記事一覧

「社窓風景」① 全国から頑張れ、激励に応えたい

2019/01/12 21時03分配信 - 社会・一般 -

 私たち宮古新報社の社員は座喜味弘二社長から9日に 「10日付での解雇」 を急に通告された。 同社では昨年10月に社長から半ば辞めさせられる形でベテランの編集者が退職したことをきっかけに一致団結した宮古新報労働組合が座喜味社長の退陣を要求し団体交渉を重ねてきたが、 11日の紙面に廃業の社告を出すように言われ断固拒否した。
[全文記事]

心愛保育園園児らパトカーに乗車 笑顔

2019/01/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20740-1.jpg
散歩の途中で署に立ち寄りパトカーに乗る園児ら=宮古島警察署

 心愛保育園 (砂川美恵子園長) のりす組 (1歳児) の園児18人が11日、 散歩の途中に宮古島署 (前花勝彦署長) に駐車中のパトカーに乗せてもらった。 にこにこ笑顔で乗車する園児や、 「パトカーこわい」 と先生に抱きつき泣き出す子、 パトカーに連れて行かれないように壁際に背中をぴったりつけ、 乗り込む友だちの勇気に拍手を送るなどほほえましい姿が見られた。
[全文記事]

正しい110番利用を 空港で旅客にチラシ配布

2019/01/10 21時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20737-1.jpg
シーサーミヤコ君たちがチラシを配布し110番の正しい利用を呼びかけた=宮古空港到着ロビー

 宮古島警察署は10日、 「110番の日」 にちなみ宮古空港到着ロビーで訪れた観光客に啓発チラシやファイルを配布し、 110番の正しい利用を呼びかけた。 配布には県警マスコットのシーサーミヤコ君と同署地域課の署員2人が行った。 訪れた観光客はチラシを手にシーサーミヤコ君と握手をしたり記念撮影をする姿がみられた。
[全文記事]

5・78%増加の176万人 18年空港登場実績

2019/01/10 21時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20736-1.jpg
宮古空港を飛び立つ旅客機

 宮古空港管理事務所によると、 2018年の旅客搭乗実績は176万180人で前年に比べて9万6142人、 5・78%増加して過去最高を更新した。 中部│宮古の通年化や福岡│宮古の19年ぶり就航など本土直行便の拡充により順調に実績を伸ばした。 また市観光商工課が発表した18年12月の入域観光客数は6万85人で前年同月に比べて8408人、 16・27%増加した。
[全文記事]

東平安名崎、テッポウユリ咲く 4月ごろに最盛期

2019/01/10 21時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20735-1.jpg
曇り空の下、 純白色の花を咲かせるテッポウユリ=城辺東平安名崎

 悪い天気が続く中、 城辺の東平安名崎ではテッポウユリが花を咲かせており、 訪れた観光客たちを楽しませている。 まだ数は少ないが、 これから春が近づくにつれて花も増え、 4月のトライアスロン宮古島大会やゴールデンウィークの頃には最盛期を迎える。
[全文記事]

メールで110番周知 市障がい福祉課など説明会

2019/01/10 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20732-1.jpg
模擬通報を訓練する参加者=9日、JTAドーム宮古島会議室

 2018年度の第4回意思疎通支援事業意見交換会が9日、 JTAドーム宮古島会議室で開催された。 今回の内容は耳や言葉の不自由な方のための110番通報説明会として宮古島警察署の署員が 「メール110番」 や 「ファックス110番」 の利用方法などについて説明、 模擬通報訓練を行った。 参加者は非常時の通報手段として利用方法を覚えるために真剣に取り組んでいた。
[全文記事]

スキージャンプ小林陵侑選手W杯優勝称え懸垂幕

2019/01/10 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20725-1.jpg
小林選手の優勝を称え懸垂幕が設置された=市役所平良第2庁舎前

 ビーチバレー宮古島大会実行委員会は9日、 オーストリアで行われたノルディックスキーのワールドカップジャンプ週間で4戦全勝の完全優勝を達成した小林陵侑選手 (22) を称えて市役所平良第2庁舎前に 「完全優勝おめでとう」 と書かれた懸垂幕を設置した。
[全文記事]

第4回伊良部大橋ウォーキング27日に開催

2019/01/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20726-1.jpg
多くの市民の参加や成功への協力などを呼びかけた大会長の下地市長 (奥) =宮古島観光協会

 伊良部大橋の開通を記念した 「第4回宮古島伊良部大橋ウォーク」 (主催・同運営委員会) が27日午前9時から、 同橋上などで行われる。 9日、 運営委員会で大会運営計画など3議案が承認され、 大会長の下地敏彦市長が 「歩くことは健康に良い。 家族や友人同士であの橋を渡って健康に寄与できればと思う。 ぜひ多くの市民に参加してほしい。 また、 当日は午前8時55分から同10時半まで橋が通行止めになる。 十分熟知の上、 協力をお願いしたい」 と呼びかけた。
[全文記事]

降水量平年比30%多く、18年宮古島地方の気象

2019/01/10 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20727-1.jpg
=写真=

 宮古島地方気象台は9日、 2018年の気象トピックスを発表した。 それによると平良の年平均気温は23・8度 (平年比0・2度高) で平年並、 降水量は2635・5㍉ (同130%) でかなり多く 「50年に1度」 の記録的な大雨が降ったところもあり=写真=、 日照時間は1749時間 (同99%) となった。 台風の年間発生数は29個 (平年25・6個) と多く、 沖縄県への接近は12個 (同7・4個) と観測史上2番目に多くなり、 このうち6個 (同3・8個) が宮古島に接近した。
[全文記事]

姉妹市村交流、宮古市児童生徒が多良間来島

2019/01/10 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20729-1.jpg
体験交流学習のため来島した岩手県宮古市の児童生徒たち (前列) =8日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】多良間村と姉妹市村を結ぶ岩手県宮古市の訪問団が8日来島し、 同村コミュニティ施設で対面式が行われた。 交流体験学習を行う同市の児童生徒8人がホームステイ先の家族や関係者から歓迎を受けた。 11日まで滞在して多良間小・中学校との交流学習、 サトウキビづくりやシュノーケリングなどを体験する。 両市村の交流は江戸時代末期の漂着船 「善宝丸」 救済の史実をきっかけに1976年から行われている。
[全文記事]

ページ移動