記事一覧

市営住宅で再エネ利用、9月3日に入居説明会

2018/08/24 21時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19913-1.jpg
太陽光発電と電気式給湯器が設置される市営住宅

 宮古島市 (下地敏彦市長) が導入する市営住宅で太陽光発電及び電気式給湯器を含めたエネルギー貯蔵可能な機器を組み合わせたサービスを提供する 「市営住宅再エネ利用促進制度」 の入居者向け説明会が9月3日、 JTAドーム宮古島で開催される。 入居者は機器設置等の費用負担が必要ないだけでなく生活コストを低減化できるといい、 市はこの取り組みで再生エネルギー利用拡大を目指す。 対象は城辺、 下地、 上野の市営住宅のうち198棟。
[全文記事]

多良間海運検討会、新造船499㌧以内の方針

2018/08/24 21時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19912-1.jpg
次期フェリーの建造方針などを話し合った検討委員会=22日、 多良間村役場

【多良間】多良間海運 (伊良皆光夫代表社員) の第1回船舶建造検討委員会が22日、 同村役場で行われた。 次期新造フェリーの造船計画や要望などについて話し合い、 総トン数に関しては現在の 「たらまゆう」 をやや上回る499㌧までとする方針を確認した。 委員長には代表社員の伊良皆村長が選任された。
[全文記事]

玉城氏に正式出馬要請、県知事選で与党ら

2018/08/24 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19905-1.jpg
調整会議議長の照屋県議から要請書を受け取る玉城氏 (手前右) =沖縄市美原

【那覇支局】9月30日投開票の県知事選に向け、 県政与党と労働団体などでつくる調整会議 (議長・照屋大河県議) は23日午後、 沖縄市美原の事務所で、 自由党幹事長で衆院議員の玉城デニー氏 (58) に出馬要請を行った。 照屋県議は 「基本方針に沿い、 多くの人から意見を頂きながら真剣に協議を進めてきたが、 本日の会合で重要な知事選に玉城さんにぜひ立候補をお願いしたいと全体の意見が一致し正式な出馬要請となった。 玉城さん、 後援会のみなさんには私たち、 多くの県民の思いを受け止めて頂いて前向きな返事を頂けると期待している。 超短期決戦だが、 ともに全力で戦う決意を固めた」 と強調した。
[全文記事]

県知事選で宮古、週明け動き本格化

2018/08/23 09時07分配信 - 政治・行政 -

 翁長雄志知事の死去に伴って9月13日告示、 30日投開票で執行される県知事選挙に向け、 宮古地区でも県政与党と保守の両陣営の動きが週明けにも本格化する見通しとなった。 県知事選には県政野党の保守系は前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) が出馬表明し、 与党は自由党幹事長の玉城デニー衆院議員 (58) を擁立する方針を決めている。 22日までに宮古両陣営は内部での話し合いを実施しており、 超短期決戦に全力で臨むことを確認した。
[全文記事]

宮古観光客、21年度145万人推計

2018/08/22 09時07分配信 - 政治・行政 -

 県文化観光スポーツ部はこのほど、 2015年に策定した沖縄観光推進ロードマップの18年3月改訂を公表した。 17年度の状況や関係機関の取り組み状況などを踏まえて一部を見直している。 宮古島及び周辺離島の観光客需要予測は、 16年度実績の79万人 (うちクルーズ船客21万人) を踏まえ、 18年度に105万人 (43万人)、 20年度132万人 (54万人)、 21年度145万人 (75万人) と推計している。
[全文記事]

多良間地域振興拠点施設が着工

2018/08/22 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19891-1.jpg
多良間村地域振興拠点施設の完成予想図

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) は21日、 同村字塩川で地域振興拠点施設新築工事の安全祈願祭を行った。 村や施工業者ら関係者が神事を執り行い、 工事の安全と無事完成を祈願した。 同施設は地元素材を使った料理や土産品の提供を行っていく。
[全文記事]

個人住民税の納期内納付訴え

2018/08/22 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19888-1.jpg
=写真=

 宮古地区個人住民税徴収対策協議会 (会長・長濱政治副市長) は21日、 市内のスーパー前で個人住民税納期内納付の街頭啓発活動を行った=写真=。 市や県の職員らが買い物に訪れた親子連れらに個人住民税納付の重要性と期限内納付への理解を求めた。
[全文記事]

沖縄県知事選 玉城デニー氏が出馬に前向き

2018/08/21 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19885-1.jpg
玉城デニー氏

【那覇支局】自由党幹事長で衆院議員の玉城デニー氏 (58) が9月30日投開票 (同13日告示) の県知事選への出馬に向け、 最終調整をしていることが20日までに分かった。 翁長雄志知事誕生の原動力となったオール沖縄体制が構築されれば出馬に踏み切るという。 また保守系候補として出馬表明していたシンバホールディングス会長の安里繁信氏 (48) は19日夜、 那覇市のいとみね会館で会見し、 出馬断念を正式に表明。 県政奪還に向け、 自民党など保守系候補として立候補を表明している前宜野湾市長の佐喜真淳氏に協力していく構えだ。
[全文記事]

未来創造センター、工事進ちょく率約63%

2018/08/18 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19870-1.jpg
1階の工事がほぼ終了し2階部分の柱、 梁の組み立てが進められている未来創造センターの現場=平良東仲宗根

 2019年7月開館に向けて整備が進められている宮古島市未来創造センター整備事業は、 8月までに建物本体1階がほぼ終了し、 現在は2階部分の柱及び梁 (はり) の部材組み立てが進められている。 市振興開発プロジェクト局によると現在の進ちょく状況は、 現場施工及び製作ヤード合わせて約63%となっている。 今月末ごろからは内装の着手が予定されるほか、 建物は10月下旬ごろには3階までの棟上げを終える見通し。
[全文記事]

宮古地区栽培漁業推進で稚魚放流計画承認

2018/08/18 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19869-1.jpg
稚魚の放流実績などについて確認する協議員ら=市役所平良庁舎

 2018年度宮古地区栽培漁業推進協議会 (会長・下地敏彦市長) が17日、 市役所平良庁舎で行われた。 17年度はハマフエフキ1万3916尾、 タイワンガザミ8万3000尾を放流、 ヒメジャコ3万6300個、 ヒレジャコ1525個を配布、 モズク4396枚を種付けしたことが報告されたほか、 サバヒーを汽水域で放流する試験を実施するなどの意見が出された。
[全文記事]

ページ移動