記事一覧

県下一斉パトロール、不法投棄140・56トンを確認

2019/07/25 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21619-1.jpg
道路沿いに不法投棄されたペットボトルなどを確認した宮古保健所管内のパトロール=5月30日

 県環境部環境整備課はこのほど、5月30・31の両日に北部・中部・南部・宮古・八重山の5保健所管内で実施された2019年度不法投棄等防止県下一斉パトロールの実施結果について取りまとめた。これによると今年度は、5市町村20カ所で計155人が参加して不法投棄監視パトロールを実施した結果、産業廃棄物と一般廃棄物を合わせて140・56㌧の不法投棄ゴミを確認した。「前年比で136・9㌧の減少となったが、引き続き不法投棄防止の対策が必要と考えられる」としている。
[全文記事]

廃棄物不法処理防止ネットワーク会議、未然防止の協力確認

2019/07/24 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21612-1.jpg
ごみ不法投棄等一斉パトロール実施報告などを確認した会員ら=宮古保健所

 2019年度宮古保健所管内廃棄物不法処理防止ネットワーク会議(議長・吉田哲宮古保健所生活環境班長)が23日午後、同所大会議室で行われた。ことし5月30日に実施されたごみ不法投棄等一斉パトロールの報告が行われ5カ所で計8・7㌧の不法投棄物が確認されたことが示されたほか、廃家電の適正処理、各会員団体における取り組み内容の報告が行われた。
[全文記事]

水難事故に迅速対応、上里、宮里さんに感謝状

2019/07/24 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21614-1.jpg
人命救助の迅速な対応がたたえられ、感謝状を受け取った上里さん(左から2人目)、宮里さん(同3人目)=22日、宮古島警察署

 宮古島警察署(上運天幸徳署長)は22日、水難事故人命救助への感謝状贈呈を同署で行い、先月29日に平良港内で発生した事故で迅速な対応をしたとして、上里昌史さん(37、自営業)、宮里三夫さん(37、会社員)に感謝状を手渡した。上運天署長は「今回の人命救助について、ご協力ありがとう。今後とも協力のほどよろしくお願いしたい」と述べた。
[全文記事]

オリオン新社長に早瀬氏、第二創業期の意欲語る

2019/07/24 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21616-1.jpg
新社長に就任し抱負を述べる早瀬氏=22日、那覇市のホテルロイヤルオリオン

【那覇支局】オリオンビール(本社・浦添市)は22日、那覇市のホテルロイヤルオリオンで会見を開き、カナダのスポーツ用品メーカー大手「ルルレモン・アスレティカ」日本法人社長を務めた早瀬京鋳(けいじゅ)氏の代表取締役社長兼CEO就任を発表した。オリオン経営者の外部招へいは初めて。早瀬氏は宮里政一専務執行役員とともに代表権を持つ。
[全文記事]

東京直行便就航30周年JTA利用客に記念品贈る

2019/07/23 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21609-1.jpg
東京直行便30周年を記念して贈られた記念品とマンゴージュースを貰う観光客ら=宮古空港到着ロビー

 東京都以外の地方離島空港と羽田を結ぶ、初の路線となった東京―宮古線が開設されてから、22日で30周年。JTAではこれを記念し、この日搭乗した旅客全員に、宮古空港到着ロビーで記念品を贈呈するとともに、搾りたてのマンゴージュースをプレゼント。観光客らは「こんな濃厚なマンゴージュースは初めて」と笑顔で飲みほしていた。
[全文記事]

「100万ドルの夜景」堪能 下地島―香港線が開設

2019/07/23 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21610-1.jpg
毎日午後8時からは「シンフォニー・オブ・ライツ」と呼ばれる夜景のエンターテイメントが始まる=アベニュー・オブ・スターズ

 宮古島圏域初の国際定期便となる下地島―香港便が、19日から就航を開始した。かつてのイギリス植民地である香港は、高層ビルが林立する都会的な側面とアジア的な混沌とした側面の二面性をあわせ持つ世界的な観光都市。「100万ドルの夜景」やディズニーランドなどが有名で、「外国人訪問者数が多い世界都市ランキング」で1位(2018年、ユーロモニター調べ)。またかつてのポルトガル領で世界最大のカジノ街としても知られるマカオや、近年「ITの聖地」として脚光を浴びている深センへのアクセスも容易だ。
[全文記事]

きょう23日は「大暑」 一年で最も暑いとされる日

2019/07/23 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21611-1.jpg
きょうは「大暑」。宮古島地方はまだまだ暑い日が続く=パイナガマビーチ

 きょう23日は、二十四節気の一つ「大暑」。立秋までの15日間、快晴が続き気温がぐんぐん上昇する頃で、1年で最も暑いとされる。
 宮古島地方は、台風5号が遠ざかった先週金曜日辺りから暑い日が続いており、すっかり真夏の装い。
[全文記事]

宮古島夏まつり、東西大綱引きでフィナーレ

2019/07/22 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21603-1.jpg
東西大綱引きは西軍が勝利した=市公設市場前

 宮古島夏まつり2019最終目の21日は、東西大綱引きを中心に第46代ミス宮古島のお披露目や、フラダンスパフォーマンスなど多彩に繰り広げられ、歩行者天国とあいまって熱気あふれるものとなった。
 20日に続いて21日も午後5時から西里通り、市場通り、下里通りは歩行者天国となり、早くから大勢の老若男女が詰めかけ賑わいをみせた。
[全文記事]

バリアーフリー・フィッシングで交流深める

2019/07/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21606-1.jpg
釣り果を手に笑顔の参加者たち=荷川取漁港

 自立生活センターまんた(吉田晋介共同代表)や市社会福祉協議会、市身体障がい者福祉協議会が共催した「第5回バリアフリー・フィッシング大会」が21日、荷川取漁港近くで行われ、30人近い参加者が釣りの楽しみを通じて交流を深めた。
[全文記事]

台風5号接近で強風、高波宮古夏まつりなど順延

2019/07/19 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21587-1.jpg
台風の影響により海では高波が見られた=城辺友利

 宮古島地方気象台によると大型の台風5号は18日、宮古島の西海上を北上した。正午頃に最接近し、午後5時現在の最大風速は16㍍、最大瞬間風速は28・9㍍が吹いた。19日にかけても引き続き南の風が非常に強く吹く見込みで、強風に十分に注意するよう呼びかけている。沿岸の海域では、うねりを伴った高波にも警戒が必要。台風の影響で宮古島夏まつりが1日順延となり20、21の両日の開催となった。JAおきなわ宮古地区本部の7月セリ市も影響を受け、19日から21日に延期された。
[全文記事]

ページ移動