記事一覧

財産無償譲渡に疑義バイオエタノール製造施設

2019/03/15 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21025-1.jpg
条例案5件、 陳情5件を審査した市議会総務財政委員会=市役所平良庁舎

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は14日、 各常任委員会が開かれた。 総務財政委員会 (山里雅彦委員長) では付託された条例案5件、 陳情5件を審査した。 財産の無償譲渡について濱元雅浩氏は 「2億4789万円の資産を無償で上げるより、 もう少し公募をかけてしっかり利活用を図っていくべきではないか」 との見解を示した。 きょう15日に審査項目についての討論・採決が行われる。
[全文記事]

市総合庁舎にコンビニ 設置向け条例改正案

2019/03/14 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21022-1.jpg
付託された条例議案8件を審議した総務財政委員会=市役所平良庁舎

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は13日、 各常任委員会で各付託議案について審議を行った。 このうち総務財政委員会 (山里雅彦委員長) は、 総務部と観光商工部が所管する条例議案8件について審議した。 市行政財産使用料徴収条例の一部改正について、 宮国高宣総務部長は 「未来創造センターの一部にカフェコーナー、 総合庁舎1階ロビー内にATMを含むコンビニエンスストアを設置する予定。 いまの条例を当てはめると近隣の類似施設とかい離が生じ運営企業の営業等に制限がかかるため、 条例改正をお願いしたい」 と説明した。
[全文記事]

市民有志の会、砂川議員の辞職要求 酒気帯び問題で

2019/03/14 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21023-1.jpg
市議会議員の酒気帯び運転と対応についての市民説明会を求める署名活動の考えを述べる岸本代表 (手前左) ら=市役所平良庁舎

 議会の浄化を求める市民有志の会の岸本邦弘代表らが13日、 市役所平良庁舎で会見し、 昨年12月に酒気帯び運転で検挙されたにも関わらず議会での報告も謝罪もなく議員活動している砂川辰夫氏の行動を批判。 議会開会中の事案で、 先の臨時議会で 「議員辞職勧告」 の動議を与党多数で否決したことは自浄能力が欠けているとして 「酒気帯び運転と対応について市民説明会を求める」 との署名活動を行うと述べた。
[全文記事]

損害補償で村、月島機械双方ゆずらず平行線

2019/03/13 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21016-1.jpg
新製糖工場の月島機械との調停などに答弁する伊良皆村長=11日、 多良間村議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) 3月定例会は11日、 一般質問が行われ、 富原安則、 豊見山正、 渡口直和、 本村健次、 安里三喜男、 福嶺常夫の6氏が当局の考えを質した。 新製糖工場への機械設備導入の作業をしていた月島機械が建築工期の遅れによって損害を受けたとして賠償請求している件で、 伊良皆光夫村長は月島機械が3億670万3000円から2億1582万1000円まで下げたことを説明し、 那覇地方裁判所の第3回調停委員会では 「(双方とも) その額は譲らず平行線を辿った。 委員会としてもこれ以上は進展が望めないと判断して終了した。 今後は双方で協議する中で再度、 調停員会に申し立てすることになる」 と答弁した。
[全文記事]

多良間村、伊良皆村長が2019年度施政方針

2019/03/12 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21011-1.jpg
2019年度施政方針を示す伊良皆村長=多良間村議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) の3月定例会が11日開会し、 初日は伊良皆光夫村長が施政方針を示した。 自治体の目指す基本柱は収入を増やし支出を節約する 「財政面の健康づくり」 を挙げた。 村の農業経営はさとうきび、 葉たばこ、 かぼちゃと畜産を主体に成り立っているとした。 課題の 「水あり農業」 に向けては 「国の調査事業が行われており、 早期の事業化に向けて取り組んでいる」 と述べた。 人口減少対策では定住促進や子育て支援などを行い、 「UIターン奨励のためには 『何でもやる』 という姿勢で取り組んでいきたい」 との考えを示した。 この日は一般質問も行われた。
[全文記事]

財調基金、初の取り崩し 市議会予算決算委員会

2019/03/09 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20997-1.jpg
2019年度一般会計当初予算案について審議・採決を行った予算決算委員会=市議会議場

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は8日、 予算決算委員会が本会議場で行われ、 2019年度一般会計当初予算について審議・採決し原案通り可決した。 歳入では財政調整基金からの繰入金13億3757万1000円について、 宮国高宣総務部長が 「財政調整基金からの繰り入れは前年度までの当初予算編成時には計上していなかったが、 普通交付税の減少などにより新年度で一般財源として予算計上している」 と説明した。
[全文記事]

当初予算計上あり方に注文、支出補正減に疑問

2019/03/08 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20992-1.jpg
2018年度一般会計補正予算案などを審議した経済工務委員会=市役所平良庁舎

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の経済工務・総務財政・文教社会委員会が7日、 市役所平良庁舎の委員会室などで行われた。 経済工務委員会 (高吉幸光委員長) で審議された2018年度一般会計補正予算案では農林水産業の事業費で国県支出金の減額に質問があり、 眞榮城德彦氏は 「1次産業は重要な産業であり、 なぜ減額されるのか。 当初予算で組んだ以上は減額されないよう最大限の努力すべき」 などと述べ、 当初予算計上のあり方に注文を付けた。 8日は本会議場で予算決算委員会が開かれる。
[全文記事]

ふるさと納税伸び悩み、18年末2億4500万円

2019/03/08 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20993-1.jpg
付託された2018年度一般会計補正予算案などについて審議した総務財政委員会=市役所平良庁舎

 宮古島市議会総務財政委員会 (山里雅彦委員長) は、 2018年度一般会計補正予算、 再生可能エネルギー運営事業特別会計などについて当局の説明を受けた。 同補正予算歳入のふるさと納税寄附金2億4755万4000円について、 友利克企画調整部長は 「18年4月から12月にかけて2616人分の寄附金。 今年の1月から3月にかけては年度明けに補正する形になる。 18年度のスタート時点は好調だったが、 途中で総務省からの指摘もあり、 それ以降は落ち込んでいる。 昨年並みは厳しい状況。 3億円には届かないのではないか」 などと説明。
[全文記事]

前浜など4海岸を市管理に 20年度開始へ取り組み

2019/03/07 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20987-1.jpg
議案質疑の2日目で、市海岸管理条例の制定などについて説明する長濱副市長=市議会議場

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は6日、 本会議場で条例案など29件についての議案質疑が行われた。 この中で市が2020年度から前浜・吉野・砂山・中の島の4海岸を管理することが明らかになった。 昨年3月に県土木事務所と 「一般公共海岸の管理に係る覚書」 を交わしており、 市海岸管理条例を制定後、 19年度中に各海岸の管理者を公募・決定するほか、 各管理業者と契約する委託団体をできるだけ早く決定したいとしている。
[全文記事]

下地市長が19年度施策方針を示す

2019/03/05 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20977-1.jpg
2019年度の施政方針を示す下地市長=市議会議場

 宮古島市の下地敏彦市長は4日に開会した市議会3月定例会で、 2019年度施政方針を示した。 伊良部大橋の開通と外国クルーズ船の寄港回数の大幅な増加により観光が市経済を強くけん引していることなどに触れながら、 「本市の情勢は観光をはじめ、 様々な分野において活況を呈しているが、 今後は経済効果を幅広い分野へ波及させる仕組みづくりを構築し、 本市の自立的な発展を推進していく」 ことを強調した。
[全文記事]

ページ移動