記事一覧

狩俣中学校卒業式、10人が学び舎を巣立つ

2018/03/10 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 18871-1.jpg
3年間の思い出や今後の決意を述べた後、 卒業証書を受け取る卒業生=狩俣中学校

 市立狩俣中学校 (宮國勝也校長) の卒業式が9日、 同校体育館で挙行された。 3年生10人は教職員や保護者、 来賓らに見守られながら卒業証書を受け取り、 3年間の思い出を胸に、 慣れ親しんだ学び舎を巣立った。 宮古地区の中学校では同校の式典が先陣を切って行われ、 きょう10日は多良間中学校、 あす11日は残りの13の中学校で行われる。
[全文記事]

西辺中学校3年生、1年間給食完食を達成

2018/03/10 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 18869-1.jpg
1年間の給食完食を成し遂げ、 達成感を味わう3年生たち=西辺中学校

 2017年4月から給食完食に取り組んだ市立西辺中学校 (池城健校長) の3年生が9日、 1年間の完食を成し遂げた。 生徒たちが自主的に協力しながら取り組んだといい、 担任の下地直子教諭は 「一つの目標に向かって皆で頑張れたのは良かった」 と生徒たちの努力を称えた。
[全文記事]

試験終え緊張ほぐれる、高校入試終わる

2018/03/08 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 18855-1.jpg
筆記試験が終わり安堵の表情で中学校教諭に駆け寄る生徒=宮古高校

 2018年度県立高校入学試験は7日、 社会、 数学の2教科と面接が行われ、 2日間の全日程を終了した。 宮古地区の県立高校3校では正午過ぎ、 筆記試験を終えた生徒たちが続々と校舎から出てきて安堵した表情を見せていた。 合格発表は13日。
[全文記事]

宮古地区高校入試はじまる 419人が試験臨む

2018/03/07 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 18852-1.jpg
チャイムと同時一斉に問題用紙をめくる受験生たち=宮古高校

 2018年度県立高校一般入学試験が6日から2日間の日程で県内一斉に始まった。 宮古地区では宮古、 宮古総合実業、 宮古工業の3校で計419人が試験に臨んでいる。 初日は国語と理科、 英語の3教科が行われ、 受験生たちはこれまでの勉強の成果を発揮しようと集中して試験に取り組んだ。 2日目のきょうは社会と数学、 面接が行われる。
[全文記事]

鏡原小児童ら、劇団四季に「美しい日本語」学ぶ

2018/03/07 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 18849-1.jpg
劇団四季の 「美しい日本語の話し方教室」 で学ぶ児童たち=鏡原小学校

 劇団四季の社会貢献活動 「美しい日本語の話し方教室」 が6日、 鏡原小学校で行われた。 俳優の秋本みな子さん、 中田雄太さん、 菅谷有希さんが講師となり、 生徒たちに同劇団60年を超える歴史の中で培われてきた独自の方法論の 「母音法」 を通して美しい日本語の話し方について分かりやすく教えた。
[全文記事]

北中打楽器六重奏が九州銀賞

2018/03/06 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 18843-1.jpg
銀賞受賞を笑顔で報告した打楽器六重奏のメンバーと長濱教諭=宮古新報社

 先月10日に佐賀県で行われた第43回九州アンサンブルコンテストに県代表として出場した北中学校吹奏楽部打楽器六重奏のメンバーが5日、 宮古新報社を訪れ、 銀賞を受賞したことを報告した。 惜しくも 「全国」 は逃したものの、 生徒たちは 「やれることはすべてやった。 悔いは残っていない」 と晴れやかな笑顔でコンテストを振り返った。
[全文記事]

第一種電気工事士試験に宮古工業生徒合格

2018/03/06 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 18842-1.jpg
=写真=

 県立宮古工業高校 (伊志嶺秀行校長) で5日、 第一種電気工事士試験に合格した4人の生徒が伊志嶺校長に報告した=写真=。 狩俣翼君(3年)は 「先生の教えのお陰で4人合格することができた」 と感謝した。
[全文記事]

県立4高校で卒業式、508人が学び舎巣立つ

2018/03/02 09時07分配信 - 教育 -

ファイル 18825-1.jpg
平良校長から卒業生一人ひとりに卒業証書が手渡された=宮古高校体育館

 県立高校の卒業式が1日、 各高校で挙行された。 宮古地区では宮古、 宮古工業、 宮古総合実業、 伊良部の4高校で508人が3年間通った学び舎に別れを告げた。 各高校では特徴を生かした式典で祝福し、 新たな旅立ちのステージを華やかに温かく包み込んだ。 各校長は1人ひとりに卒業証書を手渡し、 はなむけの言葉を贈った。 宮古高校では280人が卒業し、 在校生や教職員、 保護者らの温かい祝福を受けた。

 このうち県立宮古高校 (平良智枝子校長) の第69回卒業式は午前9時40分から、 同校体育館で挙行された。 普通科200人 (男子95人、 女子105人)、 理数科80人 (男子42人、 女子38人) の計280人が在校生や教職員、 保護者に見守られ、 3年間通った学びやを巣立った。
 学事報告のあと、 平良校長が 「先輩方に負けない強じんな精神力で学んだことに自身と誇りを持って苦境を乗り越え夢実現に努めてほしい。 掲げた目標に向かって一歩一歩着実に歩んでほしい。 皆さんの活躍を期待している」 と生徒たちの門出を祝福。 松川勝光PTA会長は 「失敗することを恐れず、 何度失敗しても挑む勇気を持ち続けてほしい」 と激励した。
 在校生を代表して奥松裕也君が送辞を述べ、 卒業生代表のグェンドウホンニュンさん、 内間唯さんが答辞で決意を述べた。
 式典ではこのほか、 12カ年皆勤者、 3カ年連続成績優秀者も表彰され、 会場からは地道に努力を積み重ねた生徒たちに大きな拍手が送られた。 式終了後には後輩たちや集まった保護者、 関係者らが花束やお菓子の 「レイ」 を卒業生たちに 「おめでとう」 などと声を懸けながら贈っていた。

【宮古地区4高校卒業式写真特集】

2018/03/02 09時06分配信 - 教育 -

ファイル 18824-1.jpg
晴天の下、 クラスの仲間と卒業を喜ぶ宮古総合実業高校商業科の生徒たち=同校正門前

晴れの門出に笑顔

市総合教育会議 第2次教育大綱を策定

2018/03/01 09時07分配信 - 教育 -

ファイル 18818-1.jpg
第2次教育大綱を定めた市総合教育会議=市役所平良庁舎

 市長、 教育委員5人で構成する第2回宮古島市総合教育会議 (議長・下地敏彦市長) が28日、 市役所平良庁舎で開かれ、 第2次教育大綱を定めた。 文言修正などを確認した上で策定され、 2018年度から21年度までの教育行政の指針とする。 大綱では新たに幼保及び認定こども園連携、 過少規模校及び学習指導要領による外国語・国際理解・ICT教育の対応、 未来創造センターの充実、 スポーツ施設や総合博物館整備を盛り込んだ。
[全文記事]

ページ移動