記事一覧

「鬼滅」など好調 パニパニシネマ上映期間延長

2021/04/14 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24371-1.jpg
=写真=

 平良西里の映画館よしもと南の島パニパニシネマ(下地史子館長)は3月、アニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』などがけん引し大盛況だったという=写真=。下地館長は「音響や大きな画面など、映画館ならではの体験を多くの人に楽しんでもらえてうれしい」と話す。『鬼滅の刃』は当初11日までの上映予定だったが、来月13日までの延長が決定している。
[全文記事]

なかもとさんのバンド 島根県移住PR曲に起用

2021/04/04 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24329-1.jpg
gingerの3枚目のシングル 「灯りをつけて」 =4月7日発売予定

 宮古島市出身のなかもとせりかさんの所属する3ピースバンド「ginger(ジンジャー)」の新曲「灯りをつけて」がこのほど、島根県移住PR動画「島根県のふふふっ」のテーマ曲に選ばれた。3ピースバンドの軽快さを活かした曲となっており、地方での暮らしに希望が持てるような温かい楽曲に仕上がっている。
[全文記事]

「民話と祭祀の世界」展 4日まで

2021/04/03 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24324-1.jpg
作品のピーアルを行うさどやまさん=未来創造センター市民ギャラリー

 んきゃーん塾主宰のさどやま彩さんが2日、未来創造センター市民ギャラリーで「民話と祭祀の世界」展を行っている。同展は宮古島の民話や祭祀を紙芝居や絵画で表現し、子どもたちに伝えるために行っている。同展は4日午後5時まで同所で行われる。
[全文記事]

宮古方言会話CD発売 読者の要望に応え製作

2021/04/02 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24320-1.jpg
=写真=

 花View出版(川満幸弘代表)は3月31日、「宮古方言の世界第1巻スマフツ会話集│下地方言」のCD=写真=を発売した。声を担当した代表の川満さんは「繰り返し聞くことで宮古方言の発音が身に付く」と話し、子どもの教材などに活用してほしいと呼びかけた。同出版(74・3881)、TSUTAYA沖縄宮古島店、BOOKsきょうはん宮古南店、ジュンク堂書店那覇店で販売されている。
[全文記事]

FECお笑い劇場 生の漫才に親子ら笑顔

2021/03/30 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24300-1.jpg
知念ださん(左)と「ぱんだる50cc」の2人=28日、よしもと南の島パニパニシネマ

 沖縄のお笑い事務所「FECオフィス」(山城智二代表)は28日、よしもと南の島パニパニシネマ=平良下里=で「FECお笑い劇場ライブビューイングin宮古島」を開催した。県文化振興会の2020年度文化活動支援助成事業の一環。平良鏡原出身の知念だしんいちろうさんが司会を務め、宮古島のお笑いコンビ「ぱんだる50cc」もコントを披露。那覇会場ともオンライン中継で繋ぎ、無料招待された親子連れらは漫才やコントなどのネタを大笑いで楽しんだ。
[全文記事]

25人が初級修了、沖縄横笛奏者育成研修

2021/03/28 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24296-1.jpg
初級修了証を交付された受講生たち=下崎地区公民館

 宮古民謡保存協会(砂川次郎会長)は27日、下崎地区公民館で沖縄横笛奏者育成研修(初級)成果発表会を行った。25人の受講生に修了証が交付され、講座の成果として横笛の演奏が披露された。
[全文記事]

パーントゥ相談なく使用 住民ら批判の声

2021/03/26 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24285-1.jpg
ゆるキャラ「島尻みはるちゃん」の紹介ページ=航自宮古島分屯基地ホームページ上

 航空自衛隊宮古島分屯基地が、その公式キャラクターに伝統祭祀(さいし)の仮面来訪神「島尻のパーントゥ」をモチーフにしたことで24日、会員制交流サイト(SNS)上で批判が上がった。島尻自治会の宮良保会長は同日、本紙の取材に「知らなかった。相談もなかった」と話し、地域の許可を得ていないことが分かった。パーントゥの知的所有権は地区関係の民間企業に帰属しており、現在、商標登録も出願中。地域住民も不満を口にした。同基地のホームページは25日19時現在アクセスできなくなっており、空自担当者は「現在確認中のため」と答えた。
[全文記事]

サヤズフラオハナ宮古島、ダンスショー開催

2021/03/24 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24278-1.jpg
=写真=

 フラチーム「サヤズフラオハナ宮古島」は21日、城辺福里のカフェニュイスでフラダンスショーを開いた=写真=。チームのメンバー9人は優雅なフラダンスを披露し、訪れた市民は大きな拍手を送っていた。
 この活動は島の経済、芸術活動を応援し、地域住民に笑顔を届け、楽しい時間を過ごしてもらうことを目的とした「アロハマカナプロジェクト」の一環として実施した。ハワイの言葉でアロハは「愛」、マカナは「贈り物」を意味する。
[全文記事]

琉宮の舞公演で「コロナクイチャー」披露

2021/03/21 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24267-1.jpg
琉球舞踊などが披露された=マティダ市民劇場

 琉球舞踊穂花会(家元・亀浜律子)は20日、マティダ市民劇場で「第34回琉宮の舞」を公演し、35人の演者が琉球舞踊や古典音楽、太鼓などの舞台公演を行い観客を魅了した。また創作「コロナクイチャー」を披露し、新型コロナウイルスの終息を祈った。
[全文記事]

西里さんら特別賞 蒼海書道会

2021/03/17 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24244-1.jpg
作品と賞状を手にする生徒ら=14日、池田書道塾

 池田書道塾と煌月書道塾が加盟する蒼海書道会(池田海真会長)が14日、平良下里の池田書道塾で第9回佐久全国臨書展、第67回全国少年新春書道展、第57回全日本書初め大展覧会の特別賞受賞報告を行った。
[全文記事]

ページ移動