記事一覧

上野野原伝統のマストリャー 十五夜で豊年願い踊る

2017/10/06 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17950-1.jpg
「マストリャー」で力強い棒踊りを見せる男性たち=4日、野原農民研修所

 旧暦8月15日の4日、 上野野原で十五夜の伝統行事 「マストリャー」 が行われた。 租税の完納を祝い翌年の五穀豊穣を願う人頭税時代から続く祭りであり、 月が夜空を照らす中、 男性は勇壮な棒踊り、 女性は抱き踊りなどを披露。 住民たちが先人から連綿と受け継けついできた行事を通して地域の絆を深めていた。
[全文記事]

「十五夜」各地で豊年祭

2017/10/05 09時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17944-1.jpg
豊年祭の幕開けで伝統の獅子舞が披露された=上区構造改善センター

 旧暦8月15日の4日、 宮古各地で十五夜行事が行われた。 上区自治会の豊年祭は 「上区の獅子舞」、 うるか自治会の豊年祭では 「砂川のクイチャーと獅子舞」 が奉納され、 向こう1年間の豊作を祈願した。 会場には地域住民や観光客らが訪れ、 地域で継承されている伝統の奉納を見守った。 同日夜には狩俣自治会の豊年祭、 野原自治会のマストリャーなども行われ、 多くの人が訪れていた。
[全文記事]

JTA・RACあおぞら図画コンクールで前里君最優秀

2017/10/03 09時05分配信 - 文化・芸能 -

 第35回JTA・RACあおぞら図画コンクールの入賞者が、 このほど決定した。 このうち宮古地区からは22人が入賞し、 前里隆之真君 (伊良部小6年) が最優秀賞に輝いた。 表彰式は今月中旬ごろ行われる予定。 最優秀、 優秀に入選した作品は同社機内誌 「コーラルウェイ」 に掲載されるほか、 JTA・RAC機内に展示される。
[全文記事]

総合文化祭で小林さん(写真)、池原さん(盆栽)表彰

2017/10/03 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17927-1.jpg
盆栽の部で表彰され笑顔を見せる入賞者ら=1日、 市中央公民館

 第12回市民総合文化祭・写真部門と盆栽部門の表彰式が1日、 市中央公民館で行われ、 写真の部の小林剛さん、 盆栽の部の池原一美さんら入賞者全員に下地敏彦市長、 大城裕子市文化協会長らから賞状が授与された。
[全文記事]

西原で「ナナムイ」写真展 シンポで意見交換

2017/10/03 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17925-1.jpg
ナナムイに関する様々な思いを語るシンポジスト=1日、 西原地区公民館

 西原地区の伝統祭祀である 「ナナムイ」 についてのトーク・シンポジウム (主催・ 「まぶいぐみ」 実行委員会など) が1日、 西原地区公民館で行われた。 多くの地域住民や伝統行事に興味のある人たちが参加し、 積極的に意見を交換した。
[全文記事]

伊良部トーガニまつり、下地美咲さん最優秀賞輝く

2017/09/30 21時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17918-1.jpg
最優秀賞を獲得した下地美咲さん=佐良浜スポーツセンター広場

 第17回伊良部トーガニまつり (主催・いらぶ観光協会) が30日、 佐良浜スポーツセンター広場で開催された。 伊良部トーガニの部に出場した17人は島伝統の恋の叙情歌を情感たっぷりに歌い上げ聴衆を魅了した。 審査の結果、 下地美咲さん (19) が最優秀賞に輝き、 友利涼さん (9) が特別賞に選ばれた。 この催しは、 祖先が残した大事な文化遺産である伊良部トーガニの保存と継承を図り、 まつりを定着させて伊良部観光の振興寄与を目的に行われている。
[全文記事]

市民文化祭方言部会が「みゃーくふつで学ぼう」講座

2017/09/30 21時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17916-1.jpg
方言部会の講座 「みゃーくふつで遊ぼう」 で楽しみながら学ぶ子どもら=市中央公民館

 宮古島市中央公民館で開催中の第12回市民総合文化祭 「一般の部」 (主催・宮古島市、 市教育委員会、 市文化協会) の方言部会は30日、 同公民館視聴覚室で講座 「みゃーくふつで学ぼう」 を行った。 参加した子どもらが 「しりとり」 で方言を出し合うなどして楽しみながら学んでいた。
[全文記事]

市民総合文化祭一般の部開幕 各部会の作品展示

2017/09/30 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17910-1.jpg
市民総合文化祭 「一般の部」 の華道部会作品を鑑賞する市民ら=市中央公民館

 第12回宮古島市民総合文化祭 「一般の部」 (主催・宮古島市、 市教育委員会、 市文化協会) が29日、 市中央公民館で開幕した。 「創造する市民の文化~文化の光 満つる島」 のテーマの下、 写真、 書道、 美術、 華道、 盆栽、 園芸、 茶道、 生活文化、 織物、 文芸の部会員らが制作した作品が展示されている。 会場には初日から市民らが訪れ、 個性溢れる作品を鑑賞。 主催者では多くの市民の来場を呼びかけている。 10月1日まで。 今回は新たな取り組みとして展示期間中に日々創作活動している人たちのアトリエを開放する 「宮古島Openアトリエ」 も行われる。
[全文記事]

【市民文化祭写真特集】

2017/09/30 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17909-1.jpg
市民総合文化祭 「一般の部」 開幕のテープカットを行う下地市長 (右から2人目) ら=市中央公民館

個性に溢れ 光る力作

伝統祭りに島沸く~多良間「八月踊り」始まる

2017/09/28 09時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17901-1.jpg
多彩な踊りが披露された字仲筋の 「正日」 舞台=土原願所

【多良間】旧暦8月8日の27日、 多良間村の伝統行事 「八月踊り」 が字仲筋の 「正日」 で幕を開けた。 会場の土原御願所には住民をはじめ島外からも大勢の観客が訪れて賑わい、 舞台では先人から連綿と受け継がれてきた民俗踊りや組踊り、 端踊り、 獅子舞、 狂言などの演目が昼から夜まで次々と披露された。 きょう28日は字塩川の 「正日」 がピトゥマタ御願所で行われる。 最終日の29日は両字でそれぞれが演目を行う 「ワカレ」 となる。
[全文記事]

ページ移動