記事一覧

進学に関する意識調査で教育ローン「返済に不安」

2018/03/22 09時01分配信 - 産業・経済 -

 沖縄振興開発金融公庫とブルームーンパートナーズ (那覇市) は、 共同で実施した進学に対する親と学生の意識調査結果を発表した。 進路選択では、 親が家庭の経済的状況よりも学生の希望を重視し、 学生は家庭の経済状況などを勘案して希望進学先を決定する傾向となっている。
[全文記事]

17年度肉用牛セリ販売額は41憶円

2018/03/20 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18933-1.jpg
子牛平均価格は前月に比べ下がったものの高値は維持した3月期肉用牛セリ市場=平良山中の宮古家畜セリ市場

 JAおきなわ宮古地区本部 (下地保造本部長) が19日、 まとめた2017年度肉用牛販売実績は宮古、 多良間の市場合計で41億6064万円となった。 過去最高を記録した前年度の46億5784万円に比べ4億720万円の減。 月齢12カ月以内の子牛1頭当たり平均価格は71万1539円となった。 子牛販売頭数は5622頭で前年度より197頭減った。 販売実績は前年度に比べ下がったものの子牛1頭当たりの平均は高値を維持しており、 農家や関係者は来年度も高値セリに期待を寄せている。
[全文記事]

終盤へ糖度上昇を期待、17・18年産サトウキビ

2018/03/17 21時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18925-1.jpg
今期のサトウキビ製糖操業は終盤に入った=宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺・伊良部・多良間工場と沖縄製糖宮古工場の2017年/18年産サトウキビ製糖操業は終盤に入っている。 気象条件や病害虫の被害などの影響により糖度が伸び悩んでいるということで、 収量や品質が良かった前期に比べて厳しい状況。 また雨によりハーベスターの刈り取りにも影響が出ており、 終盤に向けても天候を気にしながらの操業となりそうだ。
[全文記事]

技術、生産の安定目指しかんしょ産地協を設立

2018/03/17 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18914-1.jpg
かんしょ産地協議会の設置要領について話し合う委員=JTAドーム宮古島

 宮古島市かんしょ産地協議会 (会長=松原直樹市農政課長) が16日発足した。 加工用の紫イモの需要の伸びとともに、 市内の生産量も増加傾向にあることから栽培技術や生産量の安定化、 担い手の育成、 将来的な拠点産地指定などに取り組んでいく。 委員は市や県、 市いも生産販売組合、 JAおきなわ宮古地区本部、 需要家のコーラル・ベジタブルで構成されている。
[全文記事]

「宮農7号」宮古産甘蔗発見か 黒島に「みやななご」

2018/03/16 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18910-1.jpg
竹富町黒島の畑で見つかったイモ「みやななご」

 戦後間もないころに宮古島で開発され、 食糧難の時代に宮古で主食となっていた 「宮農7号」 と見られる甘藷 (芋) が2017年10月、 八重山の竹富町黒島で発見されていたことがこのほど、 分かった。 かつては開発者の名前から宮古では 「ジッキンム (実記芋)」 と呼ばれ親しまれていたイモだが、 今では存在も忘れられ、 現存しているかどうか分からない状況で、 関係者では見つかった芋の復活に期待を寄せるとともに、 宮古からの情報提供を呼びかけている。
[全文記事]

タクシー乗務員不足解消向け、女性乗務員座談会

2018/03/16 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18906-1.jpg
タクシーの仕事について意見を交わす女性乗務員たち=宮古タクシー事業協同組合

 海外クルーズ船の増加等に伴うタクシー乗務員の不足解消に向け、 女性乗務員による座談会 (主催・宮古タクシー事業協同組合、 宮古運輸事務所) が15日、 同組合で行われた。 参加者からは勤務中でも家事に割く時間が作れ、 歩合制のため給与面で男女差が無いなど 「慣れれば働きやすい」 という意見が出た。 女性乗務員を望む乗客もおり、 新たな需要開拓につながるとの指摘もあった。 最近は車内にドライブレコーダーを搭載して安全面も向上し、 業界イメージの改善や勤務時間の柔軟な対応などがあれば増加も期待できるとしていた。
[全文記事]

市景観審議会 ホテルなど3件適合と市長に答申

2018/03/15 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18903-1.jpg
下地市長に審議の結果を答申する池田会長 (左) =市役所平良庁舎

 宮古島市景観審議会 (池田孝之会長) は14日、 景観計画区域内での建築工事が届出されていた平良久松と上野宮国のホテル、 平良狩俣の住宅の計3件について景観に関わる適切な対策が確認されたとして景観計画に適合すると下地敏彦市長に答申した。 また急増する観光客に対応した景観計画のあり方も提言した。
[全文記事]

春の畑に広がる真っ白な花、日本そば開花

2018/03/14 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18895-1.jpg
サトウキビ収穫後の畑に植えられ、 白い花を咲かせる日本そば=来間島

 サトウキビ収穫後に植えられた日本そばが開花の時季を迎えている。 畑一面に雪が降ったような真っ白い花を咲かせており、 来月にも収穫が始まる。 日本そばはやせ地でも短期間で育つため農地の有効利用となり、 収穫後に残った葉や茎は鋤き込んで緑肥にもなる。 本土では夏から収穫されるため、 春の宮古島で 「日本一早い新そば」 の産地を目指している。
[全文記事]

伊良部島にホテル計画、市街地にアパート200棟も

2018/03/08 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18860-1.jpg
三光ソフランが計画している伊良部島ホテルの完成予想図 (同社提供)

 建設・不動産事業を手がける三光ソフランホールディングス (東京、 高橋誠一社長) が伊良部大橋の伊良部島側橋詰めの北東の海岸沿いに今夏、 コテージとホテル建設に着工することが7日、 明らかになった。 同社は市街地でもアパートを中心に民泊用住宅を含む200棟以上を5年間で建設する計画も示している。 同日、 高橋氏らが市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問、 報告した。
[全文記事]

「介護にICT活用を」シンポジウム、高校生も参加

2018/03/02 21時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 18827-1.jpg
=写真=

 ICTを活用した介護サービスの産業化を通じたまちづくり事業の成果報告会 「シンポジウムICTで変わる介護現場」 (主催・宮古島市) が2日、 市中央公民館大ホールで行われた。 介護現場での気づきを 「見える化 (可視化)」 するための取り組みについて報告したほか、 高校生参加の質疑なども行われた=写真=。
[全文記事]

ページ移動