記事一覧

宮古総実生徒がサトウキビ収穫に汗流す

2019/02/02 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20839-1.jpg
手分けして収穫作業に取り組む農林系3年生たち=宮古総合実業高校第2農場

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) の2018年度サトウキビ収穫実習が1日、 同校第2農場で行われた。 3年生農林系3クラスの計112人が参加し、 互いに協力しながら作業に汗を流した。 収穫後はPTAが準備したカレーライスで昼食を摂り、 談笑しながらともに楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

下地地区地域づくり協議会がヒマワリ播種

2019/02/02 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20840-1.jpg
ヒマワリの種を蒔く下地小児童たち=先月31日、 与那覇湾沿い

 下地地区地域づくり協議会 (川満省三会長) は先月31日、 下地農村環境改善センター前の与那湾沿いでトライアスロン大会に向けてのヒマワリ播種を行った。 下地小学校4・5年生約60人と教諭が参加し、 ヒマワリの種を蒔いた。 トライアスロン宮古島大会が開催される4月14日頃に開花し、 過酷なレースに挑む選手たちの走りを後押しする。
[全文記事]

沖縄一周市郡対抗駅伝大会へ宮古選手団出発

2019/02/02 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 20841-1.jpg
2日からのレースでの健闘を誓って出発した宮古島市代表選手団=宮古空港

 県内14市郡の代表選手たちが健脚を競う県知事杯第42回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会 (主催・沖縄陸上競技協会) に向けて宮古島市代表選手団 (池間啓貴監督) が1日、 出発した。 宮古空港で出発式が行われ、 久貝貴之選手権ヘッドコーチが 「主力のケガなどアクシデントはあるが、 残ったメンバーで2日間、 宮古らしいアララガマスピリッツを出し切り1秒1秒を大切にしながら走り切りたい。 良い報告ができるよう頑張るので応援よろしくお願いします」 と意気込みを語った。
[全文記事]

宮古島署が交通安全祈願の豆まき

2019/02/02 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20842-1.jpg
一生懸命オニに豆をまく園児たち=宮古島警察署

 宮古島警察署 (前花勝彦署長) は1日、 交通安全祈願豆まき 「飲酒運転する鬼いなくな~れ作戦」 を実施した。 鏡原幼稚園 (屋嘉比俊哉園長) とCOSMIC保育園 (砂川香名子園長) の園児らがそれぞれオニに豆をまき、 「飛び出しオニ」 と 「飲酒運転オニ」 をやっつけた。
[全文記事]

下地市長が辺野古賛否県民投票の参加を表明

2019/02/01 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20833-1.jpg
記者会見で県民投票への参加を明言する下地市長=市役所平良庁舎

 下地敏彦市長が31日、 市役所平良庁舎で記者会見し、 辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票 (2月24日投開票) への参加を発表した。 県議会 (新里米吉議長) 臨時会で3択実施の条例改正案が可決されたことを受け、 「市議会の議決は市政運営を円滑に進める上で重いものがあるが、 県議会における二度の審議と議決、 並びに県当局の全県実施への強い決意が示されたこと等を重く受けとめ、 宮古島市は県民投票を実施することとした」 とコメントした。
[全文記事]

きょうから2月、葉たばこ農家 苗本畑に移植

2019/02/01 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20834-1.jpg
晴れ間の下、 葉たばこ苗の本畑移植に追われる農家=平良下里

 きょうから2月。 3日は 「節分」、 4日は 「立春」 と暦の上では春となる。 宮古島地方は冬とは思えないほど暖かい日が続いており、 31日も晴れ間が広がった。 そのなか葉たばこ農家は苗の本畑への移植作業に追われていた。
[全文記事]

みなとまち宮古再生検討委、国際ターミナル検討

2019/02/01 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20835-1.jpg
平良港の国際ターミナル (仮称) の配置・動線の計画案などについて検討した=市中央公民館

 2018年度第3回 「みなとまち宮古再生プロジェクト検討委員会 (会長・下地敏彦市長)、 同幹事会 (幹事長・垣花和彦観光商工局長) が31日、 市中央公民館で開かれた。 18年の宮古島クルーズ船寄港実績を報告したほか、 平良港国際ターミナル (仮称) 配置・動線計画案について検討、 街づくりの課題と今後の取り組みについて確認した。
[全文記事]

「教育の日」標語・川柳表彰、友利さんら最優秀賞

2019/02/01 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20836-1.jpg
表彰を受け喜びを見せる受章者たち=30日、 市役所平良庁舎

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は30日、 2月16日の 「教育の日」 に向けて募集した標語・川柳の入賞者9人の表彰式を市平良庁舎で行った。 最優秀に、 小学校の部で友利娃良さん (鏡原小1年) の 「学校は はじめてがいっぱい たのしいな」、 中学校の部は鈴木隆介君 (城辺中2年)、 一般の部は狩俣淳子さんの作品が選ばれた。
[全文記事]

社窓風景⑯ 長期応援に感謝

2019/02/01 09時01分配信 - 連載・企画 -

 宮古新報労働組合の現状を聞きつけ、 先月25日に遠い愛媛県から駆けつけてくれていた愛媛新聞労働組合の山内拓郎書記長が1日、 宮古島をあとにする。
[全文記事]

サッカー協会がトレセン参加児童生徒に奨励金

2019/01/31 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 20828-1.jpg
奨励金の交付を受けた選手たち=29日、 市陸上競技場会議室

 宮古サッカー協会 (宮国敏弘会長) は29日夕、 県トレーニングセンター参加者への奨励金交付式を市陸上競技場会議室で行った。 対象は児童生徒8人で1人が欠席。 午後6時半からの交付式では、 1人ひとりに奨励金を手渡した宮国会長が 「この奨励金はみなさんの未来への投資。 サッカーだけではなく人格を磨いていってほしい」 と期待を寄せた。 受け取った選手たちは 「今後もサッカーを頑張っていく」 と抱負を述べた。
[全文記事]