記事一覧

カギマナフラin宮古島2019 きょうから華やかに開催

2019/10/04 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21927-1.jpg
カギマナフラでは華やかな舞が期待される=資料写真

 宮古の秋の風物詩としてすっかりおなじみとなった「カギマナフラin宮古島2019」が、きょう4日の伊良部の拝所での奉納舞を皮切りに、3日間にわたるイベントの幕を開ける。
 「カギマナフラin宮古島」は2013年から宮古島で行われているフラ・イベントで、毎年国内外のフラダンサーが一堂に集い華麗な舞の競演を繰り広げている。
[全文記事]

沖縄宮古民謡協会芸能祭、多彩演目で観衆魅了

2019/09/29 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21903-1.jpg
「とうがにあやぐ」などが幕開けを飾り、多彩な演目で盛況となった芸能祭=22日、浦添市てだこホール(写真提供・沖縄宮古民謡協会)

【那覇支局】沖縄宮古民謡協会(佐和田方恒会長)の第24回芸能祭が22日、浦添市てだこホールで行われ、会場を埋めた約600人の観衆は多彩な宮古民謡や踊りを楽しんだ。会員の民謡教室、舞踊研究所で学ぶ郷友ら多数が参加し、日ごろの研鑽の成果を堂々と披露した。この中で佐和田会長は「本公演は、7月に行われたコンクールの合格者45人のお祝いとともに各研究所の練習の成果を発表する場。最後の演目までご覧いただき忌たんのない批評などをいただきたい」とあいさつした。
[全文記事]

宮古高校学園祭、生徒ら多彩な催しで賑わう

2019/09/29 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21905-1.jpg
3年理数科による舞台演劇=宮古高校

 宮古高校の学園祭が28日、開幕した。各教室の展示コーナーや体育館での舞台演劇など生徒たちのオリジナリティあふれる多彩な催し物が用意され、多くの市民で賑わった。最終日の29日は午前9時半から午後2時まで。
[全文記事]

東京多良間郷友会が多良間まつり開催

2019/09/26 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21888-1.jpg
祭りも終わり頃、カチャーシーを踊る参加者たち=22日、東京都北区赤羽会館大ホール

【東京支局】第86回多良間まつり(主催・東京多良間郷友会)が22日、東京都北区赤羽会館大ホールで開かれ、東京を中心とする関東圈に住む多良間島・宮古島出身者や宮古ファンが詰めかけ盛況を博した。
[全文記事]

地域伝統クイチャー披露、第34回宮古の里クイチャー祭り

2019/09/25 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21886-1.jpg
舞台狭しと踊りを披露した佐良浜ミャークヅツのクイチャー=23日、宮古の里クイチャー広場

 城辺にある特別養護老人ホーム宮古の里主催の「第34回宮古の里クイチャー祭り」が23日、同施設クイチャー広場で開催された。宮古島各地のクイチャー保存会から560人が参加し、それぞれの地域で伝承されているクイチャーを披露した。
[全文記事]

東小運動会、児童ら青空の下で元気よく披露

2019/09/23 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21880-1.jpg
全校児童揃って校歌遊戯を披露した=東小運動場

 学校創立30周年を迎えた市立東小学校・幼稚園の2019年度運動会が開かれ大勢の家族が見守る中、かけっこをはじめとするさまざまなプログラムを繰り広げ、盛んな声援を受けた。
[全文記事]

親子ら歌と物語楽しむミュージカル宮古公演

2019/09/19 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21860-1.jpg
ミュージカル劇を真剣に見入る子供たち=マティダ市民劇場

 ぬいぐるみミュージカル「第40回明治ファミリー劇場」宮古公演(沖縄明治乳業主催)が18日午後1時半から、マティダ市民劇場で開かれ、大勢の園児や親子連れが舞台で繰り広げられる「ジャックと豆の木」の楽しい歌と物語を楽しんだ。
[全文記事]

宮古島市総合文化祭、来月25日から開催

2019/09/12 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21828-1.jpg
文化祭を告知する市、市教育委員会、文化協会の関係者=11日、JTAドーム宮古島

 第14回宮古島市民総合文化祭が10月25日から、JTAドーム宮古島で開催される。昨年と同様、一般の部と児童・生徒の部を統合し、宮古地区中学校総合文化祭も同時に開く。
[全文記事]

伝統の「八月踊り」始まる多良間村、豊年願い奉納

2019/09/07 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21805-1.jpg
多彩な踊りが披露された字仲筋の「正日」舞台=土原願所

【多良間】毎年多良間島で旧暦の8月8日から3日間開催される国指定重要無形民俗文化財「八月踊り」が6日に幕を開けた。会場の土原御願所では出演者らが色とりどりの衣装を身につけ、三線の演奏に合わせ伝統の踊りや歌舞劇である組踊りなどを踊り、住民をはじめ島外からも大勢の観客が訪れて賑わった。
[全文記事]

大神島の言葉を満喫

2019/09/04 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21796-1.jpg
第1回定例会には65人が参加し「みゃーくふつ」を楽しんだ=8月31日、那覇市のほしぞら公民館ホール(提供写真)

【那覇支局】宮古語の保存継承に取り組むみゃーくふつの会(垣花譲二会長)は8月31日、第1回定例会を那覇市のほしぞら公民館ホールで開いた。参加した65人は、みゃーくふつで語り合い和やかなひと時を過ごした。
[全文記事]

ページ移動