記事一覧

謝花雲石戦前の書公表、市総合博物館

2018/10/18 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20242-1.jpg
戦前の作品としては2点目となる謝花雲石の書=市総合博物館

 宮古島市総合博物館 (宮國恵良館長) は17日、 同館で会見を開き=写真=、 近現代沖縄を代表する書家・謝花雲石の戦前の書が収蔵されていることを明らかにした。 戦前の書はこれまで1点しか確認されておらず、 今回発表された作品が2点目で、 沖縄に残っているのは1点のみだという。
[全文記事]

平良さん(テーマ)、立津君(ポスター)最優秀、中文祭

2018/10/17 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20236-1.jpg
テーマ・ポスターの部でそれぞれ最優秀賞に選ばれた平良さん(前列左)と立津君(同右)=北中学校

 第24回宮古地区中学校総合文化祭 「ポスター・テーマ表彰式」 (主催・宮古地区中学校文化連盟) が16日、 北中学校で行われた。 最優秀賞には、 ポスターの部で立津睦良君 (平良中3年) の作品、 テーマの部で平良恋菜さん (池間中3年) の 「創り出そう 私たちの文化 歴史のバトンをつなぐ瞬間 (とき)」 がそれぞれ選ばれた。
[全文記事]

市文化祭写真コン、市長賞に伊藤修敬さん

2018/10/12 21時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20217-1.jpg
金賞・市長賞に選ばれた伊藤修敬さんの作品 「青の世界」

 2018年度第13回宮古島市民総合文化祭 「写真コンクール」 (主管・宮古写真協会) の審査が12日、 市役所平良庁舎で行われ、 一般の部金賞 (市長賞) に伊藤修敬 (みちたか) さん (39) の 「青の世界」 が選ばれた。 一般とジュニアの入賞作品は19~21日にJTAドーム宮古島で開催される文化祭で展示される。
[全文記事]

中高生絵画コン砂川瑠菜さん、池間新さん最優秀

2018/10/12 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20216-1.jpg
風景部門と平和ポスター部門で入賞した生徒ら=花ギャラリーTOMOE

 宮古ライオンズクラブ (下地隆之会長) 主催の 「第24回中高生絵画コンクール入賞・入選者表彰式」 が12日、 花ギャラリーTOMOEで行われた。 最優秀賞には風景画部門で砂川瑠菜さん (砂川中3年)、 平和ポスター部門で池間新さん (砂川中1年) がそれぞれ選ばれ、 喜びの表情を見せた。
[全文記事]

沖縄の伝統芸能で公演 華やかに福禄寿座踊り

2018/10/09 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20187-1.jpg
第6回 「特選沖縄の伝統芸能」 で、 華やかに披露された多良間村字仲筋の 「福禄寿 場踊り」 =7日夜、 国立劇場おきなわ

【那覇支局】第6回 「特選 沖縄の伝統芸能~明日へ響け島々の肝心」 (主催・県、 県文化協会) が7日夜、 浦添市の国立劇場おきなわで行われた。 多良間村字仲筋の 「福禄寿 座踊り」 など、 民俗学の専門家によって選出された5地域の芸能が披露され、 会場いっぱいに詰めかけた在沖多良間郷友や愛好者らを楽しませた。
[全文記事]

沖縄宮古民謡協会が芸能祭

2018/10/04 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20156-1.jpg
「とうがにあやぐ」 などが幕開けを飾り、 多彩な演目で盛況となった沖縄宮古民謡協会の芸能祭=先月30日、 浦添市てだこホール

【那覇支局】沖縄宮古民謡協会 (佐和田方恒会長) の第23回芸能祭が先月30日、 浦添市てだこホールで行われた。 会員の民謡教室、 舞踊研究所で学ぶ郷友ら多数が参加し、 日ごろの研鑽の成果を堂々と披露。 会場を埋めた観衆が多彩な宮古民謡や踊りで楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

Yモバイルイメージガール募集、宮古からも1人

2018/09/28 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20119-1.jpg
イメージガールに多くの人が応募してほしいと呼び掛ける慶田リナさん=宮古島商工会議所

 ウィルコム沖縄 (本社・那覇市、 岩出晴彦代表) は新イメージガールの募集を10月1日から開始する。 今回は次年度に同社がサービス開始15周年を迎えるにあたりアニバーサリー枠を設け、 沖縄本島地区、 宮古地区、 石垣地区の各地区から1人ずつ選出する。 27日、 宮古島商工会議所で同社の玻名城均ブランド推進室長と現在イメージガールとして活動する慶田リナさんが会見し多くの応募を呼びかけた。
[全文記事]

野原で伝統行事「マストリャー」、踊りで豊作願う

2018/09/26 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20106-1.jpg
伝統行事 「野原のマストリャー」 で力強く踊る男性たち=24日夜、 野原農民研修所

 旧暦8月15日の24日夜、 上野野原で十五夜の伝統行事 「野原のマストリャー」 が行われた。 国選択と市指定の無形民俗文化財に指定されている同祭りは租税の完納を祝い、 翌年の五穀豊穣など豊作を願い継承されており、 月が夜空を照らすなか男性は勇壮な棒踊り、 女性は抱き踊りなどを披露。 会場の野原農民研修所には多くの住民や観光客らが訪れ、 先人から受け継ぐ伝統行事に触れていた。
[全文記事]

西川壱瑚日舞教室チャリティー公演10回節目に

2018/09/22 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20090-1.jpg
舞台上では華やかな衣装を着た出演者たちが美しい舞を披露した=マティダ市民劇場

 第10回となる日本舞踊西川流 「西川壱瑚日舞教室チャリティー公演」 が22日、 マティダ市民劇場で行われた。 門下生や友情出演など演者が華やかに舞踊を披露し、 会場を訪れた多くの人たちを楽しませた。
[全文記事]

仲間まひるさん最優秀、伊良部トーガニまつり

2018/09/22 21時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20089-1.jpg
最優秀賞受賞者による再唱で伊良部トーガニを唄い上げる仲間まひるさん

 第18回伊良部トーガニまつり (主催・いらぶ観光協会) が22日、 佐良浜スポーツセンター広場で開催された。 伊良部トーガニの部に出場した20人は島伝統の恋の叙情歌を情感たっぷりに歌い上げた。 審査の結果、 仲間まひるさん (18) が最優秀賞、 下地夢華さん (11) が特別賞を受賞した。 島タウガニの部には岡本美徳さん (53) 1人の出場となったが、 伴奏のない唄に自分の想いを乗せて朗々と歌い上げ、 会場に詰めかけた大勢の聴衆を魅了し、 特別賞に選ばれた。
[全文記事]

ページ移動