記事一覧

瀬戸内海実習に出航 宮古総合実業高校海洋科学科

2021/10/15 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25202-1.jpg
「スタンバイ」で実習生にエールを送る海洋科学科の生徒たち=13日、平良港

 宮古総合実業高校(大山正吾校長)海洋科学科の2年生11人が13日、平良港から「海邦丸」での沿岸航海実習に出航した。来月1日まで国内主要航路である瀬戸内海で実習を行い、航海技術や船内規律などを学ぶ。乗船式には家族や同級生、教職員らが見送りに訪れ、実習生を激励した。今回の航海実習には同校を卒業した沖縄水産高校専攻科1年生も乗船している。
[全文記事]

ミァークヅツにちなみ展示 池間湿原再生活動の会

2021/10/13 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25191-1.jpg
ミャークヅツに合わせ池間在住者の工芸品や絵画などが展示された=池間公民館

 池間湿原再生活動の会(與那嶺大会長)は12日、池間公民館で池間島出身者や在住者の絵画や工芸品の展覧会を開催した。昔ながらの手法で作る疑似餌(エギ)や島の写真、絵画など100点を超える作品を展示している。13日正午まで。
[全文記事]

城東中2年金城さんら大賞 第5回全国はがき筆文字展

2021/10/12 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25188-1.jpg
特別賞の発表を行う池田事務局長=平良港ターミナルビル2階小研修室

 第5回全国はがき筆文字展の特別賞発表会が10日、平良港ターミナルビルで開かれた。宮古島市からは大賞5選に金城萌さん(城東中2年)が選ばれたほか、個人で15人、団体2つが上位入賞した。展示会は11月5~7日の3日間、市未来創造センターで開催。応募作品などから約2000点の出展を予定している。
[全文記事]

元気いっぱい晴れ舞台 花園保育所運動会

2021/10/10 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25180-1.jpg
堂々としたエイサーを踊り終え、保護者らに向け笑顔でポーズを決める5歳児たち=JTAドーム宮古島

 花園保育所(金谷福代所長)は9日、JTAドーム宮古島で運動会を開いた。開催は2年ぶり。新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で実施した。園児たちは久々の晴れ舞台に元気いっぱい練習成果を披露。この日を待ち望んでいた保護者らも笑顔で声援を送った。
[全文記事]

母校にアルコールスタンド寄贈 宮古工業高校

2021/10/09 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25176-1.jpg
工業高校自動車機械システム科の生徒からアルコールスタンドが贈られた=北中学校

 宮古工業高校(知念俊一郎校長)自動車機械システム科2年生の生徒らは8日、実習で製作した足踏み式のアルコールスタンド6台を北中学校など6校に寄贈した。2年生23人で20台以上を目処に製作を続け、学校や公共施設などに寄付する予定となっている。
[全文記事]

意欲認められ宮高1年に奨学金贈呈 日本教育公務員弘済会

2021/10/09 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25177-1.jpg
交付を終え記念撮影を行う(左から)屋嘉比参事、上地支部長、大村さん、親川さん、粟國教諭、金城校長=宮古高校校長室

 日本教育公務員弘済会沖縄支部の上地弘志支部長と宮古地区担当の屋嘉比邦昭参事らは8日、宮古高校を訪ね、学校から学習意欲を認められた生徒3人に奨学金を贈呈した。給付型奨学金として厳しい環境の中で学業を継続している子どもを励ますことが狙い。
[全文記事]

園児73人が披露 ふたば保育園が元気っ子フェスタ

2021/10/08 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25170-1.jpg
5歳児の元気なマーチングで運動会が開幕した=7日、JTAドーム

 ふたば保育園(長田克子園長)は7日、平良下里のJTAドームで第38回運動会「元気っ子フェスタ」を開催した。同日、運動会は5歳児の鼓隊によるマーチング「みんながみんな英雄」で華やかに開幕。2歳から5歳児までの園児73人が父母らに見守られながら遊戯、かけっこ、リレーやダンスを披露した。
[全文記事]

佐藤さん立津さん最優秀、県愛鳥週間ポスター

2021/10/07 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25166-1.jpg
最優秀を受賞した佐藤さん=4日、北中図書館

 県は4日、2021年度愛鳥週間ポスターコンクールの審査結果を発表した。宮古島市からは北中学校の佐藤茉陽夏さん(1年)と平良中学校の立津史音さん(3年)の作品がそれぞれ最優秀賞に選ばれた。受賞作品は22年の愛鳥週間(5月9日~13日)の期間中に県庁1階ロビー、県立博物館・美術館で巡回展示を予定している。また2人の作品は22年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール(主催・日本鳥類保護連盟)に県代表として出展される。
[全文記事]

命を大切にする心育む 狩俣幼稚園・小学校

2021/10/06 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25160-1.jpg
海に帰るウミガメを見守る子どもたち(平良狩俣のビーチ)

 狩俣小学校(松原伸一校長)は5日、愛知県在住で名古屋港水族館職員の小林清重さんを招き、ウミガメに関する講座や保護したカメの放流を行った。小林さんはウミガメの調査をライフワークとしており、追い込み漁で網にかかったカメに識別票をつけて海に帰す活動を続けている。講座では海に捨てられたゴミでけがをしたウミガメの様子や、産卵するビーチがゴミだらけになっている事例を紹介。講座を通し、子どもたちに命や自然を大切にしようと呼び掛けた。
[全文記事]

環境保全考えるサシバ絵画教室 伊良部小5年

2021/10/05 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25153-1.jpg
動物画家の岡田さんを講師に招き、オンラインで絵画教室を行った=伊良部島小5年1組教室

 伊良部島小学校の5年1組(担任・平良明美教諭)は4日、動物画家の岡田宗徳さんを講師に招き、オンラインでサシバ絵画教室を行った。総合的な学習の一環で行われ、児童28人がサシバの絵を通して環境保全を考えた。
[全文記事]

ページ移動