記事一覧

MSCスプレンディダ号初寄港

2018/08/15 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19848-1.jpg
スプレンディダ号の乗組員たちにミス宮古島から花束が贈られた=平良港ターミナル前

 MSCの 「スプレンディダ号」 (13万7936㌧) が14日、 平良港に初寄港した。 宮古島観光協会 (豊見山健児会長) など関係団体が歓迎セレモニーを行い、 船員らをもてなした。 同船は横浜発着のチャーターで乗客3899人、 クルーが1308人乗船している。
[全文記事]

まごどうふの「濃厚おぼろ豆腐」全国品評会へ

2018/08/15 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19844-1.jpg
九州・沖縄豆腐品評会で銅賞に選ばれたまごどうふの下地さん (左) =宮古島商工会議所

 このほど福岡県博多で開催された2018年九州・沖縄地区豆腐品評会の寄せ・おぼろ・ざる豆腐部門に出品した宮古島市平良のまごどうふ (下地直弥代表) の 「濃厚おぼろ豆腐」 が銅賞に選ばれ、 9月30日に行われる全国豆腐品評会への出場を決めた。 「濃厚おぼろ豆腐」 はこれまで島豆腐になかった味を目指して開発した商品。 祖母の仲本春さんから受け継いだ伝統に自らの創意を加えて全国に挑む。
[全文記事]

JAおきなわ、2施設建設で地鎮祭

2018/08/14 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19840-1.jpg
地鎮祭で鍬入れの儀を行う (左から) 下地喜広社長、 大城勉理事長、 下地保造本部長=JAおきなわ宮古地区本部北駐車場

 沖縄県農業協同組合 (大城勉理事長) が新築する葬祭場 「JA虹のホールみやこ」 などの地鎮祭が13日、 JAおきなわ宮古地区本部北駐車場などで行われた。 大城理事長をはじめ、 JAおきなわの関係者らが出席し、 工期中の無事故無災害等を祈願して鍬入れなどを行った。
[全文記事]

豊農産がキビ全自動植え付け機導入

2018/08/09 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19811-1.jpg
サトウキビの苗を植える全自動植え付け機=平良狩俣

 平良島尻の農業生産法人豊農産 (辺士名忠志代表) はこのほど、 サトウキビの全自動植え付け機を導入。 8日、 平良狩俣のほ場で夏植えを実施した。 ハーベスターで刈り取ったキビをそのまま苗として使用。 1日で約4㌶の作業が可能とされ、 高齢化などに伴う労働力の減少を補い増産を目指していく。
[全文記事]

県マンゴーコンテストで洲鎌さんが優秀賞を受賞

2018/08/08 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19804-1.jpg
県マンゴーコンテスト優秀賞の表彰状を手にする洲鎌辰徳さん (中央) =県宮古合同庁舎

 第11回沖縄県マンゴーコンテスト (主催・県果樹フェスティバル実行委員会) の審査会がこのほど行われ、 楽南フルーツの洲鎌英徳さん (上野) が優秀賞に選ばれた。 7日、 県宮古合同庁舎で賞状が伝達された。
[全文記事]

宮農7号の普及に関心 城辺で配布と試食会実施

2018/08/08 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19802-1.jpg
参加者に 「宮農7号」 のイモ苗を配布する砂川さん (左) =4日、 城辺加治道

 宮古島産の甘藷 (芋) でかつて主食となっていた在来種 「宮農7号」 の普及に向けた苗の配布と試食会がこのほど、 城辺で開かれた。 農家を中心に各地から約30人が参加し、 栽培を手がけた沖縄国際大学名誉教授の砂川徹夫さん (67) =城辺比嘉=の説明を受けるとともに、 今後の栽培普及に関心を寄せた。
[全文記事]

高校生対象に小型車両系建設機械特別教育

2018/08/03 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19772-1.jpg
小型車両系建設機械の実習に取り組む生徒=平良下里、 先嶋建設ヤード

 沖縄県建設業協会宮古支部 (長田幸夫支部長) は1~2日、 地元の高校生を対象に小型車両系建設機械運転特別教育を行った。 宮古工業高校と宮古総実高校の生徒22人が受講し、 小型建設機械の基本操作や安全な作業などを学んだ。 同講習は県建設業協会が受講料を支援して実施。 現在、 建設業界は公共工事、 民間建築ともに好調が続く一方、 人手不足や将来の担い手確保が課題となっており、 同支部では様々な形で人材育成や入職促進に取り組んでいる。
[全文記事]

宮古島市畜産共進会、伊山さんら優等賞

2018/08/02 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19768-1.jpg
若雌第1類で優秀賞に選ばれた荷川取広明さんの 「りょうこ号」 など3頭の牛=JA宮古家畜セリ市場

 2018年度宮古島市畜産共進会 (主催・同実行員会) が1日、 JA宮古家畜セリ市場で行われた。 市内から35頭の雌牛が出品され、 優良母牛としての資質や品種改良の成果、 飼養管理技術などを競った。 審査の結果、 伊山和吉さんの 「ゆりこ号」 (若雌第1類) などが優秀賞に選ばれた。 今回は宮古地区共進会への出品牛の選抜を兼ねて実施。 子どもたちが描いた「牛の絵」も展示された。
[全文記事]

多良間村畜産共進会で「がるしあ号」など最優秀

2018/07/28 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19739-1.jpg
多良間村畜産共進会で最優秀に選ばれた豊見城さん (前列右) たち=26日、 同村家畜セリ市場

【多良間】多良間村畜産共進会 (主催・多良間村、 宮古和牛改良組合多良間支部) が26日、 同村家畜セリ市場で行われた。 村内から10部門に50頭の雌牛が出場し、 優良母牛としての資質や改良の成果を競った。 審査の結果、 豊見城玄弘さんの 「がるしあ号」 (子牛の部第2類) などが最優秀に選ばれた。
[全文記事]

県内企業17年度売上高ランキングで沖電トップに

2018/07/28 09時05分配信 - 産業・経済 -

【那覇支局】東京商工リサーチ沖縄支店は27日、 2017年度県内企業売上高ランキング上位100社を発表した。 銀行 (信用金庫含む) ・保険などの金融業を除く17年4月期~18年3月期の100社売上高合計は、 前年度比869億3800万円 (4・1%) 増収の2兆2116億8700万円で、 総売り上げは過去最高となった。 トップは2年ぶりに沖縄電力が返り咲き、 宮古関係では大米建設が前年から3つ順位を上げ51位に入った。
[全文記事]

ページ移動