん (東小6年) ら5人が特選となった。
[全文記事]

県民投票きょう投開票 辺野古埋立ての賛否問う

2019/02/24 09時05分配信 - 社会・一般 -

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票は24日投票が行われ、 即日開票される。 県民投票は23年ぶりで、 辺野古の新基地移設の賛否を問うのは初めて。 県 (玉城デニー知事) では広報活動などで県民投票の参加を呼びかけている。 宮古島市の投票所は市平良庁舎1階ロビー、 市城辺公民館など22カ所。 午後9時から始まる開票は北小学校体育館で行われる。
[全文記事]

子ども食堂に食料品贈る カーブス宮古西里店

2019/02/24 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20936-1.jpg
宮國さん (左から2人目) に食料品などを手渡す長橋さん (同3人目) ら=22日、 地域活動支援センター 「ふぁーかんだ」

 カーブスジャパンのフランチャイズチェーンのフィットネスクラブ 「カーブスみやこ西里店」 (長橋友紀子店長) が22日、 ビザライ (勝連聖史代表) が運営する地域活動支援センター 「ふぁーかんだ」 内にある子ども食堂 「みゃーくがに」 に米やそうめんなど麺類、 餅、 ツナセット缶、 黒糖、 油などの品を贈った。
[全文記事]

緑の募金活動で花木販売 下地児童が協力呼びかけ

2019/02/24 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20937-1.jpg
緑の募金運動で呼びかける下地小 「緑の少年団」 の児童ら=市みどり推進課東側ハウス

 市みどり推進課 (根間正三郎課長) の緑の募金運動に伴う 「緑と花いっぱい運動」 苗木販売が23日、 同課東側ハウスで行われた。 市民らが訪れ、 サルビア、 マリーゴールドなど花苗やイヌマキ、 クロトンなど苗木を購入した。 会場では下地小学校の 「緑の少年団」 の児童たちが募金への協力を呼びかけた。
[全文記事]

ページ移動