記事一覧

住民、観光客美しい輝き魅了 サガリバナライトアップ

2016/06/25 21時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 15068-1.jpg
美しく輝き市民や観光客を魅了するサガリバナ=24日、 添道サガリバナ群生地

 第5回ライトアップ 「添道サガリバナ夜のお花見」 (主催・宮古島環境クラブ) が24日から、 添道サガリバナ群生地で行われている。 初日から多くの市民や観光客が訪れ、 暗い夜に美しく輝くサガリバナに魅了されていた。 花見は7月3日まで。
[全文記事]

サマーキャンプに笑顔 「がんばれ共和国」開催

2016/06/25 21時03分配信 - 催事・イベント -

ファイル 15065-1.jpg
島ピエロゆずちゃん (左) の風船を使った手品を楽しむ参加者たち=ホテルてぃだの郷

 「友だちをつくろう」 を合言葉にしたサマーキャンプ2016 「がんばれ共和国inみゃ~くがに~宮古の子~」 (主催・難病のこども支援全国ネットワーク) が、 24日からホテルてぃだの郷で行われている。 障がい児を持つ約10組の家族を始め、 介護・医療関係団体、 ボランティア団体も参加し、 海水浴や貝殻拾いなどで自然と触れ合い、 多彩な余興を楽しむことを通して家族や参加者同士の絆、 交流を深めている。 同キャンプは26日まで。
[全文記事]

航海安全と豊漁を祈願 旧歴5月4日爬龍船競漕

2016/06/09 09時07分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14961-1.jpg
「ゴーヘイ」 と威勢の良い掛け声とともに一斉にスタートする爬龍船レース=佐良浜港

 旧暦5月4日の 「ユッカヌヒ―」 の8日、 宮古各地の漁港や海岸などでは海神祭 (ハーリー) が行われた。 漁師らが爬龍船に乗り込み、 「ゴーヘイ」 と威勢の良い掛け声とともに競漕し航海安全と向こう一年豊漁を祈願した。 また地域の児童や生徒、 青年、 婦人会など住民らも駆けつけ様々な余興やイベントに参加し祭りを盛り上げていた。
[全文記事]

ミュージックコンベンションが開幕 トゥリバー埋立地

2016/05/28 21時03分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14887-1.jpg
盛り上がりを見せるミュージックコンベンションステージ=トゥリバー地区特設会場

 宮古島ミュージックコンベンション2016 (主催・同実行委員会) が28日、 平良港トゥリバー地区緑地で開催された。 大勢の音楽ファンや観光客が訪れ、 様々なアーティストたちの歌や踊り、 演奏などを体を揺らし楽しんだ。
[全文記事]

航海安全と発展祈願 島尻地区竜神祭伝統の角力

2016/05/21 09時02分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14836-1.jpg
航海安全などを願って奉納角力をとる住民ら=島尻地区の祭場

 島尻地区で毎年旧暦4月に行われている伝統行事 「竜神祭」 が20日、 同地区内の祭場で催された。 多くの地域住民らが集まり、 奉納角力を行いながら向こう1年間の航海安全と豊漁、 地域発展を祈願した。 同祭事は年度初めの行事。
[全文記事]

スツウプナカ始まる 多良間村 天候恵まれ豊漁に

2016/05/11 09時06分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14776-1.jpg
漁で獲った魚を運ぶイム座の男性たち=多良間村字仲筋、 マガリトゥブリ

【多良間】多良間村の伝統行事 「スツウプナカ」 が10日から始まった。 村民が4つの祭場に分かれ、 それぞれ海で魚を獲り、 祭事に供する料理を作り、 深夜には 「暁の願い」 が行われ、 ハヤシ歌とともに神酒を回し飲み、 島の繁栄と豊年を願った。 きょうは各祭場に賓客を招いて祝宴が行われる。
[全文記事]

楽しい休日とともに 市社協 ジョイフルで交流深める

2016/05/08 09時01分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14750-1.jpg
出発式を行う1日ジョイフルデイの参加者たち=漲水・あけぼの学園

 児童福祉週間 (5月5日~11日) にちなみ宮古島市社会福祉協議会 (饒平名建次会長) は7日、 漲水・あけぼの学園の子どもたちと 「一日ジョイフルデイ」 を行った。 同社協職員をはじめ関係団体が子どもたちとボウリングや食事会、 観光などで交流しながら楽しい1日を過ごした。
[全文記事]

いけまシマ学校 子どもたち味噌作り、麦脱穀体験

2016/05/03 09時05分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14725-1.jpg
昔ながらのやり方での味噌作りを体験する子どもたち=先月30日、 池間島離島振興総合センター

 NPO法人いけま福祉支援センター (前泊博美理事長) の 「いけまシマ学校」 は先月30日、 池間島離島振興総合センターで昔ながらの味噌作りと麦の脱穀作業を行った。 子どもたちが島のオバーらと先人たちのアマイウムクトウ (池間島の言葉で生きる知恵) を体験。 教えたオバーたちは昔を思い出しながら楽しい時間に笑顔を見せていた。
[全文記事]

台琉友好ヨットレース きょう(宮古―石垣)スタート

2016/05/03 09時03分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14723-1.jpg
関連行事のポイントレースが行われた=まなつ海岸付近

 4月30日~5月7の期間に開催される 「2016琉球王朝杯第15回台琉友好親善国際ヨットレース」 (主催・同レース実行委員会) の関連行事 「国際交流ポイントレース」 が2日、 荷川取漁業を起点に行われた。 宮古島市民をはじめ、 台湾や香港、 沖縄本島などから競技参加者が集まり、 国際交流を深めながらヨットレースを競い合った。 きょうは平良港から石垣港へ向かうヨットレースが午前7時からスタートする
[全文記事]

昔ながらの製法で豆腐 社協城辺 親子約100人体験

2016/05/03 09時01分配信 - 催事・イベント -

ファイル 14721-1.jpg
民生委員らから指導を受け石臼をひく参加者たち=1日、 市社協城辺支所

 宮古島市社会福祉協議会城辺支所主催の2016年度児童福祉週間 「親子豆腐作り及びイモ団子作り」 が1日、 城辺社会福祉センターで行われた。 親子連れや地域住民など約100人が参加し、 石臼で大豆をひくなど昔ながらの作り方を楽しむとともに互いの交流も深めていた。
[全文記事]

ページ移動