記事一覧

貴重な宮古上布が里帰り、市総合博物館へ寄贈

2020/06/06 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22997-1.jpg
梅津さんから寄贈された宮古上布について説明を受ける宮國教育長(右)=市総合博物館研修室

 埼玉県在住の梅津陽子さんがこのほど、夫で故茂雄氏が収集していた宮古上布を市総合博物館(平良恵栄館長)に寄贈した。苧麻糸が非常に細く緻密な織りの20ヨミの最上級の反物や昭和の名工下地恵康氏が製作したとみられる着物など16点で、宮古上布が最盛期の頃の作品。同博物館は常設展示室で1~2点を交代で公開する。
[全文記事]

10月1日募集開始、第4回宮古島文学賞

2020/06/05 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22989-1.jpg
多数の応募を呼び掛ける関係者ら=市役所平良庁舎

 10月1日から「第4回宮古島文学賞」の作品募集が始まる。作品のテーマは「島」。宮古島市文化協会は4日、市役所平良庁舎で会見を開き、饒平名和枝会長が「島が放つエネルギーを文章で表現した感動ある作品が全国から寄せられることを期待している」と応募を呼び掛けた。
[全文記事]

「久松方言集」を発刊、発音はカタカナ表記に

2020/05/28 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22955-1.jpg
「久松方言集」を発刊した中村会長(前列左から2人目)ら保存会員=那覇市おもろまち

 【那覇支局】久松方言保存会(中村正一会長、会員10人)が、このほど「久松方言集」を発刊した。久松の久貝、松原の2つの集落で先祖伝来にわたり受け継がれてきた久松方言1200語が掲載されている。会長の中村さんは「素晴らしい方言集が出来た。どこに行っても自分の生まれ島のフツ(方言)は忘れてはいけない」と強調し、方言集の活用を呼びかけた。
[全文記事]

パニパニシネマ、下地昌伸さん死去

2020/05/23 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 市内唯一の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」の館長、下地昌伸(しもじ・まさのぶ)さんが20日午前0時24分、病気療養中のところ、自宅で死去した。享年54歳。
[全文記事]

名嘉眞さんに感謝状

2020/05/16 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22902-1.jpg
名称サインを揮ごうした名嘉眞さん(左)と下崎建設土木部の奥平善真主任=伊良部大橋海の駅広場駐車場前

 下崎建設(下地哲也代表)は15日、いらぶ大橋海の駅広場の第2駐車場前で名称サインを揮ごうした名嘉眞萌衣さん(宮高1年)へ橋詰広場整備へ大きく貢献したとして感謝状を贈呈した。
[全文記事]

宮古島市文化協会長に饒平名和枝氏

2020/05/12 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22883-1.jpg
饒平名和枝氏

 一般社団法人宮古島市文化協会(大城裕子会長)はこのほど、書面による総会を実施した。11日、下地農村環境改善センターで臨時理事会を開き、社員の過半数以上が上程議案を可決したことを確認して総会が成立した。役員では代表理事(会長)に饒平名和枝氏と4人の副会長を選出した。大城氏は引き続き宮古島文学賞運営委員長を務める。
[全文記事]

市博物館19年度入館者1万9680人

2020/04/15 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22768-1.jpg
1万9000人余の入館者があった宮古島市総合博物館

 宮古島市総合博物館(平良恵栄館長)はこのほど、2019年度の入館者数をまとめた。それによると19年4月から20年3月までの入館者数は1万9680人で、開館以来3番目に多い入館者数となった。今年度は観光客の増加や、企画展の好調さもあって28年ぶりの入館数2万人台が期待されたが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響もあり、3月の入館者数が前月より6割減となったため大台はならなかった。
[全文記事]

市文化財保護審議会 「佐事川嶺凝灰岩層及び佐事川の陣地壕」で答申

2020/03/27 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22685-1.jpg
=写真

 市文化財保護審議会(梶原健次会長)は26日、市教育委員会から諮問のあった「佐事川嶺凝灰岩層及び佐事川の陣地壕」について、市指定文化財への指定が望ましいとの答申を行った=写真。事務手続きをへて4月中旬には市文化財として指定される見通し。
[全文記事]

宮高吹奏楽部定期公演、多彩な音色、観客魅了

2020/03/22 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22666-1.jpg
幅広い吹奏楽で聴衆を魅了した宮古高校吹奏楽部=20日、マティダ市民劇場

 宮古高校吹奏楽部の第52回定期演奏会が20日夕、マティダ市民劇場で開かれた。演奏会ではクラシックをはじめジャズやポップスなど多彩な音色を響かせ、会場に訪れた大勢の聴衆を魅了した。
[全文記事]

師範に奥平さんら3人合格、教師は與那覇さんのみ

2020/03/19 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 22650-1.jpg
喜屋武稔会長(中央)をはさみ、合格を果たした(左から)與那嶺敦、奥平徳松、本村一子、川満恵子の各氏

 宮古民謡保存協会(喜屋武稔会長)は14日、下崎公民館で師範・教師試験を実施した。師範試験は3人が受験し、3人合格、教師試験に8人が受験し、1人合格した。
[全文記事]

ページ移動