記事一覧

国立感染研究所・砂川富正第2室長らが飲食店巡回し対策相談

2020/11/20 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23743-1.jpg
飲食店の感染症対策巡回相談に向かう砂川室長(前列中央)ら=18日、平良西里

 国立感染症研究所の医師を中心とした新型コロナウイルス感染症対策巡回相談が18、19日、市内の酒類を提供する飲食店で行われた。父親が城辺砂川出身の同研究所感染症疫学センターの砂川富正第2室長らが巡回を行い、飲食店の対策について相談を受け、改善する場所や注意点などをアドバイスした。砂川室長は「前向きに取り組んでいる店が多く、どんどん良くなっていくと思う。利用客の協力が大切」と話した。巡回には医療関係者や飲食業者、観光関係者、市職員らが参加し、専門家の対策ノウハウを間近で学んだ。
[全文記事]

新型コロナ県内感染者3カ月ぶりに50人台、累計3887人

2020/11/20 09時04分配信 - 社会・一般 -

 沖縄県は19日、県内で新たに54人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染が50人を超えたのは8月19日の69人以来、約3カ月ぶりで、累計は3887人となった。1日当たりの新規感染者二桁は55日連続。また、高齢者1人が新型コロナに感染して死亡した(居住地、年代非公表)。新型コロナ関連の死亡者は68人となった。宮古島市の確認はなかった。入院中は2人(中等症1人、軽症1人)。
[全文記事]

県文化功労者に市から3人が受賞、市長に報告

2020/11/20 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23747-1.jpg
(前列左から)安谷屋さん、宮国さん、豊見山さんと下地市長(奥左)、宮國教育長=平良庁舎3階応接室

 2020年度の県文化功労賞を受賞した豊見山カツ子さん、宮国マサ子さん、安谷屋昭さんの3人は19日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね報告した。同年度の受賞者15人のうち宮古島市関係者が3人で、下地市長は感謝と激励の言葉を送った。会には宮國博教育長も同席した。
[全文記事]

仲地亜緒さん「命を守る」作文で県内最優秀

2020/11/19 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23739-1.jpg
左から田場署長、仲地さん、濱川校長=下地中学校

 市立下地中学校(濱川成共校長)3年の仲地亜緒さんが、2020年度「大切な命を守る」全国中学校・高校作文コンクール(主催・警察庁)で県内最優秀を受賞したことを受け18日、同校で表彰伝達式が行われた。例年は沖縄本島の県警察本部で表彰式が行われるが、今年は新型コロナの影響で中止となり、宮古島署の田場義浩署長が同校を訪れ表彰伝達を行った。
[全文記事]

希少種保全で連絡会議、外来種問題でも対策

2020/11/18 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23737-1.jpg
希少種保全と外来種問題で開かれた連絡会議=市クリーンセンター会議室

 国や県、学術関係機関、民間団体で構成する「宮古諸島の希少種保全・外来種問題に係る複数の事業関係者による連絡会議」が17日、設置された。希少種・天然記念物のミヤコカナヘビの保全、侵略的外来種のイタチ、クジャクなどの調査、対策の情報共有と意見交換を通して効果的な事業・研究を促進することを目的としている。同日午前、市クリーンセンターで2020年度会議が開かれ、関係者が一堂に会して学術研究発表や関係する事業の報告が行われた。
[全文記事]

県庁内でクラスター

2020/11/17 09時04分配信 - 社会・一般 -

 沖縄県は16日、県内で新たに27人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者2桁は52日連続となった。累計は3768人となった。同日までに県環境部環境衛生課の職員6人が感染し、県は27例目のクラスター(感染者集団)と認定した。居住地が宮古島市は1人確認された。会社員の30代男性で、沖縄本島で感染が分かった。那覇市内で入院中。同市累計は106人で、入院中は3人(中等症1人、軽症2人)、退院103人、死亡1人となった。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2020/11/16 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日11月15日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

城東中、校舎建設進ちょく50%4月開校へ工事着々

2020/11/15 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23722-1.jpg
来年4月の開校に向けて工事が進められている城東中の新校舎建築現場=城辺西里添

 2021年4月に開校する城辺地区統合中学校「城東中学校」の校舎建築工事はこのほど、棟上げを終了し進ちょく率も50%近くに達するなど着々と進められている。新校舎の建設場所は西城中敷地内で、建築面積は1918平方㍍、延べ床面積1543平方㍍で、鉄筋コンクリート造り一階建て。普通教室(3教室)や音楽室、理科室、家庭科室、技術室のほか、図書室、ランチルームを設置する。建築工事費は2工区合わせて4億3354万円。開校時には既存の校舎の一部を利用する予定。
[全文記事]

新型コロナ、宮古島市で新たに1人、20代の医療従事者

2020/11/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

 沖縄県は14日、県内で新たに27人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者二桁は50日連続となった。累計は3696人となった。宮古島市は1人を確認した。医療従事者の20代女性で、11日に症状があり、12日に医療機関を受診、14日にPCR検査で陽性が分かった。県立宮古病院の職員とみられている。同市累計は105人、入院中は3人(中等症1人、軽症2人)、退院100人、死亡1人。
[全文記事]

きょう「七五三」、晴れ着姿で健康願う

2020/11/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23725-1.jpg
千歳飴を手に笑顔で記念撮影に応じる子どもら=宮古神社拝殿前

 15日は「七五三の日」。七五三は、男児が3歳と5歳、女児が3歳と7歳が晴れ着で近所の神社などにお参りし、無事に成長できたことへの感謝と今後の健やかな成長をお祈りする年中行事。14日も平良西里の宮古神社には多くの親子が参詣、祈祷に訪れ、賑わいを見せていた。
[全文記事]

ページ移動