記事一覧

南九州向け宮高陸上部が練習再開

2021/06/13 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24645-1.jpg
大会派遣が決まり練習を再開した宮古高校陸上部の部員=宮古島市陸上競技場

 休校期間中の部活全面中止が緩和され、宮古高校陸上部(山原茂人顧問)は熊本県で17日開幕するインターハイ南九州予選に参加できることが決まった。市陸上競技場で12日、練習を再開し走り込みに取り組む部員らの姿が見られた。
[全文記事]

中学総体陸上が中止 県大会出場は校内記録で

2021/06/11 09時05分配信 - スポーツ -

 宮古中学校体育連盟は10日、2021年度宮古中学校夏季総合大会で未実施となっていた陸上競技を中止すると発表した。県大会出場を希望する学校及び生徒については校内記録会を実施し標準記録をクリアした場合、連盟会長の推薦で派遣費の対象となるよう市教育委員会に要請する。
[全文記事]

夏季中学総体野球 鏡原優勝、濱川が殊勲賞

2021/06/10 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24630-1.jpg
攻防を勝ち抜き優勝に輝いた鏡原のナイン=8日、市民球場

 第41回全宮古中学校夏季総合体育大会(主催・宮古中学校体育連盟)野球競技の決勝、3位決定戦が8日、それぞれ市民球場で行われた。これらの試合は台風3号による悪天候の影響で6日実施の予定から延期となっていた。決勝では互いのチームが攻防を繰り広げた結果、最終回で追い上げを見せた平良から守り抜いた鏡原が優勝に輝いた。
[全文記事]

県高校総体重量挙げ 宮高の前泊と荷川取が優勝

2021/06/01 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24588-1.jpg
健闘した宮古高校のメンバーたち=糸満高校

 【那覇支局】県高校総合体育大会(県高校体育連盟、県教育委員会主催)が29、30の両日、県内各地で行われ、糸満高校で行われた重量挙げでは、個人で55㌔級の前泊虎志郎(宮古)と61㌔級の荷川取大翔(同)が優勝を果たし、73㌔級の田澤俊怜(同)と89㌔級の石垣瑠平(同)がそれぞれ2位となった。学校対抗(団体)の男子で宮古は2位。
[全文記事]

県高校総体卓球 牧志侑武(宮高2年)3冠達成

2021/05/30 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24582-1.jpg
主将の松堂(前列中央)、個人3冠の牧志(後列左)ら宮古高校卓球部男子=宮古高校

 県立武道館アリーナなどで22日から25日まで開催された2021年度県高校総体で、宮古高校卓球部は団体を制し同大会4連覇を成し遂げた。2年生の牧志侑武は団体、個人シングルス、個人ダブルス全部門で優勝し3冠を達成した。
[全文記事]

巨人OBが宮古島で野球教室

2021/05/30 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24583-1.jpg
=写真=

 ジャイアンツ・チーム・リーガル(GTR)の森野真由美代表と三光ソフランホールディングスの高橋大輔専務らは28日、宮古新報社に新城竜太社長を訪ねた=写真=。森野代表は両社が主催する「プロ野球選手OBから学ぶ野球教室」を宮古島で企画していると伝え協力を求めた。
[全文記事]

友利光(宮高)が1500㍍優勝 県高校総体

2021/05/26 09時01分配信 - スポーツ -

 タピック県総ひやごんスタジアムで開催されている県高校総合体育大会の陸上競技で25日、宮古高校3年の友利光が5分12秒36で1500㍍オープンの頂点に輝いた。友利は同日の3000㍍でも4位に入り、女子800㍍を含め3種目で入賞を果たした。
[全文記事]

県高校総体 110㍍障害で砂川太吾(宮高)優勝

2021/05/25 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24556-1.jpg
砂川太吾さん(提供写真)

 沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで22日から開催されている県高校総合体育大会の陸上競技で24日、110㍍障害で宮古高校3年の砂川太吾が14秒71で優勝した。4㍍の追い風参考ながら自身の持つ宮古地区記録14秒89を0秒18上回る好タイムで、目標に掲げる全国高校総体決勝進出へ弾みをつけた。
[全文記事]

ビーチバレーが延期 緊急事態で10月末に

2021/05/23 09時01分配信 - スポーツ -

 宮古島ビーチバレー連盟(下地晃会長)は沖縄県が23日から6月20日まで緊急事態宣言の対象地域に追加されたことを受け、6月5、6日に開催予定だった「宮古島ビーチバレー大会2021」を、10月末へ延期することを決定した。20日までだった参加受付も9月末まで延長し、選手変更なども受け付けるという。
[全文記事]

県高校総体自転車競技 大島匠泰が優勝

2021/05/22 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 24544-1.jpg
優勝し九州大会への出場権を得た大島匠泰君=県総合運動公園自転車競技場、提供写真

 宮古高校自転車競技部の大島匠泰君(3年)は15~17日、県総合運動公園で行われた県高校総体同競技の3㌔インディビデュアルパーシュートで優勝した。同校からは初。女子では伊良部悠妃さん(2年)が3種目で2位、下地梨里愛さん(同)がロードレースで2位入り。3人は6月10日から福岡、熊本で行われる九州大会への出場を決めた。
[全文記事]

ページ移動