記事一覧

沖縄船舶工業の渡真利敏会長ら、技術力PR

2017/02/23 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16541-1.jpg
沖縄の船舶技術力を示し、 教育にも役立ててもらおうと焼玉エンジン (後方) を再生させた渡真利さん (前列右) ら沖縄船舶工業会の会員ら=21日、 新糸満造船

【那覇支局】市平良松原出身で沖縄船舶工業会会長の渡真利敏さんらがこのほど、 沖縄の造船技術のアピールとともに水産関係の仕事を志す県内高校生らの教育に役だてようと、 戦後 「ポンポン船」 の動力として使われていた焼玉エンジンを再生させた。 21日には、 糸満市の新糸満造船で渡真利さんら熟練エンジニアが最終調整・確認運転に汗を流す姿が見られた。
[全文記事]

多良間村健康とお薬相談会 大勢住民が健康チェック

2017/02/23 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16542-1.jpg
健康とお薬相談会で各種測定を受ける住民たち=19日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】多良間村健康とお薬相談会 (主催・宮古地区薬剤師会など) が19日、 同村コミュニティ施設で行われた。 医師や歯科医、 薬剤師による講話、 骨密度や動脈硬化度、 血圧、 糖尿病に関する測定などが行われ、 大勢の住民が訪れて自身の健康と薬について相談していた。 歯のブラッシング指導も行われた。 同村での開催は初めて。
[全文記事]

健康増進推進会議 平均寿命最下位脱出に取り組み

2017/02/23 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16540-1.jpg
=写真=

 2016年度第2回宮古島市健康増進計画推進会議 (会長・下地敏彦市長) が22日、 平良保健センターで行われた=写真=。 行政や教育、 民間企業などから選出された各委員らが参加し、 市の平均寿命最下位脱出についてこれまでの取り組みなどを説明したほか、 各団体と多方面のつながりを持つため子ども、 成人、 高齢者の作業部会を設置することを決めた。
[全文記事]

JICA研修生と宮高が地下水で交流 理解深める

2017/02/22 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16535-1.jpg
JICA研修生とディスカッションする宮古高校の生徒ら=同校

 国際協力機構 (JICA) の島しょ水環境の保全と管理」 研修コースに参加している外国人研修生と宮古高校の交流会が21日、 同校で行われ、 宮古島の地下水に関する講義、 グループディスカッションを通して互いの島々における水環境について理解を深め合った。
[全文記事]

宮総実で救急救命講習 心肺蘇生法など身につける

2017/02/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16533-1.jpg
救急救命講習会で心肺蘇生法の実践体験する生徒たち=宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校で21日、 海洋科学科2年生を対象にした救急救命講習会が行われた。 宮古島海上保安部巡視艇 「なつづき」 (佐々木慧船長) の潜水士らが心肺蘇生法やAED (自動体外式除細動器) の取り扱いなどについて説明。 生徒たちは要救助者を発見してからの意識の確認や通報、 人工呼吸など一連の流れを身に付けた。
[全文記事]

ここ・から体操が教室が閉校 25人に修了証が授与

2017/02/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16532-1.jpg
「ここ・から」 体操教室閉校式で記念撮影する受講生とスタッフら=下地保健福祉センター

 生活習慣病予防・改善のための健康に関する正しい知識を身につけ、 実践する宮古島市 「ここ・から」 体操教室閉校式が21日、 下地保健福祉センターで開催され、 全20回にわたる教室に3分の1以上出席した25人に修了証が授与された。
[全文記事]

多良間島の富盛・新里さん、感謝を込め旅立ちの舞

2017/02/21 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16525-1.jpg
「谷茶前」 を踊る富盛さん (左) と新里さん=18日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】4月の進学とともに島を離れる多良間中学校3年の富盛円香さんと新里愛さんの 「旅立ち公演」 (主催・琉球舞踊穂花会多良間支部) が18日、 同村コミュニティ施設で行われた。 これまで習い続けてきた成果を家族や周囲の人たち、 師匠の亀浜美智子さんへの感謝を込めて披露。 支部の後輩や島の先輩たちも舞台に立ち、 2人の門出を踊りで励ました。
[全文記事]

休刊日のお知らせ

2017/02/20 09時01分配信 - 社会・一般 -

 昨日2月19日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

丹精込めて育てた椿展示、つばきまつり10周年

2017/02/18 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16520-1.jpg
宮古島椿の会の設立10周年 「つばきまつり」 を楽しむ人たち=ジロー楽園

 宮古島椿の会 (砂川次郎会長) は18、 19の両日、 城辺長間のジロー楽園で設立10周年 「つばきまつり」 を行っている。 会員らが持ち寄った椿が展示されているほか椿などを描いた絵画や写真の作品も披露。 会場には初日から多くの人が詰めかけ、 多種多様で葉の間から真紅の花を咲かせる椿を楽しんでいる。
[全文記事]

CGG運動10個人・団体を表彰、市民運動実践協

2017/02/18 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 16518-1.jpg
地域の美化やボランティア活動など実践が評価された受賞者と前川会長 (後列左) =17日、 レストランクール

 第11回心豊かなふるさとづくり表彰式 (主催・宮古島市市民運動実践協議会) が17日、 市内のレストランで行われた。 クリーン・グリーン・グレイシャスの3部会で地域の美化やボランティア活動などの実践で評価を受けた7個人3団体が表彰された。 クリーン賞は先嶋建設鉱山砕石工場とNPO法人サシバの会、 緑の街角賞は池間幸弘さんらが受賞した。 親切運動活動賞は宮古工業高校ボランティア同好会と津嘉山健さんに贈られた。
[全文記事]

ページ移動