記事一覧

高次脳障害に理解深める─上田教授が講話

2015/12/08 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13848-1.jpg
多くの市民が訪れ、 上田さんの講話に耳を傾けた=6日、 平良港ターミナルビル

 高次脳リハビリテーション講習会 (主催・高次脳リハビリテーション実行委員会) が6日、 平良港ターミナルビルで行われた。 看護師やケアマネージャーなど医療・介護などの従事者などが多数参加し、 高次脳機能障害の症状や対応方法などについて理解を深めた。
[全文記事]

宮古特別支援校が優秀賞─全日本歯科表彰

2015/12/08 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13846-1.jpg
宮古島初の表彰を成し遂げ、 下地市長 (右から2人目) や関係者らと写真に収まる喜久川校長 (同3人目) =市役所平良庁舎

 県立宮古特別支援学校の喜久川強校長らが7日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 「第54回全日本学校歯科保健優良校表彰」 (主催・日本学校歯科医会など) において優秀賞を受賞したことを報告した。
[全文記事]

「ここ・から」体操教室が開講─下地保健セ

2015/12/03 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13817-1.jpg
「ここ・から」体操教室・後期が開講し、参加者が運動に取り組んだ=1日、 下地保健センター

 宮古島市の2015年度 「ここ・から」 体操教室・後期が1日、 下地保健センターではじまり、 市民29人が参加して来年2月までの全20回にわたって健康づくりのための運動などに取り組む。
[全文記事]

宮古地区医師会、在宅医療の連携相談室「輪」開所

2015/11/18 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13725-1.jpg
開所を祝い関係者によるテープカットが行われた=16日、 旧休日夜間救急診療所に開所した「輪」

 地域高齢者への包括的で継続的な在宅医療を実現するため、 宮古地区医師会 (池村眞会長) が宮古島市から委託を受けた 「在宅医療・介護連携相談室 『輪』 rin」 の開所式が16日、 平良字東仲宗根にある同所 (旧休日夜間救急診療所) で行われた。 池村会長を始め下地敏彦市長らが参加し、 テープカットを行い、 同施設を通して地域医療と介護、 福祉資源の実態を把握し、 在宅医療と介護が具体的なサービスへと繋がることを祈念した。
[全文記事]

病床削減 実情合わせて─地区医療構想検討会議

2015/11/13 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13696-1.jpg
宮古圏域の将来の病床数などについて協議した地域医療構想検討会議=県宮古福祉保健所

 第2回宮古地区地域医療構想検討会議 (議長・山川宗貞県宮古福祉保健所長) が12日、 同保健所で開かれた。 「2025年に目指すべき医療提供体制」 を決める県の医療構想策定に向けて同保健所は、 前回までの議論を踏まえ、 宮古地区の病床数を現行804床から389床減の 「415床」 とする案を提示した。 市の行政や医療関係者からは、 在宅医療の充実度など実情に合わせた計画策定を求める意見が多く寄せられた。
[全文記事]

新型インフル流行備え、県対策本部が訓練

2015/11/11 09時04分配信 - 健康・暮らし -

【那覇支局】沖縄県の新型インフルエンザ等対策本部会議訓練が10日、 県庁で行われた。 翁長知事や各部長らが参加し、 新たな鳥インフルエンザA (H7N9) ウイルスの感染拡大を想定して対策本部会議の対応等を確認した。
[全文記事]

当時者の文化作品一堂に 精神保健福祉普及月間で

2015/11/03 09時07分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13636-1.jpg
当時者たちが手がけた選りすぐりの作品が展示公開され、 初日から多くの人で賑わった=市役所平良庁舎

 2015年度精神保健福祉普及月間にちなんだ 「宮古島市精神障害者文化作品展~未来に向かって羽ばたこう 友と共に明日へ~」 が、 2日から市役所平良庁舎1階ロビーで始まった。 6日午前まで。 初日はオープニングセレモニーが行われ、 下地敏彦市長、 上原哲夫県立宮古病院長らがテープカットを行い、 市民多数の観賞を呼びかけた。 ロビーには当時者が手がけた手芸、 写真、 工芸、 書道、 絵画等の作品160点が展示公開されている。
[全文記事]

地域で支える福祉を 高齢者支援フォーラム開催

2015/11/03 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13632-1.jpg
これからの高齢者支援を考えるフォーラムで講演に耳を傾ける参加者=1日、 下地農村環境改善センター

 宮古島市 (下地敏彦市長) 主催のフォーラム 「高齢者が安心して暮らせる地域づくり」 が1日、 下地農村環境改善センターで開催された。 人口減少社会に入り将来直面する高齢者の増加と支える世代の減少に対し、 医療・福祉の面で地域としてどう支援していくのか、 専門家による講演や活動の報告などが行われた。 会場には大勢の聴衆が訪れて今後の地域福祉のあり方について考えた。
[全文記事]

健康への意識が向上 多良間でICT見守り

2015/10/22 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13560-1.jpg
ICTを活用した離島の健康管理事業にいて中間報告が行われた=19日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】高齢者が自宅で計測した血圧データをサーバーに転送することにより、 離島での健康管理や安否確認に取り組む県の 「がんじゅーWith You」 の中間報告が19日、 多良間村コミュニティ施設で行われた。 同村では昨年から高血圧症の高齢者30世帯を対象に実施。 これまでの成果について医療関係者や対象者の家族たちからは健康への意識向上が進んだほか、 見守りやコミュニケーションにも役立ったなどの声があった。
[全文記事]

3歳児肥満が県平均上回る、食生活などにも問題

2015/10/21 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 13553-1.jpg
肥満率グラフ

 宮古島市の3歳児は、 県内でも肥満率が高く、 朝食抜きなど不規則な食事や、 就寝時間が遅く十分な睡眠が確保できない状況が県平均を上回っていることが、 県小児保健協会がこのほどまとめた2014年度乳幼児健康診査実施報告で分かった。 市福祉部健康増進課では、 幼少期の肥満や生活習慣の乱れが成人期まで続くと、 重大な疾病につながる生活習慣病の恐れが高まるとし、 保護者の意識改革や社会全体で健康問題に取り組む必要性を求めている。
[全文記事]

ページ移動