記事一覧

再生可能エネルギー極小規模離島で実証

2018/01/12 09時07分配信 - 政治・行政 -

 県商工労働部は、 2016年度で宮古島市大神島や多良間村水納島、 八重山の6島の計8島を対象とした 「極小規模離島再生可能エネルギー100%自活実証事業」 の導入可能性調査結果を踏まえ、 17年度で課題の抽出や整理を目的とした委託業務を実施している。 具体的には宮古、 八重山だけでなく沖縄本島周辺も含めた各離島の世帯数や電力施設の状況、 制度的な課題などを総括的に整理し、 実現に向けた方策などを検討する方針だ。
[全文記事]

伊良部島など2カ所のEV充電設備が運用開始

2018/01/06 21時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18490-1.jpg
新たに設置され運用開始された中速充電器=ファミリーマート宮古伊良部店横

 宮古島市 (下地敏彦市長) では、 このほど新たに電気自動車用急速充電器を追加設置し運用を開始した。 開始したのはAコープ城辺店とファミリーマート宮古伊良部店の2カ所でこれにより島内のEV充電設備設置個所は17カ所となった。
[全文記事]

官公庁が御用納め、下地市長が職員の労ねぎらう

2017/12/29 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18473-1.jpg
下地市長が2017年を振り返るとともに、 新年に向けて職員に訓示した=市役所下地庁舎

 官公庁は28日、 「御用納め」 を迎えた。 宮古島市では下地敏彦市長が市城辺庁舎を皮切りに各庁舎を巡回し、 職員の1年間の労をねぎらうとともに新年も市民サービスの向上などに一層気を引き締めてかかるよう訓示した。 このうち下地庁舎ではクルーズ船拠点港指定に伴う整備事業や空き家対策などを挙げ、 「一致団結して取り組んでほしい」 などと述べた。 仕事始めは2018年1月4日から。
[全文記事]

市クリーンセンターへのごみ搬入「年明けも検討を」

2017/12/29 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18467-1.jpg
リサイクルセンター工事に伴い粗大ごみなどを置くヤードが小さくなっている=平良字西仲宗根の市クリーンセンター

 28日、 平良字西仲宗根にある市のクリーンセンターでは年末の掃除を終え粗大ごみなどを搬入する市民の姿が多く見られた。 一方、 市環境衛生課では同施設内での新リサイクルセンター建設に伴いヤードのスペースが小さくなっていることから、 混雑を去年以上と予想。 年末の自己搬入はできるだけ避け、 年明け搬入の協力を呼び掛けている。
[全文記事]

不法投棄ゴミ問題 住民訴訟で下地市長尋問

2017/12/28 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18461-1.jpg
証人尋問を終え裁判所から出てくる下地市長と市職員ら=那覇地裁平良支部

 宮古島市不法投棄ゴミ残存問題の住民訴訟は27日、 下地敏彦市長の証人尋問が那覇地裁平良支部で行われた。 同尋問は非公開で行われたが終了後の取材に対して下地市長は契約に則り事業を実施したことなどを強調するとともに 「市に対しても損害を与えていない」 と見解を示した。 一方、 原告は 「市長の責任を果たしていないことが明確になった」 と指摘した。 裁判は来年1月23日に結審し今年度中に判決が出る見込み。
[全文記事]

市天然ガス資源事業推進協、保良泉スパ施設計画

2017/12/23 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18437-1.jpg
温浴施設などが示された天然ガス資源事業化推進検討委員会=市役所平良庁舎

 宮古島市天然ガス資源事業化推進検討委員会 (委員長・長濱政治副市長) の第2回委員会が22日、 市役所平良庁舎で開かれ、 城辺保良の宮古R1号井戸を活用した実証及び温浴施設基本計画策定への基礎調査が報告された。 温浴施設事業化に向けては、 「保良泉サウナ&スパリゾート」 のコンセプト、 営業及び運営方針、 開発構想などが示された。 来年2月には最終報告をまとめる。
[全文記事]

市がクルーズ拠点整備など選定 17年重大ニュース

2017/12/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18435-1.jpg
17年宮古島市重大ニュースを発表する下地市長=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は22日、 2017年の市重大ニュースを発表した。 平良港は7月26日に国際旅客船拠点形成港湾に指定され、 14万㌧級のクルーズ船が接岸できる岸壁370㍍の整備が国直轄事業で9月に着工された。 供用開始は20年を予定しており、 クルーズ観光客の増加による経済効果で地域活性化が期待される。 また、 これまで進められてきた平良港漲水地区複合一貫輸送ターミナルが12月に一部供用開始されたなど20項目を選定している。
[全文記事]

城辺地区統合中学校用地、西城中賛成多数で可決

2017/12/21 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18422-1.jpg
市議会12月定例会で学校設置条例改正などに挙手で賛成する与党議員ら=平良庁舎本会議場

 宮古島市議会 (嵩原弘議長) の12月定例会は20日の最終本会議で、 上程されていた城辺地区統合中学校の位置を西城中とする学校設置条例改正を与党16人の賛成多数で可決した。 また、 伊良部小中一貫校建設地の佐良浜中における訴えの提起には与党、 中立の18人が賛成した。 今月13日に宜野湾市の普天間第二小学校のグラウンドに米軍普天間基地所属のCH53ヘリコプターの窓が落下したことに対する意見書、 抗議決議を全会一致で採択した。
[全文記事]

参議院沖特委が平良港など7カ所視察

2017/12/21 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18418-1.jpg
クルーズ船の入港するバースなどについて説明を受ける委員たち=ホテルアトールエメラルド宮古島

 参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会は20日、 伊良部大橋など7カ所を視察した。 平良港では16日に暫定供用が開始された漲水地区のバースを見学し、 国際クルーズ拠点の運用などについて説明を受けた。
[全文記事]

城辺地区統合中の位置、賛成多数で可決

2017/12/20 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18416-1.jpg
与党委員の賛成多数で学校設置条例の一部改正が委員会で可決した=市役所平良庁舎

 市議会の文教社会委員会 (平良敏夫委員長) が19日、 市役所平良庁舎で行われ、 城辺地区の4中学を統合し西城中の位置に新たに設置する市学校設置条例の一部改正について賛成多数で可決した。 討論では下地信広委員が 「反対意見の人は非現実的。 新しい文化の構築に努めるべきだ」 と賛成し。 上里樹委員らが反対意見を述べた。 採決が行われ賛成多数で可決された。 また、 用地決定見直しについての要請など2件は不採択となった。
[全文記事]

ページ移動