記事一覧

台湾・長栄大が宮古島に分校設置の意向

2018/09/13 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20025-1.jpg
台湾長栄大学の宮古島分校を説明する下地市長=市議会本会議場

 台湾の台南にある私立長栄大学が、 宮古島市に分校設置の意向を示していることが12日、 分かった。 市議会9月定例会一般質問で下地敏彦市長は濱元雅浩氏に答えた。 今月5日に同大を訪れた下地市長は 「全学部を挙げて熱意を示していただいた。 宮古島に分校を設けることは教育、 国際交流を深める機会となる」 と期待した。
[全文記事]

旧宮原小校舎解体へ、伊良部4校も予定

2018/09/13 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20026-1.jpg
来年度で解体・撤去予定の旧宮原小校舎=平良宮原

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は、 2015年3月に廃校となった市立宮原小学校の校舎について12日、 19年度で解体・撤去する方針を明らかにした。 同日、 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の9月定例会一般質問で、 旧宮原幼稚園に設置されている適応指導教室に関する仲里タカ子氏の質問に関連し、 答弁した。 予算措置など具体的には決まっていないものの、 来年4月の伊良部地区小中一貫校開校に伴う同地区の既存4小中学校の校舎解体などと同時に実施したい方針を示している。
[全文記事]

新市総合博物館 今年度に用地選定委を設置方針

2018/09/12 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20021-1.jpg
一般質問で市政全般について論戦が交わされた=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は2025年度に新博物館の供用開始を目指し、 今年度中に建設に向けた用地選定員会を設置する方針を示した。 11日、 開会中の市議会 (佐久本洋介議長) の9月定例会一般質問での答弁。 同博物館は1989年に開館したが老朽化や施設設備面などで不足がある状態となっており、 新たな博物館建設の建設を予定している、 17年度に新博物館建設に向けた基本構想・計画が策定されている。
[全文記事]

宮古島市の障がい者雇用率2・58% 法定率上回る

2018/09/12 09時06分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市の障がい者雇用率は2・58% (8人) で地方公共団体の法定雇用率2・5%を上回っている。 11日、 開会中の市議会一般質問で下地信広氏の質問に市総務部の宮国高宣部長が答えた。 また、 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) も3・26% (2人) となっており、 法定雇用率2・4%を上回っている。
[全文記事]

新時代沖縄へ振興誓う、玉城氏政策発表

2018/09/11 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20012-1.jpg
記者会見で、 新時代沖縄づくりに向けた政策を発表する玉城デニー氏 (中) =那覇市の教育福祉会館

【那覇支局】今月30日投開票の県知事選に出馬を表明している衆院議員の玉城デニー氏 (58) が10日、 那覇市の教育福祉会館で記者会見し政策を発表した。 「誇りある豊かな沖縄。 新時代沖縄」 として▽ 「新時代沖縄」 の到来▽誇りある豊かさ▽沖縄らしいやさしい社会の構築│の3つのテーマに沿って 「万国津梁会議 (仮称) の設置」 「日米地位協定の抜本的改革、 主権の行使を求める」 「離島移動コスト、 生活コスト低減への支援」 「中・高校生のバス通学無料化の推進」 など16項目の主要政策を挙げている。
[全文記事]

沖縄県知事選 佐喜真氏が総決起大会支持を訴え

2018/09/08 21時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20006-1.jpg
自らの政策を語る佐喜真淳氏

 13日告示、 30日投開票の沖縄県知事選に出馬を表明している前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) =自民、 公明、 維新推薦=の総決起大会 (主催・沖縄の未来をひらく県民の会宮古連合支部) が8日、 JAおきなわ宮古地区本部大ホールで行われた。 集まった大勢の支持者に佐喜真氏は 「対立から対話。 交渉を重ねてすべての県民が豊かになれる沖縄を作りたい」 と訴えた。 最後は会場全体で 「ガンバロウ」 三唱して団結を誓った。
[全文記事]

学校統廃合陳情を不採択、市議会文社委員会

2018/09/08 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19998-1.jpg
地域合意のない学校統廃合に反対する陳述は賛成少数で不採択となった=市役所平良庁舎

 市議会文教社会委員会 (平良敏夫委員長) は7日、 同委員会に付託された陳情書を審査し議案の討論・表決を行った。 このうち地域合意のない学校統廃合に反対する陳述は 「100%の合意はない」 などとして賛成少数で不採択となった。 経済工務委員会 (高吉幸光委員長) は議案の表決を行い、 全会一致で採択した。
[全文記事]

市が27年度目標に第二次国土利用計画策定へ

2018/09/07 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は2018年度、 安定した均衡ある土地利用を確保することを目的とし、 27年度までの10年次にわたる第2次宮古島市国土利用計画を策定する。 計画は自然的、 社会的、 経済的、 文化的などの条件を考慮しながら、 総合的、 長期的な観点から公共の福祉優先、 自然環境保全のための国土の有効利用を図るもので、 全国、 都道府県、 市町村の区域ごとに定めるもの。 同市は県計画を基本に土地利用の方向性を定めており、 今回は第1次が17年度で期間満了したことに伴って新たに策定する。
[全文記事]

沖縄県知事選 佐喜真氏、玉城氏が公開討論

2018/09/07 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19990-1.jpg
佐喜真淳氏

【那覇支局】日本青年会議所沖縄ブロック協議会 (高山健太郎会長) は5日夜、 2018年度沖縄県知事選挙立候補予定者による公開討論会を南風原町立中央公民館黄金ホールで行った。 出馬を表明している前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) =自民、 公明、 維新推薦=、 オール沖縄が推す衆院議員の玉城デニー氏 (58) が基地問題や経済振興などへの見解を示した。
[全文記事]

待機児童解消へ向け 潜在保育士支援事業を実施

2018/09/07 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19986-1.jpg
福祉部が所管する補正予算などについて審議する委員ら=市役所平良庁舎

 宮古島市議会9月定例会の文教社会委員会(平良敏夫委員長)が6日、市役所平良庁舎で行われた。市福祉部が2018年度一般会計補正予算の民生費について説明。資格取得を目指しながら保育業務を行う人材を採用した園に助成する「保育補助者雇上強化事業補助金」については608万円増額した。また、 市では待機児童解消へ向けて、今年度は新たに潜在保育士支援事業を計画し、 ブランクのある保育士に対して復職セミナーなどを実施することを明らかにした。
[全文記事]

ページ移動