記事一覧

下地診療所アルクラ 開所式で訓練など披露

2017/07/29 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17538-1.jpg
エアロバイクに乗り 「アルトレ」 のプログラム内容を紹介する職員ら=アルけーる・クラせーる

 運動や生活に特化した下地診療所グループ (打出啓二理事長) の 「機能特化型リハビリセンターアルけーる・クラせーる」 (右田秀生施設長) が8月1日に開所するのに先立ち29日、 同事業所で開所式が行われた。 式には同診療所の職員をはじめ、 島内外の医療や介護福祉の関係者らが詰めかけ、 盛大に祝うとともに、 施設の見学を行った。 宮古島では初の機能特化型の施設とあって、 関係者らはさらなるの福祉向上に期待を寄せた。
[全文記事]

沖縄防衛局交渉報告会 「地下水脈調査」ないと回答

2017/07/29 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17537-1.jpg
清水さんの沖縄防衛局交渉報告について耳を傾ける参加者たち=市中央公民館

  「防衛省は宮古島をどうしようと思っている」 と題した沖縄防衛局交渉報告会 (主催・同実行委員会) が29日、 市中央公民館で行われた。 多くの市民が集まり、 千代田部落基地建設反対住民の会 (冝保定和代表) や野原部落会 (島尻信徳会長) など市民4団体が、 ことしの3月13日に沖縄防衛局に提出した宮古島への自衛隊配備に関する質問書への回答を報告した。
[全文記事]

来間島ほ場でヒマワリ開花、観光客らも記念撮影

2017/07/28 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17526-1.jpg
満開のヒマワリが咲き、 観光客らが足を止め記念撮影していた=来間島の国仲冨美男さんのほ場

 市民運動実践協議会グリーン部会 (友利吉博部会長) は27日、 5月にヒマワリの種まきを行った来間島の畑で開花式を行った。 畑には黄色いの花を咲かせたヒマワリが道路側に向いて咲いており、 さっそく観光客らが足を止め記念撮影をしている姿が見られた。
[全文記事]

島の駅みやこ「暑い夏 牛乳でゲンキに」とPR

2017/07/28 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17522-1.jpg
多くの人たちに宮古島の牛乳を手に取ってほしいと訴える佐々木さん=島の駅みやこ

 「島の牛乳をみんなで守ろうプロジェクト」 が21日から島の駅みやこで始まっている。 期間は8月31日まで。 同プロジェクトは学校給食が長期休みに入る時期に在庫が溢れて困っている牛乳メーカーなどのために、 「島の牛乳を飲もう」 という地産地消の促進運動。 価格は179円。
[全文記事]

故大田昌秀元沖縄県知事の県民葬で功績たたえ偲ぶ

2017/07/27 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17520-1.jpg
県や市町村、 国の関係者、 県民多数が参列して執り行われた故大田昌秀元県知事県民葬=宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟

【那覇支局】故大田昌秀元沖縄県知事県民葬 (主催・同実行委員会) が、 26日午後2時から宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で執り行われ、 県や市町村、 国の関係者、 県民多数が参列し、 県知事及び参院議員など要職を歴任し、 県の振興発展、 基地問題の解決、 平和行政の推進に尽力した大田氏の功績をたたえるとともに、 その遺徳を偲んで冥福を祈念した。
[全文記事]

JAおきなわ宮古文化活動大会 平良さんら最優秀

2017/07/27 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17519-1.jpg
最優秀賞に選ばれた (右から) 添石さん、 平良さんと優秀賞の漢那君=JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAおきなわ宮古地区の第56回宮古地区文化活動大会 (主催・県農業協同組合) が26日、 JAおきなわ宮古地区本部大ホールで行われた。 8人がJAグループ家の光協会の出版物の記事を活用した体験や実践について発表し、 ちゃぐりんの部では平良和歌菜さん (下地小5年) が最優秀賞、 漢那仁君(佐良浜小1年)が優秀賞、 家の光の部では添石久子さん (JA女性部上野支部) が最優秀賞に選ばれた。 3人は県大会に出場する。
[全文記事]

中高生が夏休みにボランティア 市社協110人が研修

2017/07/27 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17518-1.jpg
オリエンテーションで説明を受ける参加生徒ら=市下地農村環境改善センター

 「2017年度市サマーボランティア体験研修会」 (主催・市社会福祉協議会) が26日から、 市下地農村環境改善センターで行われている。 初日は講義と実技の研修が行われ、 障がい者や高齢者などの福祉施設でボランティアを希望する110人の中学生や高校生が参加し、 2日目からの施設ボランティアに備えた。
[全文記事]

市消防と海保が合同潜水訓練実施 海域災害迅速に

2017/07/27 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17517-1.jpg
慣水、 水中結索など基本的な潜水訓練に取り組む参加者たち=久松漁港

 宮古島市消防本部 (来間克消防長) と宮古島海上保安部 (久留利彦部長) の合同潜水訓練が26日、 久松漁港で行われた。 夏休み、 海上レジャーシーズンを迎え、 お互いの機材を活用しながら消防潜水隊12人が海上保安部潜水士4人の指導で海難救助の訓練に取り組んだ。
[全文記事]

那覇地裁平良支部で児童生徒が模擬裁判を体験

2017/07/27 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17516-1.jpg
夏休み裁判所体験で模擬裁判に取り組む児童生徒たち=那覇地裁宮古支部合議法廷

 那覇地方裁判所平良支部 (橋口佳典支部長) は26日、 夏休み裁判体験こども見学会を行った。 模擬裁判では小中学生が裁判官や検察官、 弁護士、 裁判員を体験しながら裁判の仕組みや役割などを学んだ。 この見学会は裁判所の仕事をより身近に感じ、 進路や将来の職業について考えてもらおうと毎年、 親も参加して行われている。
[全文記事]

市児童家庭課虐待相談40件でネグレクトは最多26件

2017/07/27 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17515-1.jpg

 宮古島市児童家庭課によると2016年度に同課に寄せられた児童虐待相談件数は40件で前年の36件から4件増加したもののほぼ横ばいとなった。 一方で相談件数は218件 (前年532件) で前年より大幅に減少した。 同課では 「県中央児相宮古分室が配置されたことにより随時複数の児相職員が事例に対して直接的な対応が可能となったほか市と児相との連携が充実したことなどで減少につながったのでは」 と分析している。 一方、 4月から設置された同分室ではこれまでに6件の一時保護措置がなされている。
[全文記事]

ページ移動