記事一覧

島の良さPR意欲 友利新さんが宮古島大使に就任

2019/04/04 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21114-1.jpg
宮古島大使として任命された友利さん (右) =市役所平良庁舎

 医師でタレントの友利新さんが3日、 宮古島大使に任命された。 市役所平良庁舎で任命式が行われ、 下地敏彦市長から友利さんに任命証が手渡された。 友利さんは 「私は宮古島出身。 いろいろな人から宮古島の良さを聞き、 生まれた島のすばらしさを再認識している。 精一杯、 島の良さをPRしていきたい」 と述べた。
[全文記事]

「安全に学校へ」新1年生560人にランドセルカバー

2019/04/04 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 21115-1.jpg
下地市長らからのランドセルカバーのプレゼントに喜ぶ奥平くん (前列右) と下地さん=市役所平良庁舎

 2019年度小学校新入児童への交通安全グッズ贈呈式が3日、 市役所平良庁舎で行われた。 市交通安全推進協議会 (会長・下地敏彦市長)、 宮古島警察署 (上運天幸徳署長)、 宮古島地区交通安全協会 (新里孝行会長) の3者が新1年生となる650人分のランドセルカバーを贈った。 代表し受け取った奥平陽琉くん (東小学校) と下地侑奈さん (南小学校) は緊張しながらもプレゼントに笑顔を見せた。
[全文記事]

1年間の研究に意欲 研究教員の垣花さんら入所式

2019/04/04 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21116-1.jpg
一年間の研究に臨む垣花秀幸教諭 (中央右) 下地美穂教諭 (同左) を激励した研究教員入所式=市城辺庁舎

 宮古島市立教育研究所 (田場秀樹所長) の2019年度前期 (19期) 研究教員の入所式が3日、 市役所城辺庁舎で行われ、 南小学校の垣花秀幸教諭と平良中学校の下地美穂教諭が入所し、 向こう一年間にわたる研究活動に意欲を見せた。
[全文記事]

来春、沖縄本島からクルーズ船 ジャンボツアーズ

2019/04/04 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21117-1.jpg
下地市長に今後予定しているツアーについて説明する谷村社長 (左から2人目) =市役所平良庁舎

 那覇市にあるジャンボツアーズの谷村勝己社長と後藤嘉仁インバウンド事業部課長が3日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。 谷村社長は 「下地島空港に近々台湾の花蓮から飛ばしたいという要望があり、 そこから入ってくる飛行機で、 宮古の人を台湾に案内する予定をしている。 来年の4月11日に、 1800人乗りのクルーズ船 「コスタネオロマンチカ号」を平良港に着岸させる。
[全文記事]

18・19年産サトウキビ操業 雨の影響終盤まで響く

2019/04/03 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21108-1.jpg
今期サトウキビ操業は終盤まで雨天続きの影響を受けている=宮古製糖城辺工場

 宮古製糖のまとめによると2018/19年産サトウキビ操業の原料搬入量は4月1日現在、 城辺工場が7万9366㌧、 伊良部工場が3万3054㌧、 多良間工場が1万7955㌧の計13万0375㌧となっている。 今期は雨続きの天候でハーベスターが畑に入れず原料不足になるなどの影響があり、 終盤になっても影響は続いている。 各工場の操業終了は予定よりも遅れる見込みだ。
[全文記事]

沿道に応援幕登場 第35回トライ本番へ気運高まる

2019/04/03 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21109-1.jpg
沿道に登場し雰囲気を盛り上げているトライアスロン応援幕=ドン・キホーテ前

 14日に開催される第35回全日本トライアスロン宮古島大会まで10日余りとなり、 コース上には早くも選手を鼓舞する応援幕が掲げられている。 このうち、 総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」 前の柵は例年多くの応援幕が張り出されるが、 今回もすでに7基の応援幕が登場。 名前とゼッケンを大書きし、 激励や奮闘を促す言葉が並び、 選手のモチベーションを挙げるのに一役買っている。 これから大会が近づくにつれ、 スイム、 バイク、 ランの各コース沿いは多彩な応援幕が飾られ、 大会を賑やかに彩ることになる。
[全文記事]

陽気誘われ日光浴 市内海岸の岩場にミヤコトカゲ

2019/04/03 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21110-1.jpg
=写真=

 気温の上下を繰り返しながらも最高気温が25度を超える 「夏日」 も多くなってきた宮古島地方。 市内各地の海岸では、 「ミヤコトカゲ」 が活発に動き回っている=写真=。 日光浴を好むようで、 朝から晴れ間が広がった2日、 陽気に誘われてか岩場に現れ、 周囲を警戒しながらも日光浴を楽しむような姿が見られた。
[全文記事]

ハンセン病学会に協力を 実行委が副市長に要請

2019/04/03 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21111-1.jpg
長濱副署長に協力要請した知念実行委員長 (左) と亀濱事務局長=市役所平良庁舎

 来る5月18日~20日に宮古・八重山で開かれる第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会に対して宮古島市も協力してほしいと2日、 同実行委員会の知念正勝実行委員長 (ハンセン病と人権市民ネットワーク宮古共同代表) と亀濱玲子事務局長 (県議会議員)、 仲里タカ子市議会議員が市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ねて要請した。
[全文記事]

郵便業務に協力 崎原宮古郵便局長が本社訪問

2019/04/03 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21112-1.jpg
=写真=

 宮古郵便局の崎原秀雄局長が2日、 着任のあいさつに宮古新報社を訪れた。 下地明社長らが対応し、 郵便業務などについて歓談した=写真=。
[全文記事]

「社会の公器」役割担う下地社長ら役員、社員心一つに

2019/04/02 09時05分配信 - 社会・一般 -

 宮古新報は1日、 松川吉雄会長、 下地明社長、 与那覇隆副社長、 長濱哲夫専務、 松川光雄総務部長の役員の下、 新しいスタートを切った。 2月に事業継承を受け、 役員体制を一新した会社のスタートへ向けて人員確保などしながら組織固めを行ってきた。 先月26日には社告で下地社長があいさつし、 新生 「宮古新報」 スタートを伝えた。
[全文記事]