記事一覧

市消防本部県大会向け展示訓練

2019/05/30 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21362-1.jpg
地下や崖下、 マンホール等での災害を想定した引き揚げ訓練=同消防署訓練棟

 宮古島市消防本部 (来間克消防長) は29日、 沖縄県消防学校で開催される消防救助技術指導会に向けて、 同消防署訓練棟および雨天訓練場で展示訓練を行い、 県大会に出場する救急隊員らが日頃の訓練の成果を披露した。
[全文記事]

水道週間、需要増見越し対応、相談所開設、施設見学も

2019/05/30 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21363-1.jpg
水道週間中の行事など発表した下地市長ら=平良庁舎

「いつものむ いつもの水に 日々感謝」 をスローガンに6月1日から第61回水道週間が全国一斉に実施される。
 それに向けて29日、 宮古島市の下地敏彦市長は平良庁舎で会見を行い、 週間中の実施行事について明らかにするとともに、 宮古島市の水需要の現状と安定供給への対応など、 週間中を通じて広く市民に伝えていきたいとしている。
[全文記事]

西辺中2年生が浴衣の着付け教室、和服文化、体験楽しむ

2019/05/30 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21364-1.jpg
高里さんの指導で、 浴衣の着付けに取り組む生徒たち=西辺中学校

 市立西辺中学校 (渡久山英徳校長) のたまうつ授業 「浴衣の着付け教室」 が29日、 同校特別活動室で行われた。 大河寛富実舞踊教室主宰の高里和子さんをたまうつ講師に迎え、 男女計10人の2年生たちが浴衣の着付け方を学んだ。
[全文記事]

感染症、水際で食い止めろ、国際線就航前に訓練

2019/05/30 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21365-1.jpg
有症患者を陰圧ストレッチャーに載せて搬出する訓練を行う関係者=29日、みやこ下地島空港

 みやこ下地島空港が開業したのに伴い、 検疫強化のため4月1日から職員が常駐しての業務を開始した那覇検疫所平良出張所 (柿本和宏所長) は、 国際チャーター便が就航するのを前にした29日午後、 検疫措置訓練を実施し、 検疫体制のチェックを行った。
 同訓練は、 31日に韓国からの新規国際線が運航開始するのを前に、 同空港において検疫感染症を疑う患者等が発生した際の検疫所の初動対応と関係機関との連絡・協力体制の確認を図ることを目的として実施した。
[全文記事]

沖縄公庫宮古支店、2018年度実績は50億円

2019/05/29 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21356-1.jpg
2018年度実績を発表した (左から) 宮城創業務課長、 桑江支店長、 東健総務課長=沖縄公庫宮古支店

 沖縄振興」 開発金融公庫宮古支店(桑江賢支店長)は28日、 同支店管内の2018年度融資実績について発表した。 それによると融資実績は485件 (前年度比0・4%増)、 50億5800万円 (同前年度比25・1%減) となった。 融資金額が前年度を下回ったことについて同支店は、 融資件数は微増となったが、 管内経済の活況を反映してセーフティネット資金 (運転資金) の需要が大幅に減少したことや、 製糖業における大型融資が一段落したことが主な要因としている。
[全文記事]

上場・平良ペアがWカップ準V、東京五輪視野に

2019/05/29 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21357-1.jpg
オリンピック出場を目指す上場選手 (左) と平良選手=宮古新報社

 去った4月フィリピンで行われたワールドカップビーチバレー大会で準優勝を飾った上場雄也選手 (35) と、 ペアで宮古島市出身の平良伸晃選手 (22) が28日午前本社を訪れ、 報告を行うとともに東京オリンピック出場を視野に入れた抱負を語った。
[全文記事]

沖縄南秀同窓会、新会長に豊見山惠美子さん

2019/05/29 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21358-1.jpg
豊見山新会長

 【那覇支局】沖縄本島在住の県立宮古高校卒業生 (旧制宮中、 宮高女を含む) で構成する沖縄南秀同窓会 (平良晶会長) の2019年度定期総会及び祝賀・懇親会が24日、 那覇市のマリエール・オークパインで行われた。 約200人の会員らが参加し、 今年度の活動計画などを審議・承認したほか、 秋の叙勲を受けた芳澤毅さん (宮高9期、元琉球大学教授) の功績を称えながら相互の親睦を深め合った。
[全文記事]

モンゴルの学生、ホテルニュー丸勝の研修終える

2019/05/29 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21359-1.jpg
「楽しい1年でした」と笑顔を見せるノミンさん (右) とオユカさん

 インターンシップ制度を活用して宮古島市のホテルで研修に励んでいたモンゴル国出身の2人が1年間の研修を終え、 宮古を離れるのを前に、 記者会見に応じ今後の抱負を語った。
[全文記事]

市要保護児童対策地域協議会代表者会議開く

2019/05/29 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21360-1.jpg
相談実績や個別支援会議での取り組み事例などの説明があった要保護児童対策地域協議会=市役所平良庁舎

 2019年度宮古島市要保護児童対策地域協議会代表者会議が28日、 市役所平良庁舎6階会議室で行われた。 児童家庭課家庭支援係家庭児童相談室の相談実績の説明によると18年度の相談受付実件数は320件 (前年度300件)、 相談対応延件数は1094件 (同1278件) で、 身体的・性的・心理的虐待やネグレクトの虐待相談実件数は前年度34件から減ったものの16件あった。 同協議会では状況把握するとともに早期発見・通報や関係者が情報を共有した対応について確認した。
[全文記事]

136㌔ シャレクブリスキ初V 第12回ツール・ド・宮古島

2019/05/28 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21351-1.jpg
号砲のあと、 次々にスタートしていく136㌔の部の出場選手たち=26日、 平良トゥリバー地区

 第12回ツール・ド・宮古島2019 (主催・パワースポーツ、 宮古島市共催) のロードレースが26日、 平良トゥリバー地区を発着点に島を周回するコースで行われた。 島内外から参加した選手たちが136㌔、 74㌔両コースで熱いレースを繰り広げた。 136㌔のロングコースでは初出場のジョン・シャレクブリスキ (31、 沖縄県) が3時間26分51秒のタイムで初優勝した。 女子は鷲津奈緒美 (36、 栃木県) が3時間31分45秒で11年ぶり2度目の優勝を手にした。
[全文記事]