記事一覧

多良間村、伊良皆村長が2019年度施政方針

2019/03/12 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21011-1.jpg
2019年度施政方針を示す伊良皆村長=多良間村議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) の3月定例会が11日開会し、 初日は伊良皆光夫村長が施政方針を示した。 自治体の目指す基本柱は収入を増やし支出を節約する 「財政面の健康づくり」 を挙げた。 村の農業経営はさとうきび、 葉たばこ、 かぼちゃと畜産を主体に成り立っているとした。 課題の 「水あり農業」 に向けては 「国の調査事業が行われており、 早期の事業化に向けて取り組んでいる」 と述べた。 人口減少対策では定住促進や子育て支援などを行い、 「UIターン奨励のためには 『何でもやる』 という姿勢で取り組んでいきたい」 との考えを示した。 この日は一般質問も行われた。
[全文記事]

財調基金、初の取り崩し 市議会予算決算委員会

2019/03/09 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20997-1.jpg
2019年度一般会計当初予算案について審議・採決を行った予算決算委員会=市議会議場

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は8日、 予算決算委員会が本会議場で行われ、 2019年度一般会計当初予算について審議・採決し原案通り可決した。 歳入では財政調整基金からの繰入金13億3757万1000円について、 宮国高宣総務部長が 「財政調整基金からの繰り入れは前年度までの当初予算編成時には計上していなかったが、 普通交付税の減少などにより新年度で一般財源として予算計上している」 と説明した。
[全文記事]

当初予算計上あり方に注文、支出補正減に疑問

2019/03/08 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20992-1.jpg
2018年度一般会計補正予算案などを審議した経済工務委員会=市役所平良庁舎

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の経済工務・総務財政・文教社会委員会が7日、 市役所平良庁舎の委員会室などで行われた。 経済工務委員会 (高吉幸光委員長) で審議された2018年度一般会計補正予算案では農林水産業の事業費で国県支出金の減額に質問があり、 眞榮城德彦氏は 「1次産業は重要な産業であり、 なぜ減額されるのか。 当初予算で組んだ以上は減額されないよう最大限の努力すべき」 などと述べ、 当初予算計上のあり方に注文を付けた。 8日は本会議場で予算決算委員会が開かれる。
[全文記事]

ふるさと納税伸び悩み、18年末2億4500万円

2019/03/08 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20993-1.jpg
付託された2018年度一般会計補正予算案などについて審議した総務財政委員会=市役所平良庁舎

 宮古島市議会総務財政委員会 (山里雅彦委員長) は、 2018年度一般会計補正予算、 再生可能エネルギー運営事業特別会計などについて当局の説明を受けた。 同補正予算歳入のふるさと納税寄附金2億4755万4000円について、 友利克企画調整部長は 「18年4月から12月にかけて2616人分の寄附金。 今年の1月から3月にかけては年度明けに補正する形になる。 18年度のスタート時点は好調だったが、 途中で総務省からの指摘もあり、 それ以降は落ち込んでいる。 昨年並みは厳しい状況。 3億円には届かないのではないか」 などと説明。
[全文記事]

前浜など4海岸を市管理に 20年度開始へ取り組み

2019/03/07 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20987-1.jpg
議案質疑の2日目で、市海岸管理条例の制定などについて説明する長濱副市長=市議会議場

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は6日、 本会議場で条例案など29件についての議案質疑が行われた。 この中で市が2020年度から前浜・吉野・砂山・中の島の4海岸を管理することが明らかになった。 昨年3月に県土木事務所と 「一般公共海岸の管理に係る覚書」 を交わしており、 市海岸管理条例を制定後、 19年度中に各海岸の管理者を公募・決定するほか、 各管理業者と契約する委託団体をできるだけ早く決定したいとしている。
[全文記事]

下地市長が19年度施策方針を示す

2019/03/05 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20977-1.jpg
2019年度の施政方針を示す下地市長=市議会議場

 宮古島市の下地敏彦市長は4日に開会した市議会3月定例会で、 2019年度施政方針を示した。 伊良部大橋の開通と外国クルーズ船の寄港回数の大幅な増加により観光が市経済を強くけん引していることなどに触れながら、 「本市の情勢は観光をはじめ、 様々な分野において活況を呈しているが、 今後は経済効果を幅広い分野へ波及させる仕組みづくりを構築し、 本市の自立的な発展を推進していく」 ことを強調した。
[全文記事]

宮古島市が管理されない空き家対策に本腰

2019/03/03 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は、 空き家のワンストップ相談窓口と空き屋管理代行サービスを展開するNPO法人空家・空地管理センター (本部・埼玉県所沢市、 上田真一代表理事) の運営による 「空き屋セミナー・空き家個別相談会」 を10日午後2時から、 JTAドーム宮古島会議室で行う。 対象者は空き家を所有する市民及び市内に空き家を所有する市民。 市の調査によると約500軒の空き家が存在し、 4割強が適切な管理が行われていない状態だという。 2018年度に 「空屋等対策計画」 を策定しており、 4日に開会する市議会3月定例会に空き家の適切な管理と活用を促進する条例制定案が提出される。
[全文記事]

市景観審議会、景観保全へ厳しく審議

2019/02/27 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20948-1.jpg
(仮称) 宮古島与那覇プロジェクトの現地確認で担当者の説明に聞き入る景観審議会委員ら=市下地与那覇

 宮古島市景観審議会 (池田孝之会長) の2018年度第3回審議会が26日午後、 市下地庁舎などで行われた。 12人の委員が (仮称) ミヤコエアポートホテルプロジェクト新築工事、 (仮称) 宮古島与那覇プロジェクトの新規2件と継続審議案3件について現地確認を交えながら景観保全へ厳しく審議した結果、 5件とも原案通り認めることを確認した。
[全文記事]

市議会が研修、「優先順位で論点絞って」

2019/02/27 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20949-1.jpg
土山氏 (奥) がより良い一般質問のあり方などについて説明した議員研修会=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の2018年度議員研修会が26日、 市平良庁舎会議室で行われた。 参加した議員らが、 龍谷大学政策学部教授の土山希美枝氏の講演を通してより良い一般質問のあり方などについて認識を深めた。 土山氏は 「一般質問を良くするためには、 論点をどう絞るか。 詰め込み過ぎるとぼやけてしまい残念な質問になってしまう。 箇条書きや付せん等で書き出して、 問い質したい事の優先順位を整理すること」 などと説明した。
[全文記事]

知事、具体案提示を 市長が県民投票結果受け会見

2019/02/26 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20943-1.jpg
県民投票の結果を受け会見で考えを述べる下地市長=市役所平良庁舎

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋立ての賛否を問う県民投票は24日に投開票が行われ、 3択のうち埋立てに 「反対」 が43万4273人となり、 有効投票総数の71・15%を占めたことについて25日、 報道各社の会見に応じた下地敏彦市長は 「投票した人の中でも72%が反対票を投じたのは評価できる」 と述べた。 一方で有効投票総数と有権者 (投票資格者総数) の二つの要素で結果は見るべきだという考えを示した。
[全文記事]

ページ移動