記事一覧

島食材でヘルシーに、おせちオードブルづくり

2018/11/29 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20500-1.jpg
ネギ巻2種を調理する参加者ら=下地保健福祉センター

 市食生活改善推進員協議会の健康食普及教室が28日、 下地保健福祉センターで開催された。 参加した27人は推進員が考えた島の食材を使った低カロリーのおせちオードブルとして 「和風ロールサンド」、 「えびとアーサーの黄金焼き」、 「餃子の皮で天ぷら風」、「ネギ巻き2種」 を調理した。
[全文記事]

青少年の家主催事業 親子ら宮古みそづくりを体験

2018/11/28 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20495-1.jpg
宮古みそづくりに取り組んでいる親子ら=25日、 宮古青少年の家

 宮古青少年の家 (安慶田昌宏所長) の2018年度主催事業 「宮古みそづくり」 が25日、 同所野外炊飯場で行われた。 親子ら約20人が、 講師の吉濱育美さん (菓子店 「パリャン」) に教えてもらいながら麦を蒸し麹を混ぜるなど昔から伝わるみそづくりを学んだ。
[全文記事]

平一小で新国立劇場合唱団が巡回公演を開催 

2018/11/28 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20494-1.jpg
オペラ「椿姫」の乾杯の歌を演じる合唱団員たち=平一小体育館

 新国立劇場合唱団による巡回公演が27日、 市立平良第一小学校 (川上尚栄校長) で開催された。 児童らは一流歌手たちによる 「椿姫」 などのオペラやベートーヴェンの交響曲第九番 「歓喜のうた」 などに間近で触れ、 刺激を受けた様子だった。
[全文記事]

神と森を考える会 元ツカサらパネル討論を実施

2018/11/28 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20493-1.jpg
パネル討論では「伊良部の祭祀の復活を目指して」のテーマで意見を交わした (提供写真) =25日、 伊良部東地区構造改善センター

 宮古島の神と森を考える会 (会長・居駒永幸明治大学教授) 主催の 「伊良部の神・人・自然」 をテーマにした第25回講演とシンポジウムが25日午後、 伊良部東地区構造改善センターで行われた。 地元の元ツカサらが参加したパネル討論 「伊良部の祭祀の復活を目指して~祭祀のあり方を考える~」 では、 5年前からツカサが誕生しないために途絶えたままの祭祀復活には 「ツカサの負担を無くすことや昔のまま祭祀を継承していくのではなく、 時代にあった祭祀のあり方を考える。 またツカサの年齢を上げる」 などツカサのなり手のない現状を解決していくための方策について、 それぞれの立場から意見や提言があった。
[全文記事]

宮坂真由美さんGP、海族まつりフォトコンテスト

2018/11/27 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20491-1.jpg
グランプリに選ばれた宮坂さんの作品 「栖」

 海族まつり宮古島フォトコンテスト2018 (主催・同実行委員会) の表彰式が24日、 宮古島漁協で行われた。 一般部門グランプリには宮坂真由美さんの 「栖」、 ビギナー部門最優秀には藤山幸広さんの 「大きな家路」、 未来に残したい宮古島の海部門最優秀には中瀬博一さんの 「時空の先へ」 が選ばれた。 入賞作品の展示が市役所平良庁舎などで行われる。
[全文記事]

少年の居場所づくりで初のサッシーフェスタ開催

2018/11/27 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20489-1.jpg
様々な仮装で会場をにぎわせた参加者たち=25日、 宮島小学校体育館

 少年の居場所作りの一環としての 「宮古島サッシーくんフェスタ」 (主催・宮古島地区少年補導員協議会、 宮古島警察署) が25日、 平良島尻の旧宮島小学校体育館で開催された。 仮装大会やパーントゥとの記念撮影など様々なイベントが準備され、 多くの仮装した家族連れが初開催となるイベントを楽しんでいた。
[全文記事]

休刊日のお知らせ

2018/11/26 09時01分配信 - 社会・一般 -

 昨日11月25日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

11月頃に発生タテハモドキ、チョウの「衣替え」

2018/11/24 21時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20483-1.jpg
枯葉のような秋型のタテハモドキ

 11月も下旬に入ってようやく朝夕は肌寒くなったものの、 それでも気温は平年よりも高く何を着て外出しようか迷うこともあるのでは。 自然界ではすでに 「衣替え」 を済ませている生物がいる。 この季節に発生するタテハモドキは秋型の羽根になる。
[全文記事]

西城中26期卒還暦同期会が母校に寄付金

2018/11/24 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20481-1.jpg
西城中学校26期の卒業生ら=西城小学校

 西城中学校26期還暦同期会 (西里喜明会長) が24日、 市立西城小学校を訪れ、 同小学校 (国仲克紀校長)、 同中学校 (島尻政俊校長) にそれぞれ寄付を贈呈した。
 式には、 島内外から集まった54人が参加。 還暦同期会の西里会長は 「母校の後輩の皆さんに有意義な使い方をしてほしい。 子どもの数は減っているが、 西城の生徒は優秀な子が多い。 将来、 宮古、 沖縄を背負っていくような人材を育成してほしい」 と話した。
 [全文記事]

障がい者フェスティバル、ゲーム楽しみ交流

2018/11/24 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20480-1.jpg
障がい者フェスティバルのゲームコナーでは輪投げなどを楽しんだ=上野体育館

 第34回宮古地区障がい者フェスティバル (主催・宮古地区社協連絡協議会) が 「共に築こう友情の輪」 のスローガンのもと24日、 上野体育館で行われた。 当事者や家族らが大勢参加し、 輪投げやスカットボールなどゲームを楽しみながら交流を深めた。 舞台発表では福祉施設・団体が三味線演奏や踊りを披露し、 和やかな雰囲気で楽しむ姿が見られた。
[全文記事]

ページ移動