記事一覧

【宮古牛、マンゴー写真特集】

2014/07/15 09時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10699-1.jpg
「このために来た」 とマンゴーかき氷早食い大会一般男子の部を圧倒的速さで優勝した横浜の小西史一さん (中) =市熱帯植物園

宮古牛、マンゴー 同時開催で盛況

ミヤコアイランドロックフェスにファン熱狂

2014/06/21 21時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10562-1.jpg
アーティストたちのライブパフォーマンスに熱狂する観衆ら=平良トゥリバー地区特設会場

 夏の野外音楽イベント 「ミヤコアイランドロックフェスティバル2014」 (主催・同実行委員会) が21日、 平良トゥリバー地区特設会場で開催され、 大勢のロックファンがアーティストたちのライブパフォーマンスに熱狂した。
[全文記事]

ビーチバレー宮古島大会開幕 砂上で熱い戦い

2014/06/07 21時07分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10477-1.jpg
決勝トーナメント進出を懸けて熱戦を繰り広げる参加者たち=与那覇前浜ビーチ

  「出会い!感動!飛躍!ビーチの勇者たち」 をテーマに第15回ビーチバレー宮古島大会2014 (主催・同実行委員会) が7日、 与那覇前浜ビーチで開幕した。 今大会には2人制男子14組、 同女子7組、 混成4人制に75組がエントリー。 2日間に渡って砂上の熱戦を繰り広げる。
[全文記事]

若夏の風受け 優雅な舞披露─カギマナフラ・ホイケ

2014/05/17 21時07分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10348-1.jpg
エキシビションのトップを務めた 「タヒチ・タマリィ・ギノワン」 のダンサーたち=トゥリバー海浜公園

 インターナショナルフラコンペティション 「カギマナフラ・イン・宮古島2014」 (主催・宮古島市、 同実行委員会) のホイケ (エキシビション) が17日、 市平良のトゥリバー海浜公園で行われた。 県内外からエントリーしている23団体の出場者たちが、 五月雲の間から降り注ぐ爽やかな陽の光と心地よい若夏の風を全身に浴びながらハワイ伝統の優雅な舞を披露した。 大会はきょうマティダ市民劇場でコンペティション (競技会) が行われ、 各部門の出場チームがマウイ島で開かれる大会の出場権を懸けて熱演を繰り広げる。
[全文記事]

カギマナフラ2014開催をPR

2014/05/13 09時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10312-1.jpg
16日に開幕するカギマナフラin宮古島の告知イベントでフラを披露する女性たち=11日、 マックスバリュ宮古南店駐車場

 16日から3日間、 マティダ市民劇場を主会場に開催されるインターナショナルフラコンペティション 「カギマナフラin宮古島2014」 (主催・宮古島市、 同実行委員会) の告知イベントが11日、 マックスバリュ宮古南店駐車場で行われ、 市内のフラ教室に通うちびっ子から一般の愛好者が軽快なハワイアンソングに乗せて優雅なフラを披露し、 会場に詰めかけた市民らを楽しませた。
[全文記事]

3階級でヤギ決闘…きょう多良間でピンダアース

2014/05/03 09時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10253-1.jpg
ヤギが角をぶつけ合って戦うピンダアース大会の様子=資料写真

【多良間】第8回多良間島ピンダアース大会 (主催・同実行委員会) が3日午後4時から、 同村塩川の多目的広場 (夢パティオたらま南側) で開催される。 今回から重・中・軽量級の3階級で試合が行われ、 大会を盛り上げるため出場するヤギをフェイスブックなどで紹介。 多くの人に多良間島に滞在してもらおうと開催時間も変更された。
[全文記事]

音楽で地域おこし─第1回クイガドゥ宮古島祭盛況

2014/04/30 09時04分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10230-1.jpg
多くの市民が足を運び、 様々なジャンルの音楽を楽しんだ第1回クイガドゥ宮古島祭=パイナガマホール

 「これが宮古島の底力」 をテーマにした 「第1回クイガドゥ宮古島祭~宮古島ミュージックフェスティバル」 (主催・同実行委員会) が29日、 市平良のパイナガマホールであり、 様々なジャンルで活躍する地元ミュージシャンたちが賑やかな音の宴 (うたげ) を繰り広げた。 会場には親子連れから若者まで多くの市民が足を運び、 手づくりの音楽イベントを心行くまで楽しんだ。
[全文記事]

トライレースへ闘志 選手登録受付スタート

2014/04/18 09時07分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10153-1.jpg
20日のレースに向けて登録受付を済ませる選手たち=市総合体育館

 第30回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)の選手登録受付が17日、市総合体育館で始まった。歴史を重ね30回節目のレースが迫る中、 選手たちが次々と訪れ登録を済ませ、スイムキャップやレースナンバーなどが入った支給品袋を受け取った。会場では選手同士が和やかに会話を交わす姿が見られるなどリラックスムードで、本番に向けて静かな闘志を見せていた。選手登録受付はきょう18日も行われる。午後7時からは開会式、ワイドーパーティーが開かれる。
[全文記事]

「恩返しの走り」誓う 国内招待組到着─トライ大会

2014/04/18 09時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10152-1.jpg
宮古島に到着し、 レース本番に意欲を見せる (左から) 河原勇人、 松丸真幸、 桑原寛次、 松丸浩巳=宮古空港

 第30回全日本トライアスロン宮古島大会の国内招待選手5人が17日、 宮古島に到着した。 3度目の総合優勝を狙う前回2位の河原勇人 (36、 東京) は 「宮古島は国内のトライアスロンの幕開けを告げる最高の大会。 最高の形で盛り上げ、 3度目の総合優勝ができるように頑張りたい」 などと意気込みを語った。
[全文記事]

花ボード、博愛ゲートも登場─トライアスロン

2014/04/18 09時02分配信 - 催事・イベント -

ファイル 10148-1.jpg
フラワーボードを作る市役所職員=下地保健福祉センター前

 第30回全日本トライアスロン宮古島大会も間近に迫った17日、 下地保健福祉センター前にはフラワーボード、 市役所上野庁舎前には博愛ゲートが設置された。 ともにバイクコースを走る選手を応援するため毎年作られており、 大会のムードを高めていた。
[全文記事]

ページ移動