記事一覧

宮古でカボチャのモザイク病多発傾向

2018/12/05 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 20539-1.jpg
写真

 県病害虫防除技術センターはこのほど、 2018年12月の病害虫発生予報を発表。 このうち宮古島市ではカボチャのモザイク病に関する注意報を発令した。 12月はウイルスを媒介するアブラムシ類の増加も予想されることから防除を呼びかけている。
[全文記事]

年末の運転気を付けて、交通安全イルミネーション

2018/12/05 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20538-1.jpg
8000個のイルミネーションが点灯した=3日、 大和商事

 やまと商事 (宮里敏男社長) の交通安全イルミネーション点灯式が3日、 同社で行われ、 社屋の壁面に 「交通安全」 と書かれたイルミネーションが点灯した。
 点灯式には宮古島警察署、 宮古島地区交通安全協会などの関係者が参加し、 アトラクションとして市北中学校の吹奏楽部の演奏が行われた。
[全文記事]

地域学習の成果一堂に、多良間村コミュニティまつり

2018/12/05 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20537-1.jpg
子どもから大人、 高齢者までふだん学んだ成果を発表したコミュニティまつり=1日、 同施設

【多良間】多良間村コミュニティまつり (主催・同村教育委員会) が1日、 同施設で開催された。 「べーたが島ぬ 地域学習 ここから発信」 をテーマに村民が生涯学習講座や文化活動などの成果を発表。 児童生徒の作品も展示された他、 各団体のバザーも賑わっていた。 また 「教育の日」 として教育功労者や善行児童生徒を表彰した。
[全文記事]

PVエコキュート普及事業戸建て向け展開

2018/12/05 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20536-1.jpg
EMS実証事業について意見を交わす委員たち=市中央公民館

 宮古島市 (下地敏彦市長) が、 導入している市営住宅で太陽光発電及び電気式給湯器を含めたエネルギー貯蔵可能な機器を組み合わせたサービスを入居者に提供する 「PVエコキュート普及事業」 に加えて次年度からは新たに一戸建も対象にした事業を展開することが4日、 分かった。 同日行われた2018年度宮古島市全島EMS実証事業第1回推進委員会で取り組み状況などが説明された。
[全文記事]

市民団体が県などに陸自配備計画撤回など要請

2018/12/04 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20535-1.jpg
渡嘉敷統括監に要請書を手渡す仲里共同代表 (右) ら=県庁

【那覇支局】ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会の仲里成繁共同代表らが3日、 県 (玉城デニー知事) と県議会 (新里米吉議長)、 沖縄防衛局 (中嶋浩一郎局長) に対する要請行動を行った。 県庁では、 宮古島における陸自ミサイル基地建設から住民生活を守るため県の実効性のある対応を求める要請書を渡嘉敷道夫知事公室基地対策統括監に手渡した。 これを受け、 渡嘉敷統括監は 「玉城知事は先島や離島振興についても気を配って施策を推進している。 今日聞いた話はしっかり知事に伝えていきたい」 などと答えた。
[全文記事]

ブリーズベイマリーナでイルミネーション点灯式

2018/12/04 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20534-1.jpg
サンタによりイルミネーションが点灯された=1日、 ホテルブリーズベイマリーナ

 シギラリゾート2018クリスマスイルミネーション点灯式が1日、 ホテルブリーズベイマリーナ1階ロビーで行われた。 訪れた大勢の市民や宿泊客が見守る中、 高さ7㍍のクリスマスツリーのイルミネーション(電飾) が点灯した。
[全文記事]

土地改良総合事務局 多良間小で出前事業を実施

2018/12/04 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20533-1.jpg
出前授業で地下水の水を見学する児童たち=先月29日、 多良間村

【多良間】沖縄総合事務局土地改良総合事務所は先月29日、 村立多良間小学校 (與那覇盛彦校長) の4年生を対象に出前授業を行った。 職員が多良間島の淡水レンズを活用した農業、 資源としての大切さなどを講話。 村内の溜め池やファームポンド、 集水井を見学した他、 ドローンを使った営農状況調査のデモンストレーションも披露した。
[全文記事]

NAHAマラソン2万5045人挑戦 完走率60・16%

2018/12/04 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20532-1.jpg
第34回NAHAマラソンで、 思い思いのペースでゴールを目指すジョガーたち=2日、 国道58号旭橋交差点前

 【那覇支局】 「太陽とジョガーの祭典」 を大会テーマに、 第34回NAHAマラソン (主催・NAHAマラソン協会) が2日、 那覇市の国道58号明治橋交差点をスタート、 南部5市町村を巡り奥武山陸上競技場にゴールする42・195㌔で行われた。 参加したジョガーたちが思い思いのペースでゴールを目指した結果、 男子は仲間孝大 (30、 豊見城市) が2時間25分46秒、 女子は、 田中華絵 (28、 東京都) が2時間43分20秒でそれぞれ初優勝した。 男子の県勢優勝は3年連続。
[全文記事]

市社協が城辺地区ひとり暮らし高齢者激励会開催

2018/12/04 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20531-1.jpg
舞台の余興に手拍子をとる参加者ら=1日、城辺社会福祉センター

 宮古島市社会福祉協議会主催の 「2018年度城辺地区ひとり暮らし高齢者激励会」 が1日、 城辺社会福祉センターで開催された。 参加者らは西城保育所の園児の踊りや川上健功さんらの三線ショーなどの余興を楽しみ、 互いの交流を深めた。
[全文記事]

保良・七又部落会報告会 最後まで反対を確認

2018/12/04 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20530-1.jpg
陸上自衛隊の保良鉱山へのミサイル・弾薬庫配備計画反対の防衛省要請報告会で耳を傾ける参加者=2日、 保良公民館

 陸上自衛隊の保良鉱山へのミサイル・弾薬庫などの配備計画に反対している保良部落会と七又部落会が行った決議、 ミサイル・弾薬庫配備反対!住民の会や沖縄平和運動センター宮古島による建設断念を求める防衛省要請・報告会が2日、 保良公民館で行われた。 なぜ保良集落の近くに配備するのかなど事前に29項目の質問を提出していたが、 「なかなか求める答えが出てこなかった。 多かったのは国の秘密事項であり防衛上の手の内を明かすことになる」 などと対応していたことを説明。 この対応に 「国は計画を押しつけており、 住民の事はまったく考えていない」 と述べ、 参加者たちは最後まで反対していくことを確認した。
[全文記事]