記事一覧

サギツ浜への里道 無許可工事、現状回復へ

2019/05/26 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21345-1.jpg
「サギツ浜」に降りる里道では現状回復に向けた作業が行われている=大浦集落近くの海岸

 平良の大浦集落近くの一周道路からサギツ浜に降りる 「里道 (りどう)」 と海岸付近を無許可で行っていた工事は宮古島市や沖縄県の行政指導でストップし、 現状回復に向けた作業に取り掛かっている。 里道から浜に降りる崖まで掘り下げられた場所には大きな石を入れ、 その上から被せるようにコーラル (ナウサ) を入れるなどの現状回復に向けた作業を実施。 東京都に本社がある建設機械レンタル会社取締役の施工者の男性は 「自分がしたことなので、 最後まで責任を持ってやっていきたい」 と話した。
[全文記事]

宮古島地方、梅雨中休み青空続く

2019/05/26 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21346-1.jpg
宮古島は青い空が広がり、 好天が続いている=24日、 カママ嶺公園から見た市街地の空

 16日に梅雨入りして10日目になろうとしているが、 19日 (多良間は20日) にある程度まとまった雨が降った以外はほとんど降雨が無い状況で、 梅雨は中休み状態だ。
 宮古島地方気象台 (白川嘉茂台長) の観測によると、 梅雨入りした16日に平良 (宮古島地方気象台) と鏡原 (宮古空港) で11・5㍉の降雨が観測されたものの、 城辺 (福嶺小) 3㍉、 下地 (下地島空港) 5・5㍉、 仲筋 (多良間空港) が0・0㍉と降雨はほとんど無かった。
[全文記事]

新城宗史さん、児童館拠点の子育てに意欲

2019/05/26 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21348-1.jpg
児童館を拠点に子どもたちを育てていくことに意欲を見せる新城さん(右から2人目)とスタッフ=平良東仲宗根

 一般社団法人沖縄こどもみらい創造支援機構の理事長を務める新城宗史さんは、 平良東仲宗根の 「ひらら児童館」 やひらら地域子育て支援センター 「みーや」、 こどもみらい放課後児童クラブ 「ティダっ子学園」 を運営する。 子どもが大好きで児童館を拠点に、 大人が子どもを見守るなど地域力で子どもたちを育てていきたいことを夢見ていたという。 その夢を実現し、 忙しい日々を送っているが 「とても充実している」 と笑顔を見せた。
[全文記事]

マサマジックさん講演、魔法の技で楽しいひと時

2019/05/26 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21349-1.jpg
マジックとトークで観衆を魅了したマサマジックさん

 ぐすくべ盛り上げ隊 (GMT) ママ部 (パーマー園江部長) 主催のマサマジック講演会&マジックが25日、 市城辺公民館で行われた。 約300人の地域住民が足を運び、 米国ラスベガスにあるマジックの殿堂 「マジックキャッスル」 で実力を認められた世界レベルのマジシャンとして活躍するマサマジックさんの魔法の技と軽快なトークで楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

協力者は計583人 5月の宮古地区移動献血

2019/05/25 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21341-1.jpg
献血に協力しようと手続きする市民ら=市役所平良庁舎

 13日から行われていた沖縄県赤十字血液センターの2019年度宮古地区移動献血の5月実施分が24日に終了した。 最終日は市役所平良庁舎の東側駐車場で行われ、 71人の市民らが協力。 2週間での献血協力者は計583人となり、 目標としていた510人を上回る結果となった。
[全文記事]

看護の歴史伝えたい 宮古病院看護師に講演・激励

2019/05/25 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21342-1.jpg
沖縄の看護の歴史について講話する古謝さん=宮古病院

 県立宮古病院の看護師を対象に24日、 「沖縄の看護の歴史」 と題した講演が行われた。 講師は県立中部病院の前看護部長で歴史を伝えるべく沖縄全域で講演活動を行っている古謝フミ子さん (82) が務め、 参加した看護師たちが熱心に耳を傾けていた。
[全文記事]

古謝美佐子さんら慰問ライブ 下地診療所リハビリセ

2019/05/25 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21344-1.jpg
宮古民謡などの演奏で利用者を楽しませた=23日、 下地診療所通所リハビリセンター

 沖縄音楽を代表する歌手の古謝美佐子さんが23日、 下地診療所の通所リハビリセンターで慰問ライブを行った。 「みやこぐみ」 の川満七恵さんと瀬名波令奈さんとともに宮古民謡や沖縄民謡、 童歌などで歌と演奏を披露し、 利用者らを楽しませた。 古謝さんは2か月に一度宮古島を訪れ、 慰問活動を行っている。
[全文記事]

シルバー人材センター総会、新理事長に川満勝彦氏

2019/05/24 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21335-1.jpg
大勢の会員が出席して開かれたシルバー人材センター総会=市中央公民館

 公益社団法人・宮古島市シルバー人材センターの2019年度定時総会が23日、 宮古島市中央公民館大ホールで開かれ、 大勢の会員が出席して議案審議を行い、 全会一致で18年度事業報告と収支決算を承認した。 役員改選も行われ、 7人の理事と2人の監事を選出。 別室で行われた役員の互選で新理事長に市役所OBの川満勝彦氏が選任された。 川満新理事長は 「より明るく楽しいシルバー人材センターにしたい」 と意欲を見せた。
[全文記事]

県協議会を設立、2022年鹿児島全国大会向け

2019/05/24 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21336-1.jpg
会場に集まった約80人はガンバロー三唱で団結した=22日、 那覇市のJA会館

【那覇支局】2022年に鹿児島で実施される全国和牛能力共進会へ向け、 県内和牛改良9組合や関係団体などで県協議会が設立され、 22日に那覇市のJA会館で総会が開かれた。 同会実行委員ら約80人が参加し、 鹿児島大会までのスケジュールや出品区分などを確認した。
[全文記事]

洲鎌自治会、拝所「プカザキ」へ道路広く雑木、草除去

2019/05/24 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21337-1.jpg
洲鎌自治会の住民らが祈願する拝所 「プカザキ」 =下地棚根

 下地の洲鎌自治会 (嘉手苅庄造会長) はこのほど、 南西楽園リゾートの協力を得て、 洲鎌や棚根の集落から入江湾の海岸近くにある拝所 「プカザキ」 に通じる道路 (里道) の両側に生い茂っていた雑木や雑草を取り除いた。 これにより車1台しか通れなかった道路は約5㍍に広がり 「対面通行」 が出来るようになり、 拝所での祈願や海岸にレンタカーなど車で遊びに行く観光客らも安心して通れるようになった。
[全文記事]

ページ移動