記事一覧

全議案可決して閉会 多良間村議会

2021/10/01 09時04分配信 - 政治・行政 -

【多良間】多良間村議会(福嶺常夫議長)の9月定例会は30日、同村議場で本会議が行われ、全議案を可決して閉会した。今議会では村当局から2021年度一般会計補正予算として2億9957万円余など9議案、20年度一般会計決算認定などが上程された。また「コロナ禍による厳しい財政状況に対処し地方税財源の充実を求める意見書」も採択された。
[全文記事]

市議会議員に関するアンケート公表 宮古青年会議所

2021/10/01 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25139-1.jpg
アンケート結果の報告で来社した具志堅理事長(右)と倉持専務=30日、宮古新報社

 宮古青年会議所の具志堅貴昭理事長と倉持利明専務理事は30日、宮古新報社を訪れ「宮古島市議会議員選挙に関する市民アンケート」の結果を公表した。アンケートでは「市議会に市民の声が反映されていない」と答えた回答者は約7割を占め、市議会に取り組んでほしいことでは「教育・子育て支援の充実」が最も多く、次いで「環境問題の取り組み」だったことがわかった。
[全文記事]

宮古島市に経済支援求める 宮古タクシー事業組合

2021/09/28 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25122-1.jpg
下地代表(左)らが伊川副市長(右)に要請を行った=市役所副市長室

 宮古タクシー事業協同組合(下地隆之代表)は27日、市役所に伊川秀樹副市長を訪ね、コロナ禍の影響が長期にわたりタクシー事業が存続の危機に直面するほど深刻な状況にあるとして、市に早期の経済支援を行うよう要請した。また、高齢者などの交通弱者が安価にタクシーを利用できる仕組み作りについても議論を交した。
[全文記事]

まん延防止への移行提言 きょう会議で決定

2021/09/26 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25115-1.jpg
経済対策関係団体会議で意見を述べる玉城知事=25日、県庁

 【那覇支局】県の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(藤田次郎座長)が25日、県庁で開かれた。緊急事態宣言の解除が今月末に迫る中、専門家らは感染者数の減少が進んでいる現状を踏まえ、県に緊急事態宣言を解除し、まん延防止等重点措置に移行するよう提言した。同日オンラインで行われた経済対策会議でも県に対し、ワクチン接種者の酒類提供飲食店利用などの規制緩和が求められた。県は2つの会議で出た意見を踏まえ、28日に政府が決定する緊急事態宣言の解除等に対する対応を26日の対策本部会議で決定する。
[全文記事]

水道水保全地域を追加 旧水道庁舎跡地周辺

2021/09/26 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は今年6月、第4次地下水利用計画を策定し、将来の水源候補地である旧上下水道部庁舎跡地の地下水に影響を与える可能性がある周辺地域を、水道水源保全地域に追加した。指定地域内においてゴルフ場や洗車場など多量の水を排水する事業を行う場合には、市との事前協議や水道水源保全協定締結が必要になる。市は10月8日まで、同計画の縦覧をクリーンセンター内の環境衛生課窓口と市役所で実施している。
[全文記事]

職員選考採用で抗議 市議会自民会派

2021/09/25 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25112-1.jpg
市議会自民会派6人が座喜味市長(中央)に抗議文を手渡した=市議会応接室

 宮古島市議会の自民会派(我如古三雄代表)は24日、市役所に座喜味一幸市長を訪れ、宮古島市が9月1日付けで職員1人を選考採用したことに対し、市が定める規則を守っておらず選考過程が不透明として強く抗議、詳細な説明を求めた。市長は文書で回答するとし、職員採用にあたっての明確なルール作成の意向を示した。
[全文記事]

市議選投票まで1カ月 立候補予定者39人

2021/09/24 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25105-1.jpg
市議選で設置されたポスター掲示板=平良下里

 第5回宮古島市議会議員選挙(定数24)は、10月24日の投開票までいよいよ残り1カ月となる。選挙戦本番をにらんですでに取り組んでいる新人15人、元職2人に加え、現職22人は9月定例会閉会翌日の23日から街頭でのあいさつを行うなど、前哨戦が一気に本格化した。立候補予定者は39人がほぼ確定的で、残り1カ月で掲げている政策の浸透と「1票」の積み上げに全力を挙げる構えだ。市選挙管理員会によると9月1日現在の有権者数は、4万4744人(男2万2501人、女2万2243)人。
[全文記事]

市民から「数の暴力」と批判 市長不信任案

2021/09/24 09時03分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会(山里雅彦議長)は、6月に続き9月定例会でも座喜味一幸市長に対する不信任決議案が提出され否決される異例の事態となった。証拠を示さずに官製談合疑惑を不信任の理由とした野党の政治姿勢に、市民からは厳しい批判が向けられた。
[全文記事]

座喜味市長不信任案否決、官製談合など疑義

2021/09/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25100-1.jpg
座喜味市長不信任決議案に対し挙手による採決を行う市議会議員ら=市議会本会議場

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の9月定例会は22日、最終本会議で座喜味一幸市長に対する不信任決議案を否決した。6月定例会に続く異例の2回連続不信任案提出となった。提出理由は官製談合や職員採用の疑義などとした。質疑では与党の質問に対し疑義の根拠が示されず議論は平行線をたどった。議員間の言い合いや提出にあたっての野党協議で何度も休憩になるなど議会は長時間にわたって紛糾した。野党間でも対応が分かれ自民会派の6人は採決時に退席。賛成12、反対5で規定数に届かず否決された。
[全文記事]

し尿調査費削除可決、市議会9月定例会が閉会

2021/09/23 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の9月定例会は22日最終本会議を開き、一般会計の第4次、第5次補正予算など議案25件、2021年度の一般会計決算の認定11件などを採決した。第4次補正からし尿等処理施設整備事業委託料2785万円を削除した他は全て原案通り可決して閉会した。また、コロナ禍で地方税財源の充実を求めるなどの意見書3件を可決した。
[全文記事]

ページ移動