記事一覧

源河邦男さんを功労表彰

2020/02/21 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 22526-1.jpg
表彰状を手にする源河邦彦さん=宮古新報社

 全日本軟式野球連盟の第9回定時評議員会が13日、京都東急ホテル(京都市)で開かれ、席上、宮古野球連盟の源河邦男さん(73)が表彰(功労賞)を受け、関係者から祝福が寄せられている。
[全文記事]

第45回宮古新報杯ソフトテニス大会池村・下里ペアが3連覇

2020/02/18 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22513-1.jpg
百歳大会、上位入賞者の皆さん=16日、パニパニコート

 第45回宮古新報杯ソフトテニス百歳大会(宮古ソフトテニス連盟主催)が16日、パニパニコートで行われ、男女5部門で21ペアが熱戦を繰り広げた。結果、男子Bの部で池村キヨ・下里博哉ペアが3連覇を果たし、そのほか同Aの部で新城朝栄・下里富身博ペア、同Cの部で南風原満・川満隆男ペア。女子Aの部で中西留美子・與那覇栄美ペア、同Bの部で我如古淳子・仲宗根須磨子ペアがそれぞれ優勝を果たした。
[全文記事]

平良中男子3連覇

2020/02/16 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 22505-1.jpg
女子で6年ぶり4回目の優勝を果たした久松中チーム=上野体育館

 全宮古中学校新人駅伝競走大会(主催・宮古中学校体育連盟)が15日、上野陸上競技場付設周回コースで行われ、男子6区間16・8㌔(1区間2・8㌔)のコース、女子5区間10㌔(1区間2㌔)のコースで健脚を競った。男子は序盤から混戦模様となり、西城、平良、上野、北、久松などが激しいデッドヒートを展開。終盤は西城と平良がトップ争いを繰り広げた結果、平良中が優勝。見事3連覇を達成した。
 女子は、久松が各選手安定した走りを見せ、5人全員がベスト8に残る快走で、昨年優勝した北をかわして6年ぶり4回目の優勝を飾った。
[全文記事]

県特別支援校駅伝大会 たすきをつなぎ絆深める

2020/02/08 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 22468-1.jpg
ゴール前でラストスパートをかけるアンカーの島尻佳也さん(高等部3年)

【那覇支局】第28回県特別支援学校駅伝競走大会(主催・同体育連盟)が7日、沖縄市の県総合運動公園内で開催された。宮古特別支援学校(佐和田聡校長)中・高等部の生徒12人も快走を見せ、たすきリレーで仲間の絆を深め合った。
[全文記事]

海上保安部が制圧力競技会

2020/02/07 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22462-1.jpg
警棒と警杖で気迫のこもった打ち込みを見せる選手たち=宮古島海上保安部長山港船艇用品庫武道場

 宮古島海上保安部(田中健彦部長)は6日、業務遂行の基礎となる「制圧力」向上及び精神力の錬磨を図ろうと、制圧競技大会を開いた。規制強化型巡視船9隻体制が整ってから初。所属船艇11隻による予選を勝ち抜いた精鋭3チーム18人が総当たりの決勝リーグ戦を行い、徒手や警棒などの制圧力を競い合った。選手たちが気迫のこもったかけ声とともに熱戦を繰り広げた結果、巡視船ともりが全勝優勝。初代王者に輝いた。
[全文記事]

京畿商業高校、キャンプの成果示す

2020/02/07 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 22465-1.jpg
ノック練習に励む選手ら=市民球場

 先月12日から市民球場でキャンプを行っている韓国の京畿(キョンギ)商業高校野球部の公開練習が6日、同球場で行われ、晴天下、選手26人はノックなどの練習で、合宿の成果を示した。
[全文記事]

デフィ・ウインド日本大会開幕

2020/02/02 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22441-1.jpg
水しぶきをあげながら風に乗る選手

 ウィンドサーフィンの世界最大の草レースとして名高い「デフィ・ウィンド」の日本大会(主催・同実行委員会)が、1日午前9時に下地与那覇の前浜ビーチで開幕した。外国人選手37人を含む全107人がレースに参加。プロとアマが同じスタートラインに並び、同じコースでレースを競った。特設ステージでバンドの演奏も行われ、会場を盛り上げた。
[全文記事]

五輪出場を目指す

2020/01/28 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 22419-1.jpg
力強くアピールする平良伸晃選手=宮古新報社

 宮古島出身のビーチバレーのプロ選手、平良伸晃選手(23)が五輪出場を目指し、出場に必要となるポイントの獲得のため、今年は数々の国際大会に挑戦する。平良選手は「参加できる大会には参加し、結果を出したい」と意欲を見せた。
[全文記事]

南が23年ぶり優勝

2020/01/26 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 22411-1.jpg
声援を受け一斉にスタートする第1区の女子選手たち=市陸上競技場

 第38回全宮古小学校駅伝競走大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)が25日、市陸上競技場発着の周辺周回コースで行われた。各校の代表選手たちが10区間14㌔で日ごろ鍛えた健脚を競い合った。熱戦の結果、南Aが52分09秒で23年ぶりに優勝。2位は上野A、3位は西辺A、4位は東A、5位は久松Aが入った。昨年タイムを5分22秒短縮した上野Aが躍進賞に輝いた。沿道には大勢の保護者や地域住民がつめかけ、力走する児童たちを声援で後押しした。
[全文記事]

宮古で合同自主トレ

2020/01/22 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 22392-1.jpg
自主トレに励む鈴木大地選手=20日、市民球場

 ロッテから楽天へ移籍した鈴木大地選手らプロ野球のパリーグの選手4人が20日、市民球場での合同自主トレを公開した。選手らはウォーミングアップ後、キャッチボールやノック、バッティングの練習に励んだ。
[全文記事]

ページ移動