記事一覧

10月1日作品募集を開始、宮古島文学賞

2018/05/31 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19379-1.jpg
多くの作品の応募を呼び掛ける大城会長 (右3人目) と下地市長 (同4人目) と関係者ら=市役所平良庁舎

 第2回宮古島文学賞の作品募集が10月1日から始まるのに先立ち30日、 主催する宮古島市文化協会 (大城裕子会長) と共催の宮古島市 (下地敏彦市長)、 宮古島市教育委員会 (宮国博教育長) が市役所平良庁舎で会見を開き、 県内外からの多くの作品を応募してほしいと呼びかけた。 前回に引き続きテーマは 「島」 となっている。
[全文記事]

与那覇忠さん(平良久貝出身)埼玉拠点に音楽活動

2018/05/26 21時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19354-1.jpg
シンガーソングライターの与那覇忠さん

 宮古島市平良久貝出身で、 シンガーソングライターの与那覇忠さんが埼玉県熊谷市を拠点に音楽活動している。 各地の歌謡フェスティバルなどに出演し、 作詞作曲したオリジナル曲 「ああ…宮古丸」 「琉球列島」 などを披露。 4月15日に沖縄の浦添社会福祉センターホールで開催された公演では下地イサムさん、 宮路オサムさんらと共演した。
[全文記事]

半世紀前の祭祀伝える、上井幸子写真集発刊

2018/05/26 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19351-1.jpg
上井幸子写真集 「太古の系譜」 表紙

 1970年代に宮古を訪れ女性たちを中心とした祭祀の様子や生活を撮影した写真家の故上井幸子さんの写真集 「太古の系譜 沖縄宮古島の祭祀」 (六花出版) がこのほど、 発刊された。 25日、 写真編集に携わった写真家の比嘉豊光さんらが市中央公民館で会見し、 半世紀近く前の作品を収録した写真集の意義を強調するとともに、 来年1月に上井さんと、 同時期に宮古の祭祀を写した故比嘉康雄さんの写真展を開催することを発表した。
[全文記事]

米軍が空撮した戦中の宮古、市博物館で平和展

2018/05/26 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19347-1.jpg
米軍撮影空中写真の説明を聞く鏡原小学校の児童たち=市総合博物館

 宮古島市総合博物館 (宮国恵良館長) の慰霊の日関連平和展 「米軍撮影空中写真からみる戦中の宮古」 が25日から始まった。 米軍が1945年5月から46年2月までに撮影した宮古の空中写真21点を展示。 平良市街地、 城辺・上野・下地・伊良部地区などでは当時の集落、 道路のほか中飛行場など軍関係施設も見ることが出来る。 初日には鏡原小学校5年生の児童たちが訪れ、 担当職員からの説明を聞いていた。 6月24日まで。
[全文記事]

50年前の漆喰焼窯、雑木の中から姿現す

2018/05/19 21時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19317-1.jpg
50年ほど前にサンゴを焼いて漆喰を造っていた窯=多良間村字塩川

【多良間】多良間村前泊港近くの雑木林で木や草を刈り取ったところ現れたドーム型の遺構。 実は50年ほど前にサンゴを焼いて漆喰を造っていた窯。 当時を覚えているお年寄りたちは、 久々に姿を見せた窯を見て昔を懐かしんでいるという。
[全文記事]

体験から研修つなぐ、ぶーんみ講座始まる

2018/05/19 21時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19312-1.jpg
ぶーんみ講座で糸績みに取り組む参加者たち=伝統工芸品センター

 宮古苧麻績み保存会 (下地ヨシ会長) の無料ぶーんみ講座が19日から、 上野野原の伝統工芸品センターで始まった。 初心者やさらに技術を向上させたい経験者、 ベテランなどが参加し、 講師から教わりながら糸績みを気軽に楽しんでもらおうと開かれている。 初心者は体験を通して次年度の伝承者養成講習の受講にもつなげようとしている。
[全文記事]

クラブツーリズムが初のクイチャー貸切鑑賞イベント

2018/05/17 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19294-1.jpg
ツアー客を前に琉球舞踊が披露された=トゥリバー海浜公園

 クラブツーリズムは16日、 平良久貝のトゥリバー海浜公園で初めてのイベントとなる 「クイチャー貸切鑑賞」 を行った。 宮古島・八重干瀬観光ツアーの一部として企画されたもので、 参加者らは伊良部大橋を背景に設置されたステージで繰り広げられる宮古の伝統芸能を堪能した。
[全文記事]

書評「宮古島市史第2巻祭祀篇(上)」

2018/05/17 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19293-1.jpg
宮古島市史第二巻祭祀篇 (上) /重点地域調査・みやこの祭祀

 大香炉で焚かれる平香の束、 それを写したモノクロ写真の上に火の色で記された 「みやこの祭祀」 の文字。 インパクトのあるその装丁は、 祈りが暮らしの中に根を張っていた過去から、 現在、 そして祈りの先の未来までも包含する静かで力強いエネルギーに満ちている。 香煙の行き先に思いを馳せながら、 祖先が繋いできた祭祀の持つ意味を改めて考えさせられる一巻である。
[全文記事]

下里豪志さんがピアノリサイタル

2018/05/15 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19279-1.jpg
下里さんが奏でる美しいビアノの音色が聴衆を魅了した=12日、 マティダ市民劇場

 下里豪志 (たけし) さんのチャリティーピアノリサイタルが12日、 マティダ市民劇場で行われた。 関心のある市民ら多数が駆けつけ、 下里さんが奏でる優雅で表現力豊かなピアノ演奏に魅了された。
[全文記事]

下里豪志さんが小学生らにピアノ公開レッスン

2018/05/12 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19264-1.jpg
伊礼さん (左) にブレスの仕方やイメージなどを伝える下里さん (中央) =マティダ市民劇場

 南風原町出身のピアニスト、 下里豪志さんが11日、 マティダ市民劇場で子どもたちを対象に公開レッスンを行った。 下里さんは 「クラシックの色の要素を感じられるような」 部分を大事にして、 3人の小学生や高校生たちが練習してきた曲を指導した。 きょう、 マティダ市民劇場でチャリティピアノリサイタルが開催される。
[全文記事]

ページ移動