記事一覧

転入増で人口微増、市街地への集中進む

2018/03/31 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19008-1.jpg

 宮古島市 (下地敏彦市長) がこのほど発行した2017年度版 「統計みやこじま」 によると、 同年12月末現在の人口は5万4442人 (住民基本台帳登録人口) で前年同期に比べて102人、 0・2%増加した。 転入増による社会増加数の伸びが自然増加数を上回ったことなどが要因のようだ。 市町村合併した05年と比較すると平良は増えているものの、 郡部は減少が続き人口の市街地集中が進んでいる。 大橋開通後の伊良部でも減少が続いている。
[全文記事]

旅館かたあきの里が名護から古民家移築

2018/03/31 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19007-1.jpg
専門の大工によって移築される古民家=平良東仲宗根添、 かたあきの里

 平良東仲宗根添の旅館かたあきの里で名護市の古民家の移築工事が行われている。 古い木造建築の良さを伝えようと、 沖縄本島から専門の大工を招いて古材を使った宿泊施設を建てている。 5月にも完成し、 6月から供用開始する予定。
[全文記事]

佐良浜のムトゥ建物、ミャークヅツまでに改築へ

2018/03/31 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19006-1.jpg
ミャークヅツの祈願場所で利用されるムトゥが建て替えられる (写真は三つのムトゥで損傷が激しいマイヌヤームトゥ)=佐良浜

 佐良浜の伝統祭祀 「ミャークヅツ」 で、 ツカサンマらが祈願する場所として利用している 「マジャムトゥ」 「マイヌーヤームトゥ」 「アギマスムトゥ」 の三つの建物が老朽化のため建て替えられることになった。 きょう1日から解体工事に着手し、 その後新築工事に入り9月までには完成させ、 10月頃に予定されている今年のミャークヅツに間に合わせる方針だ。
[全文記事]

「農業に役立つ気象情報の利用手引き」作成

2018/03/31 21時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19005-1.jpg
宮古では葉たばこなどに被害を与えた2011年5月28~29日の台風2号=資料写真

 沖縄気象台は 「農業に役立つ気象情報の利用の手引き」 を作成してホームページに掲載している。 農業への気象災害の防止や軽減に役立ててもらおうと気象台が発表する情報の種類や見方、 農業災害が発生しやすい気象条件、 営農対策の計画的な実施の参考となる気象データの入手法、 過去に農業に影響を与えた気象条件の事例、 気象に関するコラムなどをまとめている。
[全文記事]

「池間すでぃがふう奨学金」與那原愛理さんに贈呈

2018/03/31 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19001-1.jpg
島のオバーらが見守るなかの贈呈式で(前列右から)前泊理事長、 祖母のサヨさん、 愛理さんら=池間島離島振興総合センター

 NPO法人いけま福祉支援センター (前泊博美理事長) は30日、 池間島カレンダーの売上金の活用で創設した 「池間すでぃがふう奨学金」 を與那原愛理さん (18) に贈った。 同奨学金は島の若者の背中を押して将来の夢実現を応援するもので與那原さんが1人目となった。 将来は犬や猫など動物保護活動をする仕事が目標ということで4月からは必要な資格の訓練士取得を目指して那覇の専門学校で学ぶ。 前泊理事長ら関係者や贈呈を見守った島のオバーらも頑張り屋の愛理さんを温かく激励した。
[全文記事]

宮古島大使にYAASUUさん、リアルもまる君認定

2018/03/31 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19000-1.jpg
宮古島大使に認定されたYAASUUさん (左)=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は30日、 「宮古島大使」 としてミュージシャンのYAASUUさん (29)、 宮古島まもる君に扮してマラソン大会などに出場しているリアルまもる君を認定した。 今後は宮古島市の自然や歴史、 文化、 観光などの魅力をピーアールし、 市のイメージアップを図る活動をしてもらう。 これで宮古島大使は13人となった。
[全文記事]

多良間村で介護予防ゼミ、噛んで健康寿命延ばす

2018/03/31 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18998-1.jpg
口腔の健康による介護予防について講話する前里さん=26日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】多良間村住民福祉課の介護予防ゼミナールがこのほど、 同村コミュニティ施設で行われた。 地域包括支援センターひらら歯科衛生士の前里さおりさんが 「元気なお口で介護予防」 と題して講話。 口の健康が健康寿命を延ばすカギになるとして口腔機能の維持向上の大切さを呼びかけた。 また入れ歯の役割なども説明した。
[全文記事]

バイク事故で女子高校生が死亡

2018/03/30 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18992-1.jpg
交通事故のあった道路で実況見分する宮古島署員ら=平良添道付近

 29日午前、 市平良の市道で市内の高校に通う17歳の少女2人が乗る自動二輪車が街路樹に衝突する事故があった。 この事故で2人とも路上に投げ出され一人の少女が搬送先の病院で死亡。 もう一人は骨盤骨折などの重傷を負ったものの意識はあるという。 宮古島警察署では運転手や事故原因について調査を進めている。
[全文記事]

ゴミ撤去事業住民訴訟、疑義生じない体制構築を

2018/03/30 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) が2014年度で実施した不法投棄ごみ撤去委託事業において違法な公金支出が認められるとして市民有志が市を相手取り、 事業費の返還を求めた住民訴訟は 「原告の請求を棄却」 という全面敗訴の判決となった。 約2年に渡った住民訴訟は一つの節目を迎えた。 原告側はまだ争う構えを見せ、 市側もこれに対応する方針だ。
[全文記事]

県が災害警戒区域指定 最大津波、下地島28㍍

2018/03/29 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18988-1.jpg
津波災害警戒区域

 県土木建築部は27日付で南風原町、 与那国町を除く県内39市町村の沿岸部を津波災害警戒区域に指定した。 2015年3月に設定・公表した津波浸水想定の区域を基本とし、 10㍍四方に分割して基準水位を明示。 宮古島市と多良間村は周辺離島も含めて沿岸区域が指定され、 基準水位は下地島で最大約28㍍などと示されている。
[全文記事]

ページ移動