記事一覧

デフィ・ウインド日本大会開幕

2020/02/02 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22441-1.jpg
水しぶきをあげながら風に乗る選手

 ウィンドサーフィンの世界最大の草レースとして名高い「デフィ・ウィンド」の日本大会(主催・同実行委員会)が、1日午前9時に下地与那覇の前浜ビーチで開幕した。外国人選手37人を含む全107人がレースに参加。プロとアマが同じスタートラインに並び、同じコースでレースを競った。特設ステージでバンドの演奏も行われ、会場を盛り上げた。
[全文記事]

五輪出場を目指す

2020/01/28 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 22419-1.jpg
力強くアピールする平良伸晃選手=宮古新報社

 宮古島出身のビーチバレーのプロ選手、平良伸晃選手(23)が五輪出場を目指し、出場に必要となるポイントの獲得のため、今年は数々の国際大会に挑戦する。平良選手は「参加できる大会には参加し、結果を出したい」と意欲を見せた。
[全文記事]

南が23年ぶり優勝

2020/01/26 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 22411-1.jpg
声援を受け一斉にスタートする第1区の女子選手たち=市陸上競技場

 第38回全宮古小学校駅伝競走大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)が25日、市陸上競技場発着の周辺周回コースで行われた。各校の代表選手たちが10区間14㌔で日ごろ鍛えた健脚を競い合った。熱戦の結果、南Aが52分09秒で23年ぶりに優勝。2位は上野A、3位は西辺A、4位は東A、5位は久松Aが入った。昨年タイムを5分22秒短縮した上野Aが躍進賞に輝いた。沿道には大勢の保護者や地域住民がつめかけ、力走する児童たちを声援で後押しした。
[全文記事]

宮古で合同自主トレ

2020/01/22 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 22392-1.jpg
自主トレに励む鈴木大地選手=20日、市民球場

 ロッテから楽天へ移籍した鈴木大地選手らプロ野球のパリーグの選手4人が20日、市民球場での合同自主トレを公開した。選手らはウォーミングアップ後、キャッチボールやノック、バッティングの練習に励んだ。
[全文記事]

ワイドーマラソン100㌔の部、大林が3連覇

2020/01/20 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22380-1.jpg
午前5時、合図とともに飛び出すランナー達=下地公園

 第30回ワイド―マラソン大会が19日行われ、100㌔の部に321人、50㌔の部に190人、22キロの部に258人の計1069人が新春路の長丁場に挑んだ。結果、100㌔男子の部では愛知県から参加した大林僚選手(34)が7時間5分18秒のタイムで優勝、3連覇を達成した。また女子の部では長崎県から参加の望月千幸選手(33)が9時間15分47秒で優勝、4連覇を果たした。
[全文記事]

全宮古中学春季総体、9競技で競う

2020/01/20 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 22381-1.jpg
女子決勝戦でゴール下に切り込みシュートを決める鏡原の選手⑪

 第39回全宮古中学春季総合体育大会(主催・宮古中学校体育連盟)が18、19の両日、市内の各試合会場で行われた。
[全文記事]

第36回全日本トライアスロン本番まで100日

2020/01/11 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22343-1.jpg
残歴板除幕を行った後、下地市長ら参加者で記念撮影した=市役所平良庁舎前

 4月19日開催予定の「第36回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市、琉球新報社)の開催まで100日と迫った10日午前、大会残暦板の除幕式が関係者多数出席のもと市役所平良庁舎正面玄関横で行われ、下地敏彦市長ら関係者が除幕を行って残暦板設置を喜ぶとともに、大会の安全を祈念した。大会のコースは伊良部島が除外されて新たなコースが設定され、スイム3㌔、バイク150㌔、ラン42・195㌔、計195・195㌔のコースで競われる。
[全文記事]

トライアスロン大会まで100日

2020/01/10 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 22342-1.jpg
トライ大会を控えて担当職員への辞令交付が行われた=市平良庁舎

 第36回全日本トライアスロン宮古島大会に向け宮古島市では9日、同大会を運営する実行委員会の担当となる職員を対象に辞令交付を行った。
[全文記事]

新春ラグビー祭り開く

2020/01/05 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 22314-1.jpg
熱いゲームを楽しみノーサイドのあと笑顔を見せる愛好者ら=3日、前福多目的運動場

 新春ラグビー祭り(主催・宮古ラグビー協会)が3日、前福多目的運動場で行われた。小学生から一般まで約50人の愛好者らが参加し、ゲームを楽しみながら心地よい汗を流した。
[全文記事]

小学バレー県大会、結の橋男子優勝

2019/12/29 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 22307-1.jpg
全試合ストレート勝ちで念願の地元優勝を果たした結の橋クラブ男子=伊良部島小・中学校「結の橋学園」体育館

 市内で開催中のりゅうぎんカップ第42回県小学生バレーボール大会(主催・県バレーボール協会)は28日、伊良部島小・中学校体育館で男女の決勝戦までを行った。宮古勢で唯一勝ち残った結の橋クラブ(伊良部島)男子が念願の地元優勝を達成。地域の声援を後押しに全試合ストレート勝ちを収めた。女子は長嶺が優勝した。
[全文記事]

ページ移動