記事一覧

台風3号 今朝にも宮古島接近 大雨や強風注意

2021/06/05 09時04分配信 - 科学・環境 -

 気象台によると台風3号は5日朝にも宮古島地方に接近すると見込まれ、大雨や風速15㍍以上の強風、落雷や突風、沿岸の海域ではうねりを伴った高波に注意を呼び掛けている。
[全文記事]

200本超花茎ずらり サガリバナ、可憐に咲く

2021/06/05 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24612-1.jpg
庭先のサガリバナを案内した友利夫婦=3日午後8時ごろ、市内の民家

 一夜限りの可憐な花を咲かせるサガリバナ(サガリバナ科)が平良東仲宗根の民家で見頃を迎え、庭先を幻想的に彩っている。3日夜、友利清則さん(65)は「宮古一のサガリバナが開花した」と喜びを報告した。
[全文記事]

各地にまとまった雨 梅雨前線影響

2021/06/01 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24591-1.jpg
干ばつの影響を受けていたサトウキビには恵みの雨となった=市内平良

 気象台によると宮古島地方は梅雨前線の影響により30日~31日、市内各地でまとまった雨が降った。30日は城辺で84・0㍉、宮古空港で65・5㍉、平良下里で42・0㍉、下地島空港で34・5㍉を観測した。4月から少雨傾向のため平年より降水量の少ない状態が続き、サトウキビなど農作物への被害が懸念されているが、干ばつを緩和する恵みの雨となったようだ。これを受けて宮古島市は干ばつ対策のかん水作業を停止した。
[全文記事]

宮古島地方に降雨も 雨量少なくキビかん水続く

2021/05/30 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24585-1.jpg
かん水作業のためタンクに給水するトラック=伊良部、洲神地区給水施設

 宮古島地方は28日から29日にかけて梅雨前線の影響で雨が降り、2日間の降水量(29日午後4時現在)は下地島空港で16㍉、平良下里で4・5㍉、宮古空港で3・0㍉、城辺で0・5㍉、多良間空港で2・5㍉となった。29日は引き続き伊良部地区などで干ばつ対策としてサトウキビへのかん水が行われていた。
[全文記事]

シマヒギリ 円錐状に真紅の花

2021/05/28 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24572-1.jpg
円錐状に花を咲かせるシマヒギリ=県道城辺線沿い

 琉球王朝時代から庭園木として親しまれてきたという常緑樹のシマヒギリ(=島緋桐、クマツヅラ科)が、城辺比嘉の民家庭で深紅の花を咲かせ始め、長さ約30㌢の円錐花序をつけている。開花期は個体差があるが、9月までとされる。
[全文記事]

皆既月食スーパームーン 26日夜、赤銅色に

2021/05/27 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24566-1.jpg
約24年ぶりとなったスーパームーンでの皆既月食=カママ嶺公園

 26日、宮古島市を含む全国で約3年ぶりの皆既月食が観測された。この日は2021年で地球に最も近い満月(スーパームーン)、2つの現象が重なったのは約24年ぶり。太陽と地球、月が一直線に並ぶことで、月の全てが地球の影に入り赤銅色の不思議な色に染まった。
[全文記事]

果樹レンブ、可憐な花咲く 実も鈴なりに

2021/05/23 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24550-1.jpg
真っ白の花糸を伸ばして咲くレンブ=平良東仲宗根

 亜熱帯や熱帯に広く分布するものの宮古島ではなじみの薄い果樹のレンブ(フトモモ科)が、5月に入って可憐な花を咲かせるようになった。先端が薄桃色の実も数多く生っており、6月から収穫される。例年は一部の農産物販売所などで販売されている。
[全文記事]

伊良部地区 少雨に農家危機感

2021/05/22 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24540-1.jpg
被害が心配されるサトウキビ畑への、かん水作業風景=伊良部佐良浜

 宮古島地方は4月から少雨傾向が続き、農作物への影響が懸念される中、伊良部地区では今週に入ってサトウキビほ場へのかん水作業が実施されている。特に佐良浜地区では貯水池に早朝から10㌧タンクを積載したトラックが訪れ、夕刻まで葉のロール現象や黄変が進んでいるほ場に散水する光景が見られる。かん水費用はトラック1台当たり3500円で、農家が個人で負担。農業振興会など関係機関・団体は近く干ばつ対策会議を開いて補助金の対応などを協議する予定だが、伊良部の農家は「今、散水しないと被害が大きくなる」と危機感を募らせている。
[全文記事]

宮古島気象台 少雨で農作物など注意呼び掛け

2021/05/22 09時04分配信 - 科学・環境 -

 宮古島気象台は21日、少雨に関する気象情報を発表した。宮古島地方では4月上旬から高気圧に覆われて晴れた日が多く降水量の少ない状態が続いており、今後1週間程度はまとまった雨が降る可能性は小さいとして、農作物や水の管理などへの十分な注意を呼び掛けている。
[全文記事]

伊良部地区 少雨に農家危機感

2021/05/21 22時46分配信 - 科学・環境 -

ファイル 24545-1.jpg
被害が心配されるサトウキビ畑への、かん水作業風景=伊良部佐良浜

 宮古島地方は4月から少雨傾向が続き、農作物への影響が懸念される中、伊良部地区では今週に入ってサトウキビほ場へのかん水作業が実施されている。特に佐良浜地区では貯水池に早朝から10㌧タンクを積載したトラックが訪れ、夕刻まで葉のロール現象や黄変が進んでいるほ場に散水する光景が見られる。かん水費用はトラック1台当たり3500円で、農家が個人で負担。農業振興会など関係機関・団体は近く干ばつ対策会議を開いて補助金の対応などを協議する予定だが、伊良部の農家は「今、散水しないと被害が大きくなる」と危機感を募らせている。
[全文記事]

ページ移動