記事一覧

市防衛議員連盟、平良港「不許可」に抗議 「国防の観点」主張

2021/08/28 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24987-1.jpg
粟國恒広会長(左から2人目)から座喜味市長に要請書が手渡された=市役所市長室

 宮古島市防衛議員連盟(粟國恒広会長)は27日、市役所に座喜味一幸市長を訪ね、防衛省が市に申請した平良港湾の使用を「不許可」としたことに対し、国防的な観点から判断がされていないとして抗議した。座喜味市長は弾薬搬入について「港湾法の下、平良港の入港手続きが整えば二重基準で不許可を出すことはない」と釈明した。
[全文記事]

現施設整備でコスト削減、市議会し尿処理特別委

2021/08/27 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24984-1.jpg
当局の担当者らの答弁を聞く委員ら=市役所全員協議室

 宮古島市議会のし尿等処理施設整備事業に関する調査特別委員会(濱元雅浩委員長)は26日、市議会全員協議室で第8回委員会を開いた。2021年度からの伊良部佐和田新し尿処理施設の建設を取りやめ現在の下水処理施設で共同処理する方向で見直しを進めていることで当局の担当者らを呼び詳細を質した。担当者らは見直し案の当初見積もり17億円に対し、検討の結果さらに費用が下がると明らかにした。委員からは伊良部案として獲得した防衛省予算を見直し案でも受け継ぐとすることへの確証についても質問が相次いだ。
[全文記事]

市、一部観光客の対応に苦慮 場外駐車にバーベキュー

2021/08/26 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24975-1.jpg
正午ごろには海水浴を楽しむ多くの行楽客の姿が見られた=前浜ビーチ沿い同港桟橋、下地与那覇

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う市内5カ所のビーチ一部施設の閉鎖で、市観光商工課が対応に苦慮している。21日には与那覇前浜ビーチで立ち入り禁止の柵が移動されレンタカーが進入し満車状態になった。同課は閉鎖施設をチェーンで囲むなど順次対策強化に取り組んでいるが、25日には駐車場外に車両の列ができたほか、一部観光客らによるテント設置やマリン活動など使用禁止場所での無断使用も見られた。同課担当者は「いたちごっこだ」と頭を抱えた。
[全文記事]

市選管が市議選に向け説明会 立候補予定者ら41人出席

2021/08/26 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24979-1.jpg
立候補予定者や代理人が出席して行われた市選管の説明会=市役所2階大ホール

 宮古島市選挙委員会(与那覇巌委員長)は25日、任期満了に伴う市議会議員選挙の立候補予定者説明会を市役所で開き、選挙の概要や選挙運動の注意事項などを説明した。定数24に対し立候補予定者やその代理人が39人、立候補検討中2人の計41人が出席した。市議選は10月17日告示、24日投開票で実施される。
[全文記事]

市議選、きょう立候補予定者説明会

2021/08/25 09時05分配信 - 政治・行政 -

 11月12日の任期満了に伴う第5回宮古島市議会議員選挙で、市選挙管理委員会は25日午後2時から市役所2階大ホールで立候補予定者説明会を開催する。市選管では緊急事態宣言及び県緊急共同メッセージ発出や新型コロナウイルス感染者急拡大を踏まえ、感染防止対策のため出席者を予定候補者1人につき1人としており、注意と協力を呼び掛けている。
[全文記事]

専門家会議、来月13日の宣言解除に否定的

2021/08/25 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24971-1.jpg
意見を交わす専門家の委員ら=23日、県庁

【那覇支局】県の新型コロナウイルス専門家会議(藤田次郎座長)が23日夜、県庁で開催され、来月12日に期限を迎える緊急事態宣言措置の解除について、参加した委員からは否定的な意見が相次いだ。離島医療の崩壊を懸念する声もあり、高齢者施設で集団感染が発生した場合、「本島並みの医療を提供できない」との指摘もあった。
[全文記事]

新し尿処理施設見直し案、実証実験で公募

2021/08/25 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24974-1.jpg
現在、し尿・浄化槽汚泥が処理されている2基のOD槽=市浄化センター、平良荷川取

 宮古島環境衛生施設管理組合(川満雅人組合長)は9月15日~24日、し尿・浄化槽汚泥直接脱水実証試験を行う。市環境衛生課が協力し、このほど民間事業者の参加募集を開始した。市のホームページで告知している。申し込み締め切りは8月31日午後5時。期限内必着で郵送可。問い合わせは同課(75・5339)。
[全文記事]

陸自、28日に弾薬搬入計画 市長、延期要請へ

2021/08/24 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24966-1.jpg
陸自が28日に弾薬類を搬入するとされている保良訓練場=城辺保良

 市内の港湾関係者は、陸上自衛隊が23日までに宮古島駐屯地の保良訓練場に配備予定の地対艦、地対空ミサイル等の弾薬類を28日に平良港から海路で搬入するための使用許可を市港湾課に申請したと明らかにした。防衛省関係者は公表していない。これを受け座喜味一幸市長は23日、当局担当者らと会議を開き、市内で新型コロナウイルス感染が急拡大していることを理由に、搬入日程を緊急事態宣言の解除以降に再調整するよう陸自に要請することを決めた。
[全文記事]

宮古島市低所得者支援金 1660世帯に給付

2021/08/22 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24959-1.jpg
低所得世帯支援金の受け付けを行っている窓口=市役所

 宮古島市は19日までに、単独事業である低所得者支援金を1660世帯に給付することを決定した。給付金額は合計で4660万円。市は書類の不備を減らすために身分証明書を用意することや、コロナ禍で密を避けるために郵送で書類を提出することなどを呼び掛けている。
[全文記事]

市景観審議会、新ホテル計画を「説明が適切でない」と継続審議

2021/08/20 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24949-1.jpg
2議案について審議する委員ら=市役所大ホール

 宮古島市景観審議会(池田孝之会長)の2021年度第1回審議会が19日、市役所で開かれた。市に届け出のあった伊良部屋外運動場整備工事と南西楽園リゾートによる上野宮国の新ホテル建築計画について審議し、伊良部については承認、上野宮国の新ホテルについては高さ制限を超えており、その説明が適切でないとの理由で継続審議希望となった。結果を受け週明け市長に答申する予定。
[全文記事]

ページ移動