記事一覧

「挑戦、努力忘れずに」宮工、電気工事士等20人合格

2019/02/07 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20863-1.jpg
第1種電気工事士に合格した (前列左から) 國仲君、 川満君、 長嶺君、 大久保君ら=宮古工業高校

 県立宮古工業高校 (金城透校長) の資格取得報告会が6日午後、 同校校長室で行われた。 電気工事士の第一種と第二種、 工事担当者 (DD3種) に計20人が合格し、 金城校長は 「合格本当におめでとう。 何事にも挑戦して努力を惜しまないでほしいと常日頃から話している。 それをしっかり実践したことは素晴らしい。 大変嬉しく思う。 今回の成果は日ごろの授業や講習に励んだ努力の成果。 しっかりと次につなげてほしい。 3年生は卒業するが、 この資格は社会に出ても素晴らしい力を発揮する。 今後も挑戦し努力を惜しまない気持ちを忘れないでほしい。 1・2年生はさらに上を目指して励んでほしい。 土日も一生懸命教えてくれた先生方、 協力してくれた家族への感謝の気持ちを忘れず高校生活を歩んでいってほしい」 と期待を寄せた。
[全文記事]

宮古高校で3年生対象に消費理解の講話

2019/02/06 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20858-1.jpg
消費について学ぶ生徒たち=県立宮古高校体育館

 県立宮古高校 (平良智枝子校長) の3年生を対象に5日、 消費生活センター講話が行われた。 講師は県消費生活センター宮古分室の洲鎌加代子氏が務め、 卒業し大学や就職で島外に出ていく生徒たちに自立した消費者を目指すために必要な知識を分かりやすく説明した。 生徒らは熱心に講話に耳を傾けていた。
[全文記事]

「教育の日」標語・川柳表彰、友利さんら最優秀賞

2019/02/01 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20836-1.jpg
表彰を受け喜びを見せる受章者たち=30日、 市役所平良庁舎

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は30日、 2月16日の 「教育の日」 に向けて募集した標語・川柳の入賞者9人の表彰式を市平良庁舎で行った。 最優秀に、 小学校の部で友利娃良さん (鏡原小1年) の 「学校は はじめてがいっぱい たのしいな」、 中学校の部は鈴木隆介君 (城辺中2年)、 一般の部は狩俣淳子さんの作品が選ばれた。
[全文記事]

宮古総実フード生徒が課題研究最終発表会

2019/01/30 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 20825-1.jpg
缶詰製造実習で出たマグロの身などを利用したカレーパン開発に取り組んだ成果を発表したまぐろ班 (右奥) ら=宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) は29日、 2018年度食と環境科フードクリエイトコース課題研究最終発表会を視聴覚室で実施した。 3年生18人が3班に分かれ、 これまでの研究成果を堂々と発表。 審査の結果、 「マグロ缶詰製造実習で発生した未利用資源の有効活用に挑戦~肥満率と魚離れの改善を目指して」 について発表したまぐろ班 (仲間志央里、 長嶺颯乃、 西里優李、 伊計秀菜、 新城菜々瀬、 佐久田凛莉香) が最優秀賞に輝いた。
[全文記事]

中学文化祭「方言お話パフォーマンス大会」開催

2019/01/27 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 20814-1.jpg
方言お話パフォーマンス大会で発表する生徒たち=市中央公民館

 第24回宮古地区中学校総合文化祭 「第8回方言お話パフォーマンス大会」 (主催・宮古地区中学校文化連盟) が26日、 市中央公民館大ホールで開催された。 12校の生徒たちが宮古方言によるパフォーマンス・コントや寸劇などを披露し、 詰めかけた観客を楽しませた。 審査の結果、 方言による発表や表現が特に優れている 「豊見親 (トゥイミャー) 賞」 には宮古民謡部門が鏡原、 お話部門が佐良浜、 パフォーマンス・コント部門は北が選ばれた。
[全文記事]

城辺地区統合中学校校名「城東」 条例改正提出へ

2019/01/25 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 20802-1.jpg
教育委員会定例会では城辺地区統合中学校の校名は 「城東中学校」 に決定した=市役所城辺庁舎

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) の定例会が24日、 市城辺庁舎で行われた。 城辺地区の城辺、 西城、 砂川、 福嶺の4中学校を統合した校名について 「城東中学校」 とする提案に委員から異議はなく決定した。 正式な校名決定は市議会の議決が必要なことから、 宮古島市立学校設置条例の一部を改正する条例の議案提出依頼の議案が承認された。
[全文記事]

西辺小学校創立130周年記念式典・祝賀会

2019/01/24 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20797-1.jpg
創立130周年記念式典で校歌を合唱する児童や関係者ら=20日、 西辺小体育館

 市立西辺小学校 (砂川靖夫校長) の創立130周年記念式典・祝賀会が20日午後、 同校体育館で行われた。 全校児童・園児103人をはじめ保護者や地域住民、 教育関係者、 在沖郷友会など多数が参加し、 同校の節目を盛大に祝うとともにさらなる発展を祈念した。
[全文記事]

宮古高校、南秀同窓会が奨学金給付式

2019/01/20 00時02分配信 - 教育 -

ファイル 20781-1.jpg
後期分の奨学金を奨学生の保護者らが代りに受け取った=18日、 宮古高校

 南秀同窓会 (真榮城忠之会長) は18日、 県立宮古高校 (平良智枝子校長) で 「2018年度奨学金給付式」 を行った。 同会の與儀千寿子副会長から県外にいる奨学生の代りに参加した保護者に後期分の奨学金が手渡された。
[全文記事]

宮古高校後援会が九州大会派遣部活に激励金

2019/01/17 09時18分配信 - 教育 -

ファイル 20769-1.jpg
激励金を受け九州大会に意欲を見せる (右から) 上地さん、 大浦さん、 高江洲さん、 砂川さん、 與那覇さん、 井上さん、 松川会長、 仲田顧問、 平良校長=宮古高校応接室

 県立宮古高校 (平良智枝子校長) で16日、 2018年度九州大会派遣部活動激励金贈呈式が行われた。 同校後援会 (松川勝光会長) が県大会で上位入賞し九州出場権を獲得した2部活6人の健闘をたたえ、 さらなる活躍を祈念して金一封を贈呈。 「九州出場権獲得おめでとう。 全国出場にむけ頂点を目指して頑張ってほしい。 みなさんの活躍は90周年の節目を終え新たな年を迎える学校にとって幸先良く、 進路決定を控えた先輩たちの励みにもなる。 県代表としての自信と出場の喜び、 感謝の心を持ち、 宮高魂を発揮してほしい。 頑張ることも大切だが、 周りのいろんなものを見て吸収し実りあるものにしてほしい」 と期待を寄せた。
[全文記事]

先人結んだ「絆と友情」 北と南の子どもが交流

2019/01/10 21時04分配信 - 教育 -

ファイル 20734-1.jpg
シュノーケリングを楽しんだ宮古市と多良間村の子どもたち=多良間村高穴海岸

【多良間】多良間村と姉妹市村を結ぶ岩手県宮古市から来島した児童生徒との交流会が9・10日に行われた。 村立多良間小学校では児童会主催の歓迎交流会が行われ、 クイズやゲームなどを通して北と南の子どもたちが友情を深めた。 製糖工場見学では作りたての黒糖を味わい、 天候は悪かったものの楽しみにしていたシュノーケリングも体験した。 両市村の交流は江戸時代末の漂着船救済を機に1976年から始まり、 児童生徒の相互交流などが行われている。
[全文記事]

ページ移動