記事一覧

市民団体名簿提出、市長が「当たり前」

2017/12/20 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18415-1.jpg
面談時の名簿提出について見解を示す下地敏彦市長=市役所平良庁舎

 市民団体が市長面談を求める際に要請団体構成員の名簿や住所など提出するよう行政文書で求められたことについて19日、 下地敏彦市長は 「公職である市長に面談を求めるときは誰でも名刺を持ってくる。 差別しているのではなく名乗るのが当たり前」 と強調した。 一般質問で国仲昌二氏の質問に答えたもの。 一方で、 答弁時に上里樹氏が 「異常ではないか」 と述べたことに下地市長が憤慨し声を荒げる場面もあった。
[全文記事]

トライアスロン、料金なしでブース設置

2017/12/20 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18414-1.jpg
一般質問では観光プロモーション事業や陸自配備で論戦が交わされた=市役所平良庁舎

 多くの疑義がある 「観光プロモーション事業」 を受注した事業所が2014年に開催された 「第30回全日本トライアスロン宮古島大会」 で記念品として販売された 「みーや」 のロゴが入った煎餅やTシャツなどを無許可で作製し、 大会会場でテナント料もなしに販売していたことが19日、 分かった。 開会中の市議会12月定例会一般質問で濱元雅浩氏の質問に当局が答えた。 売れ残った煎餅については市職員によって破棄されたという。
[全文記事]

平良港漲水地区暫定供用開始、5万㌧級接岸可能

2017/12/16 21時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18401-1.jpg
漲水地区複合一貫輸送ターミナルの暫定供用式で関係者らによるテープカットが行われた=平良港

 平良港の第2、 第3ふ頭間及び沖合を埋め立て、 宮古初の耐震強化岸壁 (バース) を築造する平良港漲水地区複合一貫輸送ターミナル改良事業が一部完成したことを受け16日、 暫定供用式が行われた。 内閣府沖縄総合事務局の能登靖局長をはじめ、 平良港湾管理者の宮古島市の下地敏彦市長らが供用開始を祝うとともに、 市の経済活性化や観光振興に期待を寄せた。 現在は岸壁295㍍が整備されており、 5万㌧級のクルーズ船などが接岸可能となる。
[全文記事]

市ごみ焼却施設土木造成工事 補助金支出不当

2017/12/16 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18394-1.jpg
会計検査院指摘や観光など市政全般で論戦した市議会12月定例会一般質問=平良庁舎本会議場

 宮古島市が2013年度から実施した新ごみ焼却施設整備で、 土地造成工事現場管理費の国庫補助分のうち4388万円の支出を会計検査院が 「不当」 としたことについて市当局は15日、 「交付要項に基づいて市が申請し、 県、 環境省が交付決定した事業。 会計検査院が違うとの解釈。 意図的に補助金を過剰に受けたわけではない」 との立場を強調した。 補助金返還となった場合は一般財源を充当することになることも示した。 同日の宮古島市議会12月定例会一般質問で、 島尻誠氏に長濱政治副市長らが答弁した。
[全文記事]

宮古島市が「未来環境税」の導入を検討

2017/12/15 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18387-1.jpg
未来環境税の導入を検討していることなどを説明した下地市長=市役所平良庁舎議場

 宮古島市 (下地敏彦市長) は島内の環境整備などを行うための財源とするため法定外目的税の 「未来環境税」 を2019年度からの導入を検討していることが14日、 分かった。 同税は水道水使用料に上乗せする形で徴収を予定しており、 市民だけでなくホテル等に宿泊する観光客からも一律で徴収する考えだ。 市では現在関係部局で検討しており、 次年度には委員会を立ち上げて進めていく方針。 開会中の市議会一般質問で粟国恒広氏の質問に答えた。
[全文記事]

市民集会で「陸自宮古島配備に反対」決議

2017/12/15 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18386-1.jpg
ミサイル基地工事強行に抗議する市民集会でプラカードを掲げる参加者ら=13日、 市中央公民館

 陸上自衛隊宮古島配備計画に反対する 「12・13ミサイル基地工事強行に抗議する宮古島市民集会」 (主催・同実行委員会) が13日、 市中央公民館で開かれ、 市民ら約130人が参加した。 強行に計画を進める政府、 防衛省を強く批判するとともに、 上野千代田の工事中止と石垣島への配備計画撤回、 琉球弧の軍事化に反対する決議を承認した。
[全文記事]

多良間村議会が開会

2017/12/13 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18372-1.jpg
12月定例会一般質問で答弁する伊良皆村長=多良間村議会議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) の12月定例会が12日、 同村議場で開会した。 初日は一般質問が行われ、 このうち県立離島児童生徒支援センター群星寮の入寮者選考に関して希望者の一律抽選ではなく、 県の選考要項に基づいて家庭環境を勘案することを確認した。 村当局からは2017年度一般会計補正予算案として5815万円などが上程された。 会期は14日までの3日間。
[全文記事]

児相宮古の虐待相談件数56件に

2017/12/13 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18371-1.jpg
宮古島への陸上自衛隊配備などについて質問した亀濱玲子氏=県議会議場

【那覇支局】開会中の沖縄県議会 (新里米吉議長) 11月定例会は12日、 本会議場で一般質問の4日目を行った。 宮古島市区選出の亀濱玲子氏は4番目に登壇した。 中央児童相談所宮古分室について、 金城弘昌子ども生活福祉部長は 「虐待相談件数は11月1日時点で56件。 昨年の宮古圏域相談件数30件を上回っている。 子どもの前で配偶者らに暴力を振るう面前DVの警察通告が増加していることや児童虐待に関する広報啓発活動を積極的に行った結果、 県民への周知が進んだことが要因と思われる。 離島地域における現状や課題等を整理し、 地域に適した児童虐待防止体制を整えていきたい」 と説明した。
[全文記事]

市教委「タイムリミット」強調に「議会軽視」の声も

2017/12/09 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18351-1.jpg
文教社会委員会が所管する予算案や議案を審議する委員ら=市役所平良庁舎

 宮古島市議会文教社会所管の委員会 (平良敏夫委員長) が8日、 市役所平良庁舎で行われ、 城辺地区の4中学校を統合し西城中の位置に新たに設置する市学校設置条例の一部改正について当局が理由を説明。 仲宗根均教育部長は改めて 「市教委で審議し再提出することに決まった。 2021年度開校へむけてタイムリミットとなるため理解をいただきたい」 と繰り返した。 委員は 「9月に否決された案件をまったく変更なく提出するのは議会軽視だ」 と指摘した。
[全文記事]

城辺統合中学校 21年度開校は当局都合

2017/12/08 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18344-1.jpg
市当局から上程された25議案についての質疑が行われた=市役所平良庁舎

 開会中の宮古島市議会 (嵩原弘議長) 12月定例会は7日、 上程議案に対する質疑が行われた。 城辺地区の4中学を統合し西城中の位置に新たに設置する市学校設置条例の一部改正を再提出したことについて質疑があり、 市教育委員会の宮国博教育長が改めて経緯などを説明するとともに 「学校規模適正化の基本方針に沿って2021年度の開校を目指しており、 理解は得ている」 などと述べた。 これに対し、 友利光徳氏は 「21年度開校は市当局の都合で地域の意見を聞いていないということは市民不在だ」 と市当局の姿勢を指摘した。
[全文記事]

ページ移動