記事一覧

11人が通訳案内士修了、海外観光客に対応

2017/02/18 21時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16517-1.jpg
沖縄県特例通訳案内士育成研修を終え修了証書を受けた受講生ら=宮古島観光協会

 2016年度沖縄県特例通訳案内士育成研修事業の修了式が18日、 宮古島観光協会会議室で行われた。 県の委託を受け実施したチャイナゲートウェイの周文代表が約4カ月の研修を終えた英語コースの4人、 中国語コースの7人に修了証書を手渡した。
[全文記事]

永年勤続優良従業員81人表彰、宮古島商工会議所

2017/02/18 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16516-1.jpg
永年勤続優良従業員表彰式で下地会頭 (右) から賞状を受け取る友利さん=ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島商工会議所 (下地義治会頭) の第41回会員大会永年勤続優良従業員表彰式が17日夜、 平良下里のホテルで開催された。 法人企業の部で30年以上特別表彰の友利明光さん (共和産業) ら22企業の計81人が受賞し、 さらなる社業発展への決意を新たにした。 大会は優良従業員の表彰激励と、 企業発展及び地域振興に寄与するもの。 同日は市や県関係者も出席し、 受賞を祝福するとともに、 今後の活躍を祈念した。
[全文記事]

マンゴー開花期へ

2017/02/18 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16515-1.jpg
開花の季節を迎えたマンゴー。 早い農園ではすでに実もついている=市内平良の農園

 市内各地の農園で2017年産マンゴーの開花が始まっており、 ハウス内では受粉虫が忙しく飛び交っている。 昨年11月から1月にかけて高温が続いたせいか全体的には開花が遅れており、 満開のピークは3月下旬になりそうだという。
[全文記事]

入域観光客数、10カ月累計60万人突破

2017/02/18 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市観光商工局観光課が17日までにまとめた2016年度1月入域観光客数は、 3万5546人と前年同月比1936人 (5・76%) 増となった。 4月からの累計は60万6831人と前年同月比18万1158人 (42・26%) 増と60万人台を突破した。 3月までの年間累計は70万人前後と過去最高だった前年度の51万3601人を大きく更新することが確実となった。
[全文記事]

天然ガス資源利用、新年度で事業化着手

2017/02/16 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16501-1.jpg
実施計画を取りまとめた天然ガス資源事業化推進検討委員会=市役所平良庁舎

 宮古島市天然ガス資源事業化推進検討委員会 (委員長・長濱政治副市長) の第3回会合が15日午後、 市役所平良庁舎で開かれ、 10年間を期間とする実施計画報告案を取りまとめた。 2016年度から20年度までの5年間を城辺保良にある県試掘井の 「宮古R─1」 事業化推進計画と位置づけて周辺地域で実証などを展開するほか、 25年度までの5年間を宮古島全体を対象とした広域展開に向けた水溶性天然ガス資源開発・利活用実施計画とした。 17年度から2年間で海宝館での温泉水を利用した足湯、 ガスによる発電を集約した事業を実施するほか、 事業化に必要な採掘権取得の取り組み、 農業利用や陸上養殖の実証、 温浴施設基本計画を実施する。
[全文記事]

県サトウキビ競作会向け上里豊一さん株出で挑戦

2017/02/15 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16492-1.jpg
サトウキビ競作会で全刈調査が行われた上里さんのほ場=平良成川

 2016/17年期沖縄県サトウキビ競作会 (主催・県糖業振興会) の宮古地区全刈調査が14日、 平良成川の上里豊一さんのほ場で行われた。 前年は春植で農林水産大臣賞を獲得した上里さんだが、 今年は株出で沖縄県1位を目指す。 結果は4月20日の 「サトウキビの日」 に発表される。
[全文記事]

多良間村でキビ害虫イネヨトウの交信かく乱防除

2017/02/11 21時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16478-1.jpg
イネヨトウ一斉防除でフェロモンチューブを設置する参加者たち=多良間村

【多良間】多良間村で11日、 サトウキビの害虫イネヨトウの交信かく乱一斉防除が行われた。 生産農家をはじめ宮古製糖多良間工場、 JAおきなわ多良間支店、 多良間村役場が参加し、 イネヨトウの根絶に向けて村内全域のサトウキビほ場や発生源となる周辺の雑草地などにフェロモンチューブを設置した。
[全文記事]

17年度市当初予算 一般会計382億円計上

2017/02/11 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16472-1.jpg
2017年度宮古島市一般会計当初予算案

 宮古島市 (下地敏彦市長) は10日、 2017年度予算案を各部局に最終内示した。 一般会計総額は合併後で過去最高となった前年度当初と比べて0・4%増の382億7200万円となった。 普通交付税の合併算定替の段階的減額2年目となる中、 生活保護扶助など民生費が増加したことに加え、 未来創造センターやリサイクルセンター建設などの大型事業継続、 農林水産や土木、 教育、 公債費などに予算を配分した。 同市の財政標準規模約190億円の2倍となる過去最大規模の予算編成が2年連続となったことに長濱政治副市長は 「 (合併による) 必要な事業を積み上げた結果。 大型工事が続いているが、 しばらくすれば落ち着く」 との見解を示した。
[全文記事]

沖縄公庫フォーラム 所得循環構造が重要と講演

2017/02/09 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16456-1.jpg
公庫フォーラムで山崎氏の講話に聴き入る参加者ら=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 2016年度の沖縄公庫フォーラム (主催・沖縄振興開発金融公庫) が7日、 平良下里のホテルで開催され、 取引企業や国、 県、 市などの公共機関や団体などの関係者が出席し、 日本政策投資銀行グループで価値総合研究所の山崎清氏 (執行役員パブリックコンサルティング第4事業部長) の 「沖縄経済環境を踏まえた企業経営」 をテーマにした講演に聴き入った。
[全文記事]

ルックジョブ宮古開催 多様な仕事を中高生が体験

2017/02/09 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16453-1.jpg
「ルックジョブ」の美容師コーナーを見学する生徒たち=市中央公民館

 沖縄県専修学校各種学校協会の適正・適職・職業体験フェスタ 「ルックジョブ宮古」 が8日、 市中央公民館で開催された。 中高生に職業意識を高めてもらおうと、 同協会加盟の専門学校などが多種多様な職業を体験も交えながら紹介。 生徒たちは関心を持った職種のブースを訪れ、 業務内容などの説明を受けた。
[全文記事]

ページ移動