記事一覧

宮古島観光協会青年部、新部長の立津烈氏

2016/12/03 21時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16071-1.jpg
立津烈氏

 宮古島観光協会青年部の臨時総会が3日、 下地与那覇のホテルで行われ、 第31代部長に立津烈氏 (39・宮古テレビ営業部係長) =市平良東仲宗根=を選出した。 現青年部長の奥平芳寿氏からタスキを引き継ぐことになった。
[全文記事]

葉たばこ生産スタート、豊作へ願い込め播種

2016/12/03 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16065-1.jpg
2017年産葉たばこの種を播く下地市長 (右) ら関係者=JA城辺支店葉たばこ育苗ハウス

 2017年期作の葉たばこ播種式が2日、 城辺・平良両地区で行われた。 生産農家をはじめ日本たばこ産業 (JТ) 沖縄地方原料本部、 農協などから関係者が参加し、 豊作への願いを込めて種を播いた。 各農協によって発芽した苗は今月下旬には農家に配布され、 中間育苗を経て来年1月下旬には本畑への植え付けが始まり、 3月下旬頃から収穫が始まる予定。 一昨年は収穫期の台風で大きな被害を受けたが、 前年は平年並の生産量となった。
[全文記事]

JA下地支店建て替え起工式、新たな農村拠点に

2016/12/03 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16064-1.jpg
地鎮祭で清めの酒で新店舗建築工事の安全を祈願する関係者たち=1日、 JA下地支店跡地

 JAおきなわ (大城勉理事長) は1日、 老朽化に伴い建て替える下地支店の起工式を行った。 同支店は48年前に建てられ、 すでに取り壊した旧店舗跡地に建設する。 完成は来年5月を予定している。
[全文記事]

キビ製糖期県内トップで宮糖伊良部工場が操業開始

2016/12/02 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16058-1.jpg
製糖開始式で原料のサトウキビを投入する宮糖の安村社長 (中央) ら=宮古製糖伊良部工場

 宮古製糖伊良部工場 (池間邦雄工場長) は1日、 県内製糖工場のトップを切って2016/17年産サトウキビ製糖操業を開始した。 今期のサトウキビは気象条件に恵まれて豊作型となり、 生産量は6万3820㌧を見込んでいる。 初日は原料373㌧が搬入され、 平均甘蔗糖度は13・8度と高品質でのスタートとなった。 宮糖では17日に城辺工場、 20日には多良間工場で始まり、 3工場がそろって年内操業となる。 沖縄製糖宮古工場は年明け1月を予定している。 宮古地区全体の生産量は36万㌧以上が予想されている。
[全文記事]

期成会が空港横断トンネル整備促進を県に要請

2016/12/02 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16057-1.jpg
要請後、浦崎副知事に概要を説明する下地市長 (右) ら=県庁

【那覇支局】宮古島市の下地敏彦市長ら宮古空港横断トンネル道整備促進期成会が1日午後、 県庁に浦崎唯昭副知事を訪問し、 宮古空港横断トンネル道の早期整備について要請した。 下地市長は 「4、 5年で整備してほしいということではなく、 宮古全体の発展を見ながら長い年月をかけて論議する必要があるということ。 ぜひ県に、 いまから論議していく場を設けて頂きたい」 と理解を求めた。 浦崎副知事は 「当然、 論議の場を持つことは必要だ」 などと述べた。
[全文記事]

10月の有効求人倍率1・45倍で過去最高を更新

2016/11/30 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所 (知念宏和所長) は29日、 2016年10月の一般職業紹介状況を発表した。 それによると、 求職者の減少傾向に対して観光客の増加に伴う関連産業などでの求人増加により、 有効求人倍率は1・45倍で前年同月比0・5ポイントの大幅増で前月に引き続き過去最高を更新。 今年初めて県内各職安で1位となった。
[全文記事]

クルーズ客船の二次交通で意見交換

2016/11/29 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16036-1.jpg
二次交通問題で意見交換したクルーズ客船協議会の交通部会=平良港湾事務所会議室

 宮古島クルーズ客船誘致・受入環境整備連絡協議会の陸上交通部会 (部会長・伊波好次宮古運輸事務所長) が28日、 平良港湾事務所会議室で開催され、 運輸及び行政関係者が今期のクルーズ船寄港に伴うバス、 タクシーの公共交通が不足する 「二次交通問題」 の解決に向けて意見交換した。 事業者から寄港に伴う観光客増加や観光地としての評価アップを背景に県内外からの関心が高まり、 タクシー、 バスの運転士不足の問題が解消されつつあるとの報告があった。
[全文記事]

県家保業績発表で筧さん優秀演題

2016/11/29 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16032-1.jpg
下地市長 (中央右) に優秀演題受賞したことを報告し喜びの笑顔を見せる筧さん (同左) =市役所平良庁舎

 宮古家畜保健衛生所 (仲村敏所長) の筧麻友さんが28日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 17日に県庁講堂で開催された第43回県家畜保健衛生業績発表会で優秀演題を受賞したことを報告した。
[全文記事]

離島フェア2016開幕、島々の魅力が一堂に

2016/11/26 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16022-1.jpg
会場には多くの県民らが足を運んで島々の特産品を買い求め、 賑わいを見せていた=沖縄セルラーパーク那覇

【那覇支局】 「離島を支えるモノがある。 人も素材も特産品」 をテーマに、 離島フェア2016 (主催・同実行委員会) が25日、 那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇で開幕した。 27日まで。 宮古島市や多良間村をはじめ県内各離島の特産品が計127ブースで展示・即売されるほか、 各離島の特産品販売や伝統芸能の紹介、 流通商談会など多彩な催しが行われている。 会場には島々の魅力を求める県民や観光客らが多数訪れて賑わいを見せていた。
[全文記事]

宮古職安が人材不足解消へ、観光業セミナー開催

2016/11/26 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16019-1.jpg
=写真=

 宮古公共職業安定所 (知念宏和所長) の観光業セミナーが24日、 上野宮国のホテルブリーズベイマリーナで行われた=写真=。 入域観光客の増加に伴い観光関連求人も増えているものの、 慢性的な人手不足が続いている現状から、 雇用のマッチングに向けてユニマットプレシャスと宮古島観光協会の協力で実施。 同ホテルのスタッフが自分たちの業務について紹介し、 観光業のやりがいや楽しさをピーアールした。
[全文記事]

ページ移動