記事一覧

陸自保良弾薬庫の着工1年、地元抗議続く

2020/10/13 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23569-1.jpg
建設着工から1年が過ぎたことを住民に報告する下地さん(右端)=11日、城辺七又集落

 沖縄防衛局が城辺保良の弾薬庫建設に着工してから7日で1年が過ぎた。現場には連日ミキサー車などが出入りしており、ゲート前では建設に反対する住民らが建設中止を求め、抗議運動を続けている。
 昨年10月7日、国会議員、市議、市民団体の代表らは沖縄防衛局に建設を白紙撤回するよう要請を行い、工事はその最中に始められた。建設資材を載せたトラックが予定地に入ろうとするのを保良と七又地区の住民ら約10人が阻止しようと入り口に立ちふさがり、抗議の声をあげた。
[全文記事]

目標830人、移動献血スタート

2020/10/13 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23570-1.jpg
車内では飛沫保護のビニールで感染予防対策をしながら献血を行っている=12日、市役所上野庁舎

 沖縄県赤十字血液センターの2020年度宮古地区移動献血が12日から始まった。初日は宮古島市役所上野庁舎と宮古製糖で行われ、職員や市民らが献血に訪れた。3週間にわたり、市内20カ所の施設前で30日まで実施する。宮古地区の今年度の目標者数は1300人だったが5月が中止になり、830人としている。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2020/10/12 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日10月11日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

クリーンセンター、プラザ棟完成で初の施設見学会

2020/10/11 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23563-1.jpg
集まった参加者に施設の説明をする上原さん=クリーンセンタープラザ棟

 宮古島市は10日、今年4月にプラザ棟が完成し、全ての施設がそろったクリーンセンターで初めての施設見学会を開催した。市民にゴミ問題について考えてもらおうと、環境活動の一環として実施。職員の案内で建物を巡り、各棟の担当者が施設を説明し、それぞれの苦労や思いを語った。その後バスで最終処分場を見学。参加した親子連れを中心とした市民20人が地元のゴミ問題について理解を深めた。
[全文記事]

新型コロナで宮古島市20日ぶり新規発生

2020/10/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

 県は9日、宮古島市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同市の新規感染者は9月19日以来20日ぶり。累計は50人(うち死亡1人)となった。確認されたのは同市在住で公務員の20代女性、自営業の50代男性で、いずれも感染症指定医療機関の宮古病院に入院中で一人は中等症。2人とも感染経路は調査中としている。県内は同日、新たに28人を確認した。累計は2710人。新たに県内医療機関に入院していた豊見城市の80代女性の死亡が確認された。新型コロナ関連の死者数は48人となった。
[全文記事]

フードドライブで郵便、市、市社協が協定締結

2020/10/10 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23556-1.jpg
フードドライブに関する協定を締結した(左3人目から)饒平名会長、下地市長、比嘉支社長=宮古島郵便局2階会議室

 日本郵便沖縄支社(比嘉明男支社長)は9日、宮古島市(下地敏彦市長)、同市社会福祉協議会(饒平名建次会長)と、子どもの貧困対策として家庭で余っている食品を子どもの居場所や生活困窮世帯等に提供するフードドライブ活動に関する協定を締結した。市内12カ所の郵便局にフードボックスを設置し、市民から寄付された食品を子どもの居場所などに配付していく。県内では3カ所目、先島では初めてとなり、多くの市民に理解と協力を求めている。
[全文記事]

地域安全運動で宮古出発式

2020/10/10 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23557-1.jpg
白バイを先頭に青色回転灯車によるパレードを実施した=宮古島警察署

 2020年全国地域安全運動宮古島地区出発式(主催・宮古島警察署、宮古島地区防犯協会)が9日、同署で行われた。この日は同運動全国暴力追放運動用標語の表彰式も行われ、宮古地区の入選者として9人の生徒が表彰されたほか、ちゅらうちなー安全な街づくり推進協議会会長賞の表彰伝達も行われ、1団体と1個人が表彰された。
[全文記事]

サシバ俳句コンテスト、入賞作品決まる

2020/10/09 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23551-1.jpg
サシバ俳句コンテストのチラシ(左端)と応募作品一部(提供)

 公益財団法人日本自然保護協会(東京、亀山章理事長)は8日、宮古島市在住の小中高校生を対象に実施した「2020サシバ俳句コンテスト」の入賞作品を発表した。大賞に狩俣遥加さん(上野中3年)の「希望のせ五輪を描く鷹柱」が選ばれた。また、同協会や宮古野鳥の会、三菱地所、ラッシュジャパンの各賞、佳作が決まった。同協会は、子どもたちにサシバへの思いを俳句にしてもらい、全国に届けようと18年からコンテストを実施。今年は小学14、中学11、高校1の計26校から895人(前年22校751人)の応募があった。
[全文記事]

いけむら保育園、文化祭で園児らダンス披露

2020/10/09 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23553-1.jpg
元気いっぱい踊る園児たち=未来創造センター

 いけむら保育園(大屋法聖園長)の文化祭が8日、未来創造センター市民ギャラリーで始まった。園児たちが制作した絵や造形物を展示している。10日午前中まで。同日、ギャラリー前で、園児がダンスを披露し、集まった保護者らを喜ばせた。
[全文記事]

新型コロナで再感染、宮古島市ゼロ続く

2020/10/09 09時01分配信 - 社会・一般 -

 県は8日、新たに26人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち2人の20代女性が県内で初めて再感染したことを明らかにした。1日当たり新規感染者は13日連続の二桁。累計は2682人。新規は10歳未満~80代で、70代以上の高齢者は4人。感染経路は14人が県内接触者、12人が調査中。宮古島市は19日連続で確認はなかった。
[全文記事]

ページ移動