記事一覧

全沖縄中学バレー選手権で佐良浜が4年ぶりに優勝

2017/04/29 21時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16958-1.jpg
4年ぶり8回目の優勝を果たした佐良浜男子のメンバー=西原町民体育館

【那覇支局】開催中の第57回全沖縄中学校バレーボール選手権大会 (主催・県バレーボール協会) は29日、 西原町民体育館で男女の準決勝、 決勝を行った。 宮古勢で唯一勝ち残った佐良浜男子 (國吉勇多監督) は、 準決勝で山場 (國吉監督) の小禄戦に2─1で競り勝つと、 離島勢対決となった伊平屋との決勝戦で2─0と圧勝。 4年ぶり8回目の栄冠を手にした。 女子は西原東が10年ぶり2回目の優勝を果たした。
[全文記事]

宮古地区高校夏季総合体育大会、11競技で熱戦

2017/04/29 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 16953-1.jpg
伊良部高校のブロックの上からアタックをねらう宮古高校A=宮古高校体育館

 2017年度宮古地区高校夏季総合体育大会 (主催・同地区高校体育連盟) が28日、 市内の各高校や競技場で開催された。 バレーボール、 剣道、 ウェイトリフティング、 バスケットボール、 バドミントン、 卓球、 テニス、 ソフトテニス、 サッカー、 陸上、 野球の11競技が行われ、 各高校の選手たちが日頃の練習成果を発揮して熱戦を展開していた。
[全文記事]

手登根君の重量挙げ全国高校選抜優勝を祝福

2017/04/28 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 16941-1.jpg
手登根武魁君

 先月28日に石川県で行われた重量挙げの第32回全国高校選抜大会の男子105㌔超級で優勝を果たした宮古高校3年の手登根武魁君の祝賀会 (主催・同実行委員会、 同校PTA) が26日夜、 平良西里のレストランで催され、 大勢の関係者が詰めかけて日本一を祝うとともに、 2020年に開催される東京五輪出場を期待した。
[全文記事]

下地淳一さん全沖縄ボウリング大会宮古勢初優勝

2017/04/27 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16936-1.jpg
宮古島男子初優勝という快挙を成し遂げ喜びの笑顔を見せる下地さん=宮古ボウリングセンター

 県ボウリング連盟宮古クラブ (川満寛一会長) は26日、 同クラブ会員の下地淳一さんが、 23日に石垣あやぱにボウルで開催された第50回全沖縄シニアオープンボウリング選手権大会ハイシニアの部 (満65歳以上) で優勝したことを宮古ボウリングセンターで報告した。
[全文記事]

第33回トライ宮古島大会 上位入賞者健闘讃え表彰

2017/04/25 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 16925-1.jpg
トロフィーを高々と掲げて喜ぶブラウン選手 (中央) とトップ10入りした上位入賞選手=JTAドーム宮古島

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) の表彰式&ふれあいパーティーが熱闘から一夜明けた24日、 JTAドーム宮古島で開かれ、 初の総合優勝に輝いたキャメロン・ブラウン選手 (44) =ニュージーランド、 女子1位の鷲津奈緒美選手 (33) =神奈川に優勝楯と大会長杯などを授与。 また総合部門と女子部門の上位入賞者に賞状と副賞などが贈られた。 会場には選手、 ボランティア、 大会役員など大勢が訪れ、 感動のドラマの余韻に浸りつつ、 来年大会での再会を誓いあった。
[全文記事]

トライふれあいパーティーで健闘たたえ来年の再会誓う

2017/04/25 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 16924-1.jpg
過酷なレースを終え互いの健闘を讃えなラがら乾杯をするアスリートたち=市総合体育館

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) は過酷なレースから一夜が明けた24日、 JTAドーム宮古島で表彰式・ふれあいパーティーが開催された。 会場には前日、 宮古島を舞台に感動のドラマを繰り広げた国内外のトライアスリートや大会関係者、 スポンサー各社が集い、 お互いの健闘を称えながら来年大会での再会を誓い合った。 会場には島の郷土料理や泡盛も並んでいた。
[全文記事]

トライ完走証に喜びあらた JTAドームで選手に交付

2017/04/25 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 16923-1.jpg
過酷なレースで見事に完走を果たして完走証交付に訪れた選手ら=JTAドーム宮古島

 熱闘を繰り広げた第33回全日本トライアスロン宮古島大会で24日、 平良下里にあるJTAドーム宮古島で完走証交付及び大会成績表配布が行われ、 選手らが次々と訪れて 「強人=ストロングマン」 の完走証を手に喜びを新たにした。
[全文記事]

トライ宮古島大会 上位入賞者が会見でレース語る

2017/04/25 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 16922-1.jpg
激闘のレースを振り返り、充実した表情を見せる総合優勝したブラウン(中央)ら=JTAドーム宮古島

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) のレースから一夜明けた24日、 JTAドーム宮古島で上位入賞者記者会見が行われた。 男子は上位6位、 女子は上位3位までの計9人の選手がスイム、 バイク、 ランの過酷なレースを振り返っての感想や結果、 次回大会への意欲などを語った。
[全文記事]

【第33回トライアスロン宮古島表彰式・ふれあいパーティー写真特集】

2017/04/25 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 16920-1.jpg
19~34歳までの男子上位者

賑やかにフィナーレ

ブラウンが独走で初優勝~トライアスロン宮古島

2017/04/24 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 16918-1.jpg
過酷なレースを走り切りトップでゴールに帰ってきたキャメロン・ブラウン=市陸上競技場

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) が23日、 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」 をテーマに宮古島市を舞台に行われた。 国内外のトライアスリート1552人が出場して、 スイム、 バイク、 ランの3種目合計202・195㌔のレースに挑戦し、 1263人が完走を果たし、 「強人」 の栄冠に輝いた。 注目されたトップ争いはキャメロン・ブラウン (44) =ニュージーランドがバイクでトップに立つとそのまま独走し、 7時間49分10秒で初優勝を果たした。 2位にサイモン・ヤン (30) =ドイツ、 ショウン・ウイリーマン (27) =カナダが入るなど外国勢が上位を独占した。 女子は鷲津奈緒美 (33) =神奈川が3度目の優勝。 2位に酒井絵美 (37) =群馬、 3位に一本松静香 (23) =東京が入った。
[全文記事]

ページ移動