記事一覧

子宮頸がんワクチン副反応勉強会

2019/01/23 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20794-1.jpg
勉強会で説明する横田センター長=20日、 市中央公民館

 子宮頸がんワクチン副反応の勉強会 (主催・宮古島子宮頸がんワクチン副反応被害者を支える会) が20日、 市中央公民館で行われた。 フジ虎ノ門整形外科病院小児難病治療センターの横田俊平センター長が講師を務め、 ワクチンが導入された経緯や副反応について説明した。 関係者など120人が参加し、 副反応への理解を深めるとともに新たな治療方法の確立へ希望を繋げた。
[全文記事]

大型クルーズ船事故想定し、海保など訓練

2019/01/22 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20789-1.jpg
大型クルーズ船の事故を想定した訓練が行われた=20日、 平良港

 宮古島市海上保安部 (山戸義勝部長) は20日、 平良港で大型クルーズ船の事故を想定した実践的な合同訓練を開催した。 訓練には、 同保安部の職員、 市消防本部 (来間克消防長)、 宮古島警察署 (前花勝彦署長) の署員などが参加し、 オイルフェンス展張訓練などをおこなった。 職員らは緊急時に互いの機関の連携がスムーズに図れるよう真剣に訓練に取り組んだ。
[全文記事]

新春市民書初め会、今年の決意文字に込め

2019/01/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20788-1.jpg
新たな気持ちで書初めを行う参加者=20日、 市中央公民館

「第1回新春市民書初め会」 (主催・宮古島市文化協会) が20日、 市中央公民館ホールで行われた。 幼児から91歳までの約200人が今年1年の目標や好きな文字などを書き、 決意を新たにしていた。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2019/01/21 09時10分配信 - 社会・一般 -

 昨日1月20日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

宮古島海上保安部が「118番」周知活動

2019/01/20 00時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20782-1.jpg
海の事件、 事故の 「118番」 緊急通報用電話番号の周知活動でチラシを配布した=18日、 宮古空港

 宮古島海上保安部 (山戸義勝部長) は18日、 宮古空港到着ロビーとマックスバリュ宮古南店前で海の緊急通報用電話番号 「118番の日」 の周知活動を行った。 宮古空港では同保安部職員とミス宮古島の友部湖衣子さん (ミスサンゴ) らが到着した観光客らに海での事件、 事故は 「118番」 と書かれたチラシなどを配布した。
[全文記事]

琉球交響楽団が手作り楽器体験ワークショップ

2019/01/20 00時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20780-1.jpg
手作り楽器体験ワークシップでプランター太鼓を作る親子ら=マティダ市民劇場

 琉球交響楽団 (安次嶺馨理事長) は、 沖縄県文化振興会の2018年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業補助金を受け、 まちなかコンサートを活用した芸術文化発信事業を県内各地で行っている。 同事業の一環として19日、 マティダ市民劇場で 「手作り楽器体験ワークシップ」 を実施した。 同団メンバーが木管楽器や打楽器などの紹介で参加した親子らの関心を引いたあとプランター太鼓とピロピロクラリネットの楽器の作り方を教えた。
[全文記事]

下地小児童が岐阜の海・山体験交流へ出発

2019/01/19 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20778-1.jpg
岐阜県白川町に向け出発する児童たち=宮古島空港ロビー

 岐阜県白川町で3泊4日の日程で行われる 「海・山体験交流宿泊研修会」 (主催・宮古島市教育委員会) に参加する下地小学校 (乾邦夫校長) の6年生の児童10人は18日、 宮古島空港ロビーで 「出発式」 を行った。 児童らは白川町の人たちとの交流や体験活動を楽しみにしながら同空港を出発した。
[全文記事]

「北方領土と沖縄」作文コン、長濱真央さん表彰

2019/01/19 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20776-1.jpg
(右から) 本村理事から伝達を受け、 笑顔を見せる長濱さんと池城校長=平良中学校

 市立平良中学校 (池城健校長) で18日、 第3回 「北方領土と沖縄」 作文コンクール (主催・北方領土返還要求沖縄県連絡協議会、 県北方領土問題研究教育者会議) で優秀賞に輝いた長濱真央さん (3年) への表彰伝達式が行われた。 同会議の本村幸雄理事から伝達を受けた長濱さんは 「とても嬉しい。 本村先生の勧めがなければ受賞もなかったので感謝している。 これから高校に進学しても、 北方領土に関する体験や取材等があれば挑戦し、 自分の視野を広げていきたい」 と感想を話した。 宮古からは久松中の花岡穂香さん (3年)、 近藤花音さん (1年) も優秀賞を受賞している。
[全文記事]

クララ保育園ジャガイモ堀り、園児ら「大きい」

2019/01/19 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20775-1.jpg
ジャガイモ掘り体験で、「大きいの取れたよ」と自慢するちびっこ=平良下里の小禄恒栄さん宅菜園

 小規模保育施設 「クララ保育園」 (喜屋武文代園長) のジャガイモ掘り体験が18日、 市平良下里の小禄恒栄さんの菜園で行われた。 ゼロ歳から2歳まで計19人の園児が参加して、 土と触れ合いながらジャガイモの収穫体験を楽しんだ。
[全文記事]

第35トライ公式ポスター、川上さん「勇舞」に決定

2019/01/18 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20771-1.jpg
決定した公式ポスターデザインを発表した下地市長 (右から2人目) ら=宮古島観光協会

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会の公式ポスターデザインの発表記者会見が17日、 宮古島観光協会で行われた。 大会長の下地敏彦市長と実行委員長の長濱政治副市長が兵庫県在住の川上和俊さん (48) の 「勇舞」 と題した作品が最優秀賞に選ばれたと発表した。 川上さんの 「35年目の熱き想い」 と作品は優秀賞にも選ばれている。
[全文記事]

ページ移動