記事一覧

伊良部大橋開通記念「ウォーク」1200人参加

2019/01/29 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20819-1.jpg
島内外から参加した約1200人が思い思いのペースで特別なウォーキングを楽しんだ=27日、 伊良部大橋

 伊良部大橋の開通を記念した 「第4回宮古島伊良部大橋ウォーク」 (主催・同運営委員会) が27日午前9時から、 同橋上などで行われた。 島内外から約1200人が参加し、 無料橋では日本一の長さを誇る伊良部大橋からの眺めを楽しみながらのんびりと歩き、 完歩後は三線ショーやエイサーなどのステージイベント、 伊良部島特産食材の料理、 特産品販売などのふれあいパーティーを楽しんだ。
[全文記事]

福祉用具専門店「心」がセニアカー割引締結

2019/01/29 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20820-1.jpg
締結を行った福祉用具専門店心の池間代表 (左) =宮古島警察署

 宮古島警察署 (前花勝彦署長) は28日、 高齢者の運転免許証返納による優遇措置に関する覚書締結式を実施した。 福祉用具専門店心の池間美津江代表が同署を訪れ、 覚書に署名捺印をした。 同社が実施する措置はセニアカー (ラクター) の購入時に店頭価格より最大で3万円の値引きがある。
[全文記事]

「エコ大賞」に宮古の海を綺麗にし隊

2019/01/29 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20821-1.jpg
「エコの島大賞」 に輝いた宮古の海を綺麗にし隊隊長の井上さん (前列右から5人目) ら入賞者=27日、 JTAドーム宮古島

 第3回エコの島コンテスト (主催・宮古島市) が27日午前10時から、 JTAドーム宮古島で行われた。 エントリーした総勢10団体が2018年中に取り組んだエコ活動についてプレゼンテーションし、 審査や来場した市民の投票の結果、 「エコの島大賞」 に宮古の海を綺麗にし隊 (井上美香隊長) の 「未来に残そう宮古ブルー」 が選ばれた。 2位の 「ハッピーWAON賞」 は宮古島サンゴ礁ガイドのなかまたち (友利博一会長) の 「サンゴ礁へようこそ~もっと知ろう、 体験しよう身近なサンゴ礁」 が入った。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2019/01/28 09時01分配信 - 社会・一般 -

昨日1月27日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

宮古南静園、「見張り所跡」周辺整備

2019/01/27 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20815-1.jpg
宮古南静園が見下ろせる高台の雑木林にある見張り所 (監視所) 跡

 宮古南静園は、 同園が見渡せる高台の雑木林の中にある 「見張り所 (監視所) 跡」 の草刈り、 そこへ通じる道の整備を行っている。 入所者が無断で園を抜け出すことを見張るための監視所はハンセン病患者の絶対隔離を示す象徴的な建造物。 来年5月に市民学会があることから 「見張り所」 の周辺の整備や当時あった治療室・薬局など建物は残っていないが、 今後案内板を設置していくという。
[全文記事]

平良中PTA母親委員会、コサージュ作り

2019/01/26 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20809-1.jpg
母親委員や先生のアドバイスを受けながら、 世界にたった1つのコサージュづくりに取り組む3年生の親子ら=平良中家庭科室

 平良中学校PTA母親委員会 (下地茂子委員長) は25日、 3月10日の卒業式に使用するコサージュづくりを同校家庭科室で行った。 思い出に残る卒業式にしようと6年ほど前から取り組まれているもの。 今回は21日から、 三者面談等に合わせて3年生178人とその保護者が作り始めた。 完成後は親子で卒業証書に入れる記念写真を撮影。 コサージュを手に、 照れ臭そうにしながらも写真に納まる姿などが見られた。
[全文記事]

パラダイスプラン、全国総体県実行委に雪塩贈呈

2019/01/26 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20808-1.jpg
(左から) 垣花さんから雪塩の目録を受け取る赤嶺委員長、 宮古総実の具志堅智希君、 伊良部の上原凪紗さん、 宮工の川満雅志君=島の駅みやこ

 パラダイスプラン (西里長治社長) は24日、 今夏に沖縄県を含む南部九州4県で開催される全国高校総体で、 高校生が製作し選手や役員らに配布する記念品 (ペットボトルキャップの太鼓ストラップ) 作りに使用する雪塩9㌔を同大会沖縄県実行委員会に贈呈した。 代表で受け取った宮古地区高校生活動推進委員会の赤嶺夏月委員長 (宮古2年) は 「宮古島の雪塩を提供頂き、 私たちの提案が実際に形となって進んでいることに驚きと嬉しさを感じている。 今後は県内の高校生で心を込めて製作していきたい」 と感謝した。
[全文記事]

鏡原中3年生と幼稚園児がふれあい体験学習

2019/01/26 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20810-1.jpg
ふれあい体験学習で、 的当てゲームともに楽しむ3年生と園児たち=鏡原幼稚園

 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) 3年生19人によるふれあい体験学習が25日、 鏡原幼稚園で行われた。 4歳から6歳の園児計50人と自ら準備してきたボウリングや的当てなどのゲームに取り組み、 ともに楽しいひと時を過ごした。 園児たちは、 感謝とともに高校受験を控えたお兄さんお姉さんたちを応援。 三三七拍子のあと 「全員合格頑張れ」 と檄を飛ばした。 お礼のあいさつで恩川直己君は 「今日は僕たちの作ったおもちゃで遊んでくれてありがとう。 また一緒に遊びましょう」 と呼びかけた。
[全文記事]

東小で昔遊び、祖父母と竹馬など楽しむ

2019/01/26 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20811-1.jpg
昔遊びで、 支部員の親泊宗二さん (右) からけん玉のコツを学ぶ児童ら=23日、 東小体育館

 琉球大学同窓会宮古支部 (長濱幸男支部長) は23日、 東小学校 (濱川宗和校長) の1年生79人を対象にした 「昔遊び」 を同校体育館で実施した。 同支部員と児童の祖父母らがアダン葉の風車づくりやけん玉、 草笛、 竹馬、 宮古コマ回しなどの昔遊びを丁寧に指導し、 児童とともに楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

鏡原小とJA平良青壮年部が連携し野菜収穫

2019/01/25 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20803-1.jpg
野菜の収穫作業で、 これまで育ててきたダイコンを引き抜いて笑顔を見せる児童ら=鏡原小近くのほ場

 市立鏡原小学校 (屋嘉比俊哉校長) は24日、 JA平良支部青壮年部 (宮平浩幸部長) と連携した食育活動の一環で、 5年生38人による野菜の収穫活動を同校近くのほ場で行った。 児童たちが昨年11月に種を播き管理してきたダイコンとホウレンソウを収穫。 同部が栽培したタマネギやカボチャ、 トウガンと合わせ、 子ども食堂 「みゃーくがに」 (市平良西仲宗根) を運営するビザライに寄贈した。
[全文記事]

ページ移動