記事一覧

フードラリー第4回 当選者500人に増加

2021/01/09 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23942-1.jpg
抽選を行う下地市長(左)と新城専務理事=宮古島商工会議所

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている飲食業を支援するため、宮古島商工会議所(下地義治会頭)が市の委託事業として実施している消費喚起促進事業「Go!5フードラリー」の第4回抽選会が8日、同会議所で行われた。今回から当選者が500人に増え、友好都市の静岡県藤枝市のイチゴも贈られる。景品交換は16、17日午後1時~4時、JTAドーム宮古島で行われ、福袋形式のため何が景品かは交換するまで分からない。
[全文記事]

都市計画マスタープラン、市民意見募集

2021/01/09 09時03分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は8日、今年3月に改定する都市計画マスタープランについて市民意見(パブリックコメント)の募集をはじめた。25日まで。応募資格は、市内に住民のある市民や事務所・事業所の所有者及び法人、団体など。計画の閲覧などは市ホームページ及び市建設部都市計画(市役所3階)。
[全文記事]

宮古島署、110番の適切利用を呼びかけ

2021/01/09 09時02分配信 - 社会・一般 -

 1月10日の「110番の日」にちなみ、宮古島警察署(田場義浩署長)は8日、下地島空港で110番の適正利用を呼びかけるチラシ入りのクリアファイルを利用者に配布した。警察庁は緊急性のない相談や苦情などは♯9110番を利用するように呼びかけている。
[全文記事]

厳しい寒さ 最低気温10.2度

2021/01/09 09時01分配信 - 科学・環境 -

 宮古島地方は8日、冬型の気圧配置が強くなって冷え込んだ。気象台によると最低気温は、宮古空港と下地島空港で10・2度、多良間空港と平良下里で10・7度となり、日中の最高気温も各地で12度台と厳しい寒さとなった。9日は朝の最低気温が10度、日中の最高気温は12度と予想している。
 風の強い状態は9日朝にかけて、しけの状態は9日にかけて続くと見込まれ、強風やうねりを伴う高波に注意を呼びかけている。

県、未公表クラスター36件

2021/01/08 09時05分配信 - 政治・行政 -

 沖縄県は7日、県内の新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)の発生について、認定していた49件のほか、追加の1件を除く36件を未公表としていたことを明らかにした。発生数は86件となる。8日以降にも公表する予定。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監は、公表を控えた理由について、「限られた集団内で感染が収束して拡大の恐れがなくなったり、家族内の場合はプライバシーに配慮したため」と説明した。
[全文記事]

消防出初式 勤続章など9人を表彰

2021/01/08 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23937-1.jpg
防火防災への決意を新たにする出初式で放水する消防職員=市消防本部

 宮古島市(下地敏彦市長)の2021年消防出初式が7日、平良西里の市消防本部で行われた。来間克消防長ら職員や消防団員、市関係者が市民の生命、財産を守り、減災に取り組む消防体制の充実強化とともに、新型コロナウイルス感染症患者の搬送など最前線での業務遂行に決意を新たにした。今年は新型コロナ感染症対策のため、例年と比べて規模を大幅に縮小し、特別点検、式辞、勤続章表彰、一斉放水のみとなった。
[全文記事]

強い寒気流れ込む 朝の予想最低気温11度

2021/01/08 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 23938-1.jpg
冬型の気圧配置が強まり、しけとなった海=平良トゥリバー地区

 気象台によると宮古島地方は8日にかけて冬型の気圧配置が強まり、9日にかけて強い寒気が流れ込む見込み。8日は朝の最低気温が11度、日中の最高気温は13度が予想されている。北の風が強く吹き、沿岸の海域では大しけとなるおそれがあり、強風やうねりを伴う高波に注意を呼びかけている。
[全文記事]

琉球交響楽団 16日から宮古公演

2021/01/08 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 23939-1.jpg
コンサートのPRに訪れた高江洲貴美恵事務局長=宮古新報社

 琉球交響楽団の高江洲貴美恵事務局長が7日、宮古新報社を訪ね、16、17の両日に同楽団がマティダ劇場で行うコンサート(主催・文化庁、同楽団)についてPRした。
[全文記事]

発達障害啓発の講演会 31日未創セ

2021/01/08 09時01分配信 - 社会・一般 -

 沖縄県宮古圏域障害者自立支援連絡会議が主催する宮古圏域発達障害啓発講演会が、31日午後2時から4時まで未来創造センター多目的ホールで開催される。対象は、地域住民、企業関係者、発達障害や疑いを持つ方やその家族と支援者。
[全文記事]

宮古島文学賞、最終候補に8作品

2021/01/07 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 23931-1.jpg
宮古島文学賞最終選考候補を発表する饒平名会長(左から2人目)ら=未来創造センター

 宮古島市文化協会(饒平名和枝会長)は6日、第4回宮古島文学賞の最終選考候補に8作品を決めたと発表した。2月4日に椎名誠、もりおみずき、大城貞俊の3氏が最終選考し、5日に入賞作品を発表する。応募総数は前回の61点から倍増し132点。12月7日の第1次選考で20作品、5日の第2次選考で▽「家出は舟で」▽「神歌由来」▽「島の音」▽「朝光の畑」▽「嘆きの森」▽「不死王の島」▽「猫投祭(まゆーなぎー)」▽「レモン色の月」―の8作品が選ばれた。
[全文記事]