記事一覧

JAL・JTA 那覇-宮古は4割増加

2022/01/07 09時01分配信 - 社会・一般 -

 JAL・JTAグループは5日、2021年度年末年始期間(12月25日~1月4日)の利用実績を発表した。沖縄関連路線は提供座席数28万5249席で前年同期比11・3%増(19年度比0・8%増)、総旅客数は20万8800人で77・7%増(同14・0%減)、搭乗率は73・2%で27・4上昇(同12・6低下)した。旅客数の内訳は県外路線が15万7801人で98・7%増(同12・1%減)、県内路線が5万999人で34・0%増(同19・4%減)となった。
[全文記事]

新型コロナ宮古島市、新たに41人

2022/01/06 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25552-1.jpg
宮古島市人口10万人当たり1週間の感染者数

 【那覇支局】県は5日、宮古島市で新たに41人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。宮古島市で1日の新規感染者数が40人を超えるのは昨年8月21日の42人以来、132日ぶり。前日の29人から12人増え、増加は5日連続となった。市内は感染者増加のスピードが衰える気配が見えず、今後も深刻な状況が続く見通しだ。累計は1991人となった。直近一週間当たりの新規感染者数は96人、人口10万人当たり175・74人と前日の102・52人から大幅に増えた。
[全文記事]

ワイドークーポン市役所窓口での受け取り休止

2022/01/06 09時04分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市は5日、市役所に開設しているワイドークーポン臨時受け取り窓口を6日から当面の間休止すると発表した。市内で新型コロナの感染が急拡大しているためで、感染状況が改善され次第業務を再開するとしている。
[全文記事]

植物園にトラの顔登場

2022/01/06 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25554-1.jpg
マリーゴールドなど1500鉢で作られたトラの顔=市熱帯植物園

 「寅年」にちなみ市熱帯植物園にトラの顔の花絵が登場した。5日、市みどり推進課が市民に和んでもらおうと約1500鉢の花を使って製作した。正面広場の干支の花文字をはじめ園内には多くの花々が咲いており、今月後半にも見頃を迎えるという。
[全文記事]

新成人晴れ着姿で記念の1枚

2022/01/06 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25556-1.jpg
晴れ着を着て記念写真を撮る新成人の平安山さん(左)=平良西里の写真館

 各地で地域や学区主体の自主的な成人式が行われた5日、宮古島市内の写真館は晴れ着姿で記念写真を撮影する新成人の姿で賑わっていた。予約だけでなく飛び込みで訪れる人も多くいたという。
[全文記事]

15人の門出を祝う 多良間村で成人式

2022/01/05 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25549-1.jpg
新たな門出を祝う新成人たち=多良間村コミュニティー施設

 【多良間】多良間村(伊良皆光夫村長)の2021年度成人式が4日、同村コミュニティー施設で行われた。20歳の節目を迎えた15人の門出を祝うとともに、新成人としての自覚と責任を持って人生を歩んでほしいと激励した。村からは新成人に記念品と祝金が贈呈された。
[全文記事]

一年の無病息災祈願 初詣に多くの参拝客

2022/01/05 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25550-1.jpg
拝殿で手を合わせ祈る参拝客ら=1日、宮古神社

 2022年を迎えた1日、宮古神社には初詣で多くの人々が訪れ、今年一年の無病息災、五穀豊穣、家庭円満などを祈願した。お参りの後にはおみくじを引き、破魔矢、お守り、熊手などを買い求める姿が見られた。
[全文記事]

元旦16万5千通届ける 年賀状配達で出発式

2022/01/05 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25551-1.jpg
元旦の年賀状配達に出発する宮古郵便局の社員=1日、同郵便局

 日本郵便沖縄支社宮古郵便局(津嘉山正一局長)では1日、年賀郵便の元旦配達出発式が行われた。2022年の日の出とともにオートバイに乗った社員が出発し、市内の各家庭などに年賀状を届けた。今年、同郵便局は約16万5千通(前年18万6千通)の年賀状を配達した。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2021/12/30 09時00分配信 - 社会・一般 -

 本日付で2021年は最終号となり、30、31日の両日は新聞製作を休みます。1年間のご愛読心から御礼申し上げます。
 2022年は5日(水)付から平常通り発行致します。

市長、仕事納めで職員に訓示 1年間の労をねぎらう

2021/12/29 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25541-1.jpg
あいさつで職員をねぎらう座喜味市長=市役所2階大ホール

 官公庁の仕事納めとなった28日、座喜味一幸市長は市役所2階ホールに課長級以上の職員を集め訓示を行った。一時期は「世界最悪の感染地帯」と市長が評するほどになった宮古島市での新型コロナ感染拡大、県内トップクラスのスピードで進んだワクチン接種、海底火山の噴火による大量の軽石漂着など激動の一年を振り返り、対策に尽力した職員の労をねぎらい感謝を述べた。また、少数与党で厳しい議会運営を迫られた自身の市政1年目も振り返った。
[全文記事]

ページ移動