記事一覧

沿岸部で目立つ、サトウキビ潮風害に散水

2018/10/06 21時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20181-1.jpg
台風による潮風害を受けたサトウキビに散水するスプリンクラー=平良狩俣

 2週連続で宮古島地方を暴風域に巻き込んだ台風24・25号により、 沿岸部のサトウキビを中心に潮風害を受けており、 6日はスプリンクラーなどで散水する農家が目立った。 台風接近の時期が10月と遅く、 青葉の回復が遅れれば糖度の低下が懸念され、 早めの散水を呼びかけている。 施設園芸は悪天候や資材不足などで植え付けが遅れ気味だという。 宮古島市は両台風による農産物被害額 (速報) を計1億3200万円と見込んでいる。
[全文記事]

台風25号で沿岸サトウキビに潮風害

2018/10/06 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20173-1.jpg
2週連続の台風で収穫できなかったオクラを摘み取る農家=上野宮国

 宮古島市 (下地敏彦市長) は5日、 台風25号による農作物被害速報を発表した。 それによると被害額はサトウキビやオクラなど野菜類で計2200万円を見込んでいる。 先週接近した台風24号と合わせた被害額は1億3200万円。 サトウキビは沿岸部を中心に潮風害が目立っており、 10月と時期が遅いため青葉の回復に向けて早めの散水を呼びかけている。
[全文記事]

泡盛鑑評会に古酒など99点出品 香り・味など評価

2018/10/03 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20152-1.jpg
古酒の部の1次評価で、 香りや味などの品質評価をする多良川の砂川社長 (左) ら品質評価員=北那覇税務署

【那覇支局】沖縄国税事務所 (脇本利紀所長) の2018年度泡盛鑑評会品質評価会が2日、 浦添市の北那覇税務署で始まった。 4日まで、 多良川の砂川拓也社長ら28人の品質評価員が、 県内の43酒造場から出品された古酒・一般酒計99点の香りや味などの品質評価などに取り組む。
[全文記事]

宮古特産物でスイーツを、コンテスト作品を募集

2018/09/28 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20118-1.jpg
=写真=

 宮古島特産物のマンゴー、 パッションフルーツ、 紅芋などを使った 「宮古島スイーツコンテスト2019」 が来年1月13日、 市総合体育館で開催される。 宮古島地域雇用創造協議会 (会長・長濱政治副市長) が26日、 内容を発表した=写真=。 作品の募集が10月1日から始まる。 31日まで。
[全文記事]

ウエストフィールドが県経営革新計画承認

2018/09/27 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20108-1.jpg
伊集統括監から承認証を受け、 意欲を見せる赤嶺会長 (左) =25日、 県庁

【那覇支局】県商工労働部 (屋比久盛敏部長) は25日午後、 2018年度第3回経営革新計画承認書交付式を県庁で行った。 今回は13企業の計画が承認対象となり、 宮古地区からは、 農業生産法人ウエストフィールド (赤嶺成隆代表) が承認を受けた。 交付式の中で、 赤嶺淳幸会長は 「規格外として廃棄されているものを活用し、 紅イモに続く特産品になりうるカボチャを取り入れた商品で経営を革新していきたい」 などと意欲を見せていた。
[全文記事]

19億円で4・5%減、18年度上半期牛セリ実績

2018/09/22 21時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20087-1.jpg
18年度上半期の販売額が19億円となった肉用牛セリ市=19日、 JA宮古家畜セリ市場

 JAおきなわ宮古地区本部の2018年度上半期 (4~9月) の肉用牛セリ販売実績は19億8229万円で前年同期に比べて9350万円、 4・5%減少した。 月齢12カ月以内の子牛1頭当たりの平均価格は66万9431円で5万8620円安となった。 子牛価格の下落が響いたものの、 想定ほど低下せず販売頭数も多良間市場での増加もあって計画をやや上回る実績で推移。 JA宮古地区畜産振興センターは通年で40億円を超えると見込む。 今後は増頭運動に取り組みつつも、 現在の上場頭数の維持が課題になるとしている。
[全文記事]

宮古製糖、当期損失3億5800万円

2018/09/22 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20085-1.jpg
第59期決算などの議案を承認した宮古製糖の株主総会=JA宮古地区本部ホール

 宮古製糖 (城辺、 安村勇社長) の第59期定時株主総会が21日、 JAおきなわ宮古地区本部大ホールで行われ2018年6月30日期の決算 (計算書類) などの議案を承認した。 17/18年産サトウキビ生産は前期が気象条件に恵まれた豊作だったのに対し、 病害虫や台風の被害を受けて減産となり、 品質が上昇せず歩留まりも低下するなど厳しい状況となった結果、 売上高が大幅に減少し、 経常利益がマイナスとなり、 前期の黒字から当期は赤字を計上した。
[全文記事]

県農林水産部が農薬危害防止講習会実施

2018/09/22 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20079-1.jpg
農薬による危害防止や安全使用に関する講話に耳を傾ける参加者たち=20日、 県宮古合同庁舎会議室

 県農林水産部の農薬危害防止講習会が20日、 県宮古合同庁舎会議室で行われた。 農薬による事故防止に向けてマスク等保護具の適正使用や取り扱い方、 関係法令などについて学んだ。 この講習は農薬危害防止運動期間 (6月~8月) の一環として行われた。
[全文記事]

子牛平均価格は67万円、9月期肉用牛セリ市

2018/09/20 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20070-1.jpg
今月は全県的に価格を下げたという肉用牛セリ市=JA宮古家畜セリ市場

 JAおきなわ宮古地区本部 (下地保造部長) の2018年9月期肉用牛セリ市が19日、 平良山中の同農協家畜セリ市場で行われた。 409頭 (98・08%) が落札され、 このうち月齢12カ月以内の子牛1頭当たりの平均価格は67万2611円で前年同月に比べて4万3715円安、 前月比で6万2781円安となった。 今月は全県的に価格が下落傾向となった。
[全文記事]

県の18年地価調査 市商業地平均1・4ポイント上昇

2018/09/19 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20058-1.jpg
宮古島市の商業地で最高価格となっている西里246番地付近=市平良

【那覇支局】沖縄県企画部土地対策課は18日、 2018年7月1日時点の県内基準地価の調査結果を発表した。 それによると、 宮古島市の商業地 (基準値2地点) の平均変動率は前年比1・4ポイント上昇の4・5%となった。 住宅地 (同11地点) の平均変動率は、 同0・6ポイント上昇の1・6%となった。 一方、 多良間村の住宅地 (同2地点) の平均変動率は同1・0ポイント上昇のマイナス0・9%となっている。
[全文記事]

ページ移動