記事一覧

バスケチーム、ライムズの選手らが宮古島で合宿

2021/04/15 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24377-1.jpg
記念撮影を行うライムズの選手たち=市総合体育館

 バスケットボール男子日本代表選手らが所属し、東京を拠点とするチーム、ライムズ(平将貴代表)のプロ予備軍選手らが、12日から市総合体育館で強化合宿を行っている。16日まで。平代表は14日、宮古島市を所属Bリーグプロ選手らの合宿地とし、地元の部活生や指導者とクリニック(体験教室)などを通じスポーツ振興に関わる計画があると語った。
[全文記事]

元サッカー日本代表らが高校生を指導

2021/04/11 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 24363-1.jpg
=写真=

 奥大介プレゼンツ宮古島スマイルプロジェクト(松田泰成代表)は10日、「第5回夢サッカースクール」を平良東仲宗根の前福運動場で開催した。参加した宮古高校サッカー部(友利大翔主将)は、元サッカー日本代表選手から基礎練習や戦術論などの指導を受けた。高校生らは憧れの選手を前に緊張しながらも真剣に練習に取り組んだ=写真=。
[全文記事]

ボクシング京口らが宮古キャンプ

2021/04/10 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 24357-1.jpg
世界王者の京口選手(右から2人目)と試合を控えた重岡選手(中央)ら=8日、平良池間

 3月13日に3度目の防衛に成功したWBA(世界ボクシング協会)世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人選手(27、ワタナベジム所属)ら5人のプロボクシング選手が、8日から宮古島で走り込みを中心としたキャンプを行っている。
[全文記事]

鏡原少年が優勝 JTA旗先島学童軟式野球大会

2021/04/08 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 24348-1.jpg
JTA旗先島地区学童野球交流大会で優勝した鏡原少年野球=4日、石垣市中央運動公園野球場

 【石垣】第25回JTA旗先島地区学童野球交流大会(県野球連盟主催)が2日から3日間、石垣市中央運動公園野球場で行われ、宮古9、八重山8の17チームが出場して熱戦を繰り広げた。4日の決勝は鏡原少年野球が16対7の5回コールドで少年スネークに勝利し、11年ぶり2度目の優勝を果たした。鏡原は7・8月に徳島で行われる阿波おどりカップ全国学童大会の出場権を獲得した。
[全文記事]

鈴木ジョージU19で2位 ウインドサーフィン大会

2021/04/06 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24333-1.jpg
U19男子で2位に輝いた鈴木さん(左端)=与那覇前浜ビーチ

 「ウインドサーフィン宮古フォイルジャパンカップ」(主催・ライテック、日本ウインドサーフィン協会)が、2日~4日の3日間、与那覇前浜ビーチで開催された。全国からプロ選手やオリンピック出場を目指すホープなど計21人が参加し競い合った。このうち市内在住の鈴木ジョージさん(18)=宮古高校卒=は「アンダー19男子 プロアップウインドフォイル」で2位に輝いた。
[全文記事]

女子プロゴルフ全管協・三光カップが宮古で開催

2021/03/30 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24302-1.jpg
高橋代表(左)から山口に1日目の優勝賞金が贈呈された=エメラルドコーストゴルフリンクス

 三光ソフランホールディングスと全国賃貸管理ビジネス協会が主催する「全管協・三光ソフランレディスゴルフ2021」が28、29の両日、市内2カ所のゴルフ場で開催され、参加した30人の女子プロゴルフ選手が優勝を目指ししのぎを削った。
 28日は「全管協カップ」を城辺保良のオーシャンリンクス宮古島で開催。母親が宮古島市出身の山口春歌が5バーディ1ボギーの4アンダー、68で優勝。優勝賞金40万円を獲得した。2位に大城美南海、3位タイに佐渡山理莉がつけ、沖縄県出身選手が上位を独占した。
[全文記事]

鈴木さん、初の全国大会へ ウインドサーフィン

2021/03/26 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24284-1.jpg
鈴木ジョージさん

 市内在住の鈴木ジョージさん(18)=宮古高校卒=は23日、宮古島市で初開催のフォイルウインドサーフィンプロ全国大会に向けた強化合宿を、選手5人と共に与那覇前浜ビーチで開始した。大会は「宮古フォイルジャパンカップ」(ライテック、日本ウインドサーフィン協会共催)。日程は4月2~4日、会場は同ビーチ、約50人が出場する。オリンピック正式競技となる2024年パリ大会の出場を見据えたもので、鈴木さんは25日、出場への決意を語った。
[全文記事]

新生ビーチバレー開催 参加チーム募集

2021/03/25 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24281-1.jpg
募集会見であいさつする下地会長(中央)=宮古島市陸上競技場

 宮古島ビーチバレー連盟(下地晃会長)は24日、市陸上競技場で会見し「宮古島ビーチバレー大会2021」参加チームの募集を25日に開始すると発表した。定員は1チーム男女4人混成(男性2人、女性2人)で、先着72チーム。申し込み期限は5月20日。大会は6月5、6の両日開催される。
 宮古島市が中心となって開催されていたビーチバレー大会は2019年の第20回大会をもって中止された。下地会長は「非常に多くの人から、宮古島の素晴らしい自然を生かしたビーチバレーをぜひ継続してほしいという声が寄せられていた」と話した。「新生大会の第1回なので、実行委員会一同力を合わせ取り組んでいく」と大会成功への意気込みを語った。
[全文記事]

マラガFC宮古島「宮古島市に根ざす活動を」

2021/03/24 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24276-1.jpg
アカデミーの構想を語るマラガCF関係者=22日、宮古新報社

 1月に開校したマラガCFジャパンアカデミー宮古島(原完代表)の関係者が22日、宮古新報社を訪ね、同アカデミーの取り組みや今後の構想について語った。
 マラガCFはスペインリーグに参加する伝統あるプロサッカーチーム。現在は2部のセグンダ・ディビジオンに所属しており、元日本代表の岡崎慎司選手が在籍したこともある。
[全文記事]

ブタサンカリー(C級)優勝 住宅情報杯軟式野球

2021/03/23 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24270-1.jpg
栄冠に輝いたブタサンカリーの選手たち=21日、市営球場

 第4回住宅情報杯軟式野球大会(第141回春季軟式野球宮古地区大会・第23回還暦野球大会)が21日、市営球場で行われた。C級で準決勝、決勝戦が行われ、決勝では東光電気とブタサンカリーが熱戦を繰り広げた。序盤接戦が続くも4回裏で7点の大量得点を上げたブタサンカリーが相手の追撃を許さず砂川が完投、優勝を勝ち取った。
[全文記事]

ページ移動