記事一覧

市図書館北分館17年度末閉館伴い最後郷土史講座

2017/11/03 09時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18129-1.jpg
最後となった 「郷土の歴史と文化」 講座に耳を傾ける受講者たち=1日、 市立平良図書館北分館

 2017年度末で閉館する市立平良図書館北分館で1日、 宮古郷土史研究会による最後の 「郷土の歴史と文化」 講座が開かれた。 前身の県立図書館宮古分館で1973年から続いてきた郷土史講座は44年の歴史に幕を下ろすが、 関係者は建設中の新図書館・未来創造センターでの再開を望んでいる。 この日は同研究会の下地和宏会長が郷土史書を代表する慶世村恒任の 「宮古史伝」、 稲村賢敷の 「宮古島庶民史」 について解説し、 それぞれの特徴などを学んだ。
[全文記事]

武―Doo、BP世界エイサー事前練習で演舞披露

2017/11/03 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18127-1.jpg
多くの保護者や関係者の前で大会へ向けての演舞を披露するメンバー=1日、 上野小学校体育館

 今月4、 5の両日に国立劇場おきなわで開催される 「世界エイサー大会2017」 に参加する男塾武―Doo・Drum&Dance TEAM BP (前里昌吾代表) が1日、 上野小学校体育館で事前練習を披露した。 グランプリ部門1チーム、 ジュニア部門2チームの計3チームが迫力ある演舞を訪れた多く保護者や関係者らに披露するとともに大会への意気込みなどを語った。
[全文記事]

”お菓子”か”イタズラ” 多良間幼稚園でハロウィン

2017/10/31 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18106-1.jpg
小学校を訪問しおまわりさんや職員らからお菓子をもらい喜ぶ子どもたち=多良間小学校

【多良間】村立多良間幼稚園は30日、 ハロウィンにちなみパレードを行った。 かわいい仮装をまとった園児たちが村内の事業所や老人福祉センターなどを訪れ、 「お菓子をくれなきゃイタズラするぞー」 などと言いながら、 踊りを披露してお菓子をもらっていた。 訪問先では突然現れたかわいい訪問客に手を振ったりしていた。
[全文記事]

若い力で文化をつなぐ 中学校総合文化祭始まる

2017/10/27 21時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18089-1.jpg
組体操 「万華鏡の世界」 を披露する宮古特別支援学校中学部の生徒と教員=マティダ市民劇場

 第23回宮古地区中学校総合文化祭 (主催・宮古地区中学校文化連盟) 舞台発表が27日、 マティダ市民劇場で行われた。 市内の各校から参加した生徒たちは舞台上で郷土芸能やダンス、 演奏などを披露し、 詰めかけた大勢の市民を楽しませた。 展示発表は11月11と12の両日、 第7回方言・お話・パフォーマンス大会は来年1月27日に行われる。
[全文記事]

旧西中共同製糖場跡、にやつ墓市指定文化財諮問

2017/10/27 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18084-1.jpg
史跡の市指定文化財に向けて諮問された旧西中共同製糖場跡=城辺西里添

 宮古島市教育委員会 (宮国博教育長) は、 城辺の 「旧西中 (にしなか) 共同製糖場跡」 と下地の 「にやつ墓」 を市指定文化財に指定するために市文化財保護審議会 (砂川玄正会長) に諮問することを決めた。 26日に市役所城辺庁舎で開いた同委員会の定例会で提案された諮問についての議案を審議し、 原案通り承認した。
[全文記事]

「パーントゥ来た!」泥つけて厄払い

2017/10/26 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18077-1.jpg
泥を塗り厄払いする奇神パーントゥが出現。 集落内に悲鳴や歓声が響いた=島尻購買店付近

 国の重要無形民俗文化財に指定されている 「島尻のパーントゥ」 が25日、 同集落で始まった。 全身泥だらけの奇神パーントゥ3体が集落内を駆けまわりながら住民や建物などに泥をなすりつけて厄を払い、 むこう1年の無病息災を祈願した。 きょう26日も行われる。
[全文記事]

【島尻のパーントゥ 写真特集】

2017/10/26 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18078-1.jpg
午後5時ごろ、 ンマリガ―から姿を現した3人の奇神パーントゥ=平良島尻地区

異形の仮面神集落駆けめぐる

[全文記事]

古布色鮮やかに蘇らせ、宮古上布「再洗濯」

2017/10/26 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18075-1.jpg
再洗濯した上布に糊を塗る奥原義盛さん=伝統工芸品センター

 古くなった宮古上布をもう一度洗い、 砧打ちをすることで美しさを取り戻す 「再洗濯」。 今月、 年に数反しかない再洗濯の依頼が洗濯職人の奥原義盛さんのもとへ入った。 人手に渡り歳月を経ればしわが寄り色も褪せてしまう。 長年にわたって職人たちに培われてきた手業が、 宮古上布を鮮やかに再生させる。
[全文記事]

暮らしの中に天然素材 播州麻織物・青山修子展

2017/10/25 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18070-1.jpg
天然素材で染めた亜麻織物の作品を紹介する青山修子さん=平良下里、 Studioゆい

 「播州麻織物ASABAN」 青山修子展示会が24日~29日 (午前11時~午後7時)、 平良下里のStudioゆいで行われている。 兵庫県播州織の技術を生かして日常生活で使える亜麻 (リネン) の草木染め織物の作品を紹介。 天然素材の良さを取り入れた暮らしを提案しており、 「たくさんの人に知ってほしい」 と来場を呼びかけている。
[全文記事]

重要無形文化財保持団体 日本の伝統美など鑑賞

2017/10/24 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18062-1.jpg
大会と秀作展に多くの市民の来場を呼びかける同実行委員ら=市役所平良庁舎

 全国重要無形文化財保持団体協議会 (全重協) 実行委員会 (委員長・下地敏彦宮古島市長) が23日、 11月9日から市中央公民館などで開催される第26回全重協宮古島大会及び第25回重要無形文化財保持団体秀作展 「日本の伝統美と技の世界」 への参加を呼びかけた。 秀作展では14団体から出品される43点の作品を披露するほか、 関連イベントとして市伝統工芸品センターで 「宮古の織物展」 なども開催される。
[全文記事]

ページ移動