記事一覧

国際的な視野広げる、平良中で出前授業

2018/07/06 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 19599-1.jpg
県国際交流員のシャオさん (左) らが出前授業を行った=平良中学校

 市立平良中学校 (池城健校長) で5日、 2018年度沖縄県国際交流員出前授業が行われた。 パク・ウンジさん (韓国)、 ファルコニー・アレハンドラさん (ペルー)、 シャオ・ジンビンさん (中国) の3人がそれぞれの国の面積や人口、 民俗衣装、 食べ物などを紹介した。 日本語を勉強し様々な経験から 「外国語を勉強することで多くの友だちをつくることが出来る」 と述べた。
[全文記事]

税の意義や役割学ぶ、鏡原中で租税教室

2018/07/06 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 19598-1.jpg
=写真=

 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) は5日、 税理士の福家敦朗さんを講師に招き租税教室を行った=写真=。 福家さんは税金がなぜ必要なのか、 何のためにあるのかなどを説明し、 税金をどう集めるかでは 「公平な負担」 を分かりやすく話した。 生徒たちは将来に関わる税金について熱心に耳を傾けていた。
[全文記事]

多良間小2年「町たんけん」で地域仕事調べ学ぶ

2018/07/04 09時06分配信 - 教育 -

ファイル 19589-1.jpg
警察官の仕事について質問する児童たち=先月29日、 多良間駐在所

【多良間】村立多良間小学校 (與那覇盛彦校長) 2年生がこのほど、 生活科の授業 「町たんけん」 で村内の事業所を訪れ、 仕事の内容などをインタビューして調べ、 自分たちの地域について学び関心を深めた。
[全文記事]

多良間中で宮古島署員がネット被害防止講話

2018/07/04 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 19587-1.jpg
SNS等でのトラブルや被害防止について講話する田場さん=先月28日、 多良間中学校

【多良間】村立多良間中学校 (松本尚校長) はこのほど、 全校生徒を対象にサイバー犯罪被害防止講話を行った。 宮古島警察署生活安全課少年係長の田場淳司さんがSNSトラブルの防止について講話。 ネットに一度掲載したものは半永久的に残り、 人生に大きな影響を与えることも起こり得るとして使い方に注意を促し、 トラブルの際は大人に相談するよう呼びかけた。
[全文記事]

北中学校で租税教室、「税金は公平に負担」

2018/07/04 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 19584-1.jpg
上原氏による税金の話を熱心に聞く生徒たち=北中学校

 市立北中学校 (友利直喜校長) は3日、 税理士の上原勇幸氏を講師に招き、 3年生を対象に租税教室を行った。 上原氏は伊良部大橋や宮古病院など身近にある公共施設の建設に税金が使われていることを説明し、 「公平な負担」 を強調。 生徒たちはメモを取りながら熱心に税金について学んでいた。
 上原氏は 「税金はなぜ必要なのか?」 「公平に集めるって?」 「公平に使うって?」 「税金から見た民主主義」 「日本の財政と課題」 で話を進めた。
[全文記事]

生徒15人ハワイ派遣、海外ホームスティで補助金

2018/06/29 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 19558-1.jpg
海外ホームステイに派遣される生徒らに補助金が交付された=27日、 JTAドーム宮古島

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) の2018年度海外ホームステイ派遣事業補助金交付式が27日、 JTAドーム宮古島で行われた。 今年度は中学生12人、 高校生3人が参加し、 8月12~24日の13日間にわたって米国ハワイ州オアフ島及びマウイ島を訪れ、 現地の文化を学ぶとともに、 交流を深める。
[全文記事]

多良間小4年が宮糖多良間向上の黒糖づくり学ぶ

2018/06/29 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 19556-1.jpg
児童たちに黒糖の製造工程などを説明する下地さん (左) =26日、 多良間小

【多良間】村立多良間小学校 (与那覇盛彦校長) は26日、 4年生を対象に宮古製糖多良間工場の職員による黒糖講話を行った。 同工場の下地明さんと野原康弘さんが製造工程や栄養分などを説明。 児童たちは島の基幹作物であるサトウキビがどう加工され、 活用されているかを学んだ。
[全文記事]

伊良部高校、来年度の募集停止方針

2018/06/28 09時06分配信 - 教育 -

ファイル 19553-1.jpg
一般質問で登壇し、 離島振興や教育行政などについて質問する亀濱玲子氏=県議会議場

【那覇支局】開会中の沖縄県議会 (新里米吉議長) 6月定例会は27日、 同議場で一般質問を行った。 宮古島市区選出の亀濱玲子氏の伊良部高校存続に関する質問について、 平敷昭人教育長は 「生徒の減少傾向は止まらず、 2018年度入学生は7人と激減したことから伊良部地域の全中学生と保護者に進路アンケートを実施した結果、 希望者が各学年で1、 2人と少数であることが判明した。 地域からは伊良部高校が無くなると活性化ができなくなるなどの声もあったが、 生徒の教育環境を第一に考え19年度の入学生から募集停止せざるをえない状況だと考えている」 との見解を示した。
[全文記事]

新規高卒者の採用枠確保を要請

2018/06/28 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 19551-1.jpg
下地会頭 (手前左) に新規高卒予定者の採用枠確保と求人票早期提出などを要請する金城校長 (右から3人目) ら関係者=宮古島商工会議所

 宮古地区県立学校長会 (会長=金城透宮古工業高校校長) らは27日、 宮古島商工会議所 (下地義治会頭) に 「2019年3月新規高卒予定者の採用枠の確保及び求人票の早期提出等について」 の要請書を提出し、 島内就職を希望する生徒への理解と協力を求めた。
[全文記事]

南秀同窓会が宮高に人材育成の資金贈呈

2018/06/23 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 19522-1.jpg
平良校長に人材育成の資金を贈呈する與儀副会長 (左から2人目) ら=宮古高校

 南秀同窓会 (真榮城忠之会長) は22日、 宮古高校 (平良智枝子校長) に人材育成教育の支援として資金を贈った。 同校では今年20周年を迎える台湾台北市立復興高級中學との国際交流姉妹校の記念事業に活用するという。 7月8日には市内のホテルで台湾の生徒や引率教諭、 校長らも参加する20周年記念式典・祝賀会を開催する。
[全文記事]

ページ移動