記事一覧

交通栄誉賞、宮里敏男さん、先嶋建設が受賞

2019/01/31 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20829-1.jpg
受賞した宮古島地区交通安全協会顧問の宮里さん (左) と先嶋建設の黒島会長=宮古島警察署

 長年にわたり交通安全及び交通安全秩序に貢献したとして宮古島地区交通安全協会の宮里敏男顧問が「交通栄誉賞緑十字銀賞」、 先嶋建設の黒島正夫会長が「交通安全優良団体等表彰」 をそれぞれ受賞した。 30日、 宮古島警察署に前花勝彦署長を訪ねて受賞報告を行った2人は、 それぞれ宮古島署の協力に感謝を述べるとともに今後の交通安全活動に決意を新たにした。
[全文記事]

花と食フェス、県知事賞の池間さんらが受賞報告

2019/01/31 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20830-1.jpg
下地市長に喜びを報告し、 さらなる活躍に意欲をみせた受賞者ら=市役所平良庁舎

 先日、 那覇市の県立武道館で行われた 「おきなわ花と食のフェスティバル2019」 野菜品評会で県知事賞を受けた池間義光さん (JA上野、 ゴーヤー)、 沖縄総合事務局賞の池間一男さん (JA城辺、 トウガン)、 県農林水産部長賞の砂川康男さん (同、 サヤインゲン) らが30日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ねて受賞の喜びを報告し、 今後のさらなる活躍に意欲を見せた。 下地市長は 「今後も力を合わせ、 JAと一緒になって頑張ってほしい」 と激励した。
[全文記事]

県赤十字大会で波名城加代子さんらが受賞

2019/01/31 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20831-1.jpg
長濱副市長に報告した波名城さん (前列左から2人目) ら=市役所平良庁舎

 日本赤十字社沖縄県支部宮古島市地区 (地区長・下地敏彦市長) の赤十字奉仕団の波名城加代子さんらが30日、 市役所平良庁舎を訪ね、 副地区長を務める長濱政治副市長に県赤十字大会で金色有功章や感謝状を受けたことを報告した。
[全文記事]

社窓風景⑮ 仕事ぶり振り返る

2019/01/31 09時01分配信 - 連載・企画 -

 宮古新報の玄関ドアに30日、 購読者の方からの苦情の手紙が届いた。
 内容は▽市民のために新聞を作り、 情報を知らせるのが働く者の役目ではないか▽チラシが入っていない現状、 紙面が4面と情報が少ない。 それに対してのお詫びもない。 読者をないがしろにしている▽社窓風景で自分たちの現状ばかりをのせているー。 この状況に至ったのは社員の努力が足りなかったのでは、 と厳しい指摘を受けた。
[全文記事]

県議会、県民投票条例改正案を可決

2019/01/30 09時05分配信 - 政治・行政 -

 県 (玉城デニー知事) は29日、 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票条例の一部改正案を県議会臨時会に提案した。 2月24日の投票の選択肢を 「賛成」 「反対」 の2択から 「どちらでもない」 を加えた3択に変更するもの。 同臨時会では与党議員らが賛成し、 野党の自民党議員の一部が反対や離席するなどしたため条例改正案は賛成多数での可決となった。
[全文記事]

沖糖宮古工場、糖度上昇 今後にも期待

2019/01/30 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20826-1.jpg
晴れ間の下、 農家が刈り取ったサトウキビが運ばれた=沖縄製糖宮古工場

 沖縄製糖宮古工場によると、 2018/19年産サトウキビ製糖操業28日現在の原料搬入量は1万7473㌧、 甘蔗平均糖度は13・77度となっている。 収量は平年並みということで、 品質については 「台風の被害に遭ったものの、 前期の1月5日より操業開始を遅らせたことにより糖度の上昇が見られる」 などと話し、 今後のさらなる上昇にも期待を寄せた。
[全文記事]

宮古総実フード生徒が課題研究最終発表会

2019/01/30 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 20825-1.jpg
缶詰製造実習で出たマグロの身などを利用したカレーパン開発に取り組んだ成果を発表したまぐろ班 (右奥) ら=宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) は29日、 2018年度食と環境科フードクリエイトコース課題研究最終発表会を視聴覚室で実施した。 3年生18人が3班に分かれ、 これまでの研究成果を堂々と発表。 審査の結果、 「マグロ缶詰製造実習で発生した未利用資源の有効活用に挑戦~肥満率と魚離れの改善を目指して」 について発表したまぐろ班 (仲間志央里、 長嶺颯乃、 西里優李、 伊計秀菜、 新城菜々瀬、 佐久田凛莉香) が最優秀賞に輝いた。
[全文記事]

宮古総実海洋科が長間底海岸で清掃活動

2019/01/30 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20824-1.jpg
ゴミの搬入に向かう生徒たち=23日、 長間底海岸

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) の海洋学科沿岸類型の生徒たちは23日、 市城辺にある長間底海岸 (サンファーム) でビーチクリーン活動を行った。 生徒らは風が強く少し肌寒いなか、 海岸に打ち上げられたペットボトルなどを拾う作業に取り組んだ。 およそ1時間半の清掃活動で100㌔のゴミを回収した。 [全文記事]

社窓風景⑭ 印刷の現場から一歩ずつ

2019/01/30 09時01分配信 - 連載・企画 -

 今日の社窓風景は印刷現場からお伝えする。 印刷現場は現在2人で業務を行っている。 その中の1人松堂克彦さんは平良市出身。 宮古新報で印刷業務について17年のベテランスタッフだ。
[全文記事]

みゃーくの会「県民投票参加」を強く要求

2019/01/29 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20818-1.jpg
「投票権を奪うな!怒りの市民大集会」 で県民投票の実現へ向けてガンバロウ三唱する参加者=27日、 JA宮古地区本部大ホール

 名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の不参加を表明した下地敏彦市長や実施に反対した与党議員等に対して抗議する 「投票権を奪うな!怒りの市民大集会」 (主催・県民投票実現!みゃーくの会) が27日、 JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで行われた。 参加した大勢の市民が 「権利である投票権を奪うことは許されない」 などと抗議の意思を示し、 大会決議を採択した。 同日は下地市長が最終的に県民投票事務拒否した際に準備を進めている国家賠償請求訴訟原告団申し込みに127人が手続きをし、 その数は約600人になったという。
[全文記事]