記事一覧

鏡原中平和学習会 上里さんが南静園での体験語る

2018/06/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19514-1.jpg
=写真=

 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) は21日、 宮古南静園退所者の上里栄さんを講師に招いた平和学習会を行った。 子どもの頃にハンセン病を患った上里さんは家族と別れ、 南静園に強制入所させられたことや戦争時に米軍からの空襲、 海岸線の壕への避難の様子などを語り、 「戦争体験者として絶対に戦争をしてはいけない」 と訴えた=写真=。
[全文記事]

多良間幼稚園 平和の集いで戦争体験を聞く

2018/06/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19513-1.jpg
高齢者の戦争体験談を話す島袋梅子さん (右) =20日、 多良間幼稚園

【多良間】 「慰霊の日」 を前に村立多良間幼稚園 (与那覇盛彦園長) は20日、 平和の集いを行った。 村内の高齢者から聞き取った戦争体験を園児たちに聞かせ、 平和の大切さについて考えてもらった。 また平和への願いを込めて折鶴も作った。
[全文記事]

人身事故が増加傾向 前年同期比24件増の57件

2018/06/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19512-1.jpg
アイキャッチ作戦では宮古島署署員やボランティア、 児童たちがドライバーへ交通事故防止を訴えた=20日、 市平良鏡原の県警察安全運転学校宮古分校前の県道

 宮古島警察署 (前花勝彦署長) 管内の人身事故発生件数は6月1日現在で前年同期比24件増の57件と増加している。 同署では危機感を持ち交通事故防止を図る目的で 「交通事故防止アイキャッチ作戦」 など様々な啓発活動や取り締まりを強化するとともに、 ドライバーにも 「交差点に進入する際には減速し安全確認」 をするよう呼びかけている。 同署管内では昨年は約10年ぶりに人身事故発生が96件まで減少したが今年に入り死亡事故が4件発生したことから非常時代宣言も出されている。
[全文記事]

モンゴルの大学生受け入れインターンシップ

2018/06/21 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19507-1.jpg
モンゴルから宮古入りした (左から) トガーさん、 ダワードラムさん、 オユンスレンさん、 ノミンさん、 オユンビレグさん=宮古空港

 インターンシップでホテル業務を学ぶためモンゴルの大学生4人が20日、 宮古空港に到着した。 たっけんカンパニー (宮國寿成代表) などが提携し、 宮古島の観光企業とモンゴルの大学との産学協定を取りまとめ実現したという。 インターンシップの期間は1年間で、 来月にはさらに4人が来島を予定しているという。
[全文記事]

「慰霊の日」で南静園の戦争体験語る

2018/06/21 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19506-1.jpg
=写真=

 23日の 「慰霊の日」 にちなんだ平和学習講演会が20日、 県立宮古総合実業高校で行われた。 ハンセン病を患った経験のある知念正勝さんと上里栄さんが宮古南静園での戦争体験について講話。 生徒らは戦争の悲惨さに加え無知と偏見による差別の残酷さについて理解を深めるとともに平和を希求する気持ちを高めた=写真=。
[全文記事]

久松中3年がロックフェスの看板製作

2018/06/20 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19502-1.jpg
今年初めて行われる 「花火大会」 をテーマにしたミヤコアイランドロックフェスティバル2018の看板と制作した久松中学校の3年生たち=同校体育館

 市立久松中学校 (宮國幸夫校長) 3年生が23日に開催されるミヤコアイランドロックフェスティバル2018のステージを飾る看板を制作。 19日、 同フェスティバル実行委員会に引き渡された。 今年初めて行われる花火大会をテーマに宮古島の自然やキャラクターなどを描いており、 「ロックフェス史上最もカラフル」 と好評だった。
[全文記事]

361㌔本マグロ水揚げ

2018/06/20 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19501-1.jpg
361㌔のクロマグロを釣り上げた久高勇光さん (提供写真)

 宮古での水揚げは稀少で年間1、 2本程度という大物の本マグロ (クロマグロ) が19日朝、 宮古島漁業協同組合に水揚げされ、 大勢の漁師や関係者らが一目見ようと詰めかけた。 361㌔の大物がお披露目されると参加者らは大いに盛り上がった。
[全文記事]

JA宮古女性部総会で事業計画など承認

2018/06/20 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19499-1.jpg
大勢の部員たちが参加し各議案について審議がなされた=JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAおきなわ宮古地区女性部 (上地洋美部長) の第12回通常総会が19日、 同地区本部の大ホールで行われた。 多くの部員らが参加し、 2018年度事業計画や収支予算案、 JA自己改革に関する特別決議案などを承認するとともに住みよい地域づくりと仲間とのつながり強化を引き続き推進していくことを確認した。
[全文記事]

【第22回盆栽展入賞作品写真特集】

2018/06/20 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19498-1.jpg
宮古島市長賞=池原一美「オオハマボウ」

高い技術で自然表現

 第22回日本盆栽協会宮古島支部 (平良隆支部長) の盆栽展が16、 17の両日、 平良西里のホームセンターで開催され、 多くの市民らが詰めかけて会員が丹精込めて育てた作品を鑑賞した。 展示会では、 技術を駆使して自然の美しさや厳しさを凝縮して表現し、 高い評価のあった作品12点が入賞を果たした。 入賞作品を紹介する。

「航海安全・豊漁願い」各地で海神祭開催

2018/06/18 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19490-1.jpg
スタートの合図で一斉に漕ぎ出し 「ゴーヘイ」 のかけ声で爬龍船を滑るように進ませる参加者たち=佐良浜港

 旧暦5月4日の 「ユッカヌヒー」 の17日、 宮古各地の漁港や海岸などでは海神祭 (ハーリー) が開催された。 漁師や地域住民らが 「ゴーヘイ、 ゴーヘイ」 と威勢の良い掛け声をかけながら爬龍船競漕を行い、 向こう1年の航海安全と豊漁を祈願した。 また、 様々なイベントなども併せて行われ、 地元の児童や生徒、 青年会、 婦人会など大勢の人たちが参加して楽しむとともに会場を盛り上げた。
[全文記事]

ページ移動