記事一覧

新市議24人に当選証書、「市民の期待に応える」

2021/10/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25260-1.jpg
当選証書を受け取り全員で記念撮影に収まる議員たち=市役所2階ホール

 24日に投開票された第5回宮古島市議会議員選挙の当選証書付与式が27日、市役所で行われ、與那覇嚴市選挙管理委員長が24人全員に当選証書を手渡した。與那覇委員長と座喜味一幸市長があいさつし、新たに市民の代表に選ばれた議員の活躍と宮古島市発展のための尽力に期待を寄せた。初出馬でトップ当選を果たした久貝美奈子氏が代表で「公約の実現に邁進し、市民の期待に応えていきたい」と決意を示した。
[全文記事]

与党市議倍増に手応え 座喜味一幸市長

2021/10/27 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25255-1.jpg
座喜味一幸市長

 座喜味一幸市長は25日、宮古新報社の取材に応じ、与党が5から10へと議席を倍増させた市議選を振り返るとともに、「ワンチームみゃーく」の今後の展望を語った。与党勢力伸長の要因として、市議会で二度にわたり出された市長不信任案が市民の理解を得られなかったことを挙げた。
[全文記事]

与野党とも内部情勢流動 新市議会展望

2021/10/27 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25256-1.jpg

 24日に行われた第5回宮古島市議会議員選挙は、与党が5議席から10議席に倍増、野党が19議席から12議席に減らしたものの半数を確保するという結果になり、議会勢力図は大きく変化した。会派別に見ると、新人8人と元職2人が当選したこともあり、公明党以外の会派は与野党問わず勢力が後退することとなった。いずれも新しい議会での会派構成は流動的で、これからの動向が注目される。
[全文記事]

新議員決まる、与党倍増・野党半数 第5回宮古島市議会議員選挙

2021/10/25 09時05分配信 - 政治・行政 -

 任期満了に伴う第5回宮古島市議会議員選挙(定数24)は24日、市内22カ所で投票が行われ、即日開票の結果、現職13人、新人9人、元職2人が当選を果たした。市議選には前回(2017年)の33人を上回る現職21人、新人15人、元職2人の計38人が立候補する乱立による激しい戦いを繰り広げた。最大の焦点となった与野党の勢力構図は、座喜味一幸市政下で与党系16人、野党系19人、中立3人の候補者のうち、与党10人、野党12人、中立2人が当選し、改選前の与党5人、野党19人から、与党は少数となったものの倍増と大きく議席を伸ばし、野党が半数を確保した。座喜味市長にとっては少数与党が続く厳しい状況に変わりないが、勢力が強まることになる。また、新議員によっては態度を変える可能性もあり、新たな議会勢力は流動的だ。
[全文記事]

投票率初めて7割切る67.62% 第5回宮古島市議会議員選挙

2021/10/25 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25250-1.jpg
それぞれ意中の候補に投票する有権者ら=平一小学校体育館

 第5回宮古島市議会議員選挙の投票は、24日午前7時から平一小体育館など22会場で行われた。各会場とも大勢の有権者が訪れ、支持する候補者に一票を投じていた。市選挙管理委員会によると、投票した有権者は期日前と合わせて3万133人(男1万5062人、女1万5071人)となった。当日有権者数4万4363人に対する投票率は67・92%となり、前回(2017年)の71・73%を3・81ポイント下回った。
[全文記事]

きょう投開票、当落判明へ 宮古島市議選最終日

2021/10/24 09時05分配信 - 政治・行政 -

 11月12日の任期満了に伴う第5回宮古島市議会議員選挙(定数24)は24日、市内22カ所で投票が行われ、即日開票され、有権者の審判が下される。立候補している38人の最終的な当落が判明するのは午後11時以降とみられる。選挙運動最終日となった23日、各候補者は午前8時から「最後の訴え」に奔走し、地元や大票田の市街地などを精力的に遊説するなど、「一票」の上積みに総力を挙げた。午後8時までに選挙戦を打ち上げた。コロナ禍という異例の状況の中での選挙戦で、市民の代表となる「新選良」24人に誰が選ばれるのか、開票結果が各方面から注目される。市選挙管理委員会によると、23日現在の当日有権者数は、4万4363人(男性2万2314人、女性2万2049人)。
[全文記事]

16年ぶり3割切る 宮古島市議選期日前投票

2021/10/24 09時04分配信 - 政治・行政 -

 第5回宮古島市議会議員選挙の期日前投票は最終日の23日、2735人(男1297人、女1438人)が投票し、6日間の累計は1万3251人(男6342人、女6909人)となった。23日現在の有権者数4万4363人に対する投票率は29・86%。宮古島市は有権者に貴重な一票を投じて欲しいとして、投票が済んでない市民は24日に投票所を訪れるよう呼び掛けている。
[全文記事]

衆院選沖縄4区、西銘恒三郎氏が宮古島で遊説

2021/10/24 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25247-1.jpg
街頭演説を行う西銘氏=ツタヤ宮古店前交差点

 31日投開票の第49回衆院選で沖縄4区から立候補した自民前職の西銘恒三郎氏は23日、宮古島入りし市内各地で遊説を行った。演説では自公連立政権の実績をアピールし、主要政策として▽新型コロナ対策▽「成長と分配」を軸とした経済戦略▽安全保障問題―を挙げた。24日投開票の宮古島市議選に立候補している保守中道系候補も多数駆けつけ、西銘氏は「皆さんの後押しで仲間を市議会に戻してほしい」と市民に訴えた。
 西銘氏の宮古遊説はツタヤ宮古店前からスタート。宮古島市選出の下地康教県議や、公明党から比例単独で九州ブロック(定数20)に立候補している金城泰邦氏も応援演説を行った。
[全文記事]

宮古島市議選、きょう最後の訴え

2021/10/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25239-1.jpg
雨の降る中、歩道から手を振り支持を訴える運動員ら=平良西里

 任期満了に伴い24日投開票が行われる第5回宮古島市議会議員選挙(定数24)は23日、選挙戦最終日を迎える。17日の告示以来、市内各地を遊説するなど激しい戦いを展開してきた38人の立候補者らは、「1票」の上積みに向け最後の訴えを行い、選挙戦を打ち上げる。31日投開票の衆議院議員選挙に沖縄4区から立候補している西銘恒三郎氏=自民=と金城徹氏=立民=もそれぞれ宮古入りし演説などを行い、各陣営が総力を結集し選挙戦に臨む。
[全文記事]

宮古島市議選期日前投票23% 前回下回る推移

2021/10/23 09時04分配信 - 政治・行政 -

 24日に投開票が行われる宮古島市議会議員選挙は22日、3116人(男1530人、女1586人)が期日前投票し、18日から5日間の累計は1万516人(男5045人、女5471人)となった。投票率は全有権者4万4865人に対し23・44%。前回(2017年)の同市議選の同時期に比べ940人下回っている。
[全文記事]

ページ移動