記事一覧

JTA宮古路線、旅客56%減3.4万人

2020/07/02 09時03分配信 - 産業・経済 -

 日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社によると、2020年6月の宮古空港発着路線の旅客数(速報値)は3万4906人で前年同月に比べて56・6%減、利用率は56・7%で20・9ポイント低下した。全国で都道府県をまたぐ移動自粛が解除された19日以降は旅客数が上向いてきたという。
[全文記事]

市支援給付金、漁業者対象支援はじまる

2020/07/02 09時01分配信 - 産業・経済 -

 新型コロナウイルス感染症拡大影響で収入が減少している漁業者に対する宮古島市の支援給付金事業でこのほど、事業委託を受けた宮古島、伊良部、池間の3漁業協同組合で申請受付がはじまった。
[全文記事]

有効求人倍率0・97倍~宮古5月雇用動向

2020/07/01 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所(阿部祐士所長)は30日、2020年5月の一般職業紹介状況を発表した。それによると新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、求人が大きく減少したのに対して求職者は増加し、有効求人倍率は0・97倍で前年同月比0・54ポイントと大幅に低下した。求人倍率が1・0倍を下回るのは16年4月以来。雇用保険資格喪失のうち事業者都合が著しく増えている。同職安は今後もこうした求人と求職の傾向が続くと見ているが、最近では観光関連業の求人が出始めるなど明るい兆しも出ているという。
[全文記事]

19年度個人住民税収入は34億円

2020/07/01 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23106-1.jpg
総会後の会見で個人住民税の納期内納付を呼びかける長濱会長(右)と呉屋陽慈副会長(左)=県宮古合同庁舎

 宮古地区個人住民税徴収対策協議会(会長=長濱政治宮古島市副市長)の2020年度定期総会が6月30日、県宮古合同庁舎で行われた。会員らは19年度の宮古地区個人住民税収入額が34億101万4000円で収入率は98・0%となったことを確認。20年度の収入目標を35億7295万円、収入率を98・1%と設定した。新型コロナウイルスの影響により、納期内の納付が困難な場合は各市村担当課での相談を呼びかけている。
[全文記事]

食肉センターで株主総会、と畜頭数11.3%減

2020/06/30 09時04分配信 - 産業・経済 -

 宮古食肉センター(小禄博信社長)の定時株主総会が29日、JAおきなわ宮古地区本部で行われ、2019年度営業報告など全議案を承認した。19年度のと畜事業は豚の疾病等による生産減、牛の再肥育生産がなくなったことなどから、と畜頭数は1152頭で前年度に比べて147頭、11・3%減少。純損失36万円の赤字決算となった。
[全文記事]

旬のパイン甘さに自信、本格的な収穫シーズンに

2020/06/28 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23098-1.jpg
ゴールドバレルを栽培しているサンサン宮古島農園の吉本さん=平良高野のほ場

 夏の宮古島ではマンゴーだけでなくパイナップルも旬を迎えている。まだ生産農家は少ないものの、最近は贈答用や土産品として人気が高まりつつある。このうちサンサン宮古島農園(平良盛加)の吉本光吉さんは、高級パインとして注目される品種ゴールドバレルの栽培に取り組んでいる。大玉で高い糖度と酸味のバランスが取れ、果肉も柔らかいのが特徴。吉本さんは「ぜひ一度食べれば宮古のパインのおいしさ、良い甘さを感じてもらえる」と自信を持って勧めている。
[全文記事]

宮古島商工会、経済回復仕組みづくりへ

2020/06/27 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)の第91回通常議員総会が25日、市内ホテルで開催され、2019年度事業及び決算報告を審議し、全会一致で承認した。年明けから新型コロナウイルス感染症が拡大した影響について、観光関連業界のダメージ、多くの中小・零細企業の危機感を踏まえ、経済回復への消費意欲を促す仕組みづくりに向けて官民一体となって乗り越えていくことを確認した。
[全文記事]

宮古島観光協会、新会長に下地市長

2020/06/27 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23092-1.jpg
前年度事業・決算報告や事業計画、役員改選などを承認した宮古島観光協会総会=ホテルアトールエメラルド

 宮古島観光協会(豊見山健児会長)の2020年度定時総会が26日、平良下里のホテルで開催された。総会では19年度事業報告及び収支決算、20年度事業計画・予算を審議し、いずれも全会一致で承認した。新型コロナウイルス感染症の影響で入域観光客数が大幅に減少する中、危機的状況を乗り越えるため国、県の施策と連動した感染拡大防止や、離島観光誘致などを官民一体で取り組むことを確認。任期満了に伴う役員選任では、新会長に宮古島市の下地敏彦市長、副会長に会長代理の吉井良介氏(宮古島東急ホテルズ&リゾーツ)ら4人、理事20人、監事2人を選任した。
[全文記事]

ANA、最盛期マンゴー輸送に大型機運航

2020/06/27 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23093-1.jpg
羽田から宮古に到着したANAの大型機B787=宮古空港

 全日本空輸(ANA)は26日から、羽田│宮古線に大型機ボーイング787を運航させた。収穫最盛期を迎えるマンゴーをはじめ宮古島の特産品の首都圏への円滑な輸送に対応するため、6月26~29日、7月3~6日・10日の計9本を計画している。
[全文記事]

スカイマーク、10月25日から下地島空港線

2020/06/26 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23085-1.jpg
羽田―下地線の運航について報告するスカイマークの奥野副部長(右)=市役所平良庁舎

 10月25日から羽田│下地島線の運航を予定しているスカイマークの奥野哲也経営企画部副部長は25日、下地敏彦市長に路線開設に向けた準備が本格的に始まることを報告。同社は2015年3月に那覇│宮古線から撤退して以来、5年ぶりの宮古島市への就航再開となる。
[全文記事]

ページ移動