記事一覧

新城さんと亀川さんが全国大会出場へ ピティナピアノコンペティション

2021/08/13 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24918-1.jpg
全国決勝大会への出場を決めた新城さん(左)と亀川さん=12日、宮古新報社

 第54回ピティナ・ピアノコンペティション(主催・全日本ピアノ指導者協会)の沖縄地区本選がこのほど開催され、ソロ部門D級でソナーレ音楽教室の新城萌依さん(平良中1年)が、デュオ部門中級Aで新城さんと同教室の亀川有さん(久松小6年)が見事優勝を果たした。2人は16日に行われる全国決勝大会(東京都)に出場する。砂川代表と2人は12日、宮古新報社を訪れ喜びを報告した。
[全文記事]

平良中吹奏楽部、九州大会出場を報告

2021/08/06 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 24887-1.jpg
九州大会出場を報告した平良中吹奏楽部の部長の久貝さん(前列中央)と副部長の鋤柄さん(同左)、座間味さん(同右)=5日、市役所会議室

 第66回九州吹奏楽コンクール(福岡市、21日)へ県代表校として出場する平良中学校吹奏楽部(下地健作顧問)の代表部員らは5日、市役所に大城裕子教育長を訪ね報告した。大城教育長は「金賞受賞と県代表選出おめでとう。努力が実を結び、多くの人に喜びを届けてくれた」と祝福し「九州大会ではいきいきとした表情で素晴らしい演奏ができるよう宮古から応援している」と激励した。
[全文記事]

平良中が県代表で九州へ 県吹奏楽コンクール 北中は金賞受賞

2021/08/03 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24870-1.jpg
県代表選出を報告したあと、ポーズを決めて記念撮影を行った平良中の吹奏楽部員ら=1日、宮古空港

 沖縄コンベンションセンター劇場で7月28~30日に開催された第61回沖縄県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟ほか主催)の中学の部Aパートで、平良中学校吹奏楽部(下地健作顧問)が金賞に輝き、県代表校として第66回九州吹奏楽コンクール(福岡市)に出場することが決まった。1日正午、北中も金賞に輝き、両校とも1日、帰島した。宮古空港では学校関係者や保護者らが出迎え祝福した。
[全文記事]

豊かな音色で観客魅了 宮高吹奏楽部定期演奏会

2021/08/01 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24864-1.jpg
第1部では課題曲「トイズ・パレード」を華やかに演奏した=マティダ市民劇場

 宮古高校吹奏楽部(玉城菜々子顧問)の第54回定期演奏会が31日、観客を制限するため2回に分けてマティダ市民劇場で開催された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で昨年の演奏会が中止となり、2年ぶりの公演となった。部員59人は洗練されたハーモニーを会場いっぱいに響かせ観客を魅了した。
[全文記事]

宮古珠算学校が団体優勝 全沖縄珠算選手権、高校以上の部で

2021/07/31 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24859-1.jpg
優勝した久貝鈴華さん(前列左から2人目)、大里さん(同3人目)、久貝香莉奈さん(右端)ら=30日、平良東仲宗根の同教室

 2021年度の全沖縄珠算選手権大会(主催・全国珠算教育連盟沖縄県支部)がこのほど開催され、高校以上の部・団体総合競技で、宮古珠算学校(譜久村藤枝代表)=平良東仲宗根=の大里亜希子さん(宮古総合実業高2年)、久貝香莉奈さん(同2年)、久貝鈴華さん(宮古高2年)が見事に優勝を果たした。30日、同教室で報告した。
[全文記事]

宮古から10作品 未来創造センター平和メッセージ展

2021/07/31 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 24861-1.jpg
児童・生徒の平和メッセージ展で図画の部を鑑賞する市民=30日、未来創造センター

 「第31回児童・生徒の平和メッセージ展」(主催・県平和祈念資料館)が30日、未来創造センターで始まった。宮古島市からは、2021年全沖縄戦没者追悼式の平和の詩で上原美春さんが朗読した「みるく世の謳」をはじめ2部門4人の入賞作品と5人の佳作を含む計10点が出展された。会場には県内から選定された計83点が展示されている。8月5日まで。
[全文記事]

給食にマンゴー、「甘くておいしい」と児童ら満足

2021/07/16 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 24797-1.jpg
冷凍のアーウィン種マンゴーをほおばる児童=西辺小6年生教室

 沖縄県が「マンゴーの日」と定めている15日、市内の全小中学校では給食で宮古島産の冷凍アーウィン種マンゴーが提供された。6次産業化に向けた農林水産物流通・加工に関する実証事業の一環。西辺小では同日、マンゴーを食べた6年生たちから「いつもより甘い」「冷たくておいしい」などの感想が次々と聞かれた。冷凍マンゴーは9月も提供される予定。
[全文記事]

きょう給食にマンゴー 全小中学校に提供

2021/07/15 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24790-1.jpg
給食に提供する冷凍マンゴーを手にする座喜味市長(左)と大城教育長=市役所

 座喜味一幸市長と大城裕子教育長は14日市役所で会見を開き、「マンゴーの日」に当たる15日の給食で宮古島市の全小中学校に冷凍マンゴーを提供すると発表した。農林水産物流通・加工に関する実証事業の一環で、9月にも冷凍マンゴーを給食に提供する。衛生面で厳しい管理が求められる学校給食に地元産食材の加工品を提供することで、飲食店などへの販路拡大につなげる狙い。市長は市議会3月定例会で示した施政方針で、農家の所得向上のため6次産業化を促進し、地産地消を推進すると示している。
[全文記事]

「未来に残したい風景」テーマに児童の絵画作品募集 下地島エアポートマネジメント

2021/07/14 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 24785-1.jpg
絵画コンクールをピーアールする社員ら=提供写真

 下地島エアポートマネジメントは「『千年先の、未来へ。』残したい風景」と題し、夏休み絵画コンクール2021を実施する。宮古島市内の小学校に通う児童が「未来へ残したい風景」について考え、地元への誇りや将来への希望を育むきっかけとなることを願うもの。
[全文記事]

伊良部産マグロ、給食に

2021/07/08 09時05分配信 - 教育 -

 宮古島市は15日のマンゴーの日に市の全小中学校給食に宮古島産冷凍マンゴーを提供するが、伊良部漁業協同組合(伊良波宏紀組合長)と連携し、伊良部産マグロを給食に活用する計画も推進している。同漁協加工場の衛生管理の点検、改善を実施後に本格的な検討が開始される予定だ。
[全文記事]

ページ移動