記事一覧

台風24号影響で品薄のスーパーが1週間ぶりに補充

2018/10/03 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20149-1.jpg
インスタント食品などの陳列に追われる職員=サンエーショッピングタウン宮古食品館

台風24号の影響で食料品などを中心に品切れとなっていた商品が2日、 市内のスーパーに卸された。 店内では慌しく商品を棚に陳列する職員の姿が見られた。 一方、 台風25号の接近のため、 4日以降の貨物船入港は厳しいと見られ、 週末にかけて再び品切れが予想される。
[全文記事]

サシバ保護をアピール 伊良部でセミナーなど開催

2018/10/03 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20148-1.jpg
サシバ保護セミナーのチラシ表紙 (日本自然保護協会ホームページより)

 日本自然保護協会 (NACS│J) が主催する市民カレッジシリーズ 「宮古から世界へ広がるサシバ保護」 (共催・宮古野鳥の会) が、 13日午後1時から市立伊良部中学校体育館で開催される。 また、 宮古島市の小中高校生を対象に募集した2018サシバ俳句コンテスト授賞式も行う。
[全文記事]

赤い羽根募金に協力を 空の美ら島便伝達式

2018/10/02 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20143-1.jpg
赤い羽根共同募金運動の街頭募金を行う平良中の生徒たち=サンエーショッピングタウン宮古食品館前

 2018年度赤い羽根共同募金運動が1日から始まった。 同日午後、 宮古空港1階ロビーで 「赤い羽根空の美ら島便」 伝達式が行われ、 日本トランスオーシャン航空客室乗務員の池宮さやかさんが沖縄県の大城玲子子ども生活福祉部長からのメッセージを読み上げ、 沖縄県共同募金会宮古島市支会の饒平名建次支会長、 下地敏彦市長に代わり出席した下地律子福祉部長に赤い羽根を手渡した。 午後5時頃からは市内のスーパー前で平良中学校の生徒らが街頭募金を行い、 買い物客らに協力を呼びかけた。
[全文記事]

台風24号 サトウキビ被害で1億1000万円

2018/10/02 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20142-1.jpg
台風24号の暴風で梢頭部が折損し葉裂傷などの被害が出たサトウキビほ場=平良荷川取

 宮古島市 (下地敏彦市長) は1日、 台風24号による市内の被害状況速報を発表した。 農作物ではサトウキビが最も大きく被害額は約1億1000万円を見込んでおり、 野菜では施設ゴーヤーが早植えのほ場の一部で強風による茎葉の損傷が見られ、 概ね400万円の被害額としている。
[全文記事]

第35回トライ宮古島大会 出場選手募集受付開始

2018/10/02 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20141-1.jpg
多くの応募を呼びかける会長の下地市長 (中央左) ら=市役所平良庁舎

 宮古島トライアスロン実行委員会 (会長・下地敏彦市長) は1日、 市役所平良庁舎で記者会見を開き、 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・市など) の選手募集を同日から開始したことを発表した。 4月14日に開催される大会の定員は1700人で、 応募締め切りは郵送が11月2日、 インターネットによる申し込みが11月30日までとなっている。 下地市長は 「35回大会が活気ある大会になれば」 と語り多くの応募を呼びかけた。
[全文記事]

離島施策に期待~知事選で玉城氏宮古支部

2018/10/01 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20137-1.jpg
玉城さんの当選にバンザイ三唱で喜びを見せる支持者たち=平良下里の事務所

 平良下里の玉城デニーさんを支持する 「ひやみかち、 うまんちゅの会みゃーく」 の事務所では午後8時33分にテレビから2社目の当確が出ると支持者から歓声が挙がった。 志半ばに亡くなった翁長雄志知事の遺志を受け継ぎ、 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対などを掲げ支持を得て新知事となる玉城さんに期待を寄せた。 事務所では初当選を祝い 「バンザイ三唱」 で喜びを見せた。
[全文記事]

待機児童解消へ潜在保育士支援でセミナー

2018/10/01 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20136-1.jpg
現役の保育士から保育現場の状況などを聞く参加者ら=市中央公民館

 待機児童解消へ向けて宮古島市が今年度から実施する 「潜在保育士支援事業」 の就職・復職セミナーが30日、 市中央公民館で行われた。 市児童家庭課の職員から保育士の処遇改善やキャリアアップ制度など保育関連の新たな制度について説明を受けるとともに、 キャリアコンサルタントから面接対策などを学んだ。
[全文記事]

最大瞬間風速39.6㍍、台風24号

2018/09/30 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20135-1.jpg
台風24号の強風で倒れたサトウキビ=市内平良のほ場

 気象台によると大型で非常に強い台風24号は29日午前5時頃、 宮古島の東約150㌔に最接近し、 勢力を維持したまま北北東に進んだもよう。 最大瞬間風速は宮古空港で39・6㍍ (29日午前5時56分、 北北西) を観測。 28日午後9時から29日昼過ぎまで10数時間にわたって風速25㍍以上の暴風域が続き、 住民生活に大きな影響が出た。 29日は海空ともに交通の便は全て欠航。 宮古島市が開設した避難所には18人16世帯が避難した。
[全文記事]

台風24号で18人16世帯が避難

2018/09/30 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20134-1.jpg
避難所で台風の暴風が止むのを待つ住民たち=市役所平良庁舎1階ロビー

 非常に強い台風24号の接近に伴う暴風警報で宮古島市と多良間村に避難準備情報が発表され、 28日から計9カ所の避難所が開設された。 宮古島市では6カ所で18人16世帯が避難。 暴風雨の中、 不安な一夜を過ごした。 多良間村の避難者はいなかった。
[全文記事]

最大7090世帯が停電、台風24号

2018/09/30 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20133-1.jpg
市内各地で停電が発生。 交差点では信号が止まりドライバーが注意しながら通行していた=市場通り前交差点

 非常に強い台風24号の接近に伴い、 宮古島市では29日午前11時時点で7090世帯が停電した。 同日午後4時現在でも5320戸が停電が続いており、 住民生活に影響が出ている。 沖縄電力では職員を動員し、 早期復旧に向けた作業に当たっている。
[全文記事]

ページ移動