記事一覧

儀保正司氏を宮古島漁協組合長に選出

2018/06/30 21時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19570-1.jpg
儀保正司組合長

 宮古島漁業協同組合は30日、 同漁協で開いた理事会で互選により代表理事 (組合長) に儀保正司氏、 筆頭理事に上松智行氏を選出した。 任期は7月1日から3年間。 儀保氏は 「理事のみんなでいろんな意見を出し合って、 漁協の課題を解決していきたい」 と抱負。 具体的には 「モズクやアーサ、 エビに力を入れていかないといけない。 今年はモズクが良かったので持続していきたい」 と強調した。
[全文記事]

17年度黒字で損失金圧縮、伊良部漁協総会

2018/06/30 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19568-1.jpg
2017年度事業報告など議案を審議した伊良部漁協の通常総会=海業支援施設

 伊良部漁業協同組合 (漢那一浩組合長) の第49回通常総会が29日、 海業支援施設で行われた。 2017年度事業報告、 貸借対照表、 損益計算書、 損失処理や18年度事業計画など議案について審議し、 原案通り承認した。 17年度は出漁日数の減少に伴い購買事業、 製氷冷凍事業など供給量が落ちたが、 事業外収益の民泊など観光事業の需要が高まったことにより収入が安定したとして当期は396万円の黒字となり、 損失金は9億1724万円に縮小した。
[全文記事]

「摘み取ろう危険な芽」共和産業が安全大会

2018/06/30 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19567-1.jpg
最優秀賞に選ばれた安全標語を読み上げる砂川さん (右) =宮古建設会館ホール

 共和産業 (下地武義社長) の第34回社内安全大会が29日、 宮古建設会館で行われた。 多くの社員や協力会社が参加し、 無事故無災害を基本目標とした大会宣言を行った。 功労者や社内で募集した安全標語の入賞者を表彰した。
[全文記事]

5月の有効求人倍率1・50倍、宮古職安

2018/06/30 09時04分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所 (渡真利直人所長) は29日、 2018年5月の一般職業紹介状況を発表した。 それによると有効求人倍率は1・50倍で前年同月に比べて0・14ポイント上昇した。 新規求人数も2カ月連続で増加しており、 正社員の求人が多くなっているという。
[全文記事]

理事7人、監事3人を選任、宮古島漁協総会

2018/06/30 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19563-1.jpg
通常総会で18年度事業計画などについて審議する組合員ら=宮古島漁業協同組合

 宮古島漁業協同組合 (渡真利一夫組合長) の第48回通常総会が29日、 同漁協で行われた。 2017年度事業報告、 18年度事業計画などについて審議し、 原案通り承認したほか、 任期満了に伴う役員改選も行われ7人の理事と3人の監事が選任された。 組合長は後日互選することとなった。
[全文記事]

マンゴー・パイン全国へ、ゆうパック出荷始まる

2018/06/29 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19561-1.jpg
ゆうパック出荷式でマンゴーとパインを食べる保育園児たち=宮古郵便局構内

 日本郵便宮古郵便局 (瀬長孝也局長) は28日、 同局構内で宮古島産マンゴーとパインのゆうパック出荷式を行った。 生産農家をはじめ行政、 航空会社など関係者がことし最初のゆうパック便を送り出し、 期間中の安全輸送を祈願するとともに宮古島産マンゴー・パインの販路拡大などに期待を込めた。 同郵便局ではゆうパックでマンゴー2万4000箱、 パイン1000箱の取り扱いを予定している。
[全文記事]

砂川昭範さんの県理事長表彰の受賞喜ぶ

2018/06/29 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19557-1.jpg
県理事長表彰を受けた砂川さん (左) と奥平組合長=27日、 ニューヨークニューヨーク

 宮古島社交飲食業組合 (奥平玄信組合長) は27日、 市平良の飲食店で 「第18回通常総会」 を開き、 引き続き防犯思想の高揚及び納税意識の高揚、 社会福祉貢献│に取り組むほか、 人材育成及び組織強化に一層努めていくことを確認した。 また、 多年にわたり組合の発展に寄与したとして砂川昭範さん (あき酒店) が沖縄県社交飲食業生活衛生同業組合理事長表彰を受けたことなども報告された。
[全文記事]

農漁村女性連絡総会、事業計画案など承認

2018/06/29 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19555-1.jpg
定期総会で18年度事業計画などの議案について審議する会員たち=27日、 県宮古合同庁舎

 宮古地区農漁村女性組織連絡協議会 (下里光子会長) の2018年度定期総会が27日、 県宮古合同庁舎で行われた。 17年度事業実績・決算報告や18年度事業計画・予算案の2議案について審議が行われ、 原案通り承認された。 総会後、 「土作りの基礎知識について」 の講習会も実施された。
[全文記事]

マンゴー出荷時の取り組み確認

2018/06/28 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19552-1.jpg
マンゴーの円滑な島外輸送について関係者らが意見を交わした=県宮古合同庁舎

 宮古地区青果物流通対策推進協議会 (会長・大村学ぶ県宮古農林水産振興センター所長) の2018年度第1回協議会が27日、 県宮古合同庁舎講堂で行われた。 県や市、 航空・船舶・配送各社ら関係機関が参加し、 これからピークを迎えるマンゴーの出荷を円滑に行うための取り組みなどを確認した。
[全文記事]

マンゴー目揃え会で出荷規格など改めて確認

2018/06/27 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19546-1.jpg
マンゴー目揃え会では収穫期の管理や出荷規格などについて説明があった=市役所上野庁舎

 宮古島市農政課は26日、 市役所上野庁舎1階会議室で2018年期宮古地区マンゴー目揃え会を行った。 収穫を迎えている時期については 「ハウス内の温度が高温 (35度以上) になると果実に日焼けが発生しやすくなる」 として暑さ対策を呼びかけた。 品質と出荷規格ではアーウィン種のマンゴーで 「A (秀)」 「B (優)」 「C (良)」 の着色基準などの説明があり、 改めて確認していた。
[全文記事]

ページ移動