記事一覧

市民団体が批判、市への要請文を防衛局に送付

2020/12/29 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23918-1.jpg
要請に対する市の回答について会見する仲里代表=日本キリスト教団宮古島教会

 ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会(仲里成繁代表)は28日、同連絡会が陸上自衛隊の宮古島駐屯地内外での訓練に抗議するよう宮古島市(下地敏彦市長)に求めた要請を、市がそのまま沖縄防衛局長に送付したとして、「市民に対して誠実に対応してほしい」と市の対応を批判した。防衛省からの回答はまだないという。
[全文記事]

外国文化に食で触れ合う 宮古青少年の家

2020/12/29 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23919-1.jpg
ブラジルの伝統楽器を披露するゴメスデソウザさん=26日、宮古青少年の家

 県教育委員会(金城弘昌教育長)は26日、宮古青少年の家(島尻正俊所長)で2020年度おきなわ県民カレッジ宮古地区広域学習サービス講座第3回「世界の友と料理を作ろう!」を開催した。
[全文記事]

平良庁舎あす閉庁、跡利用は「売却か賃貸」検討

2020/12/27 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23909-1.jpg
28日の業務で閉庁する市役所平良庁舎=平良西里

 旧平良市役所として建設された宮古島市役所平良庁舎があす28日、閉庁する。来年1月4日から新総合庁舎での業務がはじまる。同市は平良庁舎の跡利用について民間への売却及び賃貸を含めて検討を進める方針だ。同市は28日午後、閉庁式を実施する予定。
[全文記事]

地下水研、予定候補者の回答を公開

2020/12/27 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23910-1.jpg
公開質問の回答について説明する前里共同代表(右)=富名腰公民館

 宮古島地下水研究会(前里和洋、新城竜一、友利直樹共同代表)は26日、富名腰公民館で来年1月の市長選挙に立候補を予定している下地敏彦氏、座喜味一幸氏に行った「持続可能な地下水の保全と利用及び持続可能な市民の健康のための提言・公開質問」の回答を公開した。回答は近日中に同研究会の見解と併せてホームページでも公開され、同研究会は市民に投票の参考にしてほしいと呼びかけている。
[全文記事]

つなぎびと「ドンコリism」

2020/12/27 09時03分配信 - 連載・企画 -

ファイル 23911-1.jpg
イタリア料理の道に進む契機を話す望月さん

 「若者がいなくて、文化や歴史を受け継ぐ人が少なくなった」そんな嘆きがよく耳に届く。地域にとっての宝であるはずなのに、このまま消えてしまうのだろうか。そんな問いへの答えの糸口となったのが、島でイタリア料理店「ドンコリism」を営む望月直樹さんとの会話だった。
[全文記事]

天野さん夫妻、図書館でコンサート

2020/12/27 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23912-1.jpg
バイオリンを奏でる智美さん(左端)とビオラを奏でる天野さん(左から2人目)=未来創造センター図書館

 市立図書館(未来創造センター内)は26日、親子を対象にしたクリスマスコンサートを開催した。日本弦楽指導者協会理事で沖縄支部長を務める天野誠さんがビオラ、奥さんの智美さんがバイオリンを担当し、ベートーベンを始めとする曲や「ジングルベル」、「もろびとこぞりて」などクリスマス音楽をデュエットで披露、集まった親子は生演奏を間近で楽しんだ。
[全文記事]

宮古新報杯軟式野球、還暦級ヤッターズ優勝

2020/12/27 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 23913-1.jpg
優勝したヤッターズ楓クラブナイン=市営球場

 第4回宮古新報杯軟式野球大会が26日、市営球場で行われた。還暦級ではヤッターズ楓クラブが鏡原OBに最終回で1点差に追い上げられるも、そのまま逃げ切り勝利した。
 結果は次の通り。
[全文記事]

宮古病院「危機的状況」病院機能・病床ひっ迫

2020/12/26 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23904-1.jpg
記者会見で新型コロナ感染症による危機的状況を訴える本永院長=県立宮古病院

 宮古島市での新型コロナウイルス感染者急増を受け、県立宮古病院(本永英治院長)は25日、記者会見を行い、市中感染が拡大する危機的状況を市民に訴えた。同病院では病院機能や病床確保がひっ迫しており、このまま感染者が増え続ければ医療崩壊の恐れもあり、年末年始は多人数での宴会は控え、各地域の成人式は中止し、不要不急の島外旅行は避けるなど感染対策を求め「高齢者や基礎疾患のある人をみんなで守ってほしい」と呼びかけた。

 宮古島市において新型コロナの感染者が発生した第1波の7月28日~9月5日は患者数48人だったが、第2波は10月9日から25日までに107人となっている。特にこの1週間は爆発的に拡大しており、市中感染に拡がっている可能性が高く、患者のほとんどが島内在住の市民だという。
 同病院では新型コロナ以外の患者も毎日15人前後入院し、今月に入って病床利用率が90%を超えて病床確保がひっ迫しており、このまま増加すれば新型コロナの病床だけでなく宿泊療養施設も不足し、在宅療養もあり得ると警鐘を鳴らしている。
 本永院長は「これまで軽症が多かったので『コロナになっても軽症ですむ。私は大丈夫』というのは危険な考え」と指摘し、「潜伏期が長く、無症状のため拡がりやすい。インフルエンザより感染力が強く、非常に巧妙で進化したウイルス」と述べた。
 同病院は地域の中核病院として救急や周産期医療、高度医療など多くの医療を担っていることから、本永院長は「いろんな患者に対応できる体制を維持しなければならない。宮古病院が機能しなければ大変なことになる」と医療崩壊を懸念した。
 高齢者や基礎疾患のある人を守るためにも▽年末年始の忘年会、新年会など多人数の宴会は控える▽各地域の成人式は中止▽帰省者は友だち同士で飲み歩かない▽模合(居酒屋、自宅内)は控える▽必要のない島外旅行は控える▽会議はズーム(ITアプリを使用)―を提言した。

市内小中高、きょうから冬休み

2020/12/26 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23905-1.jpg
與那覇教諭(左)から児童らに通知表が手渡された=北小学校2年1組

 宮古島市内の各小中高校で25日、2学期の終業式が行われた。各校では新型コロナウイルス感染予防対策として各教室と職員室などをインターネットでつなぎ、オンラインで実施された。
[全文記事]

新城氏が6段 琉球空手剛柔流

2020/12/26 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 23906-1.jpeg
=写真上=

 琉球空手道剛柔流興武會禪武館昇段・昇級審査会が友利道場(友利秀樹館長)=写真上=で17日、本部道場(嘉島常夫館長)=同下=で23日にそれぞれ行われた。新城康男氏が6段に昇段したほか、15人が昇給した。
 審査結果は次の通り。

 【本部】一般6段=新城康男▽同4級=狩俣新吉▽学生5級=松川圭介(北中1年)、宮國颯(久松小4年)▽同8級=砂川海空(北小3年)【友利道場】同5級=神田優海(下地中1年)▽同6級=神田鯛市(下地小3年)▽同7級=上地彩月(下地小5年)、奥間翆月(同3年)、平良秀虎(同)▽同8級=上地詠翔(同)▽同9級=洲鎌燦士(下地小5年)▽同10級=上地悠真(同1年)、洲鎌子福(同)、上地沙奈(同)、上地悠翔(下地こども園)