記事一覧

市議会、県要求提出、全会一致ならず

2020/08/27 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23360-1.jpg

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の全員協議会が26日午後、市役所平良庁舎で開かれ、新型コロナウイルスに対する県対応の是正要求を県宮古事務所に申し入れるための文書内容について話し合ったが、一部の反対もあり全会一致の原則から市議会としての提出を見送ることを確認した。是正要求案では地方対策本部に宮古島市を加え、情報の県一元管理を「宮古独自」にすることなど盛り込んだが、野党議員らの理解を得ることができなかった。今後は与党議員を中心に連名での提出を目指すとしている。
[全文記事]

新型コロナ、宮古島市3日連続ゼロ

2020/08/27 09時04分配信 - 政治・行政 -

 県は26日、県内で新たに34人の新型コロナウイルス感染を確認し、県内医療機関に入院していた80代女性が死亡したと発表した。累計は1977人。県内での死亡者は25人となり、高齢者を中心に死亡例が続いている。居住地が宮古島市の発生確認はなく、3日連続でゼロだった。宮古島市によると感染者数は45人のうち入院4人、死亡1人、退院40人。米軍関係はキャンプ・フォスター、キャンプ・コートニーで各1人の計2人が確認されたと報告があった。累計は369人。
[全文記事]

持続化給付金申請支援で行政書士登用を要請

2020/08/26 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23356-1.jpg

 沖縄県行政書士会(白木純会長)と同会宮古支部(伊藤利也支部長)は25日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を尋ね、持続化給付金の申請について、行政書士を相談員並びに申請担当者として登用するよう要請した。宮古島市議会議員の高吉幸光氏と前里光健氏も同席した。
[全文記事]

「旧盆の過ごし方考えよう」市が呼びかけ

2020/08/26 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23358-1.jpg

 宮古島市(下地敏彦市長)は25日、今月31日からはじまる旧盆に向け、旧盆に合わせた市内への出入りや親戚が集まる会食及び酒席が増えることで、新型コロナウイルス感染拡大が懸念されるとし、「宮古島市民の皆さん、今年の旧盆は過ごし方を考えよう」と呼びかけをはじめた。コロナ禍の中で「いつもと違う旧盆の過ごし方が、自分や家族、おじい、おばあ、子ども達、宮古島を守る」として家族での話し合いを促し、感染を広げないための過ごし方をチラシ=写真=で紹介している。
[全文記事]

市総合庁舎、進ちょく率80%

2020/08/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

http://miyakoshinpo.com/data/upfile/23344-1.jpg

 宮古島市(下地敏彦市長)が平良西里の市消防本部北東側で建設を進めている市総合庁舎整備事業の進ちょく率が、7月末現在で80%とおおむね順調に進んでいる。市振興開発プロジェクト局によると、建物の躯体コンクリート打設工事、2階部分の建具やガラスの設置を終了しており、現在は主に内装作業が進められているほか、建物周りの外構工事も実施されている。建物周囲の足場のカバーもはずされ、建物中央部分のガラス張り部分も見えるようになっている。建物は11月末に完成し、その後に駐車場舗装や造園を実施して年末年始に引っ越し作業を行い、1月4日付の開庁を目指している。
[全文記事]

特別定額給付金、申請の受付終了

2020/08/23 09時02分配信 - 政治・行政 -

http://miyakoshinpo.com/data/upfile/23347-1.jpg

 宮古島市は22日、国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として国民一人当たり10万円を給付する特別定額給付金の申請受付を終了した。郵送は22日消印有効。市新型コロナウイルス対策給付支援室によると、20日現在の受付件数は2万8088件、受付人数は5万5355人で給付率は人口割合ベースで99・6%。未申請は175世帯、197人。市役所平良第2庁舎の同支援室には最終日にも5人が訪れて申請を行った。時間ぎりぎりで訪れた男性は「来週までだと勘違いしていた」と苦笑い。午後5時を過ぎると職員が窓口での受付終了を知らせる貼り紙をはっていた。
[全文記事]

定額給付金、宮古島市の未申請175世帯

2020/08/22 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23339-1.jpg

 国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として国民一人当たり10万円を給付する特別定額給付金の宮古島市(下地敏彦市長)の申請受付が22日で終了する。市では、まだ申請していない市民は同日までの郵便消印で申請するか、申請書を午後5時までに市役所平良第2庁舎の市新型コロナウイルス対策給付支援室に持参してほしいと呼びかけている。20日現在、給付金の未申請は175世帯、197人。
[全文記事]

県休業協力金で西里・下里は24日受付開始

2020/08/22 09時02分配信 - 政治・行政 -

 県は緊急事態宣言下で休業を要請していた宮古島市平良西里・下里の遊興施設等に対する休業協力金の申請受付を24日、開始する。9月18日(当日消印有効)まで。申請書は県ホームページの「新型コロナウイルス感染症対策に係る施設の休業要請等に伴う協力金について」、トップページの新型コロナ特設サイトからダウンロードできる。県宮古合同庁舎2階の宮古事務所総務課入口でも入手可。
[全文記事]

市の難病渡航費助成始まる、コロナも対象

2020/08/20 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は、島外の医療機関で通院治療を余儀なくされている難病患者等の渡航に伴う経済的負担を軽減するための一部助成について、がん(悪性新生物疾患)や指定難病などとしている対象について19日、新たに新型コロナウイルス感染症の治療や検査を対象としたと発表した。
[全文記事]

多良間団地牛舎、来月にも着工

2020/08/20 09時02分配信 - 政治・行政 -

 【多良間】多良間村(伊良皆光夫村長)は肉用牛の担い手育成を目的とした団地牛舎を9月にも着工する。飼養頭数の規模拡大を計画している農家、新規就農者を対象に牛舎を賃貸する事業。同村字塩川の旧空港ターミナル南側に建設され、2021年4月の供用開始を目指している。
[全文記事]

ページ移動