記事一覧

宮古高校 ゼロ校時の希望制検討

2022/05/11 09時01分配信 - 教育 -

 沖縄県教育庁からの依頼を受け、宮古高校が理数科(今年度から文理探求科)で長年実施している早朝講座(ゼロ校時)を、来年度から希望制に変更することを検討していることが10日までに分かった。
[全文記事]

宮古病院、23日まで診療制限 感染拡大に「非常事態」

2022/05/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26094-1.jpg
会見で市民に感染対策の徹底を訴える岸本院長(右)=宮古病院

 県立宮古病院(岸本信三院長)は9日、宮古島市内で新型コロナの感染が持続的に拡大するとともに同病院への入院患者も増加し、コロナ以外の一般病床にまで影響が及ぶ状況になっているとして、10日から電話診療を原則とした一般外来制限を行うと発表した。23日まで。会見を開いた岸本院長は感染拡大を「非常事態」として、市民に3密回避などの対策徹底を強く訴えた。
[全文記事]

JA各店舗、「ゴーヤーの日」で特価販売 島内外にPR

2022/05/10 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 26095-1.jpg
多くの市民が開店と同時にゴーヤー売り場に駆けつけた=8日、平良西里のあたらす市場

 2022年宮古地区「ゴーヤーの日」キャンペーン(主催・同実行員会)が9日、JAファーマーズマーケットあたらす市場をはじめ市内のAコープ各店で行われた。沖縄県内の約半分を生産する屈指の生産地である宮古島産の安心安全なゴーヤーを島内外の消費者に広くピーアールするとともに、消費拡大を図ることを目的として行ったもの。1袋100円の特価販売に開店前から行列ができ、ゴーヤーの日を目的に大阪から来たという観光客もいた。
[全文記事]

復帰50年で記念展示会 発掘調査の変遷紹介

2022/05/10 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 26096-1.jpg
展示会をPRする梶原課長(左)と文化財担当の久貝弥嗣さん=市役所1階ロビー

 市教育委員会が復帰50年を記念して7月に開催する企画展「宮古島市の発掘調査からみた本土復帰50年」に向けたプレ展示が9日、市役所1階ロビーで始まった。本土復帰前後の埋蔵文化財発掘調査の移り変わりをパネルなどで紹介している。13日まで。本展示は7月5日~29日、市歴史文化資料館(旧砂川中)で開催される。
[全文記事]

「黒糖の日」下地島空港で多良間産PR

2022/05/10 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 26097-1.jpg
「黒糖の日」をPRする砂川所長=下地島空港

 10日の「黒糖の日」を前に、県宮古農林水産振興センター(砂川喜信所長)は9日、多良間村(伊良皆光夫村長)、宮古製糖(渡久山和夫社長)と合同で多良間島産黒糖のキャンペーンを下地島空港到着口付近で行った。空港でのPRは2年ぶりで、同空港では初めて。砂川所長らは到着客らにパンフレットや黒糖のサンプルを手渡し、多良間産の特徴である「エコな黒糖」をPRした。
[全文記事]

宮古島市で震度1 一時、緊急地震速報も

2022/05/10 09時01分配信 - 社会・一般 -

 9日午後3時23分ごろ、与那国島近海を震源とする地震があり、八重山と宮古の先島地域で震度3~1を観測した。気象庁によると、震源は与那国島南西沖で深さは20㌔、地震の規模を示すマグニチュードは6・6と推定されている。各地の震度は与那国島で震度3、石垣市、竹富町で震度2~1、多良間村塩川と宮古島市城辺福北で震度1。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2022/05/09 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日5月8日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

宮古空港 Uターンラッシュがピーク 大勢が帰路

2022/05/08 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26088-1.jpg
帰路に就く大勢の観光客が詰めかけた=宮古空港2階

 大型連休も終盤の7日、宮古空港には帰路に就く大勢の観光客が詰めかけ、Uターンラッシュがピークを迎えた。緊急事態やまん延防止などの行動制限が3年ぶりになかった今年の大型連休は、市内各地の観光地や行楽地でコロナ禍以前と変わらない賑わいが見られた。
[全文記事]

加工用ジャガイモ初収穫 「コイケヤ」ポテトチップスに

2022/05/08 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 26089-1.jpg
初収穫されたジャガイモを前に担当者から説明を受ける座喜味市長(中)、新里氏(右)=城辺保良

 宮古島穀物生産組合(新里五尾組合長)が2022年、菓子製造・販売の湖池屋(東京)のポテトチップス加工用のジャガイモ生産実証を行う。ことし2月に植え付けたジャガイモの収穫が7日、同組合が借用する城辺保良の畑で始まった。4㌶で約8㌧を見込んでおり、全量を同社に納品する。種芋の購入や栽培コスト、労働費、収益などを確認するとともに、栽培技術向上や年2回の収穫に向けた課題整理などに取り組み、安定生産を目指す。また、ソバ(玄蕎麦)やゴマ、サツマイモなどとの複合栽培も展開する。
[全文記事]

ヒマワリ満開、見ごろに 城辺下南地区

2022/05/08 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26090-1.jpg
一斉に満開となり黄色の花が見ごろを迎えた農地のヒマワリ=城辺下南地区

 宮古各地で大がかりに実施される土地改良、ほ場、畑地かんがい施設などの整備事業が終了した農地に緑肥として植栽されることが多くなったヒマワリ。1年を通して各地で見られるようになる中、4月下旬から一斉に鮮やかな黄色の花を咲かせて話題となっているのが、城辺の下南地区。薄曇りとなった7日午前も市民や観光客が訪れ記念写真を撮影する光景が見られた。
[全文記事]