記事一覧

福嶺小創立100周年記念式典・祝賀会開催

2018/11/24 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20473-1.jpg
創立100周年の記念式典に参列した大勢の卒業生や関係者、 児童ら=福嶺小学校体育館

 市立福嶺小学校 (仲桝京子校長) の創立100周年記念式典及び祝賀会が23日、 同校体育館で開催された。 生徒や卒業生らが大勢参列し、 開校から1世紀の節目を祝うとともに今後のさらなる発展と福嶺地域の活性化を祈念した。 100周年記念事業に対する高額寄付者らに感謝状が授与され、 学校には学校車など記念品が贈呈された。 祝賀会では舞踊や歌などさまざまな余興が披露され、 児童たちもエイサーと校歌遊戯で会場を盛り上げていた。
[全文記事]

宮古島市景観審 ホテルなど開発行為6件を審議

2018/11/23 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20470-1.jpg
ホテル建設の届け出が出されている地区の現地視察を行うメンバー=伊良部佐和田の浜周辺

 2018年度第2回宮古島市景観審議会 (池田孝之会長) が22日、 市役所下地庁舎で行われた。 市から新たに諮問を受けた海岸地域景観ゾーンなどになっている伊良部島でのホテル建設や久松地区で届け出のあった簡易宿舎などの開発行為とこれまで継続審議としていた議案6件の現地調査などを実施したうえで審議した。 この日の結果については今月29日に下地敏彦市長に答申される。
[全文記事]

防風林の日ちなみ伊良部で育林活動に汗流す

2018/11/23 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20469-1.jpg
防風林の日関連事業で草刈りに汗を流す参加者たち=伊良部の家後 (ヤーグス) 地区

 2018年度宮古島市 「防風林の日」 関連行事の草刈り (主催・同行事実行委員会) が22日、 伊良部の家後 (ヤーグス) 地区で行われた。 伊良部自治会の農家や県宮古農林水産振興センター、 JAおきなわ宮古地区本部、 宮古森林組合、 宮古土地改良区などから約150人が参加し、 防風林帯の除草に汗を流した。
[全文記事]

宮古病院ハートフェア開催 精神疾患正しい理解を

2018/11/23 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20468-1.jpg
ハートフェアでは作業療法活動で作った木工細工など作品が展示された=宮古病院

 県立宮古病院 (本永英治院長) の 「第15回ハートフェア」 が22日、 同病院2階などで行われた。 精神科デイナイトケア利用者らが作業療法活動で作った木工細工、 エコクラフト、 革細工等の作品が展示されたほか蒸しパン、 コーヒーゼリーなどが販売された。 会場には多くの人が訪れ、 買い求めていた。
[全文記事]

宮総実生徒らがケーキデコレーションコンテスト

2018/11/23 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20467-1.jpg
フルーツいっぱいクリスマスのテーマでケーキを完成させた比嘉さんら (左) =宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長)のフードクリエイトコースの生徒らによる 「デコレーションコンテスト」 が同校実習室で行われ、 各学年5班ずつのチームはそれぞれ、 クリスマスをメインテーマにケーキのスポンジ作成、 デコレーションの美しさを競い合った。
[全文記事]

保育所園児が勤労感謝の日ちなみ宮古島署を慰問

2018/11/23 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20466-1.jpg
警察官に手作りカレンダーと花を渡し一緒に記念撮影する花園保育所の園児ら=宮古島警察署

 「勤労感謝の日」 にちなみ花園保育所 (金谷福代所長) が22日、 宮古島警察署 (前花勝彦署長) を訪問し、 警察官の仕事について理解を深めるとともに宮古島の安全を守ってくれていることに対して感謝した。 園児らは白バイとパトカーにも乗せてもらい笑顔ではしゃいでいた。
[全文記事]

県消防大会で與那覇さん永年勤続功労賞

2018/11/23 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20465-1.jpg
永年勤続功労章の表彰を受けた與那覇吉男さん=ロワジールホテル那覇

 【那覇支局】第20回沖縄県消防大会 (主催・県、 県消防協会ほか) が22日午後、 ロワジールホテル那覇で行われ、 計18人が2018年度県消防表彰の対象となった。 宮古島市消防本部からは消防司令補の與那覇吉男さん (59、 市平良東仲宗根) が永年勤続功労章を受けた。 1983年9月に城辺町消防課で採用。 勤続約35年の與那覇さんは 「あっという間に来たので永年勤続と言われてもピンとこないが、 表彰頂いて感謝している」 と感想。 「火災や救急など現場が主で大浦の産廃処分場火災などが印象に残る。 大変なこともあったが、 支えてくれた妻や家族にありがとうと言いたい」 と振り返りながら、 「消防は何もないのが1番。 定年まであと少し静かなことを願っている。 その後は、 機会があれば何かしら地域に貢献したい」 と話していた。
[全文記事]

税を考える集い 納税意識の高揚、普及図る

2018/11/23 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20464-1.jpg
税に関する表彰を受け喜びの表情を見せる受賞者ら=平良港ターミナルビル

 2018年度税を考えるつどい (主催・税を考える宮古島連絡会) が22日、 平良港ターミナルビルで開催された。 表彰式では納税思想の高揚、 普及に努めた個人、 団体に表彰状や感謝状を贈るとともに作文や絵はがきコンクールで入賞した児童・生徒を表彰した。 また、 「消費税完納宣言」 を採択したほか、 沖縄国税事務所の上里真次長による 「税の話あれこれ」 と題した講演会も行われ、 参加者は税の重要性を再認識した様子だった。
[全文記事]

NECロケッツバレーボール教室、12月8日開催

2018/11/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20457-1.jpg
12月8日にNECロケッツバレーボール教室を開催することを報告する (左から) 楊さん、NEC沖縄支店の入慶田本斉主任=市役所平良庁舎

 元日本代表選手らによる 「NECロケッツバレーボール教室IN宮古島」 (主催・市体育協会) が12月8日、 県立宮古高校体育館で行われることから21日、 NECの楊成太宣伝・デジタルグループマネージャーらが市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪問し、 開催予定を報告するとともに後援を要請した。
[全文記事]

サトウキビ出穂、来月から製糖期へ

2018/11/21 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20455-1.jpg
銀色の穂を出したサトウキビ=市内のほ場

 秋の深まりとともに市内各地のほ場でサトウキビの出穂 (しゅっすい) が始まっている。 最近は穂を出さない品種も増えているが、 風に揺れる銀の穂は宮古の冬の風物詩。 キビはこれから糖分をさらに蓄えていく。 地域によっては来月中旬から製糖操業を開始する。
[全文記事]

ページ移動