記事一覧

高体連・中体連が競技指導の実践研究を発表

2017/02/17 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 16507-1.jpg
2016年度後期優秀選手で表彰された生徒たち=15日、 宮古工業高校視聴覚室

 宮古地区高校体育連盟・中学校体育連盟の研究発表会が15日、 宮古工業高校で行われ、 競技や部活の指導などに関する実践研究が報告された。 また2016年度後期優秀選手として69人が表彰された。
[全文記事]

牧志・宮國が3連覇達成、県小学生卓球大会

2017/02/16 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 16498-1.jpg
池間監督 (後列右) とともに優勝や好成績を喜ぶ児童たち=南星卓球クラブ

 このほど県総合運動公園体育館で行われた第36回小学生卓球大会で宮古島卓球クラブ (池間祐治監督) の宮國悠乃さん (平一小6年) と宮古南星卓球クラブ (与那覇健一監督) の牧志侑武くん (同) がそれぞれ男女高学年の部シングルスに出場し3連覇を達成したことを15日、 宮古島南星クラブで報告した。
[全文記事]

全宮古中学校新人駅伝、男子砂川、女子西城が優勝

2017/02/11 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 16477-1.jpg
勝利の願いを込めたタスキをつなぎ栄冠を勝ち取り充実した表情を見せる砂川中学校男子駅伝チーム=上野公民館

 第12回全宮古中学校新人駅伝競走大会 (主催・宮古中学校体育連盟) が11日、 市上野陸上競技場付設周回コースで行われ、 15校の男女代表選手たちが男子6区間16・8㌔、 女子5区間10㌔で沿道からの声援を受け健脚を競った。 結果、 男子は5区で砂川が平良を追い抜き逆転優勝するとともに57分40秒の大会新記録を更新した。 女子は2区で先頭だった北を西城が抜き、 ゴールインするまで1位の順位を守り優勝した。
[全文記事]

宮古地区高校新人駅伝大会、男女とも宮古が優勝

2017/02/11 21時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16476-1.jpg
スタートの合図とともに一斉に飛び出す選手たち=トゥリバー地区周回コース

 第26回宮古地区高校新人駅伝競走大会 (主催・宮古地区高体連) が11日、 トゥリバー地区周回コースで行われた。 男子は5区間15㌔、 女子は13・5㌔の距離で健脚を競い合った。 結果、 学校対抗の部では男子が宮古高校A、 女子も宮古高校が優勝した。 30チームが出場した部活対抗では男子は宮古高校野球部A、 7チームが出場した女子は宮高サンダースがそれぞれ優勝を果たした。
[全文記事]

宮古島市体協 17年スポーツ振興表彰式で活躍たたえ

2017/02/11 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 16468-1.jpg
実績を称えられ長浜会長から表彰状を受け取る選手たち=北小学校体育館

 2017年宮古スポーツ振興表彰式 (主催・宮古島市体育協会) が10日、 北小学校体育館で行われた。 昨年1年間を通して宮古地区、 沖縄県、 九州、 全国の各種スポーツ大会で優秀な成績を収めた優秀競技者賞26人、 優秀指導者賞6人、 優秀チーム賞9チームが表彰された。
[全文記事]

ぱんだる50CC主催のボンバーバレー大会で交流

2017/02/07 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 16442-1.jpg
=写真=

 第1回ボンバーバレー大会 (主催・ぱんだる50cc) が4日、 下地勤労者体育センターで行われた。 市内の女性グループが参加し、 誰でもすぐにできる新しい軽スポーツを楽しみながら交流を深めた=写真=。
[全文記事]

沖縄一周市郡対抗駅伝 宮古島市は総合8位に

2017/02/07 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16441-1.jpg
総合8位を受け、 次回大会でのさらなる活躍を誓う宮古島市代表選手団=5日、 奥武山公園陸上競技場

【那覇支局】県知事杯第40回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会 (主催・沖縄陸上競技協会) は最終日の5日、 国頭村役場前から奥武山公園陸上競技場前までの14区間128・5㌔で各地区の代表選手たちが健脚を競い合った。 結果、 国頭郡が16時間49分15で総合優勝を果たした。 宮古島市は合計17時間18分38で総合8位。 女子の部は、 現役引退した仲間千華 (愛知電機) の欠場を全員でカバーし、 4位と健闘した。
[全文記事]

沖縄一周市郡対抗駅伝初日、宮古島市は総合2位

2017/02/04 21時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16433-1.jpg
午前7時の号砲で1区走者がスタート。 力強い走りを見せる宮古島市の村上海太 (右) =奥武山公園陸上競技場

【那覇支局】14市郡の代表選手たちが健脚を競う県知事杯第40回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会 (主催・沖縄陸上競技協会) が4日から始まった。 2日間で沖縄本島をほぼ一周する30区間288・3㌔でタスキをつなぐ。 初日は那覇市の奥武山公園陸上競技場から国頭村役場前まで16区間159・8㌔で熱いレースを展開。 優勝奪還を狙う宮古島市は主力を軸に一丸となって追い上げ、 9時間24分35で総合2位発進となった。 国頭が9時間15分47で初日1位だった。
[全文記事]

沖縄一周駅伝 宮古島市チーム7度目優勝目指し出発

2017/02/04 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 16428-1.jpg
沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会に向けて出発する宮古島市チーム=宮古空港ロビー

 4~5日に那覇市の奥武山陸上競技場スタート・ゴールで開催される県知事杯第40回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会 (主催・沖縄陸上競技協会) に出場する宮古島市チームが3日、 出発した。 宮古空港で行われた出発式では選手や役員が3年ぶり7度目の栄冠に向けて決意を固めた。
[全文記事]

新規来島チーム増加、合宿シーズン本格化

2017/02/02 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 16415-1.jpg
今月からは社会人野球などのキャンプも始まり、 合宿シーズンが本格化する=昨年のキャンプの様子

 今月から社会人や大学など野球のキャンプが相次いで宮古島入りし、 冬の合宿シーズンが本格的に始まる。 宮古島市スポーツコンベンション推進協議会 (会長=長濱政治副市長) によると、 2017年のスポーツ合宿は新たに9チームが増え、 延べ人泊数は1万人泊余になるという。 昨年から積極的な誘致活動により長距離や駅伝など陸上の合宿が増加しており、 野球は交流試合や地元高校生との合同練習も行う。 一方、 韓国プロ野球チームなどが球場の確保ができず断念しており、 利用施設の拡充が求められている。
[全文記事]

ページ移動