記事一覧

全九州少年少女空手で上田さん優勝

2018/06/28 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 19549-1.jpg
九州大会に出場した (左から) 野原さん、 上田さん、 下地さん=24日、 熊本市総合体育館

 全九州少年少女空手道選手権大会が23・24日、 熊本県の熊本市総合体育館で行われ、 小学2年女子個人形の部で上田楓乃さん (凜道場宮古島支部、 久松小) が優勝した。 小学1年女子個人組手の部に出場した下地咲笑さん (同宮古島支部、北小) は初戦、 小学4年女子個人形の部の野原雫さん (同多良間支部、 多良間小) は2回戦で敗退した。
[全文記事]

地元企業などトライアスロン成功祝う

2018/06/28 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 19548-1.jpg
宮國教育長 (左) の音頭で乾杯する参加者ら=26日、 ホテル共和スーパースター

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会地元企業・関係団体感謝の集い (主催・同大会実行委員会) が26日、 市内のホテルで行われた。 寄付やボランティアなどで大会を支援した関係者らが多数参加し、 交流を深めるとともに大会が成功裡に終わったことを祝った。
[全文記事]

【第1回宮古新報杯学生バドミントン写真特集】

2018/06/26 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 19538-1.jpg
小学の (左から) 優勝した奥平・久貝、 準優勝の渡久山・与儀

 第1回宮古新報杯学生 (小・中) バドミントン大会 (主催・宮古バドミントン協会) が24日、 市総合体育館で行われた。 小学生10人、 中学生43人が出場し、 シングルスとダブルス種目で優勝を競い合った。 日頃の練習の成果を発揮して熱戦を展開した結果、 中学シングルスは、 男子が久松の塩川元太、 女子は平良の古謝栞が優勝した。
[全文記事]

高校野球県大会で宮総実が夏初勝利

2018/06/26 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 19537-1.jpg
宮古総合実業─久米島。 7回表、 2塁から一気に生還して滑り込む砂川竜輝=24日、 アトムホームスタジアム宜野湾

【那覇支局】第100回全国高校野球選手権沖縄大会は23、 24の両日、 アトムホームスタジアム宜野湾など3球場で1・2回戦15試合を行った。 宮古勢は、 宮古 (宮里友也監督) が19―0の5回コールド勝ちと南部農林を圧倒。 宮古工業 (大浦陸監督) は前原に0―2で競り負けた。 宮古総合実業 (神里正太監督) は、 久米島との離島対決を3―2で制し、 夏の選手権初勝利を挙げた。
[全文記事]

小学生バレー沖縄で上野、佐良浜小が3位

2018/06/26 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 19535-1.jpg
試合の疲れも見せず大勢の出迎えに感謝する上野小男女バレーボール部の部員ら=24日、 宮古空港

 第38回全日本バレーボール小学生大会沖縄大会 (主催・日本バレーボール協会など) が23、 24の両日、 豊見城市民体育館などで行われた。 男子では宮古島から出場した市立上野小学校 (本村晃則校長) と佐良浜小学校 (下地辰彦校長) がそれぞれ3位入賞を果たし、 九州大会への出場権を手にした。 24日、 宮古空港に帰ってきた両チームは保護者らの手厚い歓迎を受け大会結果を報告した。
[全文記事]

平一男子、西辺女子が優勝、ミニバスケ6年生大会

2018/06/23 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 19530-1.jpg
男子決勝、 相手守備をかわしてシュートを打つ平一の選手=平一小体育館

 宮古ミニバスケットボール夏季6年生大会 (主催・宮古ミニバスケ連盟) は23日、 平一小体育館などで決勝戦が行われ、 男子は平一が西城を破り、 女子は西辺が鏡原を下してそれぞれ優勝した。 3位は男子が西辺、 女子は北、 また敢闘賞は男子が南、 女子は東。
[全文記事]

県少年少女空手道選手権優勝を野原さんが報告

2018/06/22 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 19516-1.jpg
県大会優勝と全国・九州出場決定を報告した野原雫さん (中央) =19日、 多良間村役場

【多良間】県少年少女空手道選手権大会の女子小学4年形の部で優勝した野原雫さん (多良間小、 凜道場多良間支部) が19日、 同村役場で伊良皆光夫村長に優勝を報告した。 野原さんは今月23・24日に熊本県で開催される九州大会、 8月4・5日に東京で行われる全国大会に県代表として出場する。
[全文記事]

陸上U20世界、友利響平が日本代表

2018/06/21 09時06分配信 - スポーツ -

 日本陸上競技連盟は20日、 陸上の第17回U20 (20歳以下) 世界選手権 (7月10日~15日、 フィンランド・タンペレ) の日本代表選手を発表した。 沖縄から男子走り高跳びに宮古島市出身の友利響平 (宮古総実高校卒、 環太平洋大学2年) が決まった。
[全文記事]

夏季学童野球大会、南が高・低学年Aで優勝

2018/06/19 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 19496-1.jpg
高学年決勝1回裏、 4点目となるスクイズを決める南の選手=17日、 市民球場

 夏季学童軟式野球宮古地区大会 (主催・宮古野球連盟) が16・17日、 市民球場などで行われた。 南ファイターズが高・低学年Aの2部門で優勝、 低学年Bは上野オリオンズが優勝した。 高学年優勝チームは地区代表として7月21~23日の県大会に派遣される。
 高学年決勝は南と鏡原少年野球が対戦。 南は1回裏、 2本の三塁打など集中打にスクイズも決めて一挙4点を奪い、 2回にも3点を加えて試合のペースを握り、 先発濱川は力のあるボールで鏡原打線を抑えた。 鏡原は2番手の塩川がピンチをしのぐと打線も5回と7回に1点ずつ返すなど最後まで粘りを見せた。
[全文記事]

団体は那覇市が連覇、全沖縄壮年ソフトテニス

2018/06/18 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 19487-1.jpg
9市郡が競った全沖縄壮年ソフトテニス大会=16日、 パニパニコート

 第42回全沖縄壮年ソフトテニス大会 (主催・県壮年ソフトテニス連盟) が16・17の両日、 市営カママ嶺コートなどで行われた。 県内各地から壮年選手が参加し、 長年培った技術を競いながらプレーを通して交流した。 団体戦は那覇市が決勝で豊見城市を破り、 2連覇とともに過去最多14回目の優勝を果たした。 宮古勢では個人戦女子55歳以上の部で仲宗根須磨子さんが優勝した。
[全文記事]

ページ移動