記事一覧

宮古空港、旅客2853人に影響手続きに長蛇の列

2019/07/19 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21588-1.jpg
台風5号の影響で空のダイヤも乱れ、航空各社のカウンター前には手続きを待つ利用客の長蛇の列ができた=宮古空港

 宮古島地方を強風域に巻き込んだ大型の台風5号(ダナス)の影響で18日、全日本空輸(ANA)は宮古空港発着の全20便が欠航。日本トランスオーシャン航空(JTA)は午前11時過ぎから宮古関連計14便、琉球エアーコミューター(RAC)は計10便が欠航し空のダイヤは大幅に乱れた。これにより旅客約2853人に影響が出た。
[全文記事]

港湾整備に貢献、先島建設など表彰

2019/07/18 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21584-1.jpg
表彰を受けた(前列左)から松原社長、黒島社長、與那覇所長を挟み塘支社長、奥間次長=平良港工事事務所

 平良港湾事務所(與那覇健次所長)で17日、優良事業所等表彰式が行われ、先嶋建設などが表彰を受けた。
 表彰は、同事務所が発注した工事で2018年度に完成した1000万円以上の工事16件及び500万円以上の業務7件を対象に選考したもので、結果、優良施行工事部門で平良港(漲水地区)臨港道路(防波堤外)築造工事を施工した先嶋建設(黒島一洋社長)、優良下請業者及び下請技術者部門で、極東建設(松原成忠社長)と同社技術者の奥間敏浩工事部次長、優良業務部門で「平良港(漲水地区)岸壁(マイナス10㍍)(防波堤外)改良設計業務」を履行したパシフィックコンサルタンツ沖縄支社(塘一成支社長)が選定された。
[全文記事]

田上さんが上野小・中にマンゴー寄贈、児童ら大喜び

2019/07/18 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21585-1.jpg
マンゴーを寄贈した田上さん(左)=上野小学校

 市内上野地区でマンゴー農家を営んでいる田上哲哉さんが16日、市立上野小学校を訪れ「上野小・中学校の子どもたちにマンゴーを食べてほしい」と寄贈した。
[全文記事]

県マンゴーコンテスト、平潤一さんが農林水産部長賞

2019/07/18 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21586-1.jpg
県農林水産部長賞に輝いた平良潤一さんのマンゴー

【那覇支局】15日の「マンゴーの日」に関連して第12回マンゴーコンテスト(主催・県果実フェスティバル実行委員会)が13日、北中城村のイオンモール沖縄ライカムで実施された。規定の2㌔化粧箱に詰められた「アーウィン」計34点が出品され、最優秀賞など5部門で11点が表彰された。そのなかで、ティダマンゴー宮古島の平良潤一さんが県知事賞に次ぐ県農林水産部長賞を受賞した。順位は荷姿や外観、糖度など内容審査により決まる。平均糖度は16・5度だった。最優秀賞である県知事賞はNoha畑の長嶺篤さんが受賞した。
[全文記事]

未来創造センター開館まで1カ月 進捗率は約97%

2019/07/17 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21577-1.jpg
オープンまで1カ月に迫った未来創造センター=平良東仲宗根

 図書館と公民館の機能を兼ね備えた「宮古島市未来創造センター」はきょう17日、8月17日のオープンまであと1か月と迫った。現在着々と工事が進められており、建築工事部分の進捗率は約97%と完成間近。図書館のフロアにはすでに蔵書が運び込まれ、職員が書架に収める作業を連日進めている。現在、外構整備工事が若干遅れ気味だが、同センター工事の所管部局である市振興開発プロジェクト局では「外構工事もオープンの日に間に合わせたい」としている。 
[全文記事]

サニツ浜カーニバル賑わう、水中駅伝、宮古角力など競う

2019/07/16 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21572-1.jpg
競技は水中駅伝からスタートした=14日、下地与那覇サニツ浜

 第29回サニツ浜カーニバル(主催・宮古島市など)が14日、下地与那覇の通称「サニツ浜」で開催された。潮の引いた広大な干潟を会場に水中駅伝、ビーチドッジボール、綱引き、10人11脚競争、人間輓馬競争などの競技が行われ、多くの市民が年に一度の干潟の祭りを楽しんだ。土俵では宮古角力も行われ、島外からも選手が参加して手に汗握る熱戦を展開。宮古馬の体験乗馬や宝探し、グラウンドゴルフも行われた。
[全文記事]

【サニツ浜カーニバル写真特集】

2019/07/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21573-1.jpg
宮古馬に乗って干潟を散歩する子ども

砂浜舞台に競演

みなとフェスタ賑わう、展示訓練などに歓声

2019/07/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21575-1.jpg
海上保安部レスキュー隊の展示訓練。船上からのダイブに大きな拍手が沸いた=14日、平良港

 「海へ帰ろう」をスローガンにした「みなとフェスタ2019」(主催・市港湾課)が14日、平良港ターミナル及びマリン広場を主会場に開かれ、大勢の親子が訪れて多彩なプログラムを楽しんだ。
 今年のみなとフェスタは午前10時からオープニングセレモニーが開かれ、主催者を代表して下地敏彦市長が「みなとフェスタは海の日の行事として開催される。平良港は国の重要港湾として安心安全な港づくりを目指して整備が進んでいるが、このフェスタを通して1日大いに楽しみながら港に親しんでほしい」と述べた。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2019/07/15 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日7月14日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

観光客に「あかんバッチ」配布、安全運転呼びかけ

2019/07/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21566-1.jpg
缶バッチを手渡す結いの橋学園の児童ら=みやこ下地島空港ターミナル

 宮古島警察署(上運天幸徳署長)は13日、みやこ下地島空港ターミナルで「レンタカー交通事故・あかんバッチ配布宮古島まもる君作戦」を実施した。同署員、宮古島地区交通安全協会職員、結いの橋学園の児童らがスピーカーで「観光客のみなさん安全運転でお願いします」と呼びかけながら缶バッチ、チラシ、うちわなどを手渡した。
[全文記事]

ページ移動