記事一覧

県が独自対策を発表 離島での先行緩和は行わない方針

2021/09/29 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25126-1.jpg
会見した玉城知事=28日夜、県庁

【那覇支局】玉城デニー知事は28日、県庁で会見を開き、緊急事態宣言解除後の県の対応方針を発表した。まん延防止等重点措置への移行がない場合に県独自の規制を実施するとしていたが、政府が解除後1カ月かけて行動制限緩和を行うと同日決定したことから、結果的に政府と同様の施策を行うことになった。規制は県内一律で実施し、宮古など離島での先行緩和は行わない方針。
[全文記事]

飲食店 制限緩和 緊急事態宣言の解除

2021/09/29 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25127-1.jpg
酒類提供時間延長などの優遇が受けられる認証ステッカーを貼った飲食店=平良松原

 政府は28日、沖縄県に出されている緊急事態宣言を30日で解除することを正式決定し、酒類提供が可能になるなど飲食店に対する規制を一部緩和する方針を示した。市内の飲食業関係者からは歓迎の声が上がる一方、長期間にわたった休業での従業員不足などを理由に、営業が軌道に乗るには時間がかかるとの意見も多く聞かれた。県は独自の対策で時短要請を続ける方針で、感染防止対策認証を受けた店舗は営業時間延長などの優遇を受けることができる。
[全文記事]

2回目接種率75%達成 宮古島市ワクチン

2021/09/28 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25121-1.jpg
主に市役所1階ロビーを会場に集団接種は実施された=資料写真

 宮古島市は27日、12歳以上の対象市民による新型コロナワクチンの2回目接種率が75・2%になったと発表した。当初から目的に掲げていた9月末までの接種率75%完了を達成できたことに、市の担当者は市民や関係者に感謝を述べた。大規模な集団接種は26日で終了したが、10月以降も最終目標の80%を目指して接種を希望する市民への対応を継続するほか、ワクチンを3回打ついわゆる「ブースター接種」の準備を進めていることも明らかにした。
[全文記事]

フランス人男性溺死 シュノーケル中の事故相次ぐ

2021/09/28 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25123-1.jpg
中の島ビーチ付近で水難死亡事故が発生した=伊良部

 26日、27日に宮古島地方でマリンレジャー中の行楽客の水難事故が相次いだ。26日午後1時ごろ下地島の中の島ビーチ付近で単独でシュノーケリングをしていたフランス国籍で会社員の男性(37)が溺死。27日午前10時ごろ上野のシギラビーチで同じくシュノーケル中の50代男性=東京都中野=と40代女性=同=が離岸波に流される事故が起きた。2人はシギラビーチスタッフによって無事救助された。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2021/09/27 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日9月26日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

アカハラダカ80羽 21年飛去調査

2021/09/24 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25108-1.jpg
毎年「白露」のころから姿を見せるアカハラダカの雄(資料)=仲地邦博氏提供

 宮古野鳥の会(仲地邦博会長)は23日、10日から下地の入江橋で実施した2021年のアカハラダカ飛去数調査を終了した。ことしは速報値で80羽となり、前年の26羽を上回ったものの、依然として低い水準となった。期間中の調査は会員のみで実施し、新型コロナウイルス感染防止のため2年連続で市民観察会を中止した。
[全文記事]

コロナ禍無病息災願う、「十五夜」伝統行事

2021/09/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25098-1.jpg
豊年祭で獅子舞を奉納する上区獅子舞保存会=上区自治会公民館

 旧暦8月15日の「十五夜」を迎えた21日、城辺の砂川や上区では地域の無病息災と五穀豊穣などの祈りを捧げる神事が執り行われた。コロナ禍の影響で砂川は昨年に引き続き祈願のみ、上区では自治会役員など関係者のみの参加とそれぞれ規模を縮小した。例年は集落を挙げて伝統行事が盛大に行われるが、砂川クイチャーは2年連続で取りやめとなった。両地域では自治会役員らを中心に拝所(神社)などでの神事を通し、地域の安寧だけでなく、新型コロナの終息も含め無病息災を祈った。
[全文記事]

新型コロナ宮古島市で2人確認

2021/09/21 09時04分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は20日、宮古島市で新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認したと発表した。19日の新規はゼロ。ゼロは16日以来3日ぶり。10万人当たりの新規感染者数は29・29人。市確認の患者累計は1854人。
 県内では新たに80人が確認された。感染者が100人を下回るのは7月24日以来58日ぶり。19日は107人の新規感染が報告された。累計は4万8780人。20日に新型コロナに感染していた4人の死亡が報告された。累計290人。
[全文記事]

ネットのDV相談開設~こそだて未来会議

2021/09/21 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25092-1.jpg
市内でのDV相談について語る寺町代表=会議事務所、平良西仲宗根

 市内でDV(配偶者等親密な関係間での暴力)被害に苦しむ人々のためのシェルター(一時避難住居)を提供する宮古島こどもこそだてワクワク未来会議(寺町北斗代表)はこのほど、SNSアプリ「ライン」上に相談窓口を開設した。寺町代表は、約1年前から同会議へのDVについての相談数が急増しているとし、コロナ禍による社会の閉塞感などから宮古島市でDV被害が増えている可能性が高いと危機感を表した。
[全文記事]

大型連休でレンタカー路上駐車、再び

2021/09/21 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25093-1.jpg
路上駐車の列が続く前浜ビーチ進入道路=20日午後1時ごろ

 大型連休前半の3連休最終日となった20日、宮古島の前浜・砂山の両ビーチ進入道路には路上駐車するレンタカーの列ができた。市は緊急事態宣言下で新型コロナウイルス感染拡大が続いたことから、両ビーチの駐車場を閉鎖している。連休以前の9月は観光客数の減少に伴い駐車数も減っていた。市観光商工課は施設利用についてはルールを守るよう呼び掛けている。
[全文記事]

ページ移動