記事一覧

熊本秋の味覚 20、21日に物産展

2021/11/20 09時02分配信 - 催事・イベント -

ファイル 25372-1.jpg
座喜味市長に物産展の商品を説明する立山会長(右)=市役所応接室

 日本そばの栽培などを通して宮古島市と交流のある熊本県山鹿市の物産展(主催・山鹿市宮古島交流推進協議会)が20、21の両日、島の駅みやこで行われる。新米をはじめ果物や椎茸など熊本の秋の味覚を紹介しながら販売する。19日、同協議会の立山和宏会長が市役所で座喜味一幸市長に物産展をPRした。
[全文記事]

約300人参加 2年ぶりゲートボール大会

2021/11/20 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25373-1.jpg
高齢者健康増進ゲートボールでスティックさばきを競い合い熱戦を展開する代表選手=18日、城辺ゲートボール場

 宮古島市主催の「第16回高齢者健康増進ゲートボール大会(後援・市ゲートボール協議会、主管・市老人クラブ連合会)が18日、城辺ゲートボール場で開催された。平良や城辺、下地、上野、伊良部、多良間村の各地区代表選抜48チーム約300人が出場し、日ごろ鍛えたスティックさばきを披露し、コート上で熱戦を展開した。
[全文記事]

軽石20日にも宮古漂着か 海洋研究開発機構

2021/11/19 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25363-1.jpg
軽石の漂流シミュレーション。赤は風の影響大、青は少し影響、黒は影響がない場合=提供・JAMSTEC

 国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は18日、小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」噴火に伴う軽石漂流の予測シミュレーションを公開し、宮古島には早くて20日、遅くても25日ごろまでに漂着する可能性があると発表した。
[全文記事]

安谷屋昭さんに文化大臣表彰「体が動く限り活動

2021/11/19 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25364-1.jpg
座喜味市長に文科大臣表彰を報告する安谷屋さん(右から2人目)=市役所市長室

 元市文化財保護審議会長で地質の研究者でもある安谷屋昭さん(85)がこのほど、2021年度地域文化功労者として文部科学大臣から表彰された。同表彰は永年にわたる地域の文化振興の功績をたたえ、文化庁が選考するもので、安谷屋さんは文化財保護への貢献が認められた。安谷屋さんは18日、市役所で座喜味一幸市長に受賞の喜びを報告した。文化財保護や調査研究について「自分の生き甲斐になっている。体が動く限り活動を続けたい」と語った。
[全文記事]

宮古島海洋少年団が始動 市長、教育長に発起人の要請

2021/11/19 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25365-1.jpg
座喜味市長(中央左)と大城教育長(同右)に発起人となるよう要請した中尾団長(左から3人目)と奥平設立事務局長(右から2人目)、海洋少年団の関係者ら=市役所応接室

 2022年1月設立予定の宮古島海洋少年団の中尾忠筰団長と奥平幸司設立事務局長らは18日、市役所に座喜味一幸市長と大城裕子教育長を訪ね、設立発起人となるよう要請した。日本海洋少年団連盟の山下祐司事務局長、沖縄地区連盟の長谷川順一事務局長らも同行した。
[全文記事]

オープントップバス運行 下地島空港

2021/11/19 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25366-1.jpg
伊良部大橋を走るオープントップバス=提供・SAMCO

 下地島空港へのアクセスバスである「みやこ下地島エアポートライナー」に19日から、2階建てオープントップバスが期間限定で導入される。空港までの移動を「プチ観光バス」として新たな観光資源に進化させることを目的に、下地島エアポートマネジメント(SAMCO)と同バスの運行会社である中央交通が連携して行う。運行は19、21、24、28日の4日間。
[全文記事]

社交飲食業組合に抗原検査キットを贈る 高輪アイランドクリニック

2021/11/19 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25367-1.jpg
抗原検査キット目録を奥平組合長(左から3人目)に手渡す陰山院長(同4人目)=17日、高輪アイランドクリニック

 12月1日に平良下里のビルで開院する高輪アイランドクリニック(陰山泰成院長)は17日、同院で宮古島社交飲食業組合(奥平玄信組合長)に新型コロナウイルスの抗原検査キット1千本を贈った。
[全文記事]

市議会全員協正副議長候補、調整続く

2021/11/18 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25358-1.jpg
議案説明や常任委員会構成などを確認した市議会全員協議会=市議会

 宮古島市議会の全員協議会が17日午後、市議会内で開かれ、市当局が22日の臨時会に提案する2022年度一般会計補正予算案や監査委員、教育委員の人事案などを説明した。同日までに常任委員会の委員構成が固まり、協議会で確認した。22日の臨時会で正副委員長を決定する。「初議会」で注目される正副議長については与野党双方とも調整が続いているが、候補者は決まっていない。与党は3人の中から選ぶ方針。野党が一本化できれば半数を占めることに加え、中立会派が同調すれば正副議長を選出する可能性が高い。
[全文記事]

宮古野鳥の会が受賞野生生物保護功労者表彰

2021/11/18 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25359-1.jpg
愛鳥週間野生生物保護功労者表彰の対象活動となった宮古野鳥の会などが参加したサシバ飛来数調査の様子=10月8日、旧伊良部庁舎屋上

 【那覇支局】第75回愛鳥週間野生生物保護功労者表彰が17日、県庁で行われ、宮古野鳥の会(仲地邦博会長)が「環境省自然環境局長賞」を受賞した。同賞は今年度、全国で6人(団体)が受賞している。
[全文記事]

初の個人4種目制覇商業実務新人大会

2021/11/18 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25360-1.jpg
団体3種目・個人3種目で優勝した生徒たち=総合実業高校校長室

 宮古総合実業高校は、10月23日に開かれた沖縄県高等学校商業実務競技新人大会で5種目に出場し、団体で3種目、個人で4種目に優勝する快挙を達成した。個人競技での4種目優勝は同校史上初という。優勝を逃した2種目も準優勝や3位となり、団体・個人ともに出場全種目で入賞を果たした。また、10月21日に開催された県商業高等学校英語スピーチコンテストでは、1年生のグエン・ティ・フォン・タオさんが最優秀賞に輝いた。
[全文記事]